カテゴリ:抗うつ薬( 121 )


SSRIによる性機能障害は薬を中止しても改善しないことがある

リビドー(性的衝動)の変化、勃起不全、膣の乾燥、射精障害、およびオーガズム障害がSSRIsで治療された患者で頻繁に報告される。SSRI 使用後性的機能不全(PSSD)に関する総説。SSRs誘発性の性機能障害は薬を中止した後も必ずしも解決せず、いくらかの患者ではindefinitely継続。SSRIsの使用により始まったいくつか又はすべての性的な副作用は薬の中止後も継続するかもしれないが, その他の性的な訴えが起きるかも。性的快感を経験する能力低下がこの症候群の最も頻繁な特徴。

Sex Med Rev. 2017 Jun19. pii: S2050-0521(17)30046-X. doi: 10.1016/j.sxmr.2017.05.002. [Epub ahead ofprint]

Sexual Consequences of Post-SSRI Syndrome.

Reisman Y1.

1

AmstellandHospital, Amstelveen, The Netherlands. Electronic address:uro.amsterdam@gmail.com.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-06-25 22:03 | 抗うつ薬

慢性腰痛症に対するサインバルタの有効性

方法:慢性腰痛症(chronic lowback painCLBP)に対してduloxetine 又は偽薬を摂取した患者の、3つの無作為振り分け、二重盲検、臨床研究のPost hocパス解析を行った。一次的な痛みの結果の計測はthe Brief PainInventory, 平均の疼痛点数. 二次的な結果の計測であるthe Beck DepressionInventory-II, は抑うつ症状の計測に用いた。ベースラインから終点までの点数の変化を各指標で調べた。パス解析を行い、duloxetineの痛みへの直接効果の寄与の割合を計算した。結果:85人の患者 (400人はduloxetineそして 451人は偽薬)をこの解析に含めた。Duloxetineは偽薬に比べると有意に疼痛点数を改善した(p<0.001).それは偽薬に比べると抑うつ点数を有意に改善した(p=0.015).パス解析によると、duloxetineの鎮痛効果の91.1%は直接の鎮痛効果であり、 8.9%はその抗うつ効果による。4週および7週で評価されたデータ、およびベースラインの疼痛点数、ベースラインの抑うつ症状点数および性別に基づき無作為にサブグループに分けた患者から得られたデータを評価しても同様の結果が得られた。{Enomoto,2017 #8184}

J Pain Res. 2017 Jun1;10:1357-1368. doi: 10.2147/JPR.S133396. eCollection 2017.

Assessment of direct analgesic effect ofduloxetine for chronic low back pain: post hoc path analysis of double-blind,placebo-controlled studies.

Enomoto H1, FujikoshiS2, Funai J3, Sasaki N4, OssipovMH5, Tsuji T6, Alev L7, Ushida T8.

1

MedicalScience, Eli Lilly Japan K.K., Tokyo.

2

StatisticalScience.

3

ScienceCommunications.

4

MedicalScience, Eli Lilly Japan K.K., Kobe, Japan.

5

ClinicalDivision, inVentiv Health, LLC, Blue Bell, PA, USA.

6

MedicalAffairs Department, Shionogi & Co., Ltd., Osaka, Japan.

7

MedicalDepartment, Lilly Turkey, Istanbul, Turkey.

8

MultidisciplinaryPain Center, Aichi Medical University, Nagakute, Aichi, Japan.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-06-19 21:29 | 抗うつ薬

