NSAIDによる急性心筋梗の危険性

方法:2004-2009年の、4つの公的健康保険制度供給者からの1700万人の保険メンバーのthe German Pharmacoepidemiological Research Database(GePaRD)のデータに基づいてa nestedcase-control studyを、現在の、最近の又は過去の使用者に分類された3,476,931人の新規NSAID使用者のコホートで行った。risk set samplingを用いて、年齢、性別、および経過観察の長さにより各症例に最高100人の対照者をマッチさせた。多変量条件付きロジスティック回帰を用いてオッズ比(ORs)および95%信頼区間(CIs)を推定した。処方された1日服用量(defined daily dosesDDDs)の累積総量によりNSAID使用の期間を計算され、階層化された解析を行ったfor potentialeffect modifiers潜在的影響の修飾因子?)。結果:全体で、17,236人の急性心筋梗塞(acutemyocardial infarctionAMI)の症例を1,714,006人の対照にマッチさせた。diclofenacmisoprostol(サイトテック)の併用(OR 1.76, 95% CI1.26-2.45), indometacin (1.69, 1.22-2.35), ibuprofen (1.54, 1.43-1.65), etoricoxib (1.52, 1.24-1.87), およびdiclofenac (1.43, 1.34-1.52)の現在の使用者は過去の使用者に比べて相対的なAMIの危険性は増加。累積NSAID総量が少ないことはibuprofen, diclofenac, およびindometacinの相対的なAMIの危険性が高いことと関連。diclofenac, diclofenac misoprostolの併用,etoricoxib, およびibuprofenの現在の使用と関連した相対的な危険性は若年者で最も高く(<60)、主要な心血管危険因子のある又はない患者で同様。まとめ:相対的なAMIの危険性の推定は15の調査した個々のNSAIDsで異なっていた。最も使用頻度の高いNSAIDsである、Diclofenac およびibuprofenは、累積NSAID総量がたとえ少なくても、AMIの相対的な危険性が40-50%高い。心血管危険因子のある又はない患者において、相対的なAMIの危険性は同程度に増加。

Drugs Real World Outcomes. 2017 Jul 4.doi: 10.1007/s40801-017-0113-x. [Epub ahead of print]

Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drug Use and the Risk of AcuteMyocardial Infarction in the General German Population: A Nested Case-ControlStudy.

Thöne K1,2, KollhorstB1, Schink T3.

1

LeibnizInstitute for Prevention Research and Epidemiology, BIPS, Bremen, Germany.

2

UniversityCancer Center Hamburg (UCCH), University Medical Center Hamburg-Eppendorf(UKE), Hamburg, Germany.

3

LeibnizInstitute for Prevention Research and Epidemiology, BIPS, Bremen, Germany.schink@leibniz-bips.de


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-07-09 15:49
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line