カテゴリ:むずむず脚症候群( 187 )


むずむず脚症候群の長期治療成績

14年間で最低4年間経過観察を行ったRLS患者の解析。方法:private外来患者クリニックで著者が評価して経過観察した200人の患者野医療記録鵜の後ろ向き解析。結果:平均経過観察期間6,3 (範囲4-14)の、25歳から90 歳までの50人の患者(34人の女性)を選択した. 78%の症例に最初に行われたドパミン作動薬の治療に60%が反応した.34%は症状があるままであり4%は悪化した. RLS強度尺度は初診時の19,2から最終受診時には 12,5に改善した (p < 0.05). 33人の患者(66%)は経過観察中に治療前のレベルを超えた全般的な悪化を経験した. 症状悪化を解決する方法は、別の作動薬への変更、pregabalinおよびgabapentinなどのリガンド、オピオイド、および鉄の使用。フェリチンの低下は症状悪化患者の大部分で計測された(45例中24例)(p < 0,05). ドパミン作動薬で治療した患者の6%は衝動制御障害が発生。

Rev Med Chil. 2016Dec;144(12):1561-1566. doi: 10.4067/S0034-98872016001200007.

[Restless legs syndrome:long-term follow-up of a series of patients].

[Article in Spanish]

Miranda CM1, Hudson AL1.

1

Departamentode Neurología, Clínica Las Condes, Santiago, Chile.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-04-16 11:30 | むずむず脚症候群

透析患者におけるむずむず脚症候群

方法:中国の Hefei5つの透析センターから維持透析(maintenance hemodialysisMHD)患者が登録された。201312月から20143月まで臨床的、人口統計的、および検査データを記録した。RLS診断尺度, Zung Self-Rating Depression Scale (SDS), ZungSelf-Rating Anxiety Scale (SAS), Pittsburgh Sleep Quality Index (PSQI), および腎疾患と生活の質(kidney disease andquality of lifeKDQOLTM-36)を用いて解析。結果: 269人のMHD患者 (81人の女性,188人の男性)を登録し、そのうち39人がRLSと診断された. 透析治療期間の中央値は33か月でありRLSの有病率は14.5%RLS陰性患者と比べて, RLS陽性患者はヘモグロビンレベルが低く(98.67 ± 13.50 vs 106.34 ± 17.75, P = 0.011) ALP濃度が高かった [131.0 (98.0, 226.0) vs 94.0 (69.8,157.5), P = 0.001]. 多変量ロジスティック回帰によると、高いヘモグロビンレベルは (OR 0.975,95% CI 0.956-0.995, P = 0.015) RLSの予防因子であったが, 高いALP (OR1.003, 95% CI 1.001-1.005, P = 0.018)RLSの独立した危険因子. RLS患者は、有意にPSQI点数が高く(P < 0.001), 主観的な睡眠の質が低下し(P < 0.001),睡眠潜時が増加し(P < 0.007), 睡眠期間が短く(P < 0.001),睡眠効率が低く (P = 0.001),睡眠障害が高く(P < 0.001),日中の機能障害が増加 (P = 0.019).

Int Urol Nephrol. 2017 Mar28. doi: 10.1007/s11255-017-1573-3. [Epub ahead of print]

Restless legs syndrome inmaintenance hemodialysis patients: an epidemiologic survey in Hefei.

Xiao JP1, Zhang GX1, Chen L2, Sun BG3, Zhang HX4, Chen LH5, Yuan L1, Hao L1, Wang DG6.

1

Departmentof Nephrology, The Second Affiliated Hospital of Anhui Medical University, 678Furong Road, Hefei, 230601, Anhui, China.

2

Departmentof Nephrology, First People's Hospital of Hefei, 390 Huaihe Road, Hefei, Anhui,China.

3

Departmentof Nephrology, The Second People's Hospital of Hefei, 246 Heping Road, Hefei,Anhui, China.

4

Departmentof Nephrology, The Second People's Hospital of Anhui, 1686 Dangshan Road,Hefei, Anhui, China.

5

Departmentof Nephrology, The Armed Police Hospital of Anhui, 78 Shangfeng Road, Hefei,Anhui, China.

