カテゴリ:未分類( 13 )


妊娠中の抗うつ薬使用は子供の自閉症を引き起こしやすい

デザイン:回帰法、傾向点数マッチング、兄弟対照、および陰性対照比較を用いた観察前向きコホート研究スウェーデンのStockholm County。参加者:Stockholm Countyに住んでおり、2001-11年に生まれた、抗うつ薬を摂取せず精神障害のない母親, 妊娠中に抗うつ薬を摂取した母親, 又は妊娠中に抗うつ薬を摂取しない精神障害の母親から生まれた、5378人の自閉症を含む417歳の254 610人。母親の抗うつ薬使用は最初の出産前インタビューの間に記録したか、処方記録で確認した。主要な結果の計測:知能障害があるまたはレがない自閉症スペクトラム障害の診断がついた子供。結果:妊娠中に抗うつ薬に暴露された3342人の子供のうち, 4.1% (n=136)が自閉症と診断され、妊娠中に抗うつ薬に暴露されなかったが母親に精神障害の既往のある12 325人の子供では2.9%(n=353) (補正したオッズ比1.45, 95%信頼区間1.13to 1.85). 傾向点数解析でも同様の結果. 兄弟対照解析の結果も同じ方向であるが、信頼区間がより広い。陰性対照比較では、母親の妊娠中に父親が抗うつ薬を処方された子供において自閉症が増えるエビデンスはなかった(1.13, 0.68to 1.88). 全ての解析で、知能障害のない自閉症の危険性のみが増加.

BMJ. 2017 Jul 19;358:j2811.doi: 10.1136/bmj.j2811.

Antidepressants during pregnancy and autism inoffspring: population based cohort study.

Rai D1,2,3,4, Lee BK3,5,6, Dalman C3,7, NewschafferC5,6, Lewis G8, MagnussonC3,7.

1

Centre forAcademic Mental Health, School of Social and Community Medicine, University ofBristol, Bristol, UK Dheeraj.rai@bristol.ac.uk.

2

Avon andWiltshire Partnership NHS Mental Health Trust, Bristol, UK.

3

Departmentof Public Health Sciences, Karolinska Institutet, Stockholm, Sweden.

4

NIHRBiomedical Research Centre, University of Bristol, Bristol, UK.

5

DrexelUniversity School of Public Health, Philadelphia, PA, USA.

6

AJ DrexelAutism Institute, Philadelphia, PA, USA.

7

Centre forEpidemiology and Community Medicine, Stockholm Health Care Services, Stockholm,Sweden.

8

Division ofPsychiatry, University College London, London, UK.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-07-25 12:43

NSAIDによる急性心筋梗の危険性

方法:2004-2009年の、4つの公的健康保険制度供給者からの1700万人の保険メンバーのthe German Pharmacoepidemiological Research Database(GePaRD)のデータに基づいてa nestedcase-control studyを、現在の、最近の又は過去の使用者に分類された3,476,931人の新規NSAID使用者のコホートで行った。risk set samplingを用いて、年齢、性別、および経過観察の長さにより各症例に最高100人の対照者をマッチさせた。多変量条件付きロジスティック回帰を用いてオッズ比(ORs)および95%信頼区間(CIs)を推定した。処方された1日服用量(defined daily dosesDDDs)の累積総量によりNSAID使用の期間を計算され、階層化された解析を行ったfor potentialeffect modifiers潜在的影響の修飾因子?)。結果:全体で、17,236人の急性心筋梗塞(acutemyocardial infarctionAMI)の症例を1,714,006人の対照にマッチさせた。diclofenacmisoprostol(サイトテック)の併用(OR 1.76, 95% CI1.26-2.45), indometacin (1.69, 1.22-2.35), ibuprofen (1.54, 1.43-1.65), etoricoxib (1.52, 1.24-1.87), およびdiclofenac (1.43, 1.34-1.52)の現在の使用者は過去の使用者に比べて相対的なAMIの危険性は増加。累積NSAID総量が少ないことはibuprofen, diclofenac, およびindometacinの相対的なAMIの危険性が高いことと関連。diclofenac, diclofenac misoprostolの併用,etoricoxib, およびibuprofenの現在の使用と関連した相対的な危険性は若年者で最も高く(<60)、主要な心血管危険因子のある又はない患者で同様。まとめ:相対的なAMIの危険性の推定は15の調査した個々のNSAIDsで異なっていた。最も使用頻度の高いNSAIDsである、Diclofenac およびibuprofenは、累積NSAID総量がたとえ少なくても、AMIの相対的な危険性が40-50%高い。心血管危険因子のある又はない患者において、相対的なAMIの危険性は同程度に増加。