妊娠中の抗うつ薬使用による新生児への副作用

方法:20051月から201012月までイタリアの Lombardy地域で、最後の月経日前9カ月から出産までの間に抗うつ薬に暴露された9825の出産を含む人口に基づいたコホート研究を行った。log-binomial回帰解析を用いて、妊娠中に抗うつ薬に暴露された母親から生まれた新生児の中で、低いApgar score、妊娠期間の短さ、子宮内低酸素症および出生時仮死、新生児痙攣、およびその他の呼吸器疾患の有病率の割合(prevalenceratioPR)を評価した。すべての可能性のある交絡因子を説明する傾向点数で細かい階層化を行った。抗うつ薬のタイプ、暴露の期間、経腟出産と満期出産の特異的なタイプに限定した感度解析およびサブグループ解析を行った。結果:女性の33.4%は妊娠中に少なくとも1つの処方。妊娠前にのみ抗うつ薬に暴露された母親から生まれた新生児に比べると、妊娠中に抗うつ薬に暴露された母親から生まれた新生児は低いApgar score(PR, 1.63, 95% CI, 1.01-2.61), 子宮内低酸素症および出生時仮死(aPR, 1.37,1.08-1.73), 新生児けいれん (aPR, 2.81,1.07-7.36), およびその他の呼吸器疾患 (aPR, 1.24,1.00-1.52)の有病率が高い。感度解析とサブグループ解析で結果は同様。

Pharmacoepidemiol Drug Saf. 2017 Jun 8.doi: 10.1002/pds.4242. [Epub ahead of print]

Use of antidepressantmedication in pregnancy and adverse neonatal outcomes: A population-basedinvestigation.

CantaruttiA1, Merlino L2, GiaquintoC3, Corrao G1.

1

Departmentof Statistics and Quantitative Methods, Division of Biostatistics, Epidemiologyand Public Health, Laboratory of Healthcare Research and Pharmacoepidemiology,University of Milano-Bicocca, Milan, Italy.

2

OperativeUnit of Territorial Health Services, Region of Lombardy, Milan, Italy.

3

Departmentof Women's and Children's Health, University of Padova, Padova, Italy.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-06-11 21:22 | 抗うつ薬

SSRIによる白内障

症例対照研究。この研究対象はT ClinicalPractice Research Datalink (CPRD)に基づく。1995年から2015年までに初めて白内障と診断された40歳以上の患者と、年齢、性別、general practice,白内障記録の日付(つまりindex date),およびindex date前のCPRDの年数をマッチさせた、同数の白内障のない患者を含んだ。方法: BMI、喫煙、高血圧、糖尿病、および全身性ステロイド使用で補正して条件付きロジスティック回帰解析を行った.関心は SSRI処方およびその他の抗うつ薬処方の数.単一のSSRI物質の相互の排他的使用を調べた.感度解析において, index date2年過去にずらし,以前緑内障の診断のない症例と対照の解析に限定。 主要な結果の計測。相対的な危険性を95% 信頼区間(CIs)を伴ったオッズ比(ORs)で推定。結果: 206 931例の白内障患者と同数のマッチさせた対照例を同定。 現在の長期間のSSRI処方(≥20処方)は白内障の危険性の増加とは関連せず (補正したOR,0.99; 95% CI, 0.94-1.03). しかし、4064歳の患者においては、長期間のSSRI使用者は非使用者に比べると白内障の危険性は有意に増加(補正したOR,1.24; 95% CI, 1.15-1.34).

Ophthalmology. 2017 May29. pii: S0161-6420(17)30289-0. doi: 10.1016/j.ophtha.2017.05.002. [Epub aheadof print]

Selective Serotonin Reuptake Inhibitors andCataract Risk: A Case-Control Analysis.

Becker C1, Jick SS2, Meier CR3.

1

BaselPharmacoepidemiology Unit, Division of Clinical Pharmacy and Epidemiology,Department of Pharmaceutical Sciences, University of Basel, Basel, Switzerland.

2

BostonCollaborative Drug Surveillance Program, Boston University School of PublicHealth, Lexington, Massachusetts.

