カテゴリ:むずむず脚症候群( 193 )


乾癬とむずむず脚症候群


乾癬、乾癬性関節炎(PsA)および正式の睡眠障害に関する論文の系統的総説は33の研究を同定。乾癬患者の15.1%-18%がRLSであるが、ヨーロッパや北米の対象者の5%-10%がRLSである。
Sleep Med Rev. 2015 Sep 21;29:63-75. doi: 10.1016/j.smrv.2015.09.003. [Epub ahead of print]
Psoriasis and sleep disorders: A systematic review.
Gupta MA1, Simpson FC2, Gupta AK3.
•1Department of Psychiatry, Schulich School of Medicine and Dentistry, University of Western Ontario, London, Ontario, Canada. Electronic address: magupta@uwo.ca.
•2Department of Psychiatry, Schulich School of Medicine and Dentistry, University of Western Ontario, London, Ontario, Canada; Mediprobe Research Inc., London, Ontario, Canada.
•3Mediprobe Research Inc., London, Ontario, Canada; Division of Dermatology, Department of Medicine, University of Toronto, Toronto, Ontario, Canada.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-08 21:03 | むずむず脚症候群

腎移植を受けた者における睡眠時無呼吸症候群とむずむず脚症候群


方法:200人の腎移植を受けた者をこの横断研究に登録。年齢、性別、末期腎疾患(end-stage renal disease:ESRD) の原因、以前の腎移植の既往、血清クレアチニン、およ閉塞型睡眠時無呼吸(obstructive sleep apnea:OSA) とRLSの有無に関するデータを集めた。患者により完了したRLSのアンケートを用いて、RLSの症状を同定した. OSAの診断のために、The Berlinアンケートと polysomnographyを用いた。結果:研究患者の平均年齢は45.86 ± 10.24歳. OSAの有病率は26% (200人の研究患者のうち52人) であり、RLSは51.5% (200人の研究患者のうち103人).ハイリスクOSA患者の大部分は男性であり、低リスク OSAに比べて有意に高齢である (P < 0.05). RLSの有病率はハイリスクOSA患者の方が低リスクOSAよりも高くクレアチニンレベルが高い(P < 0.0001). RLS患者のクレアチニンレベルはRLSではない者よりも有意に高い (P < 0.0001). OSAはRLSである者のほぼ42%で見られ, RLSではない者では9% (P < 0.0001)。まとめ:腎移植を受けた者におけるOSA とRLSの有病率は一般人口のそれより高い。この患者において、OSA とRLSには有意な関連がある.
Adv Biomed Res. 2015 Sep 28;4:206.
Sleep apnea syndrome and restless legs syndrome in kidney transplant recipients.
Naini AE1, Amra B2, Mahmoodnia L1, Taheri S1.
•1Department of Nephrology, School of Medicine, Isfahan Kidney Disease Research Center, Isfahan, Iran.
•2Department of Internal Medicine, Isfahan University of Medical Sciences, Isfahan, Iran.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-01 20:36 | むずむず脚症候群

緊張型頭痛はむずむず脚症候群の危険因子


この全国レベルの、人口を基にした、後ろ向きコホート研究は、緊張型頭痛(tension-type headache:TTH)とRLSの関連を調べた。2000年から2007年までに新たにTTHと診断された15,504人の患者と性別、年齢、および index yearに基づきマッチさせて選択したTTH ではない62,016 人の人を同定。研究参加者はRLSの診断, NHIプログラムからの脱落, 又は2011年の末のいずれかまで経過観察. Cox 比例ハザードモデルを用いてTTH患者におけるRLS発生の危険因子を同定した。性別、年齢、合併症、および投薬で補正した後、TTHはRLSの危険性を有意に増加させた (hazard ratio [HR] = 1.57, 95% confidence interval [CI] = 1.22-2.02). その危険性はTTH群の20-39歳の患者で最も顕著であり, 非TTH群と比較してRLSの危険性は2.60倍 (95% confidence interval = 1.53-4.42). 性別にかかわらず、TTH群は非TTH群に比べてRLSの危険性が高い. TTHはRLS発症の危険性が高い。片頭痛も同様であり、これは頭痛とRLSが一致した病態生理機序を持つことを意味するのかもしれない。
Medicine (Baltimore). 2015 Nov;94(46):e2109.
Risk of Restless Legs Syndrome Following Tension-Type Headache: A Nationwide Population-Based Cohort Study.
Yang FC1, Lin TY, Chen HJ, Lee JT, Lin CC, Kao CH.
•1Form the Department of Neurology, Tri-Service General Hospital, National Defense Medical Center, Taipei, Taiwan (F-CY, J-TL, C-CL); Division of Infectious Diseases and Tropical Medicine, Department of Internal Medicine, Tri-Service General Hospital, National Defense Medical Center, Taipei, Taiwan (T-YL); Management Office for Health Data, China Medical University Hospital (H-JC); College of Medicine, China Medical University (H-JC); Graduate Institute of Clinical Medical Science and School of Medicine, College of Medicine, China Medical University (C-HK); Department of Nuclear Medicine and PET Center, China Medical University Hospital, Taichung, Taiwan (C-HK).
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-11-23 22:33 | むずむず脚症候群

