カテゴリ:複合性局所疼痛症候群( 124 )


複合性局所疼痛症候群における自己抗体


血清を検査した82人のCRPS患者のうち27人(33%) は抗核抗体(antinuclear antibodies:ANA) 検査陽g性。この有病率は一般人口よりも有意に高い。6人の患者(7.3%)は典型的な抗神経抗体が陽性。しかし、この割合は一般人口からははずれていない。我々の所見によると、自己抗体は少なくとも患者の一群ではCRPSの原因に関連しているかも。
Mediators Inflamm. 2015;2015:718201. doi: 10.1155/2015/718201. Epub 2015 Feb 8.
The prevalence of autoantibodies in complex regional pain syndrome type I.論文あり
Dirckx M1, Schreurs MW2, de Mos M1, Stronks DL1, Huygen FJ1.
•1Center for Pain Medicine, Erasmus MC, University Medical Center, Postbus 2040, 3000 CA Rotterdam, Netherlands.
•2Department of Immunology, Erasmus MC, University Medical Center, Postbus 2040, 3000 CA Rotterdam, Netherlands.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-09 18:41 | 複合性局所疼痛症候群

ビタミンCの術後痛とCRPS予防効果:系統的総説とメタ解析


方法:2014年4月までに出版された文献の系統的総説. 関連性のある研究の参考文献を調べた. 結果の妥当性を独立して検査し, and full-text 研究の適格性を評価. a modified Newcastle-Ottawa Scaleを用いて報告の質を評価.結果: 710の研究を調べ, そのうち13 の研究を対象にした: 7つは術後痛の研究であり、6つはCRPS Iの研究。最終的な解析では, 一つの関連のある研究では、術前vitamin C摂取後は術後モルヒネ使用量が減少し, vitamin C群と対照群で術後痛の結果には有意差がない. 3つの適切な CRPS I 研究のメタ解析によると、周術期のvitamin C 補給後は術後CRPS I の発生は減少した(relative risk (RR)=2.25; tau=0)。考察:中等度のレベルのエビデンスは術後モルヒネ消費を減らすための補助としての術前の2 g のvitamin C の使用を支持し, 高いレベルのエビデンスは、周術期の1日1gの50日間のvitamin C 補給は四肢手術後の CRPS I を予防することを支持する。
Clin J Pain. 2015 Feb 4. [Epub ahead of print]
Effect of Perioperative Vitamin C Supplementation on Postoperative Pain and the Incidence of Chronic Regional Pain Syndrome: A Systematic Review and Meta-analysis.
Chen S1, Roffey DM, Dion CA, Arab A, Wai EK.
•1*University of Ottawa Spine Program, The Ottawa Hospital, Ottawa, ON, Canada †Division of Neurosurgery, The Ottawa Hospital, Ottawa, ON, Canada ‡Clinical Epidemiology Program, Ottawa Hospital Research Institute, Ottawa, ON, Canada §Faculty of Medicine, University of Ottawa, Ottawa, ON, Canada ∥Division of Orthopaedic Surgery, The Ottawa Hospital, Ottawa, ON, Canada.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-08 22:18 | 複合性局所疼痛症候群

CRPSに対するケタミンの効果の系統的総説


CRPSに対するケタミンの効果の系統的総説。結果:262の論文を調べ, そのうち45の論文が包含/除外基準を満たす。そのうち6つは総説, 5つは無作為振り分け偽薬対照研究, 1は観察研究, そして21は症例報告。まとめ:There is no high quality evidence available evaluating the efficacy of ketamine のCRPSに対する効果を評価する質の高いエビデンスはなくこの総説で調べたすべての論文は中等度から低い質。そのため、現時点で葉弱いエビデンスのみがketamine のCRPSに対する効果を支持する.
Pain Med. 2015 Jan 13. doi: 10.1111/pme.12675. [Epub ahead of print]
A Systematic Review of Ketamine for Complex Regional Pain Syndrome.
Connolly SB1, Prager JP, R Norman H.

