慢性筋骨格痛に対する筋筋膜リリースの効果の系統的総説

慢性筋骨格痛に対するmyofascialreleaseの有効性の系統的総説。結果:同定した513の記録のうち、8つが有効。2つの研究は外側上顆炎に焦点を当て ( N = 95),2つはFM ( N = 145),3つは腰痛症( N = 152), そして1つは踵痛( N = 65)。偏りの危険性は3つでは低いとみなされ、5つでは高いとみなされた。治療は30-90分間、220週間の間に424回。 治療効果の大きさは腰痛症とFMの研究において痛みと障害には臨床的に重要な最小の差に達せず。偏りの危険性の高い別の3つの研究では、臨床的に重要な最小の差のレベルは2か月の経過観察で達成された。まとめ: myofascial release治療に関する現在のエビデンスは、慢性筋骨格筋痛においてこの治療が正当化されるには、不十分。

Clin Rehabil. 2017 Sep1:269215517732820. doi: 10.1177/0269215517732820. [Epub ahead of print]

Effectiveness of myofascial release intreatment of chronic musculoskeletal pain: asystematic review.

Laimi K1, Mäkilä A1, Bärlund E2, KatajapuuN2, Oksanen A1, SeikkulaV1,3, KarppinenJ3, SaltychevM1.

1

1 Departmentof Physical and Rehabilitation Medicine, Turku University Hospital andUniversity of Turku, Turku, Finland.

2

2 TurkuUniversity of Applied Sciences, Turku, Finland.

3

3 Departmentof Expert Services, Turku University Hospital and University of Turku, Turku,Finland.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-10-08 17:06 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line