Drugs Real World Outcomes. 2017 Jul 4.doi: 10.1007/s40801-017-0113-x. [Epub ahead of print]

Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drug Use and the Risk of AcuteMyocardial Infarction in the General German Population: A Nested Case-ControlStudy.

Thöne K1,2, KollhorstB1, Schink T3.

1

LeibnizInstitute for Prevention Research and Epidemiology, BIPS, Bremen, Germany.

2

UniversityCancer Center Hamburg (UCCH), University Medical Center Hamburg-Eppendorf(UKE), Hamburg, Germany.

3

LeibnizInstitute for Prevention Research and Epidemiology, BIPS, Bremen, Germany.schink@leibniz-bips.de


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-07-09 15:49

妊婦におけるむずむず脚症候群

方法:20073月から201012月までの出産前クリニックから、妊娠の第3三分期の1,563人の女性を集めた。人口統計的、妊娠、および出産のデータを医療記録から抽出し、睡眠の情報をアンケートで集めた。RLSと診断するために, International RestlessLegs Study Group が開発したRLS症状と頻度の標準化された基準を用いた. ロジスティック回帰モデルを用いて、t RLSおよびその頻度と、睡眠―覚醒障害(poor sleep quality,daytime sleepiness, poor daytime function)および出産の結果の関連を調べた。結果:妊娠女性の36% RLSであり, 半数は中等度から強度の症状. RLSのない女性に比べると, RLSのある女性は、睡眠の質の悪さ (オッズ比[OR] 2.2, 95% 信頼区間[CI]1.7-2.9), 日中の機能の悪さ (OR 1.9,95% CI 1.4-2.4), および過剰な日中の眠気 (OR 1.6,95% CI 1.3-2.0)が起こりやすい。RLSの頻度と睡眠―覚醒障害の各々との間で用量―反応関連が明確。RLSと出産の結果の関連にはエビデンスがない。

J ClinSleep Med. 2017 Jun 16. pii: jc-17-00162. [Epub ahead ofprint]

Restless Legs Syndrome andSleep-Wake Disturbances in Pregnancy.

DunietzGL,LisabethLD,Shedden K, Shamim-UzzamanQA,BulloughAS,Chames MC, Bowden MF, O'BrienLM.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-06-25 22:18

線維筋痛症の灰白質の異常:メタ解析

ボクセルに基づいた形態計測(voxel-basedmorphometryVBM)研究によるFMの灰白質(GM)の異常の系統的総説とメタ解析。 結果:180人のFM患者と126人の健常対照者を含む9つの比較を報告した7つの研究をメタ解析に含めた。FM患者と健常対照者の比較では、局所のGM容積の減少は、両側の前帯状皮質/傍帯状皮質/内側前頭前皮質,両側の後帯状皮質/傍帯状皮質, 海馬傍回/fusiformcortex(紡錘状皮質), 海馬傍回/海馬で一貫していた. 局所のGM容積の増加は左小脳で一貫して見られた。メタ回帰によると、年齢はFM患者のGMの異常と関連。まとめ:現在のメタ解析は、内側疼痛, デフォルトモードネットワーク、および大脳―小脳回路内のGMの異常パターンを同定し、それはFMは慢性痛を巻き込んだ部位を超える脳の領域を犯す症状の複合であるという概念を支持する。

Semin Arthritis Rheum. 2016Dec;46(3):330-337. doi: 10.1016/j.semarthrit.2016.06.002. Epub 2016 Jun 8.