6

Departmentof Nephrology, The Second Affiliated Hospital of Anhui Medical University, 678Furong Road, Hefei, 230601, Anhui, China. wangdeguang@ahmu.edu.cn.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-04-02 23:31 | むずむず脚症候群

むずむず脚症候群と睡眠時周期性肢運動のによる心血管イベントと死亡の危険性

RLSPLMSにおける心血管イベント(cardiovascular eventsCVE) の発生率と死亡率の系統的総説。結果: 18のコホート(13の論文で報告)の中で, 15RLSCVEの発生率and/or全原因の死亡率の関連を評価し、3つはPLMSCVEと死亡率の関連を評価。経過観察期間は2年から20年。4つのコホートは、長期間の強度のRLSおよび二次性のRLSを示す大きな危険性でRLSCVEの間には有意な関連を報告した。3つのコホートでRLSと全原因の死亡率には有意な関連があるが, 質が最も高い4つの研究で我々が行ったメタ解析によると関連はなかった (統合したHR = 1.09, 95%CI: 0.80-1.78)。覚醒のPLMSに寄与する危険性が高いすべての研究において、PLMS CVE and/or 死亡率の間の正の相関が示された。まとめ: CVE発生と全原因の死亡の予測因子としてのRLSに関する利用可能なエビデンスは限られており結論が出ない; RLSの期間, 強度と二次的な症状は関連を理解する上で重要かも。非常に限定されてはいるが、現在のエビデンスによると、PLMSCVEの発生と死亡の予後予測因子かもしれないことを示す。

Sleep. 2017 Feb 9.doi: 10.1093/sleep/zsx013. [Epub ahead of print]

Incident Cardiovascular Events and Death in Individualswith Restless Legs Syndrome or Periodic LimbMovements in Sleep: A Systematic Review.

KendzerskaT1,2, Kamra M3, Murray BJ1,3, Boulos MI1,3.

1

Departmentof Medicine, University of Toronto, Canada.

2

Institutefor Clinical Evaluative Sciences, Toronto, Canada.

3

SunnybrookResearch Institute, Division of Neurology, Sunnybrook Health Sciences Centre,Toronto, Canada.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-03-27 21:12 | むずむず脚症候群

むずむず脚症候群の薬物治療の新しい考え方

総説。最近まで、RLS/WEDの第一選択の治療は低用量のドパミン作動薬であり、 the US Food and Drug Administration およびthe European Medicines Agency3つの薬が認可されていた。しかし、dopaminergic augmentationの発生とドパミン作動薬による長期間の治療中の症状の程度の全般的な増加により、非ドパミン作動薬、特にα2δリガンドの選択肢が最初の治療として使用されつつある。最近の国際的なガイドラインは、可能であれば最初からaugmentationを避けるためにこれらの薬(α2δリガンド)で治療を開始することを勧めている. その他の(例えばグルタミン酸作動性又はアデノシン) 神経伝達物質はRLS/WEDを引き起こすことに重要な役割を果たしているかもしれず、そのため新しい治療を導くかも。

BMJ.2017 Feb 27;356:j104. doi: 10.1136/bmj.j104.

New concepts in the management of restlesslegs syndrome.

Garcia-Borreguero D1, Cano-Pumarega I2.

  • 1Sleep Research Institute, Madrid 28036, Spain dgb@iis.es.
  • 2Sleep Research Institute, Madrid 28036, Spain.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-03-19 19:46 | むずむず脚症候群