筋骨格痛はむずむず脚症候群と関連する


方法:the Western Australian Pregnancy Cohort (Raine) Studyの一部で出生から経過観察した22歳(n = 1072),が筋骨格(musculoskeletal:MSK)痛のデータ (期間、程度、頻度、痛みの部位の数)を提供. the International Restless Legs Syndrome Study Groupによって推奨された4つの診断基準を満たす(動かしたいという欲求, dysaesthesia, 動きによる症状軽減,夕方/夜間の症状の悪化) 時にRLSがあるとみなし、参加者はこれらの症状が1か月に少なくとも5回あった.結果:RLSの有病率は3.0 %であり、MSK痛は参加者の37.4 %で報告。多変量ロジスティック回帰モデルによると、RLSの診断とMSK痛の期間(3か月以上)(オッズ比 3.6, 95 % confidence interval 1.4-9.2) および3か所以上の痛みの部位の報告(4.9, 1.6-14.6)には強い関連がある.
BMC Musculoskelet Disord. 2015 Oct 14;16(1):294. doi: 10.1186/s12891-015-0765-1.
Musculoskeletal pain is associated with restless legs syndrome in young adults.論文あり
Hoogwout SJ1,2, Paananen MV3, Smith AJ4, Beales DJ5, O'Sullivan PB6, Straker LM7, Eastwood PR8, McArdle N9, Champion D10,11.
•1Faculty of Medical Sciences, University of Groningen, PO Box 72, 9700 AB, Groningen, The Netherlands. stijnhoogwout@gmail.com.
•2, Offenbachlaan 14, 2253 CR, Voorschoten, The Netherlands. stijnhoogwout@gmail.com.
•3Medical Research Center Oulu, Oulu University Hospital and University of Oulu, P.O. Box 8000, FI-90014, Oulu, Finland. markus.paananen@oulu.fi.
•4School of Physiotherapy and Exercise Science, Curtin University, GPO Box U1987, Perth, Western Australia, 6845, Australia. Anne.Smith@exchange.curtin.edu.au.
•5School of Physiotherapy and Exercise Science, Curtin University, GPO Box U1987, Perth, Western Australia, 6845, Australia. D.Beales@curtin.edu.au.
•6School of Physiotherapy and Exercise Science, Curtin University, GPO Box U1987, Perth, Western Australia, 6845, Australia. p.osullivan@curtin.edu.au.
•7School of Physiotherapy and Exercise Science, Curtin University, GPO Box U1987, Perth, Western Australia, 6845, Australia. L.Straker@curtin.edu.au.
•8Centre for Sleep Science, School of Anatomy, Physiology & Human Biology, University of Western Australia, 35 Stirling Highway, Crawley, WA, 6009, Australia. peter.eastwood@health.wa.gov.au.
•9Centre for Sleep Science, School of Anatomy, Physiology & Human Biology, University of Western Australia, 35 Stirling Highway, Crawley, WA, 6009, Australia. nigel.mcardle@uwa.edu.au.
•10Department of Anaesthesia and Pain Medicine, Sydney Children's Hospital, High Street, Randwick, NSW, 2031, Australia. dchamp@bigpond.net.au.
•11University of New South Wales, UNSW, Sydney, NSW, 2052, Australia. dchamp@bigpond.net.au.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-10-18 10:18 | むずむず脚症候群

生活スタイルはむずむず脚症候群の危険因子


前向きコホート研究。参加者:本研究はHealth Professionals' Follow-up Study (HPFS)に参加した12,812 人の男性とthe Nurses' Health Study II (NHS II)に参加した42,728人の女性を含む. 参加者は当初はRLSではなく (HPFSでは2002年、the NHS IIでは2005年) 、経過観察中糖尿病や関節炎ではない。International Restless Legs Syndrome Study groupによって推奨された基準でRLSを評価。計測:身長、体重、身体活動レベル、食事摂取、および喫煙状態の情報はアンケートで得た。結果:4-6年の経過観察中、1,538 症例のRLSの発生を同定。正常体重、身体的に活動的で、非喫煙者、そしてアルコール摂取の既往のある参加者はRLSが発症する危険性が低かった. これらの4つの要因の効果をまとめると、健康的な生活スタイルの要因と RLSの低い危険性の間には用量依存的な反応があった: 可能性のある交絡因子で補正した後の統合したオッズ比は0.67 (95% confidence interval: 0.47-0.97) for 4つとversus0の健康的な要因 (p < 0.001). これに対し、カフェイン消費又は the Alternate Healthy Eating Indexで評価した食事の質, と男女のRLSの危険性の間には有意な関連はなかった。まとめ:いくつかの変更可能な生活スタイルはRLSの危険性に重要な役割を果たすかも.
J Clin Sleep Med. 2015 Oct 5. pii: jc-00049-15. [Epub ahead of print]
Lifestyle Factors and Risk of Restless Legs Syndrome: Prospective Cohort Study.
Batool-Anwar S, Li Y, De Vito K, Malhotra A, Winkelman J, Gao X.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-10-12 23:15 | むずむず脚症候群