3

BaselPharmacoepidemiology Unit, Division of Clinical Pharmacy and Epidemiology,Department of Pharmaceutical Sciences, University of Basel, Basel, Switzerland;Boston Collaborative Drug Surveillance Program, Boston University School ofPublic Health, Lexington, Massachusetts; Hospital Pharmacy, University HospitalBasel, Basel, Switzerland. Electronic address: christoph.meier@usb.ch.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-06-04 18:22 | 抗うつ薬

抗うつ薬は静脈血栓塞栓症の危険因子

The Million Women StudyEngland およびScotland. the National Health Service Breast ScreeningProgrammeから130万人の女性を集めた。集めてから3年後、 女性に抑うつと過去4週間での薬の定期使用に関する2番目のアンケートを送付。アンケートに反応し以前の静脈血栓塞栓症(venousthromboembolismVTE), , 又は最近の手術のない人を解析に含んだ。VTEの経過観察は日常的に集めたNational Health Service統計とリンクした. コックス回帰解析により、補正したハザード比と95%信頼区間を調べた. 734 092人の女性 (平均年齢59.9 )を解析した;6.9%が抗うつ薬の使用 を報告, 2.7%がその他の向精神薬の使用を報告, そして1.8%は抑うつ又は不安の治療を受けているが向精神薬を使用しないと報告.平均7.3年の経過観察で, 3922人の女性がVTEにより入院and/or死亡.抗うつ薬を使用したと報告した女性は抑うつがなく向精神薬も使用していない女性よりも有意にVTEの危険性が高い(ハザード比,1.39; 95% CI, 1.23-1.56).抑うつ又は不安の治療を受けているが抗うつ薬やその他の向精神薬を使用していない女性ではVTEの危険性は有意には増加せず (ハザード比, 1.19; 95% CI, 0.95-1.49).

J Am Heart Assoc. 2017 May17;6(5). pii: e005316. doi: 10.1161/JAHA.116.005316.

Antidepressants, Depression, and VenousThromboembolism Risk: Large Prospective Study of UK Women.

Parkin L1,2, BalkwillA3, SweetlandS3, Reeves GK3, Green J3, Beral V3; MillionWomen Study Collaborators.

Collaborators(48)

Abbiss H, Abbott S, Alison R, ArmstrongM,Baker K, Barnes I, Black J, Blanks R, BradburyK,Brown A, Cairns B, Canoy D, ChadwickA,Ewart D, Ewart S, FletcherL,Floud S, Gathani T, Gerrard L, Goodill A, Guiver L, Heath A, Hogg D, Hozak M, Lingard I, Kan SW, LangstonN,Moser K, Pirie K, Price A, Reeves G, Shaw K, Sherman E, Simpson R, Strange H, Tipper S, Travis R, TrickettL,Webster A, Wotton C, Wright L, Yang O, Young H, CarpenterL,DezateuxC,Patnick J, Peto R, Sudlow C.

1

CancerEpidemiology Unit, University of Oxford, United Kingdomlianne.parkin@otago.ac.nz.

2

Department ofPreventive and Social Medicine, Dunedin School of Medicine, University ofOtago, Dunedin, New Zealand.

3

CancerEpidemiology Unit, University of Oxford, United Kingdom.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-05-22 18:02 | 抗うつ薬

妊娠中の抗うつ薬使用は子供の自閉症の危険因子:系統的総説とメタ解析

一次的な結果は妊娠中の抗うつ薬使用と自閉症スペクトラム障害(autism spectrum disordersASDs)の関連. 二次的な結果は各三分期又は妊娠前の抗うつ薬使用とASDsの関連。系統的総説とメタ解析。結果:我々の文献検索により10の関連する研究を同定し、不一致の結果。出生前の暴露に関して、6つの症例対照研究(117 737人の患者)のメタ解析によると、抗うつ薬暴露とASDsの間に正の相関のエビデンスがあった (オッズ比[OR], 1.81; 95% CI, 1.49-2.20).過去の母親の精神疾患で補正するとその関連は弱くなった(OR, 1.52; 95% CI,1.09-2.12). 暴露された3分期にかかわらず同様のパターンが見られた(第一3分期:OR, 2.09, 95% CI,1.66-2.64;第二: OR, 2.00,95% CI, 1.55-2.59;および第三: OR, 1.90,95% CI, 1.20-3.02). 過去の母親の精神疾患で補正すると: 第一3分期:OR, 1.79; 95% CI, 1.27-2.52, 第二: OR, 1.67,95% CI, 1.14-2.45;および第三: OR, 1.54,95% CI, 0.82-2.90). 2つのコホート研究を統合すると (772 331人の患者)全妊娠(ハザード比, 1.26; 95% CI,0.91-1.74)又は第1三分期には関連がなかった。さらに, 受胎前での抗うつ薬への暴露はASDsの危険性を有意に増加させた (過去の母親の疾患で補正したOR, 1.77; 95% CI, 1.49-2.09).まとめ:ASDの危険性の増加と妊娠中の母親の抗うつ薬の使用の間には有意な関連があった; しかし, 受胎前期間の方が各三分期の間よりも、より一貫しているようである。妊娠前の治療における母やの精神障害の方が出生前抗うつ薬の暴露よりもむしろASDsの危険性には重要な役割を果たすようだ。

