カテゴリ:むずむず脚症候群( 187 )


むずむず性器感覚後のパーキンソン病


62歳女性が2010年に性器の不快な感覚を経験した。彼女の不快な感覚は安静時や夜間に悪化し、歩行で改善した。姿勢障害のために歩幅の狭い歩行を行い、2013年にパーキンソン病(Parkinson's disease:PD)と診断された。clonazepam とpramipexisoleの投薬により不快な性器の感覚は改善した。持続性器興奮障害(persistent genital arousal disorder:PGAD)/むずむず性器症候群(restless genial syndrome:RGS)では, 異常な性器感覚が性的欲望なしで生じ, それはclonazepam投薬により軽減した. PGAD/RGS はしばしばRLSと合併する. PGAD/RGS およびRLS には共通の特徴がある. PGAD/RGS後にPDが生じた最初の症例であり、これはPGAD/RGS およびPDと関連したRLSには共通の機序があることを示す。
Rinsho Shinkeigaku. 2015;55(4):266-8. doi: 10.5692/clinicalneurol.55.266.
A case of Parkinson's disease following restless genial sensation.
Sawamura M1, Toma K, Unai Y, Sekiya T, Nishinaka K, Udaka F.
•1Department of Neurology, Sumitomo Hospital.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-26 14:26 | むずむず脚症候群

ロチゴチンのむずむず脚症候群への効果:メタ解析


英語論文のロチゴチンのRLSに対する効果の無作為振り分け対照研究(randomized controlled trials:RCTs)のメタ解析。International RLS (IRLS) Study Group Rating Scalescoreの治療前からの統合した変化の平均 およびthe Clinical Global Impression-Improvement (CGI-I) scale scoreに基づいた反応の相対危険度(relative risk:RR) で結果を評価。副作用(adverse events:AEs)の統合した割合を評価. 6つのRCTs. メタ解析ではrotigotine は偽薬よりもRLSに有効 [mean change on IRLS score: mean difference (MD)=-4.80; 95% confidence interval (CI): -5.90 to -3.70; P<0.00001 and RR of response on CGI-I was 2.19; 95% CI: 1.86 to 2.58, P<0.00001]. 最も多いAEsは貼付部位の反応、吐き気、頭痛と疲労。全般的には、rotigotineは一次性のRLS患者には耐用性がある. メタ解析によると, rotigotineは偽薬よりも有意に有効. しかし。長期間の研究や、他のドパミン作動薬との比較研究が必要。
J Huazhong Univ Sci Technolog Med Sci. 2015 Apr;35(2):169-75. doi: 10.1007/s11596-015-1406-5. Epub 2015 Apr 16.
Rotigotine in the treatment of primary restless legs syndrome: A meta-analysis of randomized placebo-controlled trials.1請求
Ding J1, Fan W, Chen HH, Yan P, Sun SG, Zheng J.
•1Department of Neurology, Union Hospital, Tongji Medical College, Huazhong University of Science and Technology, Wuhan, 430022, China,
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-21 00:00 | むずむず脚症候群

中国人の子供におけるむずむず脚症候群の有病率


8-11歳と12-17 歳の中国人の子供と青年におけるRLSの有病率および障害の程度を調べる。この人口に基づいた研究は、中国のHenan 地域で無作為に選んだ5つの小学校と7つの高校で行われた。8-17歳の6792人の生徒に、the International Restless Legs Study Groupによって提案されたRLSの成人の診断基準を含むアンケートを行う。4つの質問全てに「yes」と答えた全員を、RLS診断を確かめるために直接面談のインタビューに選んだ。RLSの症状と認知した合併症を調べるために、明白なRLSの者にはもう一つのアンケートを行った。中国人の子供と青年の明白なRLSの有病率は2.2 % (141/6437),8-11歳では 1.8 %、12-17歳では2.4%。RLSは女性(2.7 %)の方が男性 (1.7 %)より多く (P = 0.008), RLSの有病率は年齢と共に増加する。睡眠障害が子供と青年のRLSの最も多い症状。様々な因果関係がRLSに寄与しており,夕方/夜間の到来を最も多く恐れると報告しており, RLSは気分に負の影響を及ぼすと記載.
Neurol Sci. 2015 Apr 7. [Epub ahead of print]
An epidemiologic study of restless legs syndrome among Chinese children and adolescents.
Xue R1, Liu G, Ma S, Yang J, Li L.
•1Department of Urology, Institute of Clinic Medicine, The First Affiliated Hospital of Zhengzhou University, No.1 Jian She Dong Avenue, Zhengzhou, 450002, People's Republic of China, xuerui04301617@126.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-14 00:02 | むずむず脚症候群