•1Center for the Rehabilitation Pain Syndromes (CRPS) at, UCLA Medical Plaza, Los Angeles, California, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-01-18 22:27 | 複合性局所疼痛症候群

CRPS治療による脳の変化


23人の患者(13人は女性, 9 人は男性;平均年齢 ± SD = 13.3 ± 2.5 歳)および年齢性別をマッチさせた21人の健常対照群がMRIを受けた。対照群と比較して、患者は一次運動野、前運動皮質, 補足運動野, midcingulate皮質, 眼窩前頭皮質, 背外側前頭前皮質(dorsolateral prefrontal cortex:dlPFC), 後帯状皮質, 楔前部, 大脳基底核, 視床および海馬の灰白質(Gray matter: GM)が減少. 治療後, 患者はthe dlPFC, 視床, 大脳基底核, へんとう(体),および海馬のGMが増加し, dlPFC と中脳水道周囲灰白質の間の機能的結合(functional connectivity:FC) が増強する、二つの部位は下降性疼痛調節を含む.その結果, 我々の結果は子供のCRPSにおいて感覚、運動、情動、認知および痛み調節部位のGMに異常があるという、新しいエビデンスを提供する.さらに, これが急速な治療が誘発した、感覚、情動、および痛み調節の部位のGM とFC の変化を示した初めての研究.
Brain Struct Funct. 2014 Dec 17. [Epub ahead of print]
Rapid treatment-induced brain changes in pediatric CRPS.1請求
Erpelding N1, Simons L, Lebel A, Serrano P, Pielech M, Prabhu S, Becerra L, Borsook D.
•1P.A.I.N. Group, Boston Children's Hospital, Center for Pain and the Brain, 9 Hope Avenue, Waltham, MA, 02453, USA, nathalie.erpelding@gmail.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-23 12:45 | 複合性局所疼痛症候群

橈骨遠位端骨折におけるCRPS発症予防におけるビタミンCの効果のメタ解析


橈骨遠位端骨折におけるCRPS発症予防におけるビタミンCの効果のメタ解析。結果:データベースから220の論文を見つける. 重なった論文、関係のない論文、letter to editor や総説を除くと4つの論文が主題に関連。CRPS発生のメタ解析によると CRPSの発生は vitamin C 群では有意に低い[RD 0.41 (0.19-0.92), P = 0.03]. 研究の異質性は中等度から強度I 2 = 63 %).
Eur J Orthop Surg Traumatol. 2014 Dec 9. [Epub ahead of print]
Role of vitamin C in prevention of complex regional pain syndrome after distal radius fractures: a meta-analysis.
Meena S1, Sharma P, Gangary SK, Chowdhury B.
•1Department of Orthopaedics, All India Institute of Medical Sciences, Ansari Nagar, New Delhi, 110029, India, sanjaymeena@hotmail.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-17 20:30 | 複合性局所疼痛症候群

長期CRPSにおける偽薬反応:系統的総説とメタ解析


6か月以上のCRPS患者での無作為振り分け対照研究(randomised controlled trial:RCT)の系統的総説とメタ解析。1966年から2013年9月までに出版された適切なRCTsを系統的に見つける。偽薬効果のmean differenceおよびそのSDを計算し4つの特異的な期間で個々の効果の大きさを統合し(15-30分, 1週間, 3-4週間,そして6週間以上) inverse-varianceの方法によりメタ解析を行う. the I2 statisticにより異質性を評価. 一次的な解析で、4つの期間での治療特異的な効果の大きさを統合. 20 の研究の361人から可能な18の研究の340人のデータを解析(参加者の94%を解析). 研究により著しい異質性あり; 偽薬効果は治療早期では著しい(15-30分). その他の期間には偽薬効果には有意なエビデンスはない. これらの結果は将来の研究デザインに有用な情報を与え、長期間のCRPSに偽薬の「治療的」使用には注意を与える。
J Pain. 2014 Dec 2. pii: S1526-5900(14)01027-X. doi: 10.1016/j.jpain.2014.11.008. [Epub ahead of print]
Placebo responses in longstanding Complex Regional Pain Syndrome: a systematic review and meta-analysis.
Mbizvo GK1, Nolan SJ2, Nurmikko TJ3, Goebel A4.
•1Pain Research Institute, Department of Translational Medicine, University of Liverpool, Liverpool, UK. Electronic address: gashiraimbizvo@hotmail.com
•2Department of Biostatistics, University of Liverpool, UK. Electronic address: sjn16@liverpool.ac.uk.
•3Pain Research Institute, Department of Translational Medicine, University of Liverpool, Liverpool, UK; Department of Pain Medicine, Walton Centre NHS Foundation Trust, Liverpool, UK. Electronic address: tjn@liverpool.ac.uk.
•4Pain Research Institute, Department of Translational Medicine, University of Liverpool, Liverpool, UK; Department of Pain Medicine, Walton Centre NHS Foundation Trust, Liverpool, UK. Electronic address: gashiraimbizvo@hotmail.com.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-09 21:35 | 複合性局所疼痛症候群

