カテゴリ:むずむず脚症候群( 195 )


慢性腎疾患患者におけるむずむず脚症候群の有病率と特徴

東京医大。the National Institutes of Health/International RLS Study Group (IRLSSG) consensus questionnaire, the Center for Epidemiological Studies Depression Scale, およびthe Pittsburgh Sleep Quality Indexを慢性腎疾患CKD患者 (n=514) と年齢性別を一致させた健常人(n=535)に送った. 面談によりRLSの診断を行った.結果:対照群よりもCKD患者の方がRLSの有病率が高い (3.5% vs. 1.5%, p=0.029). The proportion of renal failure (RF) in RLSを合併したCKD患者での腎不全(RF)の割合はRLSを合併しないCKD患者よりも有意に高く、多変量解析によりRLS症状の存在は腎不全の存在に関連する。さらに、RLSと CKDの両方があることは抑うつと睡眠障害の存在に有意に関連する。

Prevalence and clinical characteristics of restless legs syndrome in chronic kidney disease patients.
Aritake-Okada S, Nakao T, Komada Y, Asaoka S, Sakuta K, Esaki S, Nomura T, Nakashima K, Matsuura M, Inoue Y.
Sleep Med. 2011 Oct 27. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-05 16:43 | むずむず脚症候群

むずむず脚症候群の疫学調査

東京医大。二つの地域の人を基にした疫学調査を2005―2007年に日本で同じコーホートで行った。結果:1592人中, 最初の調査でRLS陽性であった50のうちの20人 (40%)のみが2回目の調査で回答。 初回の調査でRLS症状の頻度は2回目のRLS症状の出現に関与(オッズ比8.70, p=0.0302). RLSのchronic morbidity(慢性的な罹患?)は抑うつや主観的な睡眠障害の存在に相関するようである。
Sleep Med. 2011 Oct 14. [Epub ahead of print]
Prospective survey on the natural course of restless legs syndrome over two years in a closed cohort.
Kagimura T, Nomura T, Kusumi M, Nakashima K, Inoue Y.
Department of Somnology, Tokyo Medical University, 6-7-1 Nishishinjuku, Shinjuku, Tokyo, Japan; Department of Psychiatry, Tokyo Medical University, 6-7-1 Nishishinjuku, Shinjuku, Tokyo, Japan; Japan Somnology Center, Neuropsychiatric Research Institute, 1-24-10 Yoyogi, Shibuyaku, Tokyo, Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-10-22 14:34 | むずむず脚症候群

鉄静注のむずむず脚症候群での効果

IV鉄製剤(ferric carboxymaltose, FCM)。28日の, 多施設, 無作為, 偽薬使用研究で46人の RLS患者がすべての治療を中止。24人が500mg FCMを5日間離して二つの量を静注、22人が偽薬。 28日で, 偽薬群は1回1000mg IV FCMを受け、当初の治療に反応しない人は500mg FCMを3回受けた. 24週まであるいはRLSの治療を追加するまで経過観察。結果:偽薬に比べてFCMは有意に一次的又は二次的結果を改善する: International Restless Legs Syndrome study group severity scale (IRLS) の平均 (SD) は8.9低下 (8.52) versus 4.0低下 (6.11), p=0.040; Clinical Global Inventory of Change (CGI-1) は大変又はかなり改善48.3% versus 14.3%, p=0.004. 生活の質も改善。28日の時点で、当初鉄治療を受けた24人中 45%が反応し29%が軽減 (IRLS⩽10), そして治療後24週の時点で25%が他の RLSの治療が不要。 28日の時点で1回の1000mg dose は同量の分割投与と同程度の反応。しかし、当初その量に反応しない人に追加した500mgはほとんど効果がなかった. 有意な副作用はない。

Sleep Med. 2011 Oct 4. [Epub ahead of print]
Clinical efficacy and safety of IV ferric carboxymaltose (FCM) treatment of RLS: A multi-centred, placebo-controlled preliminary clinical trial.
Allen RP, Adler CH, Du W, Butcher A, Bregman DB, Earley CJ.
Department of Neurology, Johns Hopkins University, Baltimore, MD, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-10-15 20:12 | むずむず脚症候群

