カテゴリ:複合性局所疼痛症候群( 127 )


複合性局所疼痛症候群の総説


CRPSの診断は臨床的および病態生理学は小線維軸索変性症, microvasculopathy, 炎症, および脳の可塑性/過敏化の組み合わせ. 女性が罹患する危険性が高く、労働災害はよく知られた原因。血液―神経バリアへの障害によって多分促進される、炎症および免疫不全,が寄与するのかも. 大部分の患者、特に若年者、は徐々に回復するが、治療は治癒を促進しうる.効果のエビデンスは理学療法(例えばgraded-motor imagery), 神経障害性疼痛の薬および脊髄、障害された神経、運動皮質の電気刺激で最も強い. 研究中の治療はケタミン、botulinum toxin, 免疫グロブリン、経頭蓋neuromodulation. 回復しない患者は神経手術的に治療可能な病変(神経の圧迫、インピンジメント、感染、または腫瘍)かどうか、polyneuropathyや循環障害を含む治療可能な医療状態かどうか再評価されるべき。CRPSは詐病又は心因性疾患を示すという初期の印象は、生物学的に影響されやすい人の肢外傷のまれな合併症というエビデンスで置き換えられた。
Handb Clin Neurol. 2015;131:481-503. doi: 10.1016/B978-0-444-62627-1.00026-3.
The complex regional pain syndrome.
Oaklander AL1, Horowitz SH2.
•1Department of Neurology, Massachusetts General Hospital, Boston, MA, USA; Department of Pathology (Neuropathology), Massachusetts General Hospital, Boston, MA, USA. Electronic address: aloaklander@mgh.harvard.edu.
•2Department of Neurology, Massachusetts General Hospital, Boston, MA, USA; Department of Neurology, School of Medicine, Tufts University, Boston, MA, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-11-23 22:29 | 複合性局所疼痛症候群

複合性局所疼痛症候群の治療成績


方法:最近発症した(12か月未満)59人のCRPS-1患者を前向きに1年間経過観察し、その間に治療を受けた。ベースライン、6か月12か月の時点で以下を計測: CRPS 強度点数 (CRPSの自覚症状と他覚所見), 痛み、障害、就労状況と精神的な機能。結果:解析によると、CRPSのほとんどすべての他覚所見や自覚症状は1年間で有意に減少した。症状の強度の減少は臨床的に意味があり、最初の6か月で最も軽減し、その後プラトーになる。 しかし、1年ではほぼ2/3の患者がCRPSのthe IASP-Orlando基準を満たし1/4の患者がCRPSのthe Budapest 研究基準を満たした。5.4%の患者のみが、12か月の時点で症状がなかった。まとめ:過去の報告より悪い。
Eur J Pain. 2015 Nov 2. doi: 10.1002/ejp.813. [Epub ahead of print]
Extent of recovery in the first 12 months of complex regional pain syndrome type-1: A prospective study.
Bean DJ1,2, Johnson MH2, Heiss-Dunlop W3, Kydd RR2.
•1The Auckland Regional Pain Service (TARPS), Auckland District Health Board, New Zealand.
•2Department of Psychological Medicine, The University of Auckland, New Zealand.
•3Auckland Regional Plastic Reconstructive and Hand Surgery Service, Counties Manukau District Health Board, New Zealand.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-11-08 01:38 | 複合性局所疼痛症候群