中国におけるむずむず脚症候群の有病率と危険因子


方法:この研究は2相の調査からなる。phase 1では4項目の選別アンケートを用いて上海の田舎に住む人に直接インタビューを行う。phase 2では, 睡眠専門家がRLSと診断された人に電話インタビュー。結果:研究したコミュニティーの18歳以上の2941人のうち41人がRLと診断された。RLSの有病率は1.4% (95% confidence interval (CI) =1.0-1.9%), 女性の方が有意に (1.9% [95%CI =1.3-2.7%]) 男性より多い(0.9% [95%CI =0.5-1.5%], p=0.019). 有病率は年齢とともに増加し8-39歳の0.2% (95% CI =0.08-0.6%) から70歳以上の4.1% (95% CI =2.1-7.9%) (p<0.001). 多変量ロジスティック回帰解析によると、胃炎、貧血および高血圧はRLSの危険因子。この研究における4項目の選別アンケートの感度と特異度は各々63.4% と97.5%.
PLoS One. 2015 Mar 24;10(3):e0121215. doi: 10.1371/journal.pone.0121215.
Prevalence and Risk Factors of Restless Legs Syndrome among Chinese Adults in a Rural Community of Shanghai in China.
Shi Y1, Yu H1, Ding D1, Yu P1, Wu D1, Hong Z1.
•1Department of Neurology, Huashan Hospital, Fudan University, Shanghai, China.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-30 21:07 | むずむず脚症候群

パーキンソン病におけるむずむず脚症候群


方法:43-89歳の1,447人のパーキンソン病患者にアンケートを行う。結果:回答率は59.0%であり,そのうち 68%は完全な回答 (n = 577). RLSはPDの 20.3%に起きる。RLS患者のうち, 81.9%の患者は症状が少なくとも週1回起こる. 症状の程度は中等度42.7%, 強度23.9%そして極めて強度15.4%. 日中の眠気、疲労、慢性不眠、睡眠を維持する不眠、激しい夢, および生活の質の低さはRLS患者の方が RLSではない者よりも多い. 早期発生のRLS (45歳以下での発生)は 4.2%. 投薬を受けていないRLSの晩期発生 (45歳を超える)および晩期発生のRLS (dopaminergic薬飲んでいる)は各々 5.4 and 10.4%。まとめ:PD患者において、早期発生のRLSは典型的な性分布で家族歴のある特発性RLSに似ている。晩期発生のRLSは特発性RLSより多い
Eur Neurol. 2015 Mar 11;73(3-4):212-219. [Epub ahead of print]
Parkinson's Disease and Restless Legs Syndrome.
Ylikoski A1, Martikainen K, Partinen M.
·1Vitalmed Research Center, Helsinki Sleep Clinic, Helsinki, Finland.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-24 23:29 | むずむず脚症候群

むずむず脚症候群に対する鍼の効果


録した38人のRLS患者の中で, 31人 (M = 12, F = 19;平均年齢, 47.2 ± 9.7歳)が研究終了。患者は一重盲検方で6週間通常の鍼治療(n = 15) 又は無作為化された鍼治療(n = 16) を受けた。week 0 (治療前), week 2, week 4, およびweek 6 の間の夜間活動(nocturnal activity:NA) および早期睡眠活動(early sleep activity:ESA) の変化を下肢の actigraph記録, the International Restless Legs Syndrome Rating Scale (IRLSRS), およびEpworth Sleepiness Scale (ESS)を用いて評価。標準的な鍼治療はNA およびESAの異常な下肢活動をweek 2, week 4, およびweek 6 で有意に減らし、IRLSRSおよび ESSの臨床点数の変化に基づくとweek 4 よびweek では治療前と比べて有意改善したが、無作為化された鍼治療ではそうではなかった。副作用の報告はなかった。この結果によると、標準的な鍼治療はRLS患者の異常な下肢活動を改選するかもしれず、それゆえ長期治療において適切な可能性のある統合的な治療かもしれない。
Evid Based Complement Alternat Med. 2015;2015:343201. doi: 10.1155/2015/343201. Epub 2015 Feb 11.
Actigraph evaluation of acupuncture for treating restless legs syndrome.
Pan W1, Wang M1, Li M1, Wang Q2, Kwak S3, Jiang W1, Yamamoto Y4.
•1Department of Neurology, Shuguang Hospital Affiliated to Shanghai University of TCM, 528, Zhangheng Road, Pu-Dong New Area, Shanghai 201203, China.
•2Department of Neurology, Pudong New Area Hospital of Traditional Chinese Medicine, 460, Xiuchuan Road, Pu-Dong New Area, Shanghai 201200, China.
•3Center for Disease Biology and Integrative Medicine, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo, 7-3-1 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8655, Japan.
•4Educational Physiology Laboratory, Graduate School of Education, The University of Tokyo, 7-3-1 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-0033, Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-18 00:34 | むずむず脚症候群