過敏性腸症候群におけるむずむず脚症候群の有病率

方法:本研究は 201212月から20146月までに長崎大学病院を受診した80人の外来患者を含んだ. 全患者はRLSの存在の有効な計測であるthe international RLSstudy group rating scaleを完了。睡眠の質を thePittsburgh Sleep Quality Index (PSQI)の日本語版を用いて評価し, 健康に関連したQOL the 36-item short form healthy profile (SF-36)version 2の日本語版を用いて評価。結果:炎症性腸疾患(inflammatorybowel diseaseIBD)におけるRLSの有病率は20%,潰瘍性大腸炎(ulcerative colitisUC)患者の21.7%とクローン病(CD)患者の17.6%.CD患者の中で, 女性の割合とCRPの血清レベルはRLS 群の方が非RLS群よりも高かった。UC患者の中では,RLS群と非RLS群の間に臨床的な特徴に差がなかった。RLS群の患者は非RLS群の患者よりも睡眠は有意に短かった(PSQI > 5; 62.5 vs. 34.4%, P < 0.05). QOLの指標とRLSの存在(SF-36の身体点数, 46.8 vs.50.1;精神点数, 43.8 vs.45.7; 役割/社会点数, 48.1 vs. 49.2)の間には有意な関連はなかった。まとめ:RSDIBD患者の睡眠障害の一因。

Dig DisSci. 2016 Dec 29. doi: 10.1007/s10620-016-4420-y. [Epub ahead ofprint]

Prevalence of RestlessLegs Syndrome in Patients with Inflammatory Bowel Disease.

Takahara I1, Takeshima F2, Ichikawa T3, Matsuzaki T1, Shibata H1, Miuma S1, Akazawa Y1, Miyaaki H1, Taura N1, Nakao K1.

  • 1Department of Gastroenterology and Hepatology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences, 1-7-1 Sakamoto, Nagasaki City, Nagasaki, 852-8501, Japan.
  • 2Department of Gastroenterology and Hepatology, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences, 1-7-1 Sakamoto, Nagasaki City, Nagasaki, 852-8501, Japan. ftake@nagasaki-u.ac.jp.
  • 3Department of Gastroenterology and Hepatology, Nagasaki Harbor Medical Center City Hospital, Nagasaki City, Japan.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-01-02 14:47 | むずむず脚症候群

むずむず脚症候群に対するropinirole 治療はbupropion および鉄―葉酸治療の効果

方法:RLSと診断された患者を無作為に、各群30人の3群に振り分けた(Group A: Bupropion [300 mg/day], Group B: Ropinirole [0.25-0.5 mg/day], およびGroup C: Oral iron [150 mg 元素鉄] と葉酸[500μg]併用). 各参加者は、各々、the International Restless LegsScale (IRLS) severity rating scale およびRestless Legs Syndrome Quality ofLife (RLSQoL) Questionnaire, に基づき、ベースラインのRLSの程度およびRLSに関連した生活の質を評価され, その後14日ごとに6週まで評価された。結果:IRLS点数はベースラインから最終時点までで有意差あり (F =4.85; P = 0.01)。時間 x 治療群の関連は有意であり(F = 10.37; P< 0.001)、全群の治療で改善。Pair-wise比較によると、IRLS scoreの点で、ropinirole群はその他の2群とは差があり(F= 7.06; P = 0.001), それらはお互いに同等. 生活の質に関しては、4回の受診すべてで、各群内で異なっていた(F =5.12; P = 0.002). IRLSとは異なり, RLSQOLscores はすべての時点で各群間には有意差はなかった (F =1.2; P = 0.28).まとめ:RLSの程度は3群すべてで経時的に低下したが、ropinirole 治療はbupropionおよび鉄―葉酸治療よりも優れていた。さらにRLSに関連した生活の質は全群で改善し, 3群の間では同等。
2016 Oct-Dec;19(4):472-477.

A double-blind, randomized, controlled trial tocompare the efficacy and tolerability of fixed doses of ropinirole, bupropion,and iron in treatment of restless legs syndrome(Willis-Ekbom disease).

Vishwakarma K1, Kalra J2, Gupta R3, Sharma M4, Sharma T2.

