複合性局所疼痛症候群に対する催眠術下の理学療法の効果

催眠術下の理学療法の有効性。20人の手関節および手のCRPS-1患者を後ろ向きに評価: 13人は女性7にんは男性であり、平均年齢は56 (34-75). 13人は炎症期であり、7人はdystrophic. 主要な評価項目は疼痛(VAS, 鎮痛薬の使用), こわばり (手関節および指の関節可動域), および筋力 (ピンチと握力). 二次的な評価項目は機能点数(QuickDASH, PWRE), 患者の満足,復職, および副作用.平均5.4回を行った後、全例で結果は満足であった。 VAS4点低下, PWRE-pain 4.1点低下,そして鎮痛薬の使用は必要時のparacetamolに限定された。指と手関節の関節可動域は増加しthe QuickDASH34点低下,PRWE-function 3.8点低下, ピンチ力は4点増加, そして握力は10点増加. 復職は全例の80%で可能であった.全例、治療に満足又は大変満足。催眠術下の理学療法は、病因に関わらず手関節と手のCRPS-1の治療に有効なようである.

Hand Surg Rehabil. 2017 Mar 1.pii: S2468-1229(17)30036-1. doi: 10.1016/j.hansur.2016.12.008. [Epub ahead ofprint]

Physical therapy under hypnosis for thetreatment of patients with type 1 complex regional painsyndrome of the hand and wrist: Retrospective study of 20 cases.

Lebon J1, RongièresM2, ApredoaeiC2, DelclauxS2, Mansat P2.

1

Unitéd'orthopédie et traumatologie de Purpan, institut de l'appareil locomoteur, CHUde Toulouse, place du Dr-Baylac, 31059 Toulouse cedex, France. Electronicaddress: julie-lebon@hotmail.fr.

2

Unitéd'orthopédie et traumatologie de Purpan, institut de l'appareil locomoteur, CHUde Toulouse, place du Dr-Baylac, 31059 Toulouse cedex, France.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-05-07 17:34 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line