カテゴリ:むずむず脚症候群( 184 )


系統的総説によるむずむず脚症候群の有病率

系統的総説。300人未満、4つの主要な診断基準、1995年以前の出版や患者を対象にした研究は除外。結果:地域を対象にした34の研究。北米と西ヨーロッパの国を対象にした16の研究。5つは多国の研究(N=69,992 participants)と 29は一つの国の研究(N=163,188 participants); 一つ以外は断面研究。成人での有病率は4%から29%であり, 平均は14.5±8.0%. 無作為に選ばれた一般人口や地理的に決められたコーホートの一般人口よりプライマリーケアーでの有病率の方が高い(19.5±7.9% vs. 12.3±7.2%). 診断基準や基準に含める重症度が研究により異なり、含める基準も有病率の差の原因。有病率は女性や高齢者では多い。現敵的なデータでは人種や民族、出産回数、健康状態、その他の因子が有病率に影響するかも。RLSは健康、幸福、生活の質に悪影響を及ぼすが診断率は低い。
Prevalence of restless legs syndrome in North American and Western European populations: A systematic review.
Innes KE, Selfe TK, Agarwal P.
Sleep Med. 2011 Jul 11. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-07-16 12:15 | むずむず脚症候群

重篤なRLSではフェリチンが低い

トルコ。65歳以上で我々のクリニックへ入院した歩行可能な1012人 (女性621人, 男性391人, 平均年齢73.51±7.12歳) をthe International RLS Study Group (IRLSSG) criteriaで評価。103人 (女性74 人, 男性29人, 平均年齢72.43±6.31歳 (10.18%) がRLSの診断. 9人のみがすでにRLSと知っていた. 平均罹病期間は4.80±4.65年であり、 27人の患者 (26.2%)には家族歴あり. 平均血清ferritinは 39.13±23.74ng/ml であり、71人の患者 (68.9%)は血清 ferritin が≤50ng/ml. 症状の程度をIRLSSG rating scaleで評価. 患者を重度あるいは非常に重度(n=49) およびc (n=54)に分類. 重度あるいは非常に重度群のferritin レベルは軽度から中等度の群よりも低い(26.01±15.82ng/ml versus 49.87±23.24ng/ml, p<0.001).
Prevalence and characteristics of restless legs syndrome (RLS) in the elderly and the relation of serum ferritin levels with disease severity: Hospital-based study from Istanbul, Turkey.
Curgunlu A, Döventaş A, Karadeniz D, Erdinçler DS, Oztürk AK, Karter Y, Yaldıran A, Sipahioğlu F, Beğer T.
Arch Gerontol Geriatr. 2011 Jun 29. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-07-08 18:48 | むずむず脚症候群

プラミペキソールとブロモクリプチンの比較

前向き、偽薬使用の一重盲検法を薬を使用していない45人の idiopathic RLSに使用. 各患者を2日間の連続した終夜のpolysomnographic研究. 初日は薬なしで行う。二日目の夜に先立ち, 一群は0.25 mg pramipexole(プラミペキソール:商品名ビ・シフロール)を1回内服し二群は2.5 mg bromocriptine(ブロモクリプチン:商品名パーロデル)を1回内服, 他は偽薬を内服。結果:主観的症状はpramipexole とbromocriptineで改善したが; pramipexole後の改善の方がよかった。Pramipexole群のみが睡眠効率が改善し、睡眠後の覚醒が減少。Pramipexoleの方がbromocriptine より周期的下肢運動を減らし、特にperiodic leg movements indexが高い患者で減らした. 10―40秒間の間隔のある典型的周期的下肢運動はpramipexoleでは完全に消失したが bromocriptineでは軽減はしたが存続した.
Preferential D2 or preferential D3 dopamine agonists in restless legs syndrome.
Manconi M, Ferri R, Zucconi M, Clemens S, Giarolli L, Bottasini V, Ferini-Strambi L.
Neurology. 2011 Jun 29. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-07-02 12:45 | むずむず脚症候群

妊娠中のむずむず脚症候群

むずむず脚症候群(RLS)は妊娠3期の第3期に頻繁におこる。症例対照研究で211人中22.5% がRLS. RLSは対照群より成長期の疼痛を訴えることが多い(P=0.042). 成長痛の家族歴(P=0.025)とRLSの家族歴(P=0.018)は対照群よりRLS群に多い。
A common sleep disorder in pregnancy: Restless legs syndrome and its predictors.
Balendran J, Champion D, Jaaniste T, Welsh A.
Aust N Z J Obstet Gynaecol. 2011 Jun;51(3):262-4. doi: 10.1111/j.1479-828X.2011.01294.x. Epub 2011 Mar 16.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-06-18 11:04 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line