カテゴリ:むずむず脚症候群( 184 )


片頭痛とむずむず脚症候群の関係は年齢により異なる


片頭痛の有病率のピークは20-40代であり、RLSの有病率のピークは50代。方法:19―69歳の韓国人の階層化した無作為サンプルを選択しRLS、頭痛のタイプ、および片頭痛の臨床的な特徴を同定するためにデザインされた60項目の半構造的なインタビューにより評価 。片頭痛とRLSの関連を評価するために年齢に基づき、参加者を3つの年齢群(19-29, 30-39, 40-49, 50-59, および60-69歳)に分割し、各群を解析。結果:片頭痛患者は頭痛のない対照群と比較すると、19-29 (Odds ratio [OR] = 6.6, 95 % confidence interval [CI] = 1.2-36.8) および 40-49 (OR = 6.7, 95 % CI = 1.5-33.5)の年齢群ではRLSの有病率が増加するが、50-59 (OR = 1.1, 95 % CI = 0.2-5.6) および60-69 (OR = 0.4, 95 % CI = 0.1-4.0)の年齢群では有意な関連はなかった。1か月で 1-10 (12.5 %, OR = 2.0, 95 % CI = 1.3-3.2, p = 0.003) および>10 (12.5 %, OR = 2.5, 95 % CI = 1.0-5.6, p = 0.038)回の発作のある片頭痛患者は1か月に <1回の発作の片頭痛患者 (2.1 %)と比べてRLSの有病率は増加. 片頭痛ではない頭痛患者では頭痛のない対照者に比べてRLSのオッズが増加 (OR = 1.8, 95 % CI = 1.3-2.7).片頭痛患者と非片頭痛の頭痛患者の間のRLSの有病率の間には有意差なし(9.1 % vs. 6.9 %, p = 0.339)。まとめ:我々の結果によると片頭痛とRLSは年齢により異なる関連。
J Headache Pain. 2015 Dec;16(1):554. doi: 10.1186/s10194-015-0554-0. Epub 2015 Aug 13.
Migraine and restless legs syndrome are associated in adults under age fifty but not in adults over fifty: a population-based study.
Cho SJ1, Chung YK, Kim JM, Chu MK.
•1Department of Neurology, Dongtan Sacred Heart Hospital, Hallym University College of Medicine, Hwaseong, Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-17 19:09 | むずむず脚症候群

サウジアラビアでは男性がむずむず脚症候群になりやすい


一般人口におけるRLSの有病率は5-15%。方法:サウジアラビアのJeddah で2013年2月から2013年6月まで横断研究を行った。対照となる人口はサウジの学校職員. 30-60歳のSaudi の従業員を無作為に選んでインタビュー。訓練を受けたインタビュアーがthe Wisconsin Sleep Questionnaire, 人口統計学に関する質問、日中の眠気を計測する the Epworth Sleepiness Scale, the International Restless Legs Syndrome Study Group (IRLSSG)によって定義された基準に基づいてRLSの症状に関する質問を完了。結果:この調査によると、2,682人の参加者(62.5%は女性) の8.4% (95% confidence interval (CI): (7.35-9.45))はRLS. RLSの有病率には年齢の影響はない. RLSは過剰な日中の眠気および習慣的いびきを含むその他の睡眠障害に有意に関連した. Aunivariate analysisによると性別, 血縁関係, いびき, と糖尿病、高血圧、喘息、慢性気管支炎、および喫煙を含むRLSの多くの要因に有意な関連があった。しかし、多変量ロジスティック回帰解析を行うと、RLSは男性、糖尿病、喘息、および習慣的ないびきのみと関連した。まとめ:RLSの有病率は8.4%で, 西側の研究で報告された範囲. しかし、多くの研究とは異なり, RLSは女性よりも男性に有意に多い。さらに、いびき, 喘息, および血縁関係はRLSの可能性のある新しい危険因子。
Ann Thorac Med. 2015 Jul-Sep;10(3):193-198.
Prevalence of restless legs syndrome and associated risk factors among middle-aged Saudi population.
Wali SO1, Abaalkhail B2.
•1Sleep Medicine and Research Center, Department of Medicine, King Abdulaziz University Hospital, Jeddah, Saudi Arabia.
•2Department of Family and Community Medicine, Faculty of Medicine, King Abdulaziz University, Jeddah, Saudi Arabia.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-12 19:14 | むずむず脚症候群

