むずむず性器症候群

Restless genital syndrome は、性的欲望の意識的感情を伴わない性器およびクリトリスの性的興奮の過剰な持続的な感覚. この感覚はRLS又は過活動膀胱の症状とリンクしている。Restless genital syndromeはクリトリスの背側神経の細い神経線維の感覚神経障害に関連するかもしれず, そのためそれは女性の方に起こりやすい. RLSとの関連はドパミン作動性の機序を示す。74歳女性はRLSの症状と関連した毎夜のrestless genital symptoms. polysomnographyの間、彼女はREM睡眠から3回覚醒し、RLS 症状を伴った不眠および性的活動の期間が続く性器症状と関連. 症状の頻度と強度はpramipexoleによる1週間の治療後に反応し、その効果は経過観察時に維持された。

J Clin Sleep Med. 2017 Jul 14. pii: jc-17-00097. [Epub ahead ofprint]

Restless Genital Syndrome: DifferentialDiagnosis and Treatment With Pramipexole.

Sforza E, Hupin D, Roche F.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-07-24 20:35 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line