カテゴリ:複合性局所疼痛症候群( 130 )


2型糖尿病を合併した脳卒中患者においてHbA1cが高いとCRPSが発症しやすい


2
型糖尿病(type2 diabetes mellitusT2DM)を合併した脳卒中患者における. HbA1cCRPSの関連を調べた。方法:20121月から201312月までに脳卒中患者のカルテを後ろ向きに調べた。331人の患者を調べ、200人を解析。CRPS群と非CRPS群に患者を分類し、年齢、性別、脳卒中の部位、脳卒中の原因T2DMの期間, HbA1c (%), National Institutes of HealthStroke Scale score, 罹患した肩の屈曲筋力, Fugl-MeyerAssessment score, 運動力指数, FunctionalIndependence Measure, Modified Barthel Indexの韓国語版,入院時の血糖、脳卒中発症からHbA1c検査までの期間,および脳卒中発症からCRPS診断のための三相性骨シンチまでの期間を比較した. その後、患者をHbA1c レベルで5群に分類(group 1, 5.0%-5.9%; group 2, 6.0%-6.9%; group3, 7.0%-7.9%; group 4, 8.0%-8.9%; and group 5, 9.0%-9.9%) し、2つの群間のCRPSの有病率の差を調べた。結果:200人の患者のうち, 108人はCRPS群であり92人は非CRPS. 2群間には、HbA1cに有意差があったが (p<0.05) 、その他の要因には差がなかった. 5つのHbA1c群の中で, CRPSの有病率には有意差があり (p<0.01);特にHbA1cが増加するほどそれは増加。まとめ:本研究によると、HbA1cレベルが高いことは、CRPSの有病率が高いことと関連し、血糖のコントロール不良は糖尿病を合併した脳卒中患者において、CRPSの発生に影響を与え得る。

AnnRehabil Med. 2016 Oct;40(5):779-785. Epub 2016 Oct 31.

Relationship Between HbA1c and Complex RegionalPain Syndrome in Stroke Patients With Type 2 Diabetes Mellitus.

Choi JH1, Yu KP1, Yoon YS1, Kim ES1, Jeon JH1.

  • 1Department of Rehabilitation Medicine, Presbyterian Medical Center, Seonam University College of Medicine, Jeonju, Korea.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-20 23:27 | 複合性局所疼痛症候群

CRPSへのボツリヌス毒素の効果

足関節で脛骨神経が医原性に切断された後に、強度の神経障害性疼痛のあるCRPS type IIになった47歳女性.痛みと障害は経時的に悪化し, 特に歩行が障害され, 様々な鎮痛治療でも軽減せず。足根管(脛骨神経と共に)を通して腱が通る筋肉内へのbotulinum toxin(abobotulinumtoxinA, BoNT-A)の注射後, 痛みは軽減し歩行能力は改善。

PM R. 2016 Oct 31. pii: S1934-1482(16)31072-3.doi: 10.1016/j.pmrj.2016.10.014. [Epub ahead of print]

Effect of Botulinum Toxin on DisablingNeuropathic Pain:A Case Report Suggesting a New Therapeutic Strategy.

Buonocore M1, Demartini L2, Mandrini S3, Dall'Angelo A3, Dalla Toffola E3.

  • 1Unit of Clinical Neurophysiology and Neurodiagnostic Skin Biopsy, Fondazione Salvatore Maugeri, Scientific Institute of Pavia, Italy. Electronic address: michelangelo.buonocore@fsm.it.
  • 2Unit of Pain Medicine, Fondazione Salvatore Maugeri, Scientific Institute of Pavia, Italy.
  • 3Physical Medicine and Rehabilitation Unit, Policlinico San Matteo Foundation, University of Pavia, Italy.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-06 19:57 | 複合性局所疼痛症候群

5%リドカイン薬用湿布のCRPSを含む神経障害性疼痛への有効性

方法:これはスペインの三次病院の特異的疼痛ユニットでの単一施設の、前向き、観察研究。長期間の末梢性神経障害性疼痛の56人の患者(10人のCRPSを含む)が鎮痛治療に6か月間5% lidocaine-薬用湿布を追加使用。結果:6か月の治療後、numeric rating scale (NRS)で計測した疼痛の強さが50%以上軽減した患者は75%。NRSの平均点数はベースラインの平均の7.8から最終評価時の平均3.1へ61%低下(4.7). CRPS群では著しい改善: 10人中6人でNRS点数は50%以上軽減し, NRSの平均点数はベースラインの平均の7.9から最終評価時の平均3.951%低下(4.0)。痛みの強さの改善は、部分的には障害指数や不安レベルの低下に言い換えられる。

J Pain Res.2016 Oct 6;9:763-770. eCollection 2016.

5% Lidocaine-medicated plaster for thetreatment of chronic peripheral neuropathic pain: complex regional painsyndrome and other neuropathicconditions.