  • 1Department of Pharmacology, Himalayan Institute of Medical Sciences, Dehradun, Uttarakhand, India; Department of Pharmacology, TMMC and RC, Moradabad, Uttar Pradesh, India.
  • 2Department of Pharmacology, Himalayan Institute of Medical Sciences, Dehradun, Uttarakhand, India.
  • 3Department of Psychiatry and Sleep Clinic, Himalayan Institute of Medical Sciences, Dehradun, Uttarakhand, India.
  • 4Department of Community Medicine, TMMC and RC, Moradabad, Uttar Pradesh, India.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-25 12:38 | むずむず脚症候群

むずむず脚症候群患者はパーキンソン病になりやすい

方法:ほぼ3.5百万人 US 退役軍人(年齢: 60±14,93%が男性, 経過観察の中央値は7.8 (IQR:6.4-8.4))の全国を代表する前向きコホートから, 100,882人のPDのない患者の傾向でマッチさせたコホートを作り、RLSの有病率とパーキンソン病(PD)の発生率の関連を調べた. この関連を全コホートで評価した。Coxモデルを用いて関連を調べた。結果:傾向でマッチさせたコホート内で、RLS陰性群では68例のPDが発生し(0.13%, 発生率1.87[1.48-2.37]/10,000患者―年), RLS陽性群では185 例のPDが発生(0.37%,発生率4.72[4.09-5.45]/10,000 患者―年). 一般的なRLSRLS陰性患者に比べると、2倍以上PDの発生率が高い (hazard ratio (HR): 2.57, 95% 信頼区間 (CI): 1.95-3.39). 3.5百万人のコホート全体を調べると定性的に類似の結果が得られた: 一般的なRLSPDの発生率が2倍以上高い(補正した多変量のHR: 2.81, 95%CI:2.41-3.27)。まとめ:RLS および PDは共通の危険因子を持つ。この大規模な米国の退役軍人のコホートでは、8年間の経過観察で、一般的なRLS PDの発生の危険性を高くし、 RLSPD発生の早期の臨床的特徴なのかもしれないことを示す。

Sleep. 2016 Nov 28. pii: sp-00400-16. [Epubahead of print]

Association of RestlessLegs Syndrome with Incident Parkinson Disease.

Bro D, O'Hara R, Primeau M, Hanson-Kahn A, Hallmayer J, Bernstein JA.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-11 19:34 | むずむず脚症候群

むずむず脚症候群は高血圧が多い


方法:RLS又は不眠で睡眠センターに入院した患者のPolysomnographicの記録を解析。人口統計的データ、臨床的データー、客観的睡眠指標および夜間血圧(BP)を比較。結果:35人のRLS患者と33人の不眠患者の記録を解析。人口統計的特徴又はその他の並存症の有病率には群間の差はなかった。RLS患者は夜間と (122.4 ± 13.8 vs116.3 ± 13.4; p = 0.03)睡眠中の(121.4 ± 13.3 vs 115.7 ± 13.3; p = 0.04)収縮期BPが有意に高かった.睡眠構造の唯一の有意差は、RLS群の睡眠中の周期性肢運動(periodic limb movementsin sleepPLMS) および覚醒を伴ったPLMS の数の増加(25.5 ± 24.6 vs 13.9 ± 22.7; p = 0.02 and4.7 ± 5.4 vs 2.1 ± 3.4; p = 0.01)。まとめ:我々の結果によると、RLS患者は不眠患者よりも夜間BPが高く、増加したPLMS は血圧の増加に関連。
See comment in PubMed Commons below


Sleep Med. 2016 Nov 1. pii:S1389-9457(16)30204-0. doi: 10.1016/j.sleep.2016.07.025. [Epub ahead of print]


Higher nocturnal systolic blood pressure inpatients with restless legs syndrome comparedwith patients with insomnia.


Sieminski M1, Chwojnicki K2, Partinenen M3.


  • 1Medical University of Gdansk, Department of Adults' Neurology, Gdansk, Poland. Electronic address: msiem@wp.pl.
  • 2Medical University of Gdansk, Department of Adults' Neurology, Gdansk, Poland.
  • 3VitalMed Helsinki Sleep Center, Helsinki, Finland.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-06 21:41 | むずむず脚症候群

