抗うつ薬による体重増加

オーストラリア。縦断研究。the NorthWest Adelaide Health Study2段階(4.4年の間隔)での成人2334人の、有効な栄養と生活スタイルのアンケート、体重および薬の処方データを含む、データを使用。結果:188人の参加者 (8.1%) が平均で年間12種類の抗うつ薬を処方され、212 (9.1%)3つ以上の処方.年間の平均体重増加は、非使用者, 抗うつ薬の低用量使用者(1-2 の処方/)および抗うつ薬の高用量使用者(>2 処方/)では各々0.12, 0.18 および0.28 kg. 多変量回帰モデルによると, 抗うつ薬使用は体重増加と正の相関: 抗うつ薬の高用量使用者は年間0.22 (95% CI 0.00 to0.44) kg増加。この関連は主にSSRIによる。SSRIの高用量使用者は非使用者よりも 0.48 (95% CI 0.20 to 0.76) kg増加。TCA又はその他の抗うつ薬の使用と体重増加には関連がない。西洋式の食事、坐位での活動が長いこと、喫煙者では SSRI使用と体重増加の関連はより強かった。

BMJ Open. 2017 Aug11;7(8):e016224. doi: 10.1136/bmjopen-2017-016224.

SSRI antidepressantuse potentiates weight gain in the context of unhealthy lifestyles: resultsfrom a 4-year Australian follow-up study.

Shi Z1, AtlantisE2, Taylor AW1, Gill TK1, Price K3, AppletonS1, Wong ML4,5, Licinio J4,5.

1

AdelaideMedical School, University of Adelaide, Adelaide, Australia.

2

School ofNursing and Midwifery, University of Western Sydney, Sydney, Australia.

3

School ofNursing and Midwifery, University of South Australia, Adelaide, Australia.

4

Mind &Brain Theme, South Australian Health and Medical Research Institute, Adelaide,South Australia, Australia.

5

Disciplineof Psychiatry, College of Medicine and Public Health, Flinders University,Bedford Park, South Australia, Australia.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-08-16 13:20 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line