妊娠中の鎮痛薬による停留睾丸の危険性の系統的総説とメタ解析

妊娠中の鎮痛薬の使用による停留睾丸の危険性の系統的総説とメタ解析。出版された10の研究の系統的総説とメタ解析によると、妊娠中の鎮痛薬の使用と男児の停留睾丸の関連には弱いエビデンスがあるのみである(pooledcrude OR: 1.11, 95% CI: 1.00-1.23)。症例対照研究では (1.23, 95% CI: 0.85-1.78)コホート研究(1.09, 95% CI: 0.97-1.22)よりもわずかに強い関連. 鎮痛薬暴露の週数の増加および停留睾丸の間には用量反応関係の弱いエビデンスがあり、鎮痛薬暴露のタイミングと停留睾丸の危険性の間にも弱いエビデンスがある。

Hum Reprod. 2017 Mar8:1-12. doi: 10.1093/humrep/dex047. [Epub ahead of print]

Analgesia use during pregnancy and risk ofcryptorchidism: a systematic review and meta-analysis.

Gurney J1, RichiardiL2, McGlynnKA3, Signal V1, Sarfati D1.

1

Departmentof Public Health, University of Otago, 23a Mein St, Newtown, Wellington, NewZealand.

2

CancerEpidemiology Unit, University of Turin, Turin, Italy.

3

Division ofCancer Epidemiology & Genetics, National Cancer Institute, MS, USA.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-03-27 20:47 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line