むずむず脚症候群と片頭痛には双方向的な関連がある


方法:頭痛クリニックからRLSを合併した片頭痛患者を集めた。症候性RLS患者, RLS類似患者,毎日の頭痛患者、または毎日のRLS発作患者は除外.患者は2週間、日記に頭痛とRLSを記録。頭痛とRLS発作を4点の (0-3) Likert尺度で評価 Logit-normal, random-effects モデルを用いて頭痛とRLS発作の時間的な関連のオッズ比(odds ratios:ORs)を推定。結果:RLSを合併した片頭痛患者30人 (28 F/2 M, 平均年齢35.5 ± 9.0歳)が研究完了。420の毎日の日記記録に基づくと, 片頭痛発作は同日および翌日の続発するRLS発作に関連した(OR = 6.94, 95% confidence interval (CI) = 4.39-11.0 and OR = 3.00, CI = 1.92-4.68; both p < 0.001). RLS発作はDay 1のみで続発する片頭痛発作に関連した(OR = 1.97 (CI = 1.3-2.98; p = 0.01).全般的には,2週間以内の片頭痛とRLS 発作の頻度は相関した (Spearman's correlation = 0.56, p = 0.001).まとめ:我々の研究の結果によると、片頭痛発作とRLS発作の間には双方向的な引き金の関連があった。片頭痛がRLSを引き起こす関連はその逆の関連より、強く、長期間継続。
Cephalalgia. 2015 Jul 20. pii: 0333102415596444. [Epub ahead of print]
Bidirectional triggering association between migraine and restless legs syndrome: A diary study.
Chen PK1, Fuh JL2, Wang SJ3.
•1Department of Neurology, Lin-Shin Hospital, Taiwan Department of Neurology, China Medical University Hospital, Taiwan School of Medicine, China Medical University, Taiwan.
•2Department of Neurology, Neurological Institute, Taipei Veterans General Hospital, Taiwan Faculty of Medicine, National Yang-Ming University School of Medicine, Taiwan.
•3Department of Neurology, Neurological Institute, Taipei Veterans General Hospital, Taiwan Faculty of Medicine, National Yang-Ming University School of Medicine, Taiwan Brain Research Center, National Yang-Ming University School of Medicine, Taiwan sjwang@vghtpe.gov.tw.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-27 19:09 | むずむず脚症候群

脳卒中患者におけるむずむず脚症候群


急性脳卒中/TIAで入院した患者と2:1の割合で年齢、性別をマッチさせた対照群を評価しRLSの存在を調べた。結果:149人の患者中22人 (15%) と対照群298人中10人 (3%) がRLSに罹患 (p <0.0001). 高血圧、高脂血症、糖尿病およびBMIといった脳血管危険因子を用いた、多変量ロジスティック回帰モデルによると、脳卒中/TIAは有意にRLSと関連があり、脳卒中/TIA患者 versus対照群におけるRLSのオッズ比は 7.60 (95% confidence interval (CI): 2.07-27.87; p = 0.002). 高血圧、高脂血症、糖尿病、BMI,貧血、腎機能低下といった可能性のあるRLSの危険因子で補正した、もう一つの多変量ロジスティック回帰モデルによると、脳卒中/TIAは有意に RLSと関連があり、オッズ比は 6.85 (95% CI: 6.85-1.79; p = 0.005).高血圧、高脂血症、糖尿病、BMI,貧血、腎機能低下といった可能性のある予測因子を用いたStepwise ロジスティック回帰によると、脳卒中/TIAのみが RLSを予測した RLS-に基づいた多変量モデルの6.54と同程度のオッズ比 (95% CI: 2.63-16.27; p <0.0001)。まとめ:入院した脳卒中患者を調べると、RLSと急性脳卒中/TIAには有意な関連がある。しかし、横断研究デザインでは二つの疾患の間の因果関係を決めることはできなかった。
Sleep Med. 2015 Apr 23. pii: S1389-9457(15)00674-7. doi: 10.1016/j.sleep.2014.12.027. [Epub ahead of print]
Restless legs syndrome in stroke patients.
Schlesinger I1, Erikh I2, Nassar M2, Sprecher E2.
·1Department of Neurology, Rambam Health Care Campus, Haifa, Israel; Technion Faculty of Medicine, Haifa, Israel. Electronic address: i_schles@rambam.health.gov.il.
·2Department of Neurology, Rambam Health Care Campus, Haifa, Israel.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-07 20:55 | むずむず脚症候群