複合性局所疼痛症候群に対する脊髄電気刺激により脊髄圧迫が生じた症例


症例:左腕の外傷後CRPS に3年間かかっていた59歳女性が脊髄電気刺激(spinal cord stimulation:SCS)により治療を受け、 C3-C5の硬膜外腔にpaddle leadの埋め込みを行った. 7年後、彼女は脊椎と両下肢に沿った進行性paresthesia、両下肢の筋力低下の感覚を伴った歩行運動失調, 両下肢の筋トーヌスと腱反射の増加、刺激効果の低下を報告。頸部CTは、リードの後方の頸部脊柱への組織の塊を示した. この所見はリードの摘出後にMRによって確かめられたthat also allowed to document the amount of 脊髄圧迫。患者はC4-C5-C6椎弓切除を受け、厚い瘢痕は硬膜から切除された。術後、神経所見は進行性に不完全に改善したが、algodystrophyに関連した症状は部分的に再発。
J Neurosurg Sci. 2015 Oct 2. [Epub ahead of print]
Cervical spinal cord compression from delayed epidural scar tissue formation around plate lead for SCS. Case report and literature review.
Guzzi G1, De Rose M, Volpentesta G, Della Torre A, Lavano F, Lavano A.
•1Department of Neurosurgery, University "Magna Graecia", Campus "S. Venuta",Catanzaro, Italy - lavano@unicz.it.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-10-06 22:27 | 複合性局所疼痛症候群

小児の複合性局所疼痛症候群の治療成績


方法:2004年から2012年までCRPS Iと診断された患者の医療記録を解析. the PEDS Quality of Life 4-0アンケートを含む電話インタビューを患者とその親に行った. 結果を年齢、性別、社会経済的状態をマッチさせた対照群と比較。結果:73人の患者を含む(64人の少女, 9 人の少年). 診断時の平均年齢は11.歳であり、診断までの平均期間は14.2か月。症例の89%は下肢の罹患. Allodynia, coldness およびチアノーゼは各々症例の95%, 81% および74%で見られた. 49%の患者は身体的外傷を報告。多変量解析によると、不安であること (OR = 44.9, 95% CI [7.4-273]),アトピーの背景があること(OR = 25.0, 95% CI: [4.6-135]), 良好―素晴らしい学業成績であること(OR = 8.4 95% CI [1.3-52.1]), および入眠障害があること(OR = 5.3, 95% CI [1.6-17.0])と強い関連がある. 平均37か月の経過観察時 (12-102), PEDS QL 4-0点数はCRPS患者の方が対照群よりも有意に低い. 患者の57%は治癒を認識しており、55%は再発。まとめ:子供時代のCRPS Iの発症は主に思春期直前の少女、足関節に起こる。この結果は比較的悪い結果を強調し、特にその身体的および精神側面および心理の大きな役割を強調。
Orthop Traumatol Surg Res. 2015 Sep 7. pii: S1877-0568(15)00167-X. doi: 10.1016/j.otsr.2015.06.013. [Epub ahead of print]
Complex regional pain syndrome type I in children. Clinical description and quality of life.
Bayle-Iniguez X1, Audouin-Pajot C1, Sales de Gauzy J1, Munzer C1, Murgier J1, Accadbled F2.
•1Service d'orthopédie, hôpital des Enfants, CHU de Toulouse, 330, avenue de Grande-Bretagne, 31059 Toulouse, France.
•2Service d'orthopédie, hôpital des Enfants, CHU de Toulouse, 330, avenue de Grande-Bretagne, 31059 Toulouse, France. Electronic address: faccadbled@wanadoo.fr.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-22 19:23 | 複合性局所疼痛症候群

