慢性痛と死亡率の関連

方法:研究人口は50歳以上の成人の2つの大規模な成人コホートからぴっぱる; the EnglishLongitudinal Study of Ageing (ELSA) (n=6324)および the North Staffordshire Osteoarthritis Project (NorStOP) (n=10985).生存解析 (コックス比例ハザードモデル) が、"何らかの痛み" およびそれから痛みの範囲に従った各々(痛みの部位の総数; ACR基準によるwidespread pain; Manchester基準によるwidespread pain) および痛みの生活の質への影響(痛みによる障害; および痛みによるしばしばのトラブル)を報告した参加者の死亡の危険性を推定した. 年齢、生別、教育、および収入による富/適切性によりモデルを累積的に補正した。結果:補正後、何らかの痛み (MRR 1.06, 95% CI (0.95, 1.19)) 又はwidespread pain (ACR1.07 (0.92, 1.23) 又はManchester 1.16 (0.99, 1.36))を報告した者は死亡の危険性の増加とは関連せず。痛みによりしばしばトラブルになる者 (1.29 (1.12, 1.49))および"わずか" (1.38 (1.20,1.59)) および"極度の" (1.88 (1.54, 2.29)) 痛みの障害を報告する者はすべての原因の死亡の危険性が増加。まとめ:日常生活を障害する痛みは痛みその物よりも死亡の危険性を増加させる。

Arthritis Care Res (Hoboken). 2017 Jun 7.doi: 10.1002/acr.23268. [Epub ahead of print]

Pain andmortality in older adults: The influence of painphenotype.

Smith D1, Wilkie R1, Croft P1, McBeth J2.

1

ArthritisResearch UK Primary Care Centre, Research Institute for Primary Care &Health Sciences, Keele University, Staffordshire, United Kingdom.

2

ArthritisResearch UK Centre for Epidemiology, Centre for Musculoskeletal Research,Institute of Inflammation and Repair, Faculty of Medical and Human Sciences,Manchester Academic Health Sciences Centre, The University of Manchester,United Kingdom.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-06-11 21:26 | その他の疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line