長期CRPSにおける偽薬反応:系統的総説とメタ解析


6か月以上のCRPS患者での無作為振り分け対照研究(randomised controlled trial:RCT)の系統的総説とメタ解析。1966年から2013年9月までに出版された適切なRCTsを系統的に見つける。偽薬効果のmean differenceおよびそのSDを計算し4つの特異的な期間で個々の効果の大きさを統合し(15-30分, 1週間, 3-4週間,そして6週間以上) inverse-varianceの方法によりメタ解析を行う. the I2 statisticにより異質性を評価. 一次的な解析で、4つの期間での治療特異的な効果の大きさを統合. 20 の研究の361人から可能な18の研究の340人のデータを解析(参加者の94%を解析). 研究により著しい異質性あり; 偽薬効果は治療早期では著しい(15-30分). その他の期間には偽薬効果には有意なエビデンスはない. これらの結果は将来の研究デザインに有用な情報を与え、長期間のCRPSに偽薬の「治療的」使用には注意を与える。
J Pain. 2014 Dec 2. pii: S1526-5900(14)01027-X. doi: 10.1016/j.jpain.2014.11.008. [Epub ahead of print]
Placebo responses in longstanding Complex Regional Pain Syndrome: a systematic review and meta-analysis.
Mbizvo GK1, Nolan SJ2, Nurmikko TJ3, Goebel A4.
•1Pain Research Institute, Department of Translational Medicine, University of Liverpool, Liverpool, UK. Electronic address: gashiraimbizvo@hotmail.com
•2Department of Biostatistics, University of Liverpool, UK. Electronic address: sjn16@liverpool.ac.uk.
•3Pain Research Institute, Department of Translational Medicine, University of Liverpool, Liverpool, UK; Department of Pain Medicine, Walton Centre NHS Foundation Trust, Liverpool, UK. Electronic address: tjn@liverpool.ac.uk.
•4Pain Research Institute, Department of Translational Medicine, University of Liverpool, Liverpool, UK; Department of Pain Medicine, Walton Centre NHS Foundation Trust, Liverpool, UK. Electronic address: gashiraimbizvo@hotmail.com.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-09 21:34 | 複合性局所疼痛症候群

CRPSにおける皮膚温の左右差と症状の関連


方法:一側の肢を罹患したCRPS患者を本研究に含めた。Budapest基準に基づいてCRPSを診断した後, the CRPS severity score (CSS) と患肢と非患肢の間の皮膚温の差(ΔT)を各患者で計測。最後に,患者のCSS, ΔTおよびVAS点数の間の相関分析を行う。結果:42人の患者。ΔT とVAS 点数の間には有意な相関はない(Spearman's rho = 0.066, P = 0.677). 同様に、CSS とVAS点数の間には有意な相関はない(Spearman's rho = 0.163, P = 0.303)。まとめ:ΔT およびCSSはCRPS患者における主観的な痛みを反映しないようである.
Korean J Pain. 2014 Oct;27(4):339-44. doi: 10.3344/kjp.2014.27.4.339. Epub 2014 Oct 1.
Do severity score and skin temperature asymmetry correlate with the subjective pain score in the patients with complex regional pain syndrome?
Jeon SG1, Choi EJ2, Lee PB2, Lee YJ3, Kim MS2, Seo JH4, Nahm FS2.
•1Department of Anesthesiology and Pain Medicine, KEPCO Medical Center, Seoul, Korea.
•2Department of Anesthesiology and Pain Medicine, Seoul National University Bundang Hospital, Seongnam, Korea.
•3Kirin Pain Clinic, Seoul, Korea.
•4Department of Anesthesiology and Pain Medicine, Seoul National University Hospital, Seoul, Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-19 17:10 | 複合性局所疼痛症候群