Calderón E1, Calderón-Seoane ME2, García-Hernández R1, Torres LM1.

  • 1Pain Unit, Anesthesiology Department, Puerta del Mar University Hospital.
  • 2Health Center North-Algeciras, Cadiz, Spain.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-10-30 11:47 | 複合性局所疼痛症候群

複合性局所疼痛症候群における中枢性疼痛

方法:160人の CRPS患者の横断的解析を新しい患者を評価する際に痛み、負の気分、機能の有効な計測方法を用いて行った。The 2011 FibromyalgiaSurvey Criteriawidespreadbody painおよび併存症状 (例えばtrouble thinking,頭痛)の有効な自己報告の計測方法. 計測はcentralizedpain symptoms(中枢性疼痛症状)の代理として使用. 単変量解析および多変量線形回帰モデルを用いて患者の特徴CRPSの期間の関連を評価した。結果:コホートを出来事の発生からの期間に基づき三分位に分け (<12か月; 1-3;>3)単変量比較. 痛み、気分、および機能のその他の計測とは異なり、FM疫学点数は有意に症状の期間と関連。年齢と性別で補正した多変量モデルでは, 誘発する出来事からの1年ごとに、FM疫学点数は0.28増加する(Est0.28; 95%信頼区間, 0.11-0.46;P = 0.002). この所見は自己報告のCRPS症状の広がりとは異なっており、それは誘発する出来事からの時間に基づいたものとは異なる。まとめ:我々の所見によると、罹病期間の長いCRPS患者はcentralized painを示す症状を報告しやすい. このデータは、罹病期間の長いCRPS患者はなぜ末梢に焦点を当てた治療に反応しないのかの説明になるかも。

Reg Anesth Pain Med. 2016 Oct11. [Epub ahead of print]

Time Since Inciting Event Is Associated WithHigher Centralized Pain Symptoms in Patients Diagnosed With Complex RegionalPain Syndrome.

GolmirzaieG1, HollandLS,Moser SE, Rastogi M, HassettAL,BrummettCM.

  • 1From the Division of Pain Medicine and the Back and Pain Center, Department of Anesthesiology, University of Michigan, Ann Arbor, MI.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-10-24 21:04 | 複合性局所疼痛症候群

複合性局所疼痛症候群にビスフォスフォネートスフォネートが有効な患者の予測


方法:これは過去5年間に我々のリウマチ3次ケアセンターに紹介された患者の後ろ向き解析であり, 全員all fulfilling the Budapest CRPS-I 診断基準を満たし3つの異なるbisphosphonate で治療(clodronate, pamidronate, and neridronate). 各患者ごとに, 人口統計的および臨床的変数を取り出し後ろ向きに解析した。ロジスティック回帰解析を用いて、患者の治療成績に独立して影響する変数を同定。調査目的で, 用いた異なるbisphosphonate 治療を比較。結果:本解析に含まれる194 人の患者のうち,全般的な反応率は71.6%. ロジスティック回帰解析によると、治療効果の独立した予測的な変数は疾患の期間 (odds ratio [OR] = 0.83, 95% 信頼区間 [CI] = 0.72-0.96 1か月間での増加), 素因となる出来事としての骨折 (OR = 3.23, 95% CI = 1.29-8.03), および"暖かい" 疾患のサブタイプ(OR = 4.88, 95% CI = 1.57-15.20). 発症時年齢、性別、および疾患の局在と共に解析すると、これらの変数は反応性のオッズに影響する。3つの異なるbisphosphonateの間では治療効果には有意差はない。まとめ:早期の疾患、素因の出来事としての骨折、および「暖かい」疾患のサブタイプは、CRPS-I患者におけるbisphosphonate治療の反応性の予測因子。
Pain Med. 2016 Sep 20. pii: pnw207. [Epub ahead of print]
Predictors of Responsiveness to Bisphosphonate Treatment in Patients with Complex Regional Pain Syndrome Type I: A Retrospective Chart Analysis.
Varenna M1, Manara M2, Rovelli F2, Zucchi F2, Sinigaglia L2.
•1*Department of Rheumatology, Gaetano Pini Institute, Milan, Italy varenna@gpini.it.
•2*Department of Rheumatology, Gaetano Pini Institute, Milan, Italy.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-10-02 16:31 | 複合性局所疼痛症候群

複合性局所疼痛症候群に対する高圧酸素療法

15回の高圧酸素療法(Hyperbaric oxygen therapyHBOT)を受けた外傷後CRPS type 2患者。左足関節骨折後に左足のCRPSになり1年経過した41歳男性が、3週間のHBOT後に下肢の痛みが軽減し、腫脹が低下し、アロジニアが軽減し、皮膚の色調と可動域が改善した。患者は1年後に復職した。HBOTは長期間のCRPSの治療に価値のある治療と見なされるかも。

Pain ResManag. 2016;2016:3458371. doi: 10.1155/2016/3458371. Epub 2016Mar 30.

