妊娠中の抗うつ薬使用による新生児への副作用

方法:20051月から201012月までイタリアの Lombardy地域で、最後の月経日前9カ月から出産までの間に抗うつ薬に暴露された9825の出産を含む人口に基づいたコホート研究を行った。log-binomial回帰解析を用いて、妊娠中に抗うつ薬に暴露された母親から生まれた新生児の中で、低いApgar score、妊娠期間の短さ、子宮内低酸素症および出生時仮死、新生児痙攣、およびその他の呼吸器疾患の有病率の割合(prevalenceratioPR)を評価した。すべての可能性のある交絡因子を説明する傾向点数で細かい階層化を行った。抗うつ薬のタイプ、暴露の期間、経腟出産と満期出産の特異的なタイプに限定した感度解析およびサブグループ解析を行った。結果:女性の33.4%は妊娠中に少なくとも1つの処方。妊娠前にのみ抗うつ薬に暴露された母親から生まれた新生児に比べると、妊娠中に抗うつ薬に暴露された母親から生まれた新生児は低いApgar score(PR, 1.63, 95% CI, 1.01-2.61), 子宮内低酸素症および出生時仮死(aPR, 1.37,1.08-1.73), 新生児けいれん (aPR, 2.81,1.07-7.36), およびその他の呼吸器疾患 (aPR, 1.24,1.00-1.52)の有病率が高い。感度解析とサブグループ解析で結果は同様。

Pharmacoepidemiol Drug Saf. 2017 Jun 8.doi: 10.1002/pds.4242. [Epub ahead of print]

Use of antidepressantmedication in pregnancy and adverse neonatal outcomes: A population-basedinvestigation.

CantaruttiA1, Merlino L2, GiaquintoC3, Corrao G1.

1

Departmentof Statistics and Quantitative Methods, Division of Biostatistics, Epidemiologyand Public Health, Laboratory of Healthcare Research and Pharmacoepidemiology,University of Milano-Bicocca, Milan, Italy.

2

OperativeUnit of Territorial Health Services, Region of Lombardy, Milan, Italy.

3

Departmentof Women's and Children's Health, University of Padova, Padova, Italy.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-06-11 21:22 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line