JAMAPediatr. 2017 Apr 17. doi: 10.1001/jamapediatrics.2017.0124. [Epubahead of print]

Risk for Autism Spectrum Disorders According to Period of Prenatal Antidepressant Exposure: A Systematic Review andMeta-analysis.

MezzacappaA1, Lasica PA1, GianfagnaF2, Cazas O1, Hardy P3, FalissardB4, Sutter-DallayAL5, GressierF3.

1

Departmentof Psychiatry, Assistance Publique-Hôpitaux de Paris, Bicêtre UniversityHospital, Le Kremlin Bicêtre, France.

2

EPIMEDResearch Centre-Epidemiology and Preventive Medicine, Department of Clinicaland Experimental Medicine, University of Insubria, Varese, Italy3Department ofEpidemiology and Prevention, IRCCS Istituto Neurologico Mediterraneo Neuromed,Pozzilli, Italy.

3

Departmentof Psychiatry, Assistance Publique-Hôpitaux de Paris, Bicêtre UniversityHospital, Le Kremlin Bicêtre, France4Université Paris-Saclay, Univ Paris-Sud,UVSQ, CESP, INSERM U1178, Bicêtre University Hospital, Le Kremlin Bicêtre,France.

4

UniversitéParis-Saclay, Univ Paris-Sud, UVSQ, CESP, INSERM U1178, Department ofBiostatistics, Maison de Solenn, Paris, France.

5

ResearchCenter INSERM 1219, Bordeaux Population Health Bordeaux University, UniversityDepartment of Adult Psychiatry, Charles-Perrens Hospital, Bordeaux, France.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-04-25 22:59 | 抗うつ薬

