むずむず脚症候群の薬物治療の新しい考え方

総説。最近まで、RLS/WEDの第一選択の治療は低用量のドパミン作動薬であり、 the US Food and Drug Administration およびthe European Medicines Agency3つの薬が認可されていた。しかし、dopaminergic augmentationの発生とドパミン作動薬による長期間の治療中の症状の程度の全般的な増加により、非ドパミン作動薬、特にα2δリガンドの選択肢が最初の治療として使用されつつある。最近の国際的なガイドラインは、可能であれば最初からaugmentationを避けるためにこれらの薬(α2δリガンド)で治療を開始することを勧めている. その他の(例えばグルタミン酸作動性又はアデノシン) 神経伝達物質はRLS/WEDを引き起こすことに重要な役割を果たしているかもしれず、そのため新しい治療を導くかも。

BMJ.2017 Feb 27;356:j104. doi: 10.1136/bmj.j104.

New concepts in the management of restlesslegs syndrome.

Garcia-Borreguero D1, Cano-Pumarega I2.

  • 1Sleep Research Institute, Madrid 28036, Spain dgb@iis.es.
  • 2Sleep Research Institute, Madrid 28036, Spain.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-03-19 19:46 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line