慢性疲労症候群の病因

最近の所見の総説。最近の所見:過去数年で出版されたいくつかの研究は、多くのME/CFS患者において、慢性酸化およびニトロソ化ストレス(oxidative andnitrosative stressO&NS), 炎症、ミトコンドリア機能の障害、およびの存在を強調。これらの研究は、訓練中の筋肉疲労までの時間の短縮や筋肉の収縮性の障害などの、慢性的に増加したO&NSの筋作用への有害作用を強調した。慢性O&NS andor heat shock 産生の障害によって明らかになった機序が、訓練後の筋肉の回復および身体活動の急性又は慢性の増加への横紋筋の適応反応を障害するのかも。 慢性O&NS,軽度の炎症、およびheat shock protein産生障害の存在は多くのME/CFS患者における筋肉疲労の増加、収縮性の障害、訓練不耐性の多様な側面の客観的な所見を説明するかも。

Curr Rheumatol Rep. 2017Jan;19(1):1. doi: 10.1007/s11926-017-0628-x.

Mechanisms Explaining Muscle Fatigue and Muscle Pain in Patients with MyalgicEncephalomyelitis/Chronic FatigueSyndrome (ME/CFS): a Review of Recent Findings.

Gerwyn M1, Maes M2.

  • 1Tir Na Nog, Bryn Road seaside 87, Llanelli, SA15 2LW, Wales, UK.
  • 2IMPACT Strategic Research Centre, Deakin University, School of Medicine and Barwon Health, Geelong, VIC, Australia. dr.michaelmaes@hotmail.com.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-03-19 19:51 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line