ADHDにおけるむずむず脚症候群の有病率


この観察横断研究で, 49人が睡眠障害とADHD症状を評価された. 36人がADHD の診断を受けていた(29: combined type (ADHD-C); 7: 不注意型). RLS およびRLS 症状の有病率は34.5%であり, ADHD-Cサブグループでは高い有病率だが有意差はない(p = 0.066). RLS症状は特に過活動― 衝動性と関連した(ρ = 0.742; p: 0.000). RLS 点数が陽性のADHD 患者は、RLS 点数が陰性の患者と比べると、ADHD-評価点数が高い (Z: -2.968, p = 0.003), 主に過活動― 衝動性点数が高いことによる (Z: -3.145; p = 0.002). 我々の所見によると、臨床医は成人ADHD患者においてRLSに気を付ける必要がある, 特に過活動― 衝動性症状が強い者では。
Behav Sleep Med. 2015 Sep 29:1-9. [Epub ahead of print]
Prevalence of Restless Legs Syndrome in Adult ADHD and Its Subtypes.
Snitselaar MA1, Smits MG2, Spijker J3,4.
•1a Pro Persona Mental Health Care , Ede , The Netherlands.
•2b Center for Sleep-Wake Disturbances and Chronobiology Gelderse Vallei Hospital , Ede , The Netherlands.
•3c Pro Persona Mental Health Care , Nijmegen , The Netherlands.
•4d Radboud University , Nijmegen , The Netherlands.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-10-06 22:23 | むずむず脚症候群

むずむず脚症候群による疾病発生の危険性


当初のe-GFR≥60 mL min-1 1.73 m-2 の百万人以上のUS 退役軍人の全国的に典型的な目向きコホート[93%が男性, 経過観察期間の中央値は8.1年 (四分位範囲: 7.0-8.5年)]から、傾向をマッチさせた7372人の患者のコホートを作り, RLSの発生と以下の項目の関連を調べた: (1) すべての原因の死亡率; (2)冠動脈疾患の発生; (3) 脳卒中の発生; および(4) e-GFR<60 mL min-1 1.73 m-2 で定義される慢性腎疾患の発生. Coxモデルを用いて関連を調べた当初の傾向でマッチさせたコホートの平均 ± SD年齢は59 ± 12 歳; 89%は白人で 8%は黒人; 31%の患者は糖尿病;当初のe-GFRの平均は83.9 ± 15.1 mL min-1 1.73 m-2 . RLSではない患者と比べると, RLSの発生は死亡の危険性を88%増加させる [hazard ratio and 95% confidence interval: 1.88 (1.70-2.08)], そして、ほぼ4倍冠心疾患と脳卒中の危険性が高くなる [各々hazard ratio: 3.97 (3.26-4.84) and 3.89 (3.07-4.94)]。慢性腎疾患発生の危険性は、RLSではない患者に比べて発生したRLS患者で、有意に高い[hazard ratio: 3.17 (2.74-3.66)]. I US退役軍人の大規模な現代のコホートでは, RLSの発生は死亡率、冠心疾患の発生、脳卒中の発生、慢性腎疾患の発生の増加と関連する。
J Sleep Res. 2015 Sep 17. doi: 10.1111/jsr.12335. [Epub ahead of print]
Association of incident restless legs syndrome with outcomes in a large cohort of US veterans.
Molnar MZ1, Lu JL1, Kalantar-Zadeh K2, Kovesdy CP1,3.
•1Division of Nephrology, Department of Medicine, University of Tennessee Health Science Center, Memphis, TN, USA.
•2Division of Nephrology, University of California, Irvine, CA, USA.
•3Nephrology Section, Memphis Veterans Affairs Medical Center, Memphis, TN, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-22 19:28 | むずむず脚症候群