むずむず脚症候群における神経障害性疼痛


RLSにおいて、neuropathy のタイプは診断に混乱を生じる。末梢性neuropathyのある患者を neuropathic RLSに分類. 神経障害性RLS患者での人口統計学的、臨床的、研究質的特徴および6か月と1年の時点でのドパミン作動薬への反応を一次性と二次性のRLSで比較。82 人のRLS患者のうち、22人は末梢性 neuropathyであり28人は一次性RLS. neuropathic RLSの原因は糖尿病13人、腎不全6人、甲状腺機能低下症5人、脱髄2人、栄養欠乏3人、レプラ1人、そして雑多な原因4人。The neuropathic RLS患者は高齢 (46.0±14.1 versus 35.8±15.4歳), 罹病期間が短く(1.4±1.4 versus 6.2±6.2y年) 、症状の頻度が多かった. 一次性RLSのRLS症状はneuropathic RLSに比べると非対称 (25% versus 0%). 治療反応は両群で同程度であった。
J Clin Neurosci. 2015 Jun 17. pii: S0967-5868(15)00116-2. doi: 10.1016/j.jocn.2015.01.032. [Epub ahead of print]
Neuropathy in a cohort of restless leg syndrome patients.
Bastia JK1, Bhoi SK1, Kalita J1, Misra UK2.
•1Department of Neurology, Sanjay Gandhi Post Graduate Institute of Medical Sciences, Raebareily Road, Lucknow 226014, India.
•2Department of Neurology, Sanjay Gandhi Post Graduate Institute of Medical Sciences, Raebareily Road, Lucknow 226014, India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-29 18:57 | むずむず脚症候群

むずむず脚症候群における神経障害性疼痛


RLSにおいて、neuropathy のタイプは診断に混乱を生じる。末梢性neuropathyのある患者を neuropathic RLSに分類. 神経障害性RLS患者での人口統計学的、臨床的、研究質的特徴および6か月と1年の時点でのドパミン作動薬への反応を一次性と二次性のRLSで比較。82 人のRLS患者のうち、22人は末梢性 neuropathyであり28人は一次性RLS. neuropathic RLSの原因は糖尿病13人、腎不全6人、甲状腺機能低下症5人、脱髄2人、栄養欠乏3人、レプラ1人、そして雑多な原因4人。The neuropathic RLS患者は高齢 (46.0±14.1 versus 35.8±15.4歳), 罹病期間が短く(1.4±1.4 versus 6.2±6.2y年) 、症状の頻度が多かった. 一次性RLSのRLS症状はneuropathic RLSに比べると非対称 (25% versus 0%). 治療反応は両群で同程度であった。
J Clin Neurosci. 2015 Jun 17. pii: S0967-5868(15)00116-2. doi: 10.1016/j.jocn.2015.01.032. [Epub ahead of print]
Neuropathy in a cohort of restless leg syndrome patients.
Bastia JK1, Bhoi SK1, Kalita J1, Misra UK2.
•1Department of Neurology, Sanjay Gandhi Post Graduate Institute of Medical Sciences, Raebareily Road, Lucknow 226014, India.
•2Department of Neurology, Sanjay Gandhi Post Graduate Institute of Medical Sciences, Raebareily Road, Lucknow 226014, India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-29 18:57 | むずむず脚症候群

むずむず脚症候群は心血管疾患の危険因子か


臨床記録と併合したアルゴリズムを用いて、一次性RLSおよび二次性RLS Kaiser Permanente Northern California (KPNC)のメンバーを見つけた。各 RLSの症例を年齢、性別、人種/民族、郵便番号、メンバーの期間でマッチさせたRLSの臨床記録のない50人と対応させた。解析のために、研究開始時の冠動脈疾患(coronary artery disease:CAD: 狭心症, 急性心筋梗塞, 冠動脈血管再生術, CAD death), 心血管疾患(cardiovascular disease:CVD) (CADプラス脳卒中), および高血圧を除外した. 新しい心血管イベントを臨床記録から確認。出来事の発生、KPNCからの退会、死亡のどれかが起こると経過観察中止。このコホート解析では473,358人―年を平均3.91 年、6か月から12年経過観察。生存曲線および比例ハザード回帰モデルを含む生存解析の方法を用いて, RLSの状態とCVDの関連を評価。結果: 7,621人の一次性RLSと4,507人の二次性RLS。全般的には、一次性RLSは二次性RLSよりも若く、合併症が少ない。経過観察の期間, CVDが 478人の一次性RLSコホートメンバーの中で診断され, CADが 310人で診断され, 高血圧が1,466人で診断された. 経過観察中に二次性RLSコホートメンバーの中で、CVD, CAD, および高血圧が各々451, 338, および598人で診断された。多変量で解析すると、一次性RLSは CVD (hazard ratio (HR) = 0.95; 95% confidence interval (CI) 0.86-1.04) およびCAD (HR = 0.99; 95%CI 0.89-1.13)に関してはコホートの比較で同程度の発生の危険性であり、高血圧発生の危険性はわずかに増加(HR = 1.19; CI 1.12-1.25).二次性RLSに分類された人はCVD (HR = 1.33; CI 1.21-1.46), CAD (HR = 1.40; CI 1.25-1.56), および高血圧(HR = 1.28; CI 1.18-1.40)の危険性がわずかに増加。
Sleep. 2015 Jun 16. pii: sp-00438-13. [Epub ahead of print]
Risk of Cardiovascular Disease Associated With a Restless Legs Syndrome Diagnosis in a Retrospective Cohort Study from Kaiser Permanente Northern California.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-23 21:47 | むずむず脚症候群