子宮頸がんワクチン後の複合性局所疼痛症候群


信州大学。方法:過去9か月で, 44人の少女がhuman papillomavirus (HPV) vaccine接種後に強い症状を訴えて受診。 4人は他の疾患が原因であるため除外し、40人を本研究に含める。結果:最初に接種した年齢は11 歳から17 歳, そして最初の接種からの期間の平均は5.47±5.00か月. 頻度の多い症状は頭痛、全身疲労、下肢のcoldness 、四肢の痛みと筋力低下。四肢に症状のある28人で皮膚温を測定し指の皮膚温が軽度低下し(30.4±2.6°C) 趾の皮膚温は中等度低下(27.1±3.7°C).指容積脈波によると、波の高さが低下しており、特に足趾で低下していた. 4人の肢の症状はCRPSの日本の臨床診断に適合しており,その他の14人は外国のCRPS基準に適合。 The Schellong テストにより8人が起立性低血圧(症)であり、4人が姿勢性起立性頻脈症候群。起立不耐性やCRPSの少女は共に、一過性の強い振戦と継続的な無力症を経験。検査を行った3人のうち2人では皮内神経の電子顕微鏡検査により、無髄線維の異常が認められた。まとめ:この研究で見られた異常は末梢交感神経反応の異常で説明可能。研究対象の少女の以前の診断の大部分はpsychosomatic disease(心身症、心因性の病気、心身障害). 研究対象者の社会的な問題は解決されておらず、症状の強い者は登校不能。
Intern Med. 2014;53(19):2185-200.
Peripheral sympathetic nerve dysfunction in adolescent Japanese girls following immunization with the human papillomavirus vaccine.
Kinoshita T1, Abe RT, Hineno A, Tsunekawa K, Nakane S, Ikeda S.
•1Department of Medicine (Neurology and Rheumatology), Shinshu University School of Medicine, Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-05 10:46 | 複合性局所疼痛症候群

橈骨遠位端骨折にビタミンCを投与してもCRPSを防げない


方法:遠位橈骨の急性骨折の336人の成人患者を1年間経過観察し無作為に500 mg のvitamin Cまたは偽薬を骨折後50日間投与。一次的な結果は6週時と1年時のthe DASH (Disabilities of the Arm, Shoulder and Hand)点数。二次的な結果には、合併症、手関節と指の可動域、握力とピンチ力、痛み、CRPS点数。結果:治療群間において患者の特徴や骨折の特徴には有意差はない。研究期間においてvitamin Cはthe DASH点数には有意な効果を与えず。6週の時点で, 転位していない骨折のvitamin C群の患者は有意に手関節の屈曲角度の減少(p = 0.008) ピンチ力の減少 (p = 0.020) およびCRPSの発生率が大きい (p = 0.022)が,その他のすべての時点でCRPS発生率には差がない. vitamin Cで治療を受けた転位骨折患者は26週の時点で, 合併症の率が高く (p = 0.043) 使用で痛みが大きい(p = 0.045). 骨折治癒までの時間には有意差はない。まとめ:この研究によると、vitamin Cと偽薬で治療した非転位と転位の遠位橈骨骨折において1年の時点でのDASH点数、その他の機能の結果、CRPSの発生率、骨癒合の点で有意差はない。vitamin C投与には遠位橈骨の非転位および転位骨折の患者に恩恵がない。 Level IIのエビデンス.
J Bone Joint Surg Am. 2014 Sep 3;96(17):1451-9. doi: 10.2106/JBJS.M.00268.
The influence of vitamin C on the outcome of distal radial fractures: a double-blind, randomized controlled trial.
Ekrol I1, Duckworth AD1, Ralston SH2, Court-Brown CM1, McQueen MM1.
•1Edinburgh Orthopaedic Trauma Unit, Royal Infirmary of Edinburgh, 51 Little France Crescent, Edinburgh EH16 4SU, United Kingdom. E-mail address for A.D. Duckworth: andrew.duckworth@yahoo.co.uk
•2Rheumatic Disease Unit, Institute of Genetics and Molecular Medicine, University of Edinburgh, Western General Hospital, Edinburgh EH4 2XU, United Kingdom.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-09-08 23:50 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line