小児の複合性局所疼痛症候群


方法:2004年から2012年までCRPS Iと診断された患者の医療記録を解析. the PEDS Quality of Life 4-0アンケートを含む電話インタビューを患者とその親に行った. 結果を年齢、性別、社会経済的状態をマッチさせた対照群と比較。結果:73人の患者を含む(64人の少女, 9 人の少年). 診断時の平均年齢は11.歳であり、診断までの平均期間は14.2か月。症例の89%は下肢の罹患. Allodynia, coldness およびチアノーゼは各々症例の95%, 81% および74%で見られた. 49%の患者は身体的外傷を報告。多変量解析によると、不安であること (OR = 44.9, 95% CI [7.4-273]),アトピーの背景があること(OR = 25.0, 95% CI: [4.6-135]), 良好―素晴らしい学業成績であること(OR = 8.4 95% CI [1.3-52.1]), および入眠障害があること(OR = 5.3, 95% CI [1.6-17.0])と強い関連がある. 平均37か月の経過観察時 (12-102), PEDS QL 4-0点数はCRPS患者の方が対照群よりも有意に低い. 患者の57%は治癒を認識しており、55%は再発。まとめ:子供時代のCRPS Iの発症は主に思春期直前の少女、足関節に起こる。この結果は比較的悪い結果を強調し、特にその身体的および精神側面および心理の大きな役割を強調。
Orthop Traumatol Surg Res. 2015 Sep 7. pii: S1877-0568(15)00167-X. doi: 10.1016/j.otsr.2015.06.013. [Epub ahead of print]
Complex regional pain syndrome type I in children. Clinical description and quality of life.
Bayle-Iniguez X1, Audouin-Pajot C1, Sales de Gauzy J1, Munzer C1, Murgier J1, Accadbled F2.
•1Service d'orthopédie, hôpital des Enfants, CHU de Toulouse, 330, avenue de Grande-Bretagne, 31059 Toulouse, France.
•2Service d'orthopédie, hôpital des Enfants, CHU de Toulouse, 330, avenue de Grande-Bretagne, 31059 Toulouse, France. Electronic address: faccadbled@wanadoo.fr.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-14 17:07 | 複合性局所疼痛症候群

複合性局所疼痛症候群と神経障害性疼痛の筋肉エコー所見の違い


神経障害性疼痛に罹患した7人の患者の肢の筋肉とCRPS-1の7人の患者の罹患した肢の筋肉のエコーの比較。2つの状態の区別の所見。CRPSの筋肉の筋骨格超音波検査の特徴は変化するor/and全体的な筋肉内の構造的な崩壊と筋肉量の喪失. お互いに癒着した隣接した筋肉は均一なエコー輝度の高い組織の塊を示す。筋肉の浮腫は数人で見られた.これに対して, 神経障害性疼痛に罹患した筋肉の筋骨格超音波検査(Musculoskeletal ultrasonography:MSK USG) は構造的な正常を示すが筋肉量はかなり減少. 筋骨格超音波検査は、臨床的診断基準のみが診断の手助けになるこの2つの状態を区別する診断方法として有望。
Pain Pract. 2015 Aug 26. doi: 10.1111/papr.12338. [Epub ahead of print]
Musculoskeletal Ultrasonography to Distinguish Muscle Changes in Complex Regional Pain Syndrome Type 1 from Those of Neuropathic Pain: An Observational Study.
Vas L1, Pai R1.
•1Interventional Pain Medicine, Ashirvad Institute for Pain Management and Research, Mumbai, India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-30 13:20 | 複合性局所疼痛症候群

ビタミンがCRPSを予防するかどうか不明瞭:系統的総説

1つの無作為振り分け対照研究を含む4つの直接研究を基にした2つの系統的総説を見つけた。エビデンスの確かさがとても低いためvitamin CがCRPSを予防するかどうかは不明瞭という結論。
Medwave. 2015 Jul 29;15(Suppl 1):e6184. doi: 10.5867/medwave.2015.6184.
Does vitamin C prevent the occurrence of complex regional pain syndrome in patients with extremity trauma requiring surgery?
[Article in English, Spanish]
Cabrolier J1, Molina M2.
•1Pontificia Universidad Católica de Chile, Santiago, Chile; Proyecto Epistemonikos. Address: Facultad de Medicina, Pontificia Universidad Católica de Chile, Lira 63, Santiago Centro, Chile. Email: mmolinas@med.pu.cl.
•2Departamento de Traumatología y Ortopedia, Facultad de Medicina, Pontificia Universidad Católica de Chile, Santiago, Chile; Proyecto Epistemonikos.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-12 19:12 | 複合性局所疼痛症候群

ビタミンCはCRPSを予防しない(メタ解析)