Gray matter abnormalities associated with fibromyalgia: A meta-analysis of voxel-basedmorphometric studies.

Shi H1, Yuan C2, Dai Z3, Ma H4, Sheng L5.

  • 1Department of Neurology, Affiliated Yancheng Hospital, School of Medicine, Southeast University, Yancheng, P.R. China.
  • 2Department of Anesthesia and Pain Management, Affiliated Yancheng Hospital, School of Medicine, Southeast University, Yancheng, P.R. China.
  • 3Department of Radiology, Affiliated Yancheng Hospital, School of Medicine, Southeast University, Yancheng, P.R. China.
  • 4Department of Neurology, Kunshan Hospital of Traditional Chinese Medicine, 215300, Chaoyang Rd 189#, Kunshan, P.R. China.
  • 5Department of Neurology, Kunshan Hospital of Traditional Chinese Medicine, 215300, Chaoyang Rd 189#, Kunshan, P.R. China. Electronic address: kszyyslq@sina.com.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-25 13:13

美容外科手術後後の持続痛

方法:200911日から20131231日までに体形矯正手術(例えば腹部形成術,lower body lift, medial thigh lift, brachioplasty, and abdominal liposuction) を受けた患者をこの後ろ向き、単一施設コホート研究に含めた。痛みの評価は、VASおよび the Douleur Neuropathique 4 (DN4)アンケートを用いて行った. 以前の文献で同定された主要な危険因子を評価。結果:199人の患者。42人の患者(21%)が痛みを報告. 42人の患者中71% (n = 30) には神経障害性疼あり。持続的術後痛(Persistent postsurgicalpainPPP)と有意に関連する危険因子は、急性術後痛(p = 0.0003),bariatric surgeryの医療歴(p = 0.002), 入院期間の長さ(p = 0.04), 手術期間の抑うつ状態(p = 0.03),手術前のかなりのストレス(p = 0.03), および術後の主要な合併症 (p = 0.03).

J PlastReconstr Aesthet Surg. 2016 Feb 2. pii: S1748-6815(16)00020-6. doi:10.1016/j.bjps.2016.01.008. [Epub ahead of print]

Prevalence and factors associated with persistentpain following body contouring surgery.

Chatel H1, Madar Y2, Leyder P2, Bonneau C3, Barrat C4, QuilichiniJ4.

  • 1Department of Plastic Surgery, CH Ballanger, 93600 Aulnay-sous-Bois, France. Electronic address: chatel_harold@hotmail.com.
  • 2Department of Plastic Surgery, CH Ballanger, 93600 Aulnay-sous-Bois, France.
  • 3Curie Institute, 35 Rue Dailly, 92220 Saint-Cloud, France.
  • 4Department of Bariatric and Metabolic Surgery, CHU Avicenne, 93000 Bobigny, France; Paris North University, 99 Avenue Jean Baptiste Clément, 93430 Villetaneuse, France.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-03-07 19:37