むずむず脚諸侯群の程度が強いと精神的苦悩が強い

横断研究3つの外来クリニックからの166人のRLS患者の精神的特徴をthe Symptom Checklist 90-R (SCL-90-R) questionnaireで評価. さらにthe Beck Depression Inventory-II (BDI-II)と the International RLS Severity Scale (IRLS)も測定. 治療中、未治療の患者を含むが全員が治療を求める。結果:未治療の患者 (n = 69)はthe SCL-90-R Global Severity Index (GSI; p = 0.002) およびsub-scales somatisation (p < 0.001), 強迫性(p = 0.003), 抑うつ(p = 0.02), および不安(p = 0.004) が一般のドイツ人より高かったが正常の点数。治療群では、特に現在の治療に失望している患者 (n = 62)では, 精神的な苦悩は未治療の患者より高くGSIの点数 (p = 0.03) およびsub-scalesの強迫性(p = 0.006), 抑うつ(p = 0.012), 不安(p = 0.031),敵意 (p = 0.013), 恐怖症性不安障害(p = 0.024), および妄想様観念(p = 0.012)の点数が高い. RLSの第一選択薬であるドパミン作動薬の深刻な副作用であるAugmentation は特にsub-scalesの強迫性と不安の値が正常の人では、精神的な苦悩を伴う。一般的にRLSの程度が強いことは精神的な障害が強いことと相関する (p < 0.001).

Psychological distress of patients suffering from restless legs syndrome: a cross-sectional study.Scholz H, Benes H, Happe S, Bengel J, Kohnen R, Hornyak M.
Health Qual Life Outcomes. 2011 Sep 20;9:73.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-10-08 00:29 | むずむず脚症候群

むずむず脚症候群の程度が強いと精神的こうのうが

横断研究3つの外来クリニックからの166人のRLS患者の精神的特徴をthe Symptom Checklist 90-R (SCL-90-R) questionnaireで評価. さらにthe Beck Depression Inventory-II (BDI-II)と the International RLS Severity Scale (IRLS)も測定. 治療中、未治療の患者を含むが全員が治療を求める。結果:未治療の患者 (n = 69)はthe SCL-90-R Global Severity Index (GSI; p = 0.002) およびsub-scales somatisation (p < 0.001), 強迫性(p = 0.003), 抑うつ(p = 0.02), および不安(p = 0.004) が一般のドイツ人より高かったが正常の点数。治療群では、特に現在の治療に失望している患者 (n = 62)では, 精神的な苦悩は未治療の患者より高くGSIの点数 (p = 0.03) およびsub-scalesの強迫性(p = 0.006), 抑うつ(p = 0.012), 不安(p = 0.031),敵意 (p = 0.013), 恐怖症性不安障害(p = 0.024), および妄想様観念(p = 0.012)の点数が高い. RLSの第一選択薬であるドパミン作動薬の深刻な副作用であるAugmentation は特にsub-scalesの強迫性と不安の値が正常の人では、精神的な苦悩を伴う。一般的にRLSの程度が強いことは精神的な障害が強いことと相関する (p < 0.001).

Psychological distress of patients suffering from restless legs syndrome: a cross-sectional study.Scholz H, Benes H, Happe S, Bengel J, Kohnen R, Hornyak M.
Health Qual Life Outcomes. 2011 Sep 20;9:73.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-10-08 00:28 | むずむず脚症候群

末端肥大症にはむずむず脚症候群が多い

末端肥大症患者56人(男性20人, 55.0±1.6歳), 22人は活動型末端肥大症(group 1)であり34人は制御された末端肥大症 (group 2), および95人の対照 (男性35人, 52.9±1.1歳) の不眠、概日リズム睡眠障害、過度の日中の睡眠excessive diurnal sleepiness (EDS)を調べた. The Epworth Sleepiness Scale (ESS) questionnaireも調べた。International Restless Leg Syndrome-Rating Scale (IRLS-RS)も調べた. 生活の質はAcroQoL questionnaireで評価。末端肥大症の21%がRLSであり健常者の4%がRLS (P<0.002). RLSの有病率と平均IRLS-RSはgroup 1の方がgroup 2より高い (P<0.05).不眠の有病率(P<0.0002) とEDSの有病率 (P<0.05) および平均ESS score (P<0.01)はRLSを合併した末端肥大症の方がRLSを合併しない末端肥大症より高かった. Video-PSGによるとRLSを合併した末端肥大症の方がRLSを合併しない末端肥大症より平均睡眠潜時(P < 0.01), micro-arousal index (P < 0.05) および睡眠後の覚醒状態(P < 0.01)は高かったが、睡眠効率は低かった(P < 0.01)。RLSを合併した末端肥大症の方がRLSを合併しない末端肥大症より全般的および肉体的AcroQoLは有意に低かった (各々P < 0.01 and P < 0.001).

