内臓痛は線維筋痛症を引き起こす

この前向き研究は、併存患者において、内臓痛をFMS pain/hyperalgesiaの可能性のある引き金要因として評価。a) FMS+irritable bowel syndrome (IBS); b) FMS+一次性月経困難症(primary dysmenorrheaDys); c) FMS+子宮内膜症に続発する月経困難症(dysmenorrhea secondary to endometriosisEndo); d) FMS+結腸憩室症(colondiverticulosisDiv)の女性をFMSのみの女性の間で、同等の期間のFMの痛み (エピソードの数/強度、鎮痛薬の消費量) および身体の痛覚過敏(電気/圧迫疼痛閾値)痛い部位 (圧痛点TenderPoints, TePs) および対照領域 (僧帽筋、三角筋、大腿四頭筋および覆っている皮下組織と皮膚)の身体の痛覚過敏(電気/圧迫疼痛閾値)に関して比較した。併存のサブグループにおいて、FMS 症状を内臓疾患の治療後又は無治療で再評価。FMSのみと比べると全合併群は、FMSの痛み (エピソードの数/強度、鎮痛薬の消費量) およびすべての部位での深部内臓組織の痛覚過敏 (皮下組織と筋肉)(0.05<P<0.0001)が有意に高かった。内臓痛(IBSの日数, 有痛性の月経周期, 憩室炎による腹痛のエピソード) FMSの痛みのすべての指標と正比例しすべての部位の筋肉痛の閾値と逆相関 (0.03<P<0.0001)FMSの痛みとすべての組織とすべての部位の痛覚過敏は内臓合併症の治療後には有意に低下[6 か月の食事療法(IBS), 6か月のホルモン治療(月経困難症), レーザー治療(子宮内膜症),手術(憩室炎)](0.05<P<0.0001)、一方無治療の患者では変化せず。内臓痛はFMS症状を悪化させ,症候群のcentralsensitizationのレベルを恐らく強くする。内臓痛合併症の系統的な評価と治療はFMS対処の一部にすべきである。

Pain. 2017 Jul 3. doi:10.1097/j.pain.0000000000000992. [Epub ahead ofprint]

Visceral pain asa triggering factor for fibromyalgia symptoms incomorbid patients.

CostantiniR1, AffaitatiG,WesselmannU,CzakanskiP,GiamberardinoMA.

1

1Instituteof Surgical Pathology, "G D'Annunzio" University of Chieti, Italy2Fibromyalgia Center, Department of Medicine and Science of Aging, "GD'Annunzio" University of Chieti and Center of Sciences of Aging andTranslational Medicine, CeSI-MeT, Chieti, Italy; 3University of Alabama atBirmingham, Departments of Anesthesiology and Perioperative Medicine (Divisionof Pain Medicine) and Neurology, Birmingham, AL,USA 4University of Alabama at Birmingham, Departments of Anesthesiology andPerioperative Medicine (Division of PainMedicine) and Obstetrics & Gynecology, Birmingham, AL, USA.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-07-09 15:30 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line