同じ診断基準を用いても、むずむず脚症候群とWillis-Ekbom Diseaseでは有病率が異なる


ブラジル。方法:新たに卒業した医師が自分自身にRLS/WEDが存在するかどうか自己評価するように依頼された. 参加者は無作為に2群に分けられた。一群はRLSの自己評価を求められ, 他の群はWEDの自己評価を求められた。一群の人は'あなたはRestless Legs Syndromeですか?'と尋ねられ、 他の群の人は'あなたはWillis-Ekbom Diseaseですか?'と尋ねられた. 両方のフォームにはthe International Restless Legs Syndrome Study Group (IRLSSG)によって提案されたRLS診断のための4つの基準およびその基準に基づく自己診断のinstructionsが含まれていた.結果:研究対象は1413人の新たに卒業した医師. RLSという用語のフォームを渡された708人のうち, 87人 (12.28%)が自分自身をRLSと診断した. 逆にWED という用語のフォームを渡された705人のうち, 13人 (1.84%) が自分自身をWEDと診断した (p <0.0001).まとめ:これはRestless Legs Syndromeという用語は、この疾病分類を表示するために最も適切ではないかもしれないことを示す。
Sleep Med. 2015 Sep;16(9):1156-9. doi: 10.1016/j.sleep.2015.05.022. Epub 2015 Jul 2.
Willis-Ekbom Disease or Restless Legs Syndrome?
Carlos K1, Prado LB2, Carvalho LB2, Prado GF2.
•1Department of Neurology, Neuro-Sono Sleep Center, Universidade Federal de São Paulo, São Paulo, SP, Brazil. Electronic address: ka.carlos1@hotmail.com.
•2Department of Neurology, Neuro-Sono Sleep Center, Universidade Federal de São Paulo, São Paulo, SP, Brazil.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-30 13:24 | むずむず脚症候群

腎移植のむずむず脚症候群への影響

方法:腎移植が成功した後の75人の患者 (39人の男性, 36人の女性) を評価。RLS 腎移植後6か月で全患者は、選択された検査指標の調査と共に、RLSに焦点を当てた自己報告のアンケートを完了。アンケートは RLS診断のためのthe International Restless Legs Syndrome Study Group基準に合致。結果:75人の患者のうち30 人(40.54 %) はRLSの診断基準に合致. RLS陽性群から,腎移植後 8人 (26.7 %) は症状の完な軽減, 13人 (43.3 %) は症状の改善, 6人 (20.0 %) は不変で3人 (10.0 %)は症状悪化。RLS陽性群の中で, 患者の大部分(26-86.7 %)は夕方症状が発症しそしてRLS 陽性患者の21人 (70.0 %) は腎疾患の発生後に症状が生じた。
Impact of kidney transplantation on restless legs syndrome.
Chrastina M, Martinková J, Minar M, Zilinska Z, Valkovic P, Breza J.
Bratisl Lek Listy. 2015;116(7):404-7.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-23 11:24 | むずむず脚症候群

片頭痛とむずむず脚症候群の関係は年齢により異なる


片頭痛の有病率のピークは20-40代であり、RLSの有病率のピークは50代。方法:19―69歳の韓国人の階層化した無作為サンプルを選択しRLS、頭痛のタイプ、および片頭痛の臨床的な特徴を同定するためにデザインされた60項目の半構造的なインタビューにより評価 。片頭痛とRLSの関連を評価するために年齢に基づき、参加者を3つの年齢群(19-29, 30-39, 40-49, 50-59, および60-69歳)に分割し、各群を解析。結果:片頭痛患者は頭痛のない対照群と比較すると、19-29 (Odds ratio [OR] = 6.6, 95 % confidence interval [CI] = 1.2-36.8) および 40-49 (OR = 6.7, 95 % CI = 1.5-33.5)の年齢群ではRLSの有病率が増加するが、50-59 (OR = 1.1, 95 % CI = 0.2-5.6) および60-69 (OR = 0.4, 95 % CI = 0.1-4.0)の年齢群では有意な関連はなかった。1か月で 1-10 (12.5 %, OR = 2.0, 95 % CI = 1.3-3.2, p = 0.003) および>10 (12.5 %, OR = 2.5, 95 % CI = 1.0-5.6, p = 0.038)回の発作のある片頭痛患者は1か月に <1回の発作の片頭痛患者 (2.1 %)と比べてRLSの有病率は増加. 片頭痛ではない頭痛患者では頭痛のない対照者に比べてRLSのオッズが増加 (OR = 1.8, 95 % CI = 1.3-2.7).片頭痛患者と非片頭痛の頭痛患者の間のRLSの有病率の間には有意差なし(9.1 % vs. 6.9 %, p = 0.339)。まとめ:我々の結果によると片頭痛とRLSは年齢により異なる関連。
J Headache Pain. 2015 Dec;16(1):554. doi: 10.1186/s10194-015-0554-0. Epub 2015 Aug 13.
Migraine and restless legs syndrome are associated in adults under age fifty but not in adults over fifty: a population-based study.
Cho SJ1, Chung YK, Kim JM, Chu MK.
•1Department of Neurology, Dongtan Sacred Heart Hospital, Hallym University College of Medicine, Hwaseong, Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-17 19:09 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line