Clostridium difficile感染症の危険因子

方法:1990年から201610月までに出版されたClostridium difficile infection(CDI) および再発性CDIrecurrent CDIrCDI)の危険性の要因の系統的総説とメタ解析の総説。結果:22の系統的総説がCDI (n?=?19)および rCDI (n?=?6)の危険性の要因を評価。17の系統的総説でメタ解析。40以上の危険因子がCDIおよびrCDIと関連し、3つのカテゴリーと関連: 薬物の危険因子、宿主に関連した危険因子、および臨床的特徴又は治療。大部分の系統的総説又はメタ解析は抗生物質使用 (n?=?8 forCDI, 3 for rCDI),PPI (n?=?8 for CDI, 4 for rCDI), およびhistamine 2 受容体拮抗薬(n?=?4for CDI)および慢性腎疾患 (n?=?4 forrCDI)に焦点を当てる. しかし、その他の危険因子を評価.エビデンスの状態、方法、およびデータ解析の課題を議論。まとめ。メタ解析のエビデンスによると、抗生物質、胃酸抑制薬、非選択的NSAID, およびいくつかの併存症などの危険因子を報告

J Glob Health. 2017Jun;7(1):010417. doi: 10.7189/jogh.07.010417.

Risk factors for Clostridium difficileinfections - an overview of the evidence base and challenges in data synthesis.

Eze P1,2, BalsellsE1,2, Kyaw MH3, Nair H1.

1

Centre forGlobal Health Research, Usher Institute of Population Health Sciences andInformatics, University of Edinburgh, Edinburgh, Scotland, UK.

2

Joint firstauthorship.

3

SanofiPasteur, Swiftwater, Pennsylvania, USA.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-06-19 21:35 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line