急性骨格筋損傷からの回復に対するNSAIDsの効果の系統的総説とメタ解析


急性骨格筋損傷からの回復に対する
NSAIDsの効果の系統的総説とメタ解析。
結果:すべての研究において, time points after injury, and injury markers combined, NSAID使用は軽度から中等度外傷の標識を有意に減らす (全般的な効果の大きさ(effect sizeES) =+0.34; P = .0001).研究のES異質性は明白なため(ie, Q- df =52.4, P = .000005; I2 = 57%), サブグループメタ解析およびメタ回帰が異質性をを説明するために行われた。ヒトの研究では, 下半身の筋肉が障害された時に研究のESsが高かった ( P =.045). 動物の研究では,長期間のNSAID投薬期間が長く( P = .023) 受傷後の経過観察期間が長い ( P = .010)と研究のESsは低かった。まとめ:全般的には、我々の解析によると、NSAID 使用は急性筋損傷後の筋力低下, soreness, および血液のcreatinekinaseレベルを減らすことを支持する, 少なくとも人の研究で短期間では。

Am J Sports Med. 2017 Mar1:363546517697957. doi: 10.1177/0363546517697957. [Epub ahead of print]

Effect of NSAIDs on Recovery From AcuteSkeletal Muscle Injury: A Systematic Review and Meta-analysis.

MorelliKM1, Brown LB1, Warren GL1.

1

Departmentof Physical Therapy, Georgia State University, Atlanta, Georgia, USA.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-04-02 23:14 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line