Pituitary. 2011 Dec;14(4):328-34.
Increased prevalence of restless legs syndrome in patients with acromegaly and effects on quality of life assessed by Acro-QoL.
Cannavò S, Condurso R, Ragonese M, Ferraù F, Alibrandi A, Aricò I, Romanello G, Squadrito S, Trimarchi F, Silvestri R.
Department of Medicine and Pharmacology, Section of Endocrinology, University of Messina, AOU Policlinico G. Martino, Via Consolare Valeria, 1, 98125, Messina, Italy
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-10-01 23:07 | むずむず脚症候群

SCA3 又はMachado-Joseph disease (MJD)におけるRLSとneuropathyには関連なし

spinocerebellar ataxia type 3 (SCA3) 又はMachado-Joseph disease (MJD) (SCA3/MJD)。26人のSCA3/MJD 患者がneuropathyを調べるために筋電図を調べた。血清ferritinレベルも調べた。RLSの存在とその強さに基づいて評価。結果:RLS群におけるneuropathyの割合は非RLS群と有意差なし (23 vs. 15%, Fisher's exact test, p = 1.000).さらにRLSとferritinレベルには相関なし。

Is Neuropathy Involved with Restless Legs Syndrome in Machado-Joseph Disease?
Pedroso JL, Bezerra ML, Braga-Neto P, Pinheiro DS, Minett T, do Prado GF, Manzano GM, Barsottini OG.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-09-24 14:17 | むずむず脚症候群

むずむず腹

むずむず腹部(RLSの表現型の変異)の3例報告。不快な腹部症状は夜間の安静時に生じ、動かしたい衝動にかられ動きにより症状が軽くなる。患者は腹部症状により入眠障害と睡眠持続障害不眠症が起こる。腹部画像は正常。二次的症状はperiodic leg movements of sleep (PLMS), およびD(2)-D(3) dopaminergic agonistである pramipexole.により劇的に症状が改善。2人は貧血。通常のRLSが一人で生じ用量増加により改善。各人はRLS/PLMSに関連した一般的な危険対立遺伝子であるBTBD9 geneの遺伝同型.

Restless abdomen: A phenotypic variant of restless legs syndrome.
Pérez-Díaz H, Iranzo A, Rye DB, Santamaría J.
Neurology. 2011 Sep 14. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-09-18 00:05 | むずむず脚症候群

パーキンソン病患者にRLSが多いわけではない

109人の認知機能が正常な外来PD患者 (男性70人/女性39人), 平均年齢66.89歳±9.37 SD. PDの平均期間は 15.81か月±11.24 SD, Hoehn and Yahr (H&Y) stage の中央値は2 (1.5-3). 全人生または現在の一次性RLSがあるかどうかを調べるため(IRLSSGに基づいて)全患者はインタビューを受けた。神経学的疾患のない116人の年齢、性別を一致させた人(男性74人/女性42人, 平均年齢66.52.歳±8.65 SD) もインタビューを受けた。両群において二次性のRLSは除外した。結果:chi-square testにて PD群と対照群において全人生と現在の一次性RLSの頻度には有意差はなかった (各々109人中6人 versus 116人中5人。109人中3人 versus 116人中3人).

A study of the prevalence of restless legs syndrome in previously untreated Parkinson's disease patients: Absence of co-morbid association.
Angelini M, Negrotti A, Marchesi E, Bonavina G, Calzetti S.
J Neurol Sci. 2011 Aug 31. [Epub ahead of print]

 ただし、パーキンソン病患者は健常人よりむずむず脚症候群が多いという意報告もあります。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-09-14 19:33 | むずむず脚症候群

韓国のむずむず脚症候群

韓国の5つの地域で家庭を個別面接で調査。65歳以上の3074人人中1990 人にインタビューで反応率は64.7%.結果:有病率は9.5% (男性7.1%; 女性11.3%). RLSは貧血 (odds ratio (OR), 1.66; 95% confidence interval (CI), 1.29-2.12; P < 0.001)と腎疾患 (OR, 2.57; 95% CI, 1.95-3.38; P < 0.001)に有意に関連. RLS はthe Korean version of the Composite International Diagnostic Interview (CIDI)(adjusted OR 2.01; 95% CI, 1.45-2.79. P < 0.001) とthe Geriatric Depression Scale (GDS) (adjusted OR, 1.62; 95% CI, 1.34-1.94; P < 0.001)に有意に関連しているようだ.

Int J Geriatr Psychiatry. 2011 Aug 8. doi: 10.1002/gps.2754. [Epub ahead of print]
Restless legs syndrome in older people: a community-based study on its prevalence and association with major depressive disorder in older Korean adults.
Kim WH, Kim BS, Kim SK, Chang SM, Lee DW, Cho MJ, Bae JN.
Department of Psychiatry, Inha University Hospital, Incheon, Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-08-21 15:18 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line