Successful Treatment of Lower Limb Complex RegionalPain Syndrome following Three Weeks of Hyperbaric Oxygen Therapy.

KatznelsonR1, Segal SC2, Clarke H2.

  • 1Department of Anesthesia and Pain Management, Toronto General Hospital, University Health Network, Toronto, ON, Canada M5G 2C4; Division of Hyperbaric Medicine, Toronto General Hospital, Toronto, ON, Canada M5G 2C4.
  • 2Department of Anesthesia and Pain Management, Toronto General Hospital, University Health Network, Toronto, ON, Canada M5G 2C4.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-08-03 21:33 | 複合性局所疼痛症候群

複合性局所疼痛症候群の治療の実際

CRPS type 1 。方法:Doury's基準を満たしたCRPSを疑われた18歳以上の108人の後ろ向き、前向、記述的観察研究. 人口統計的データ、臨床的な特徴、合併症、以前に存在した状態、および外傷や骨折のような誘因を調べた。検査データ、一連の単純レントゲン、technetium99を用いた3相性骨シンチ、骨密度、薬物治療、リハビリテーションおよび疾患の経過を評価。 結果:108人中89%が女性であり、平均年齢は54.8±12.4. 症状発生から医師を最初に受診するまでの期間は3.1か月。最も多い誘因は外傷 (91.7%). 最も頻繁な精神的な要因は不安 (42.6%). 全患者が痛みを報告し、99.07%の患者には可動性障害あり. 最も多い罹患部位は手 (75%; 81/108 patients)次いで肩手症候群の肩. 全患者は一連のレントゲンを撮っており、変化は93.5%で見られた.3相性骨シンチを受けた患者32人全員で疾患のエビデンスあり。骨密度検査は54人の患者(50%)で行われた。全患者はNSAIDで治療され、主にdiclofenac(60%). カルシウム治療が106人の患者(98.2%)で開始され、vitaminD3治療が97.2%で開始された.全患者がbisphosphonatesを摂取し, 主にalendronateibandronate (各々67.6% and 27.8%,).36人の患者 (33.3%)corticosteroids摂取.評価した全患者は作業療法を含むリハビリを受けた。回復までの平均期間は6.31 か月(範囲,4-24). 結果は、患者の88.9%で満足できるものであった。まとめ:その他の感染や炎症状態を含む鑑別診断を受け、早期治療が可能になる早期紹介の重要性を指摘。

Reumatol Clin. 2016 Apr 28. pii:S1699-258X(16)30009-2. doi: 10.1016/j.reuma.2016.03.015. [Epub ahead of print]

Complex regional painsyndrome type 1: Analysis of 108 patients.

[Article in English, Spanish]

Pendón G1, Salas A2, García M2, Pereira D3.

  • 1Hospital Zonal Ricardo Gutiérrez de La Plata, La Plata, Buenos Aires, Argentina. Electronic address: giselapendon@gmail.com.ar.
  • 2Hospital Interzonal San Martín de La Plata, La Plata, Buenos Aires, Argentina.
  • 3Hospital Zonal Ricardo Gutiérrez de La Plata, La Plata, Buenos Aires, Argentina.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-05-09 19:57 | 複合性局所疼痛症候群

手関節、足関節骨折後の持続痛(CRPS発生率は4%)

方法:デンマークのHvidovre andOdense University Hospitals2013415日から2014415日までに足関節又は手関節の一次的手術を受けた全患者をthe Danish Fracture Databaseから同定. 痛みの特徴に関するアンケートを一次的手術の1年後に患者に送った。結果:328人の患者から返事があり, そのうち18.9%は、日常活動をmuch又はvery much阻害してしまうレベルの毎日又は定常的な痛みで定義された、持続的な術後痛を経験し, 42.8%は神経障害性疼痛を示唆する症状を報告し、4.0%は患者が報告したCRPSの研究基準を満たした。

Br JAnaesth. 2016 May;116(5):655-61. doi: 10.1093/bja/aew069.

Persistent pain is common 1 year after ankleand wrist fracture surgery: a register-based questionnaire study.

Friesgaard KD1, Gromov K2, Knudsen LF3, Brix M4, Troelsen A2, Nikolajsen L5.

