慢性腰痛症に対するサインバルタの有効性

方法:慢性腰痛症(chronic lowback painCLBP)に対してduloxetine 又は偽薬を摂取した患者の、3つの無作為振り分け、二重盲検、臨床研究のPost hocパス解析を行った。一次的な痛みの結果の計測はthe Brief PainInventory, 平均の疼痛点数. 二次的な結果の計測であるthe Beck DepressionInventory-II, は抑うつ症状の計測に用いた。ベースラインから終点までの点数の変化を各指標で調べた。パス解析を行い、duloxetineの痛みへの直接効果の寄与の割合を計算した。結果:85人の患者 (400人はduloxetineそして 451人は偽薬)をこの解析に含めた。Duloxetineは偽薬に比べると有意に疼痛点数を改善した(p<0.001).それは偽薬に比べると抑うつ点数を有意に改善した(p=0.015).パス解析によると、duloxetineの鎮痛効果の91.1%は直接の鎮痛効果であり、 8.9%はその抗うつ効果による。4週および7週で評価されたデータ、およびベースラインの疼痛点数、ベースラインの抑うつ症状点数および性別に基づき無作為にサブグループに分けた患者から得られたデータを評価しても同様の結果が得られた。{Enomoto,2017 #8184}

J Pain Res. 2017 Jun1;10:1357-1368. doi: 10.2147/JPR.S133396. eCollection 2017.

Assessment of direct analgesic effect ofduloxetine for chronic low back pain: post hoc path analysis of double-blind,placebo-controlled studies.

Enomoto H1, FujikoshiS2, Funai J3, Sasaki N4, OssipovMH5, Tsuji T6, Alev L7, Ushida T8.

1

MedicalScience, Eli Lilly Japan K.K., Tokyo.

2

StatisticalScience.

3

ScienceCommunications.

4

MedicalScience, Eli Lilly Japan K.K., Kobe, Japan.

5

ClinicalDivision, inVentiv Health, LLC, Blue Bell, PA, USA.

6

MedicalAffairs Department, Shionogi & Co., Ltd., Osaka, Japan.

7

MedicalDepartment, Lilly Turkey, Istanbul, Turkey.

8

MultidisciplinaryPain Center, Aichi Medical University, Nagakute, Aichi, Japan.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-06-19 21:29 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line