ビタミンCは橈骨遠位端骨折患者のCRPSを予防するかどうかのメタ解析。2014年9月6日まで。選択基準:vitamin Cを偽薬と比較した対照研究を含んだ。患者の年齢、性別、骨折の程度、又は骨折治療に基づいて除外はせず。χ testおよび I statisticを用いて異質性を定量化。ランダム効果モデルを用いて結果を統合。 結果:橈骨遠位端骨折患者の3つの研究(n = 890)では, vitamin CはCRPSの危険性を減らさず (risk ratio = 0.45; 95% confidence interval, 0.18-1.13; I = 70%). 異質性は診断基準で説明できるが、vitamin Cの使用方法又は骨折治療では説明できない。まとめ:橈骨遠位端骨折患者でCRPSを予防するビタミンCのエビデンスでは有意な効果を示せず。エビデンスの全般的な質は低く、これらの結果は臨床的な見解と患者の好みの絡みで解釈すべき。非治
Orthop Trauma. 2015 Aug;29(8):e235-e241.
Vitamin C to Prevent Complex Regional Pain Syndrome in Patients With Distal Radius Fractures: A Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials.
Evaniew N1, McCarthy C, Kleinlugtenbelt YV, Ghert M, Bhandari M.
•1Division of Orthopaedics, Department of Surgery, McMaster University, Hamilton, Ontario, Canada.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-27 19:13 | 複合性局所疼痛症候群

CRPSでは本当に無視症状があるのかプリズムは有効であるのか


PubMed database を用いて、CRPSにおける無視様症状に関するpeer-reviewedの論文を探し、CRPSにおけるプリズムの使用を調べた。結果:CRPS患者は無視症状を呈するのか、そしてもしそうであれば何を無視するのかは未だに合意が得られていない。 さらに、 プリズム適応(Prism adaptation:PA)が CRPS の症状に効果があるのかどうかに関しては不十分なデータしかない。最後に, 無視はその他のタイプの片側性の痛みにおいて観察されるのか、あるいは、PAはこれらの患者に有用なのかどうかは不明である。
Eur J Pain. 2015 Jun 11. doi: 10.1002/ejp.723. [Epub ahead of print]
Prisms for pain. Can visuo-motor rehabilitation strategies alleviate chronic pain?
Torta DM1, Legrain V1, Rossetti Y2,3, Mouraux A1.
•1Institute of Neuroscience, Université catholique de Louvain, Brussels, Belgium.
•2Centre de Recherche en Neuroscience de Lyon (CRNL), ImpAct Team, Bron, France.
•3Hospices Civils de Lyon, Service de Rééducation Neurologique; Plate-forme Mouvement et Handicap, Hôpital Henry Gabrielle, Saint Genis Laval, France.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-29 18:52 | 複合性局所疼痛症候群

子宮頸癌ワクチンと複合性局所疼痛症候群

CRPSなど
外見的には、明瞭でない副反応が新しいワクチンvs. ヒトパピロ-マウイルス(human papillomavirus:HPV)の注射後に見られる。症状はしばしばparesthesiasを含む慢性痛、頭痛、疲労、および起立不耐性。副反応はHPVワクチン後がその他のタイプの予防接種よりも高頻度の様だ. 異なる孤立した症例や少ないseriesはHPVワクチン後の CRPS, 姿勢性起立性頻脈症候群(postural orthostatic tachycardia syndrome:POTS),およびFMを報告。これらは診断が困難で臨床症状が重なる疾患。交感神経系の機能不全はこれらの症候群の原因に需要な役割。細い線維のneuropathyはCRPS, POTS,およびFMで最近認識された。この論文では、細い線維のneuropathyおよび自律神経障害はHPVワクチン後のまれではあるが重症の反応群の共通の原因かもしれないという仮説を勧める。医師は、HPVワクチンと診断の困難な有痛性の自律神経障害症候群の進展の間には可能性のある関連があることを知るべき。

Clin Rheumatol. 2015 May 20. [Epub ahead of print]
Hypothesis: Human papillomavirus vaccination syndrome-small fiber neuropathy and dysautonomia could be its underlying pathogenesis.1請求
Martínez-Lavín M1.
•1Rheumatology Department, Instituto Nacional de Cardiología Ignacio Chávez, Juan Badiano 1, 14080, Mexico City, Mexico, drmartinezlavin@gmail.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-05-26 12:37 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line