抗うつ薬による認知症の危険性

早期の抑うつはその後の人生の認知症の危険性を増加させ、抑うつは認知症の発症前の症状のことがある。2003年から2006年までに抗うつ薬を処方された5819人の症例と,年齢、性別、日付をマッチさせた 23,276人 (1:4の割合) の対照を登録した、Taiwan's National Health Insurance Research Database (NHIRD)の9年間の後ろ向き解析を行った。抗うつ薬を使用していない者に比べて、抑うつがあり抗うつ薬を使用している者における認知症のハザード比 (HR)は 2.42 (95%信頼区間 (CI): 1.15-5.10),抑うつがなく抗うつ薬を使用している者における認知症のハザード比は4.05 (95% CI: 3.19-5.15). 台湾で一般的に使用されている抗うつ薬の中で, 補正したHRsはSSRIsでは3.66 (95% CI: 2.62-5.09), SNRI では4.73 (95% CI: 2.54-8.80), TCAs では3.26 (95% CI: 2.30-4.63), TeCA では6.62 (95% CI: 3.34-13.13), MAOI では4.94 (95% CI: 2.17-11.24), そしてSARI では4.48 (95% CI: 3.13-6.40). さらに、多変量解析の結果では、累積した1日服用量(cumulative defined daily doses:cDDDs) の補正したHRsは、抗うつ薬を処方されていない者に比べて cDDDs が<90, 90-180 および>180 の者は各々3.74 (95% CI: 2.91-4.82), 3.73 (95% CI: 2.39-5.80) および5.22 (95% CI: 3.35-8.14). これは二次的データに基づく後ろ向き研究であり、そのため、抗うつ薬使用と認知症の因果関係を主張できない。しかし、抑うつの状態で補正した後には抗うつ薬と認知症の発生の間には関連の可能性があった。NHIRDには認知症に関連すると考えられている喫煙とBMIに関する患者の情報がなく。それがこの研究に制限を設けている。本研究において、抗うつ薬は認知症の危険因子の可能性があり、抑うつそのものの影響とは独立していると結論。PLoS One. 2017 Apr 6;12(4):e0175187. doi: 10.1371/journal.pone.0175187. eCollection 2017.Risk analysis of use of different classes of antidepressants on subsequent dementia: A nationwide cohort study in Taiwan.Then CK1,2, Chi NF3,4, Chung KH5,6, Kuo L7, Liu KH8,9, Hu CJ3,4, Shen SC2, Lin YK10.1School of Medicine, College of Medicine, Taipei Medical University, Taipei, Taiwan.2Graduate Institute of Medical Sciences, College of Medicine, Taipei Medical University, Taipei, Taiwan.3Department of Neurology, Shuang Ho Hospital, College of Medicine, Taipei Medical University, Taipei, Taiwan.4Graduate Institute of Clinical Medicine, College of Medicine, Taipei Medical University, Taipei, Taiwan.5Department of Psychiatry and Psychiatric Research Center, Taipei Medical University Hospital, Taipei, Taiwan.6Department of Psychiatry, School of Medicine, College of Medicine, Taipei Medical University, Taipei, Taiwan.7Department of Statistics, University of Connecticut, Storrs, Connecticut, USA.8Department of Dermatology, Shuang Ho Hospital, Taipei Medical University, Taipei, Taiwan.9Department of Pharmacology, College of Medicine, National Taiwan University, Taipei, Taiwan.10Biostatistics Center, Taipei Medical University, Taipei, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-04-10 20:20 | 抗うつ薬

喫煙は抗うつ薬の血中濃度を減らす

喫煙と新世代の抗うつ薬の薬物動態の関連の系統的総説。結果:21の研究が含める基準に合致; 7つはfluvoxamine,2つはfluoxetine,sertraline, venlafaxine, duloxetine 又はmirtazapineを評価し, escitalopram, citalopram, trazodone およびbupropionは一つの研究で評価。paroxetine 又はagomelatineに関する研究はない. fluvoxamine, duloxetine, mirtazapineおよび trazodoneの血清レベルは非喫煙者の方が喫煙者より有意に高い。他の抗うつ薬の情報は乏しい。

Ann Gen Psychiatry. 2017 Mar6;16:17. doi: 10.1186/s12991-017-0140-8. eCollection 2017.

Smoking and antidepressants pharmacokinetics: asystematic review.

OliveiraP1, Ribeiro J1, Donato H2, Madeira N1.

1

PsychiatryDepartment, Coimbra Hospital University Centre, Praceta Mota Pinto, 3000-075Coimbra, Portugal.

2

DocumentationDepartment, Coimbra Hospital University Centre, Coimbra, Portugal.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-03-19 19:31 | 抗うつ薬