NSAID慢性使用者での小腸病変は75%


方法:不明瞭な腸[消化管]出血(obscure gastrointestinal bleeding:OGIB)に対するカプセル内視鏡(capsule endoscopy:CE)を181人に行う。臨床的な記録に基づき、ヘモグロビンレベルなどの検査データ、主要な症状、疾患、低用量アスピリン(low-dose aspirin:LDA)やLDA および NSAIDのタイプや期間、および, カプセル内視鏡(capsule endoscopy:CE)での内視鏡的な特徴を調べる。結果:びらん性病変45例中, 27例は LDA 又はNSAIDs を内服(7例は NSAIDs, 9 例はLDAのみ, 9 例はLDA およびthienopyridine, そして2 例はLDA およびwarfarin). LDA, LDAおよび抗血小板薬である thienopyridine (clopidogrel or ticlopidine),および NSAIDsの慢性使用中の潰瘍またはびらんの有病率は各々64.3%, 80.0%, および75.0%. 糜爛性病変は主に慢性LDA使用者で見られ, 潰瘍性病変は主にNSAID使用者で見られる.しかし, clopidogrelなどhienopyridineとLDAの併用は潰瘍の割合を増加させる. 糜爛性病変は小腸の全域(空腸と回腸)に見られ、潰瘍性病変は主に回腸に見られる(P < 0.05).
World J Gastroenterol. 2014 Sep 28;20(36):13133-8. doi: 10.3748/wjg.v20.i36.13133.
Small-bowel mucosal injuries in low-dose aspirin users with obscure gastrointestinal bleeding.
Iwamoto J, Mizokami Y, Saito Y, Shimokobe K, Honda A, Ikegami T, Matsuzaki Y.
•Junichi Iwamoto, Yoshifumi Saito, Koichi Shimokobe, Akira Honda, Tadashi Ikegami, Yasushi Matsuzaki, Department of Gastroenterology, Tokyo Medical University Ibaraki Medical Center, Ibaraki 300-0395, Japan.

 抄録を読んだだけでは慢性使用が意味する期間は不明です。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-05 10:49

複合性局所疼痛症候群1型の治療成績:系統的総説

CRPS type-1の治療成績の系統的総説。18の研究、3991人の参加者。質の評価によると文献には著しい制限があり, 多くの研究が異なる診断基準を使用。3つの前向き研究では多くの患者は発症から6-13 か月で症状が著しく改善する。12の後ろ向き研究によると、異質性が高い結果であり、多くの患者で障害が持続。3つの横断研究によるとthat rates of 痛みの評価と感覚症状はCRPSの罹病期間が最も長い者で最も強い。さらに, 大部分の研究によると、運動症状(こわばりと筋力低下) は大部分が持続しやすく、発汗運動性と血管運動性の症状は大部分が改善しやすい。全般的には、これは幾人かのCRPS患者は早期に良好な回復を示し、その他は痛みと障害が持続することを示す。これらの群を分ける予後的な要因に関してはほとんど知られていない。まとめ:エビデンスによると、多くの CRPS患者では6-13か月以内に回復するが, かなりの数の患者は症状が持続し、幾人かは慢性痛と障害を経験する。エビデンスの質は悪い.
J Pain. 2014 Feb 11. pii: S1526-5900(14)00565-3. doi: 10.1016/j.jpain.2014.01.500. [Epub ahead of print]
The Outcome of Complex Regional Pain Syndrome Type 1: A Systematic Review.
Bean DJ1, Johnson MH2, Kydd RR3.
•1Department of Psychological Medicine, University of Auckland, New Zealand; The Auckland Regional Pain Service, Auckland District Health Board, New Zealand. Electronic address: d.bean@auckland.ac.nz
•2Department of Psychological Medicine, University of Auckland, New Zealand; The Auckland Regional Pain Service, Auckland District Health Board, New Zealand.
•3Department of Psychological Medicine, University of Auckland, New Zealand.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-02-23 16:07

