PPIにより胃がんの危険性が3倍、40歳未満は22倍

人口に基づいたコホート研究. 標準化された発生率(Standardised incidence ratiosSIRs) および95%CIs を計算して長期間のPPI 使用者と類似する背景の人口の間の胃がん発生の危険性を比較し,適用を交絡因子に加えた。Swedenの人口に基づいた研究 (2005-2012)。この研究はPPIsによる維持治療に暴露されたスウェーデンの全成人を含む。PPIsの維持治療は、研究の年に少なくとも180日間の使用で定義された。histamine 2 receptor antagonistの維持治療は対照とされた。the Swedish CancerRegistryで定義された胃癌(噴門および非噴門), および胃腺癌のサブグループ解析。結果: PPI の維持療法を受けている797 067 人のうち, 胃癌の標準化された発生率(Standardised incidence ratiosSIRs)3倍以上の増加(SIR=3.38, 95% CI 3.23 to 3.53). SIRsの増加は男女両性と、全年齢群で見られ、特に40歳未満のPPI使用者では著しく増加 (SIR=22.76, 95% CI 15.94 to 31.52)。胃癌とは関連がない人、例えば胃食道逆流症 (SIR=3.04, 95% CI 2.80to 3.31)を含むSIRsの増加は各適用の研究で見られ,例えばアスピリン使用者 (SIR=1.93, 95% CI 1.70to 2.18)では多分危険性が低下。この関連は噴門および非噴門胃癌でも同様。腺癌に限定した解析でも、全胃癌の結果と同様。PPIsと同じ適用を持つ histamine 2 receptor antagonistsの長期使用は危険性を全く増加させず。まとめ:長期間のPPI使用は胃がんの独立した危険因子かもしれない。これは、広いPPI の維持治療、特に適用が弱い場合に異議を唱える。

BMJ Open. 2017 Oct30;7(10):e017739. doi: 10.1136/bmjopen-2017-017739.

Maintenance therapy with proton pump inhibitorsand risk of gastric cancer: a nationwide population-based cohort study inSweden.

BrusselaersN1, Wahlin K2, EngstrandL1, LagergrenJ2,3.

1

Departmentof Microbiology, Tumor and Cell Biology, Science for Life Laboratory,Karolinska Institutet, Stockholm, Sweden.

2

Departmentof Molecular Medicine and Surgery, Upper Gastrointestinal Surgery, KarolinskaInstitutet, Karolinska University Hospital, Stockholm, Sweden.

3

Division ofCancer Studies, King's College London, London, UK.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-11-05 00:29 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line