線維筋痛症と慢性疲労症候群の発生率の動向

デザイン:電子的な健康記録のコホート研究。背景:UKNHS primary care 診療.参加者:20011月から201312月までthe Clinical Practice Research Datalink (CPRD)primary careデータベースにリンクしたgeneralpracticesに登録した患者. 主要な結果はCFS/ME, FM, ウイルス感染後の疲労症候群(post-viralfatigue syndromePVFS), および無力症/衰弱の発生率の計測.結果:CFS/MEの記録された症例の全般的な年間の発生率は10万人あたり14.8 (95% CI 14.5, 15.1). FMの全般的な年間の発生率は人口10万人あたり33.3(32.8-33.8), PVFS 12.2 (11.9,12.5), そして無力症/衰弱は 7.0 (6.8, 7.2). CFS/ME診断の年間の発生率は2001年の 17.5 (16.1, 18.9)から2013年の12.6 (11.5, 13.8)に減少(年間のパーセントの変化-2.8% (-3.6%,-2.0%)). FM診断の年間の発生率は人口10万人当たり32.3 (30.4, 34.3) から2007年には27.1 (25.5, 28.6)に低下し、その後2013年に 38.2 (36.3,40.1)に増加. 記録された疲労症状の全般的な年間発生率は人口10万人あたり2246 (2242,2250). 最も貧困ではないIMD五分位と比較して, 最も貧しい五分位でのCFS/ME の発生率は39%低く(incidencerate ratio (IRR) 0.61 (0.50, 0.75)), FMの発生率は 40%高い (IRR 1.40 (0.95, 2.06)). まとめ:これらの解析によるとCFS/MEの記録された診断は2001年以降漸減し、FMの診断は増加した, CFS/MEの診断は最も貧しい地域で低い率であるがFMの診断は高率であるという社会経済的パターンが逆である。

J R Soc Med. 2017 Jan1:141076817702530. doi: 10.1177/0141076817702530. [Epub ahead of print]

Trends in the incidence of chronic fatiguesyndrome and fibromyalgia in the UK, 2001-2013: aClinical Practice Research Datalink study.

Collin SM1, Bakken IJ2, NazarethI3, Crawley E1, White PD4.

1

1 School ofSocial and Community Medicine, University of Bristol, Bristol BS8 2BN, UK.

2

2 NorwegianInstitute of Public Health, 0403 Oslo, Norway.

3

3 UCLDepartment of Primary Care and Population Health, UCL Royal Free Campus, LondonNW3 2PF, UK.

4

4 WolfsonInstitute of Preventive Medicine, Barts and the London School of Medicine andDentistry, Queen Mary University of London, London EC1M 6BQ, UK.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-04-02 23:10 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line