NSAIDによる心筋梗塞

方法:Quebec administrative health cohortNestedcase-control解析を行った.NSAIDの投与量、交絡因子、および結果の状態を経過観察の各日で調べた。投与量と過去の暴露の時期をよりよく説明するために,可変量の重みづけをした累積暴露モデルを適用した。結果:コホートは、21256の急性心筋梗塞(MI)例を含む、233 816人の高齢成人からなる.用量に関連したMIの危険性の増加は全てのNSAIDsの現在の使用で見られた.使用期間を考慮しないモデルでは,最も一般的な毎日の使用量vs. 現在使用していないのORs(95%CI):celecoxib 200 mg: 1.16 (1.10, 1.22), diclofenac 150 mg: 1.59 (1.38,1.84), ibuprofen 1200 mg: 1.42 (1.17, 1.74), naproxen 750 mg: 1.38(1.21, 1.58), およびrofecoxib25 mg: 1.54 (1.43, 1.66). naproxenを含むすべてのNSAIDs MIの危険性の増加と関連しrofecoxib,ibuprofen, およびnaproxen3週間前の摂取量とdiclofenaccelecoxib75日前の摂取量は現在のMIの危険性に寄与することを示す、ことを重み付けをした累積暴露モデルは確認.しかし、celecoxibの危険性は30 日以上の継続使用を必要とするようであるが,その他のNSAIDsではMIの危険性は7日以内に起こる。

PharmacoepidemiolDrug Saf. 2017 Nov 24. doi: 10.1002/pds.4358. [Epubahead of print]

Risk of acutemyocardial infarction with real-world NSAIDs depends on dose and timing ofexposure.

Bally M1,2,Beauchamp ME2,Abrahamowicz M2,3,Nadeau L2,Brophy JM2,3,4.

1

Departmentof Pharmacy and Research Center, University of Montreal Hospital, Montreal,Canada.

2

Centrefor Outcomes Research and Evaluation, Research Institute of the McGillUniversity Health Centre, Montreal, Canada.

3

Departmentof Epidemiology, Biostatistics, and Occupational Health, McGill University,Montreal, Canada.

4

Departmentof Medicine, McGill University Health Centre, Montreal, Canada.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-11-28 20:26 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line