むずむず脚症候群の長期治療成績

14年間で最低4年間経過観察を行ったRLS患者の解析。方法:private外来患者クリニックで著者が評価して経過観察した200人の患者野医療記録鵜の後ろ向き解析。結果:平均経過観察期間6,3 (範囲4-14)の、25歳から90 歳までの50人の患者(34人の女性)を選択した. 78%の症例に最初に行われたドパミン作動薬の治療に60%が反応した.34%は症状があるままであり4%は悪化した. RLS強度尺度は初診時の19,2から最終受診時には 12,5に改善した (p < 0.05). 33人の患者(66%)は経過観察中に治療前のレベルを超えた全般的な悪化を経験した. 症状悪化を解決する方法は、別の作動薬への変更、pregabalinおよびgabapentinなどのリガンド、オピオイド、および鉄の使用。フェリチンの低下は症状悪化患者の大部分で計測された(45例中24例)(p < 0,05). ドパミン作動薬で治療した患者の6%は衝動制御障害が発生。

Rev Med Chil. 2016Dec;144(12):1561-1566. doi: 10.4067/S0034-98872016001200007.

[Restless legs syndrome:long-term follow-up of a series of patients].

[Article in Spanish]

Miranda CM1, Hudson AL1.

1

Departamentode Neurología, Clínica Las Condes, Santiago, Chile.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-04-16 11:30 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line