サウジアラビアの透析患者におけるむずむず脚症候群の有病率


透析を行っている末期腎疾患(end-stage renal disease:ESRD) におけるRLSの有病率を調べた。 方法:サウジアラビアのJeddahの3つの透析センターで2012年6月から2013年9月までに横断研究を行う。全患者にインタビューし、以下のデータを得た: 人口統計学的特徴、医療記録、検査データ、the International Restless Legs Syndrome Study Group questionnaire, Epworth Sleepiness Scale (ESS),および Berlin Questionnaire.。結果:355人の患者。ESRD患者におけるRLSの有病率は19.4%であり, 大部分の患者は中等度から強度の疾患。RLSは閉塞型睡眠時無呼吸(p<0.0001) およびESSに元ずく日中の過度の眠気(p=0.009)と有意に関連する. RLSは透析の適切さ、期間、1週間あありの頻度、1回当たりの透析時間とは関連しない;しかし, 透析の適切さとRLSの程度には弱い負の相関がある. 合併症にはRLSとは関連がないRLS. BMIの増加につれてRLSのオッズは有意に増加する(p=0.001). aspirinの使用 (p=0.037) および抗凝固薬の使用(p=0.035)はRLSの危険性の増加と関連する.
Saudi Med J. 2015 Feb;36(2):204-10. doi: 10.15537/smj.2015.2.10036.
Restless legs syndrome among Saudi end-stage renal disease patients on hemodialysis.
Wali SO1, Alkhouli AF.
•1Sleep Medicine and Research Center, King Abdulaziz University Hospital, Jeddah 21589, PO Box 80215, Kingdom of Saudi Arabia. Fax. +966 (12) 6408315.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-04 00:24 | むずむず脚症候群

透析患者のむずむず脚症候群


末期腎疾患(end stage renal disease:ESRD)。方法:データを慢性維持の透析(haemodialysis:HD)をしている250人から集めた。RLSの有病率を評価するため, the International RLS Study Groupによって確立されたRLSの診断基準を用いて臨床診断。結果: 250人を含めた. 153人 (61.2%)が男性で 97人 (38.8%) は女性。平均年齢は45.27歳. HD の平均期間は26.10か月. 162人 (64.8%) がRLSに罹患. 153 人の男性中, 87人(56%)がRLS、97人の女性中, 75人(77.3%)がRLS. 我々の研究では, 性別は有意にRLS と関連する(p-value 0.001). I 159人(63.6%) の患者は51歳より若く; そのうち102人(64.1%) はRLS; 一方91人(36.4%) は51歳以上であり、そのうち60人(65.9%) はRLS. RLS と年齢群に間には有意な差はなかった (p-value 0.776).
Pak J Med Sci. 2014 Nov-Dec;30(6):1209-12. doi: 10.12669/pjms.306.5691.
Restless legs syndrome in end stage renal disease patients on haemodialysis.
Haider I1, Anees M2, Shahid SA3.
·1Dr. Irfan Haider FCPS (General Medicine), Senior Registrar Department of Medicine, Fatima Memorial Hospital, Lahore, Pakistan. Postgraduate Trainee FCPS Nephrology, Mayo Hospital, Lahore, Pakistan.
·2Dr. Muhammad Anees, FCPS (Nephrology), Assistant Professor Nephrology, Head of the Nephrology Department, King Edward Medical University and Affiliated Hospitals Lahore, Pakistan.
·3Dr. Syed Adnan Hussain Shahid FCPS (General Medicine), Assistant Professor Medicine, Department of Medicine, Fatima Memorial Hospital, Lahore, Pakistan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-17 20:28 | むずむず脚症候群

