坐骨神経痛に対するリリカの無効性

方法:坐骨神経痛患者において、pregabalinの無作為振り分け、二重盲検、偽薬対象研究を行った。患者を無作為にpregabalin1日量150 mg(最大600mgまで増量)又は偽薬に8週間振り分けた。一時的な結果は8週の時点での10-点の尺度(0点は無痛、10点は可能な限りの最大の痛み)での下肢痛の強さ; 下肢痛の強さは52週でも評価した(一時的な結果の2番目の評価時期). 二次的な結果は1年間の中で前もって指定した時期での障害の程度, 腰痛、および生活の質の計測。結果:209人の患者が無作為振り分けを受け, 108人がpregabalinを受け101人が偽薬を受けた; 無作為振り分け後、pregabalin群の2人にはこの研究に入る資格がないと判断され、解析から除外された。8週の時点で, pregabalin 群の補正していない下肢痛の強さの平均は3.7であり偽薬では3.1(補正した平均の差, 0.5; 95%信頼区間 [CI], -0.2 to 1.2; P=0.19). 52週では, pregabalin 群の補正していない下肢痛の強さの平均は3.4であり偽薬では3.0(補正した平均の差, 0.3; 95% CI, -0.5 to1.0; P=0.46). 8週又は52週では、どの2次的な結果にも群間の差は有意ではなかった. pregabalin 群では227の副作用が報告され、偽薬群では124. pregabalin群では偽薬群よりもめまいが多かった. まとめ:8週間ではpregabalinによる治療は坐骨神経痛に関連した下肢痛の強さを有意には減らさず、その他の結果を有意には改善せず。副作用の発生率はpregabalin群のほうが偽薬群よりも有意に高かった。

N Engl J Med. 2017 Mar23;376(12):1111-1120. doi: 10.1056/NEJMoa1614292.

Trial of Pregabalin for Acute and ChronicSciatica.

MathiesonS1, Maher CG1, McLachlanAJ1, Latimer J1, Koes BW1, HancockMJ1, Harris I1, Day RO1, Billot L1, Pik J1, Jan S1, Lin CC1.

1

From theGeorge Institute for Global Health and Sydney Medical School (S.M., C.G.M.,J.L., L.B., S.J., C.-W.C.L.) and Faculty of Pharmacy and Centre for Educationand Research on Ageing (A.J.M.), University of Sydney, Faculty of Medicine andHealth Science, Macquarie University (M.J.H.), the Ingham Institute for AppliedMedical Research, South Western Sydney Clinical School (I.H.), and St.Vincent's Clinical School (R.O.D.), Faculty of Medicine, University of NewSouth Wales, Sydney, and Australian Capital Territory NeuroSpine Clinic,Deakin, ACT (J.P.) - all in Australia; and the Department of General Practice,Erasmus University Medical Center, Rotterdam, the Netherlands (B.W.K.).



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-03-27 20:54 | その他の疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line