NSAIDsは腎機能障害患者の腎機能を悪化させる


方法: 1996年から2007年まで4101人の RA患者で腎機能をmultilevel mixed modelsで平均3.2年前向きに調べた。2739人の 'NSAID使用者' のうち1290人はCOX-2選択的NSAIDsを使用し, 1362人は'NSAID非使用'。一次的な結果はCockroft-Gault の公式で計算したeGFR (eGFRCG), であり二次的な結果はthe Modification of Diet in Renal Disease and Chronic Kidney Disease Epidemiology Collaboration formula equations および血清クレアチニン濃度。所見: 当初eGFRCG >30 mL/minである患者では, 'NSAID使用者' (eGFRCGの変化の平均-0.87 mL/min/year, 95% CI -1.15 to -0.59) と'NSAID 非使用者' (-0.67 mL/min/year, 95% CI -1.26 to -0.09, p=0.63)の間にはeGFRCGは経時的には有意な変化はない。. In a multivariate Cox regression analysis adjusted for significant confounders 年齢、性別、BMI、高血圧、心疾患やその他の有意な要因で補正するとNSAIDsは腎障害が振興した患者でのみ腎機能を悪化させる独立した要因(eGFRCG <30 mL/min). 二次的な結果でも同様。
Ann Rheum Dis. 2013 Dec 19. doi: 10.1136/annrheumdis-2013-204078. [Epub ahead of print]
Chronic NSAID use and long-term decline of renal function in a prospective rheumatoid arthritis cohort study.
Möller B, Pruijm M, Adler S, Scherer A, Villiger PM, Finckh A; on behalf of the Swiss Clinical Quality Management in Rheumatic Diseases (SCQM) Foundation, CH-8048 Zurich, Switzerland.
Author information
Department of Rheumatology and Clinical Immunology, Inselspital, University Hospital Bern, Switzerland.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-12-24 17:59

線維筋痛症患者は味の素を食べない方がよい

monosodium glutamate (MSG:グルタミン酸ナトリウム。昆布だしのうまみの主成分。日本では通称「味の素」と呼ばれる。) IBSを合併した57人のFM患者にMSGやアスパルテームを含む食品添加物の興奮性毒を除外した4週間の食事療法を行う。37人の患者が食事療法を完了し、その84%は症状が30%を超えて改善したと報告し、その患者は次の研究に該当。食事療法で改善した患者は無作為振り分けの2週間の二重盲検、偽薬対照、クロスオーバーで各週3日間MSG又は偽薬を試す。一次的な評価は全症状点数。二次的な結果はVAS (VAS for FM and IBS), an IBS Quality of Life Questionnaire (IBS QOL)及びFIQR。Repeated measures ANOVAで結果を解析。結果: 偽薬と比べてMSGは有意に症状を元に戻し(全症状点数, p<0.02); FIQRで測定したFMの程度を悪化させ (p<0.03); IBS症状についての生活の質が低下し (IBS QOL, p<0.05); VASに基づくFMの疼痛が有意ではないが悪化する傾向(VAS, p<0.07).

Clin Exp Rheumatol. 2012 Jul 4. [Epub ahead of print]
The effect of dietary glutamate on fibromyalgia and irritable bowel symptoms.
Holton KF, Taren DL, Thomson CA, Bennett RM, Jones KD.
Departments of Orthopaedics and Rehabilitation, Oregon Health & Science University, Portland, OR, USA

論文中には中国系の店からajinomotoを購入したと記載されています。
アスパルテームの禁止は問題はないのですが、線維筋痛症患者さんに味の素を食べないほうがよいというべきなのかどうか。偶然ですが味の素はパルスイートという商品名でアスパルテームを販売しています。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-07-12 21:36

RLS患者でPeriodic leg movement症状の強い者はCRPが高くなる

無投薬の137人の RLS患者がPeriodic leg movements (PLMs)を持っている。保存血漿により 高感度のCRP, interleukin-6 (IL-6)およびTNF-alphaを測定。結果:平均(SD) PLM指数は19.3 (22.0). PLMs はTNF-a やIL-6とは無関係だが logCRP (r(129)=0.19, p=0.03)と中等度に関連する。少なくとも45PLMs/hのある患者は45PLMs/hより少ない患者に比べてCRPが高いオッズ比は3.56 (95% CI 1.26-10.03, p=0.02, df=1)。年齢、人種、性別、糖尿病、高血圧、高脂血漿、炎症疾患、CRPを下げる薬、BMIで補正すると、45PLMs/h以上の人のオッズ比は 8.60 (95% CI 1.23 to 60.17, p=0.03, df=10).
Elevated C-reactive protein is associated with severe periodic leg movements of sleep in patients with restless legs syndrome.
Trotti LM, Rye DB, Staercke CD, Hooper WC, Quyyumi A, Bliwise DL.
Brain Behav Immun. 2012 Jun 26. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-07-08 17:12
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line