妊婦における一次性、二次性むずむず脚症候群


方法:3か月間で, 2つの医療センターで出産した443人の女性をthe international RLS study groupの4つの診断基準を用いてRLSを選別した. RLSと診断された79人をこの研究に登録。全員に医療情報と妊娠中の訴えをインタビューし自己記入式の国際RLS評価スケールに反応。結果: 79 人のRLSを合併した妊娠女性のうちの10人(12.9%) は特発性であり, 平均年齢は二次性のRLS患者よりは有意に高い(30.6 ± 7.3 歳vs. 26.4 ± 4.歳, P = 0.0260). 二次性RLSの女性と比較すると,特発性RLS 群では妊娠中の睡眠時間は有意に減少(P = 0.0460), 一方RLS の程度は両群で同様。その他の睡眠の訴え, RLSの家族歴, 経産回数,妊娠の期間、帝王切開の頻度の点では、両群に有意な差は認められなかった(P > 0.0500).
Iran J Neurol. 2014 Oct 6;13(4):241-4.
Presenting features of idiopathic versus secondary restless legs syndrome in pregnancy.
Miri S1, Rohani M2, Vahdat M3, Kashanian M4, Sariri E3, Zamani B2, Shahidi GA2.
•1Department of Neurology, School of Medicine, Downstate Medical Center, State University of New York, Brooklyn, New York, NY, USA.
•2Department of Neurology, School of Medicine, Rasool Akram Teaching Hospital, Iran University of Medical Sciences, Tehran, Iran.
•3Department of Obstetrics & Gynecology, School of Medicine, Rasool Akram Teaching Hospital, Iran University of Medical Sciences, Tehran, Iran.
•4Department of Obstetrics & Gynecology, School of Medicine, Akbar Abadi Teaching Hospital, Iran University of Medical Sciences, Tehran, Iran.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-01 15:28 | むずむず脚症候群

むずむず脚症候群に対する感覚運動野への経頭蓋直接電気刺激


経頭蓋直接電気刺激(transcranial direct current stimulation:tDCS) で薬物治療を受けていないRLS患者への効果を評価。方法:2週間の、二重盲検、無作為振り分け、偽刺激対照の研究。33人のRLS女性。参加者は陰極、陽極を用いた5回のtDCSセッションを受けるか偽刺激を受ける。治療前 (T0), t tDCS 終了の3日後(T1) そして13日後(T2)に評価。一次的な結果にはthe International RLS Group Rating Scale (IRLS) およびthe Clinical Global Impressions-Improvement (CGI-I)を含む。二次的な結果にはthe Patient Global Impression scale, the Pittsburgh Sleep Quality Index, the Medical Outcome Study sleep subscales, およびthe Beck Depression Inventoryを含む。客観的な神経生理学的な変化はEEGのevent-related desynchronization/synchronization (ERD/ERS)を用いて評価。結果:両群でIRLS点数の変化, the CGI-I scaleでの反応率, には有意差はない。二次的な結果やERD/ERSにも両群で有意差はない。結果:感覚運動野への経頭蓋直接電気刺激は薬を飲んでいないRLS患者には有意な効果はない。
Sleep Med. 2014 Dec 2. pii: S1389-9457(14)00472-9. doi: 10.1016/j.sleep.2014.07.032. [Epub ahead of print]
Transcranial direct current stimulation on primary sensorimotor area has no effect in patients with drug-naïve restless legs syndrome: a proof-of-concept clinical trial.
Koo YS1, Kim SM1, Lee C2, Lee BU2, Moon YJ2, Cho YW3, Im CH4, Choi JW5, Kim KH5, Jung KY6.
•1Department of Neurology, Korea University Medical Center Anam Hospital, Korea University College of Medicine, Seoul, South Korea.
•2Department of Neurology, Seoul National University Hospital, Seoul National University College of Medicine, Seoul, South Korea.
•3Department of Neurology, Dongsan Medical Center, Keimyung University School of Medicine, Daegu, South Korea.
•4Department of Biomedical Engineering, Hanyang University, Seoul, South Korea.
•5Department of Biomedical Engineering, College of Health Science, Yonsei University, Wonju, Gangwon-do, South Korea.
•6Department of Neurology, Seoul National University Hospital, Seoul National University College of Medicine, Seoul, South Korea. Electronic address: jungky10@gmail.com.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-01-18 22:25 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line