むずむず脚症候群と気管支喘息の関連

方法: 84人の喘息患者と51人の健常ボランティアを登録。RLSの診断は、theInternational Restless Legs Syndrome Study Groupによって定められた基準により行い, the Beck Depressionand Beck Anxiety scales により両群を評価した。The AsthmaControl Test™(ACT)を行い、喘息のコントロール状態を調べた。結果:喘息群ではRLS 27(32.1%)であり、対照群では8(15.7%)RLSは有意に対照群よりも喘息群に多かった (p=0.034). RLSの存在と吸入ステロイドの使用、β2 作動薬の使用および年齢の間には有意な関連はなかったが; RLSの存在と,ACT点数, 抑うつ症状と不安症状および性別の間には有意な関連があった (p<0.05).まとめ:RLSは健常者よりも喘息患者に多く、喘息のコントロールが低下するとRLSの頻度が増加。

Clin Respir J. 2017 Aug 4.doi: 10.1111/crj.12684. [Epub ahead of print]

The relationship between restless legs syndrome and bronchial asthma.

Güngen AC1, Güngen B2, Aydemir Y1, Aras YG2, Çoban H1, Düzenli H1.

1

SakaryaUniversity, Education and Research Hospital, Department of Pulmonology,Sakarya, Turkey.

2

SakaryaUniversity, Education and Research Hospital, Department of Neurology, Sakarya,Turkey.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-08-08 20:26 | FMの薬物治療各論
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line