むずむず性器感覚後のパーキンソン病


62歳女性が2010年に性器の不快な感覚を経験した。彼女の不快な感覚は安静時や夜間に悪化し、歩行で改善した。姿勢障害のために歩幅の狭い歩行を行い、2013年にパーキンソン病(Parkinson's disease:PD)と診断された。clonazepam とpramipexisoleの投薬により不快な性器の感覚は改善した。持続性器興奮障害(persistent genital arousal disorder:PGAD)/むずむず性器症候群(restless genial syndrome:RGS)では, 異常な性器感覚が性的欲望なしで生じ, それはclonazepam投薬により軽減した. PGAD/RGS はしばしばRLSと合併する. PGAD/RGS およびRLS には共通の特徴がある. PGAD/RGS後にPDが生じた最初の症例であり、これはPGAD/RGS およびPDと関連したRLSには共通の機序があることを示す。
Rinsho Shinkeigaku. 2015;55(4):266-8. doi: 10.5692/clinicalneurol.55.266.
A case of Parkinson's disease following restless genial sensation.
Sawamura M1, Toma K, Unai Y, Sekiya T, Nishinaka K, Udaka F.
•1Department of Neurology, Sumitomo Hospital.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-26 14:26 | むずむず脚症候群

ロチゴチンのむずむず脚症候群への効果:メタ解析


英語論文のロチゴチンのRLSに対する効果の無作為振り分け対照研究(randomized controlled trials:RCTs)のメタ解析。International RLS (IRLS) Study Group Rating Scalescoreの治療前からの統合した変化の平均 およびthe Clinical Global Impression-Improvement (CGI-I) scale scoreに基づいた反応の相対危険度(relative risk:RR) で結果を評価。副作用(adverse events:AEs)の統合した割合を評価. 6つのRCTs. メタ解析ではrotigotine は偽薬よりもRLSに有効 [mean change on IRLS score: mean difference (MD)=-4.80; 95% confidence interval (CI): -5.90 to -3.70; P<0.00001 and RR of response on CGI-I was 2.19; 95% CI: 1.86 to 2.58, P<0.00001]. 最も多いAEsは貼付部位の反応、吐き気、頭痛と疲労。全般的には、rotigotineは一次性のRLS患者には耐用性がある. メタ解析によると, rotigotineは偽薬よりも有意に有効. しかし。長期間の研究や、他のドパミン作動薬との比較研究が必要。
J Huazhong Univ Sci Technolog Med Sci. 2015 Apr;35(2):169-75. doi: 10.1007/s11596-015-1406-5. Epub 2015 Apr 16.
Rotigotine in the treatment of primary restless legs syndrome: A meta-analysis of randomized placebo-controlled trials.1請求
Ding J1, Fan W, Chen HH, Yan P, Sun SG, Zheng J.
•1Department of Neurology, Union Hospital, Tongji Medical College, Huazhong University of Science and Technology, Wuhan, 430022, China,
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-21 00:00 | むずむず脚症候群

中国人の子供におけるむずむず脚症候群の有病率


8-11歳と12-17 歳の中国人の子供と青年におけるRLSの有病率および障害の程度を調べる。この人口に基づいた研究は、中国のHenan 地域で無作為に選んだ5つの小学校と7つの高校で行われた。8-17歳の6792人の生徒に、the International Restless Legs Study Groupによって提案されたRLSの成人の診断基準を含むアンケートを行う。4つの質問全てに「yes」と答えた全員を、RLS診断を確かめるために直接面談のインタビューに選んだ。RLSの症状と認知した合併症を調べるために、明白なRLSの者にはもう一つのアンケートを行った。中国人の子供と青年の明白なRLSの有病率は2.2 % (141/6437),8-11歳では 1.8 %、12-17歳では2.4%。RLSは女性(2.7 %)の方が男性 (1.7 %)より多く (P = 0.008), RLSの有病率は年齢と共に増加する。睡眠障害が子供と青年のRLSの最も多い症状。様々な因果関係がRLSに寄与しており,夕方/夜間の到来を最も多く恐れると報告しており, RLSは気分に負の影響を及ぼすと記載.
Neurol Sci. 2015 Apr 7. [Epub ahead of print]
An epidemiologic study of restless legs syndrome among Chinese children and adolescents.
Xue R1, Liu G, Ma S, Yang J, Li L.
•1Department of Urology, Institute of Clinic Medicine, The First Affiliated Hospital of Zhengzhou University, No.1 Jian She Dong Avenue, Zhengzhou, 450002, People's Republic of China, xuerui04301617@126.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-14 00:02 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line