  • 1Danish Pain Research Center, Department of Clinical Medicine, Aarhus University, Noerrebrogade 44, Building 1A, Aarhus 8000, Denmark Department of Anaesthesiology, Aarhus University Hospital, Aarhus, Denmark k.friesgaard@clin.au.dk.
  • 2Department of Orthopaedic Surgery, Copenhagen University Hospital Hvidovre, Copenhagen, Denmark.
  • 3Danish Pain Research Center, Department of Clinical Medicine, Aarhus University, Noerrebrogade 44, Building 1A, Aarhus 8000, Denmark.
  • 4Department of Orthopaedic Surgery, Odense University Hospital, Odense C, Denmark.
  • 5Danish Pain Research Center, Department of Clinical Medicine, Aarhus University, Noerrebrogade 44, Building 1A, Aarhus 8000, Denmark Department of Anaesthesiology, Aarhus University Hospital, Aarhus, Denmark.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-04-26 22:07 | 複合性局所疼痛症候群

足と足関節骨折後の複合性局所疼痛症候群の発生率

方法:メルボルンの2つの大都市の病院で単純レントゲンで足又は足関節の骨折と診断された患者での前向き研究.患者を有効なIIASP Budapest基準を用いて受傷3か月後電話で選別. 選別基準を満たす患者は、Budapest基準の臨床的な症状を評価するために、痛みの専門家が診察.結果: 306人の患者を含めた。110人の患者がCRPSの少なくとも1つの自覚症状を報告;しかし,3人のみが臨床検査を必要とする最小限の必要条件を満たしていた。3人のうち、1人のみが有効なBudapest基準に従った診断を陽性とする主観症状と他覚所見の組み合わせを満たした。本研究における足と足関節の骨折後のCRPSの発生率は0.3%. この発生率は以前報告されたそれよりは低い。

Pain Med. 2016 Apr 10. pii: pnw055. [Epub ahead ofprint]

Incidence of Complex Regional Pain SyndromeI Following Foot and Ankle Fractures Using the Budapest Criteria.

Bullen M1, Lang C2, Tran P3.

  • 1*Western Health Department of Orthopaedics, Melbourne, Victoria michael.bullen@wh.org.au.
  • 2Western Health Department of Anaesthesia and Pain Medicine, Melbourne, Victoria.
  • 3Western Health Head of Department of Orthopaedics, Melbourne, Victoria, Australia.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-04-13 18:31 | 複合性局所疼痛症候群

複合性局所疼痛症候群における患側が暖かい症例と冷たい症例の差

warm CRPSとは患側が健側よりも暖かいCRPS。cold CRPSはその逆。

ベースラインが152人であり3か月の経過観察の時が112人の臨床的CRPS患者の他覚所見と自覚症状を評価するために、標準的な方法により国際的な、多施設研究を行った. 自動クラスター選択を用いた2段階のクラスター分析は2つのクラスターの解決が最適と同定. 結果によると、Warm CRPS 患者クラスターは暖かい、発赤した、浮腫状の、 汗まみれの肢で特徴付けられCold CRPS患者のクラスタ―は冷たい、青白い、浮腫のない肢で特徴付けられる。痛みの期間の中央値はWarm CRPS(4.7か月)の方がCold CRPS subtype (20か月)より有意に短く(p<.001),痛みの強さは同等.誘導された全炎症点数(Total InflammatoryScore )はベースラインではWarm CRPS 群の方が(Cold CRPSに比べて)有意に増加した(p<.001) が経過観察時には有意に低下し(p<.001), 子の点数はCold CRPS 群では低下しなかった(Time X Subtype関連:p<001). Results support the existence of a Warm CRPS サブタイプは急性 (<6か月)CRPS患者に一般的であり, 慢性CRPS に最も多いColdCRPSサブタイプは比較的少ない. 臨床的な特徴のパターンは、炎症機序がWarm CRPSサブタイプに最も寄与するが,その機序は受傷後の最初の年にかなり減じることを示す。

Pain. 2016 Mar 25. [Epub ahead of print]

Complex regional painsyndrome (CRPS): evidence for warm and cold subtypes in a largeprospective clinical sample.

Bruehl S1, Maihöfner C, Stanton-Hicks M, Perez RS, Vatine JJ, Brunner F, Birklein F, Schlereth T, Mackey S, Mailis-Gagnon A, Livshitz A, Harden RN.

  • 11Vanderbilt University School of Medicine, Nashville, TN, USA 2Department of Neurology, General Fürth Hospital, Fürth, Germany 3Cleveland Clinic, Cleveland, OH, USA 4VU University Medical Center and EMGO+ Institute for Health and Care Research, Amsterdam, The Netherlands 5Reuth Rehabilitation Hospital, Sackler Faculty of Medicine, Tel Aviv University, Tel Aviv, Israel 6Department of Physical Medicine and Rheumatology, Balgrist University Hospital, Zurich, Switzerland 7University Medical Center Mainz , Department of Neurology, Mainz, Germany 8Stanford University Medical Center, Stanford, CA, USA 9University of Toronto, Toronto, Canada 10Northwestern University School of Medicine, Chicago, IL, USA.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-04-03 11:17 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line