CRPSの危険因子

方法:1992年から2015年までに、theDanish Patient Compensation Association's (DPCA) データベースを用いて治療後にCRPSを訴えた647人の患者を同定。年齢、永別、最初の診断、治療、および保障の大きさを調べた。多変量ロジスティック回帰を行い、請求と関連のある変数を同定。もし症状が両側性又は一側性で治療前の神経生理が病的であれば、手根管症候群(carpaltunnel syndromeCTS)患者も登録した。結果:以下の要因が見つかった; 女性:男性4:1, 一次的診断が上肢:下肢2.5:1 して手術的治療:非手術的治療3:1. 平均年齢は47.5±13.7歳であり,性別間に差はない. 前腕の(23%)およびCTS(9%)が最も多い一次的な病態。手術的な治療は保障請求と関連 (OR 3.5,95% CI 2.3-5.3, p < 0.001). CTS患者の半数は手術前は正常の神経生理; 片側症状の患者のうち71.4%は正常の神経生理。まとめ:女性、手術治療および上肢の治療は危険因子。待機手術が術後CRPS患者の多数を占める。CRPSに進展したCTS患者においては正常な神経生理検査が一般的であり、これらの患者は早期にCRPSになったのでありCTSではないことが疑われた。(訳者注:下肢の外傷よりも上肢の外傷の方が多いため、上肢の治療はCRPSの危険因子ではないと思う)

Pain Pract. 2017 Jul 10. doi:10.1111/papr.12610. [Epub ahead of print]

Risk factors for post-treatment complex regional pain syndrome (CRPS)- an analysis of 647 cases of CRPS from theDanish Patient Compensation Association.

PetersenPB1,2,3, MikkelsenKL2, LauritzenJB3, KrogsgaardMR1.

1

Section forSports Traumatology M51, Bispebjerg-Frederiksberg Hospital (Part of IOCResearch Center Copenhagen), University of Copenhagen, Copenhagen, Denmark.

2

DanishPatient Compensation Association, Copenhagen, Denmark.

3

Departmentof Orthopaedic Surgery, Bispebjerg/Frederiksberg Hospital, University ofCopenhagen, Copenhagen, Denmark.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-07-15 23:43 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line