抗うつ薬摂取による先天異常

データはthe QuebecPregnancy Cohort (QPC)から得た。抑うつ又は不安と診断され、妊娠前の12か月で抗うつ薬に暴露され生産単胎で終了の全妊娠を含めた。結果の計測:抗うつ薬のclasses(SSRI, SNRI, TCAおよびその他の抗うつ薬) typesを個別で第1三分期の間に非暴露(抑うつであるが無治療)と比較。出生の最初の年での大きな先天異常全体および臓器特異的な先天異常を同定。結果:18 487人の妊婦。第1三分期の間に使用した抗うつ薬の特異的なタイプを調べると, citalopramのみが大きな先天異常の危険性が増加したが(補正したOR, (aOR) 1.36, 95% CI 1.08 to 1.73; 88の暴露例),最も頻繁に使用された抗うつ薬で危険性が増加する傾向.セロトニン再吸収阻害効果のある抗うつ薬 (SSRI, SNRI, amitriptyline (最も使用されたTCA)) では限定した特異的欠陥の危険性が増加: paroxetine では心臓の欠陥(aOR 1.45, 95%CI 1.12 to 1.88), および心室/心房中隔欠陥(aOR 1.39, 95% CI 1.00 to 1.93) の危険性が増加; citalopramでは筋骨格欠陥 (aOR 1.92, 95% CI 1.40 to 2.62),および頭蓋骨癒合症(aOR 3.95, 95% CI 2.08 to 7.52) の危険性が増加; TCAでは目、耳、顔および頸の欠陥(aOR 2.45, 95%CI 1.05 to 5.72), および消化器の欠陥 (aOR 2.55,95% CI 1.40 to 4.66)と関連; およびvenlafaxineは呼吸器欠陥 (aOR 2.17, 95% CI 1.07 to 4.38)と関連.

BMJ Open. 2017 Jan12;7(1):e013372. doi: 10.1136/bmjopen-2016-013372.

Antidepressant use duringpregnancy and the risk of major congenital malformations in a cohort ofdepressed pregnant women: an updated analysis of the Quebec Pregnancy Cohort.

Bérard A1,2, Zhao JP1,2, Sheehy O1.

  • 1Research Center, CHU Sainte-Justine, Montreal, Quebec, Canada.
  • 2Faculty of Pharmacy, University of Montreal, Montreal, Quebec, Canada.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-01-18 18:46 | 抗うつ薬

抗うつ薬は認知機能障害を引き起こす:系統的総説とメタ解析

抗うつ薬使用とアルツハイマー病(AD)を含む、認知機能障害又は認知症の関連の系統的総説とメタ解析。結果:最初に選んだ4,123の論文から5つの論文を選んだ。抗うつ薬の使用は認知機能障害又は認知症の何らかの様式になるオッズを有意に2倍増加させた (OR = 2.17)。抗うつ薬使用と認知機能障害又はAD/認知症の何らかの様式の関連の修飾因子として年齢が同定された. 平均年齢が65歳以上の参加者を含む研究では、抗うつ薬使用による認知機能障害の何らかの様式のオッズは増加するが(OR = 1.65), 65歳未満の参加者ではより強い関連を示した(OR = 3.25)。まとめ:抗うつ薬使用はAD/認知症と関連し、それは特に65歳未満で顕著になる。この関連は抑うつ又は抑うつの強さによる交絡によって起こるのかもしれない。しかし、生物学的な機序は抗うつ薬暴露の認知症へのリンクがあることを示しており、抗うつ薬の病因的な効果もあり得る。以下本文中の記述。TCAは認知症の危険性をむしろ減らすあるいはその危険性がなく、SNRIは中等度の危険性(SSRIの危険性は高いと推定)の様だ。つまりうつ自体が認知症の危険因子というより、抗うつ薬が認知症の危険性の様だ。ただし、強いうつは認知症の危険因子かもしれない。適用外処方は認知症の危険性を高めかも。

Depress Anxiety. 2016 Dec 28. doi:10.1002/da.22584. [Epub ahead of print]

The association of antidepressant drug usagewith cognitive impairment or dementia, including Alzheimer disease: Asystematic review and meta-analysis.

Moraros J1, Nwankwo C1, Patten SB2, MousseauDD3.

  • 1School of Public Health, University of Saskatchewan, Saskatoon, SK, Canada.
  • 2Departments of Community Health Sciences and Psychiatry, University of Calgary, Calgary, AB, Canada.
  • 3Cell Signalling Laboratory, Departments of Psychiatry and Physiology, University of Saskatchewan, Saskatoon, SK, Canada.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-01-04 15:27 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line