むずむず脚症候群の治療ガイドライン

the American Academy ofNeurologyによる成人RLS患者の治療ガイドライン。結果と推奨。中等度から強度の一次性RLSでは、RLS症状を軽減するために医師は薬の処方を考慮すべき。強いエビデンスはpramipexole, rotigotine, cabergoline, およびgabapentinenacarbil 使用を支持する(Level A); 中等度のエビデンスはropinirole, pregabalin, およびIV ferriccarboxymaltose 使用を支持する(Level B). 医師はlevodopaの処方を考慮できるか (Level C). 薬のpreferentiallyを示す直接の比較はほとんど存在しない.Cabergolineはまれに使用される(心臓のvalvulopathyの危険性). ドパミン作動性薬によるAugmentationを考慮すべき. 睡眠時の周期性四肢運動の治療時には、医師はropinirole (Level A) 又はpramipexole, rotigotine, cabergoline, or pregabalin (Level B)の処方を考慮すべき. 主観的な睡眠の問題には医師は cabergoline or gabapentin enacarbil (Level A), 又はropinirole, pramipexole, rotigotine, or pregabalin (Level B)の処方を考慮すべき. その他の治療でRLS症状が改善しない患者では,処方可能であれば oxycodone/naloxoneの徐放製剤の処方を考慮できるかも(Level C). ferritin ≤75 μg/LRLS患者では,vitamin Cを伴った硫酸鉄の処方を考慮すべき (Level B). 非薬物治療が望まれる場合には, 医師は空気圧迫法を考慮すべき (Level B) そして近赤外分光法{きん せきがい ぶんこう ほう}又は経頭蓋磁気刺激を考慮できるかも(LevelC).主観的睡眠を改善するためにvibrating pads を処方できるかも(Level C).二次的RLSの透析患者では、vitamin C and E 補給を考慮すべき(Level B) であり、ropinirole, levodopa, 又は訓練を考慮できるかも (LevelC).

Neurology. 2016 Nov 16. pii:10.1212/WNL.0000000000003388. [Epub ahead of print]

Practice guideline summary: Treatment of restless legs syndrome in adults: Report of theGuideline Development, Dissemination, and Implementation Subcommittee of theAmerican Academy of Neurology.

Winkelman JW1, Armstrong MJ1, Allen RP1, Chaudhuri KR1, Ondo W1, Trenkwalder C1, Zee PC1, Gronseth GS1, Gloss D1, Zesiewicz T1.

  • 1From Harvard Medical School and Massachusetts General Hospital (J.W.W.), Boston; Department of Neurology (M.J.A.), University of Florida College of Medicine, Gainesville; Department of Neurology (R.P.A.), Johns Hopkins University, Baltimore, MD; King's College and King's College Hospital (K.R.C.), London; Methodist Neurological Institute (W.O.), Houston, TX; Department of Neurology (C.T.), University Medical Center, Göttingen, Germany; Northwestern University Feinberg School of Medicine (P.C.Z.), Chicago, IL; University of Kansas Medical Center (G.S.G.), Kansas City; CAMC Neurology Section (D.G.), Charleston, WV; and Department of Neurology (T.Z.), University of South Florida, James A Haley Veterans Administration Hospital, Tampa.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-27 16:38 | むずむず脚症候群

慢性腎疾患におけるRLSの有病率の系統的疾患とメタ解析

慢性腎疾患におけるRLSの有病率の系統的疾患とメタ解析。結果:51の研究を解析。RLSの有病率は腎機能と診断方法で差があった。CKDにおける全般的な有病率は24.2% (95%CI, 20.1-28.7).統合したRLSの有病率は、アンケートの方が臨床的なインタビューよりも高い[26.2%(95%CI, 17.9-36.5) vs. 23.6% (95%CI, 19.6-28.1)]. CKDをグループ分けすると, 透析患者での有病率は28.4% (95%CI, 24.6-32.6), 次いで早期の段階の患者[9.9% (95%CI, 5.4-17.5)], および腎移植を受けた者[6.7% (95%CI, 5.6-7.8)].

Ren Fail. 2016 Oct 20:1-12. [Epub ahead ofprint]

Prevalence of restlesslegs syndrome in chronic kidney disease: a systematic review andmeta-analysis of observational studies.

Lin Z1, Zhao C1, Luo Q1, Xia X1, Yu X1, Huang F1.

  • 1a Department of Nephrology , The First Affiliated Hospital, Sun Yat-sen University, Key Laboratory of Nephrology, Ministry of Health , Guangzhou , China.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-10-24 21:06 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line