カテゴリ:抗うつ薬( 117 )


抗うつ薬は冠動脈バイパス移植術後の出血や入院での死亡には関連しない


方法:the Premier Perspective Comparative Databaseの中で2004年から2008年まで冠動脈バイパス移植(coronary artery bypass grafting:CABG)を受けた患者を同定。ABGの前にSSRIs, その他の抗うつ薬を摂取する, 又は抗うつ薬を摂取しないかどうかを調べ、Cox比例ハザードモデルを用いて暴露群の間での出血と死亡を比較しwhile adjusting for potential confounders based on管理資料, pre-CABG charge codes, and discharge diagnosis codes.結果:132,686人の該当する患者: 7112人はSSRIsに暴露, 1905人はその他の抗鬱薬に暴露、そして123,668人は暴露されず. 非暴露群に比べると, SSRIs (hazard ratio [HR] 0.98; 95 % confidence interval [CI] 0.90-1.07)もその他の抗うつ薬も (HR 1.11; 95 % CI 0.96-1.28) 主要な出血は増加せず, SSRIs (HR 0.93; 95 % CI 0.80-1.07)もその他の抗うつ薬も (HR 0.84; 95 % CI 0.62-1.14)死亡率は増加しない。Both SSRIs (HR 1.14; 95 % CI 1.10-1.18)およびその他の抗鬱薬(HR 1.11; 95 % CI 1.03-1.19) は1つ以上のパックされた赤血球(packed red blood cell:pRBC)単位を受けることが少し増加するが, 3つ以上のpRBC 単位を受けることには関連しない(SSRIs ではHR 1.06; 95 % CI 0.96-1.17; その他の抗鬱薬ではHR 1.09; 95 % CI 0.91-1.31)。まとめ:この大規模なコホート研究では, SSRIsもその他の抗うつ薬も主要な出血や入院での死亡には関連しない。
Selective Serotonin Reuptake Inhibitor Use and Perioperative Bleeding and Mortality in Patients Undergoing Coronary Artery Bypass Grafting: A Cohort Study.
Gagne JJ1, Polinski JM, Rassen JA, Fischer MA, Seeger JD, Franklin JM, Liu J, Schneeweiss S, Choudhry NK.
•1Division of Pharmacoepidemiology and Pharmacoeconomics, Department of Medicine, Brigham and Women's Hospital and Harvard Medical School, 1620 Tremont Street, Suite 3030, Boston, MA, USA, jgagne1@partners.org.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-27 18:59 | 抗うつ薬

脳卒中後の抗うつ薬投与は30日間の死亡率を低下させる


方法: 2003年から2010年までthe former Aarhus Countyに入院していたthe Danish Stroke Registryからの人口に基づいた患者の経過観察研究。この期間に, 入院中の抗うつ薬の使用をthe Danish Stoke Registryに登録。この登録には脳卒中のタイプ, 脳卒中の程度および入院中の脳卒中ケアの質を含む臨床的な情報を含む。合併症と併用薬を含むバイタルサインと共変量の情報は以下の人口に基づいた医療登録から得た: the Danish Civil Registration System, Danish Medicines Agency's Medical Register およびThe Danish National Patients Registry. 情報はすべてのデンマーク住民に割り当てられた市民登録とリンク。多変量ロジスティック回帰を用いて、入院中に抗うつ薬で治療した患者の治療を受けていない患者に対する30日間の死亡率の補正したオッズ比(OR)を計算。さらに, we did stratified analyses on 性別、年齢、脳卒中の程度で階層化して解析し、傾向点数でマッチさせた解析とmultiple imputationを行った.結果:以前抗うつ薬を内服しておらず初めて脳卒中になった5,070人中、 955人 (18.8%)は入院から抗うつ薬の投薬まで中央値で5日で投薬開始 (四分位範囲2-11). 抗うつ薬を投与された患者の方が、それで治療されなかった患者よりも、脳卒中の程度が強い患者の割合が高かった。入院中に抗うつ薬で治療された患者はそれで治療されなかった患者に比べて補正した30日間の死亡率は 0.28 (95% confidence interval (CI) 0.18-0.43). 脳卒中の程度での階層化は効果改善を示し、年齢と性別による階層化はそうではない。傾向点数をマッチさせた解析には1,908人の患者を 1:1でマッチさせた. 傾向点数でマッチさせた補正した30日以内の死亡のORは0.31 (95% CI 0.19-0.49)。まとめ:抗うつ薬の早期治療は重度の脳卒中で行われやすいが、治療は有意に死亡率を低下させる。この結果は無作為振り分け研究で確かめられるべき;しかし, 脳卒中後の抗うつ薬の早期使用は安全でもっと行われるべきかもしれない。
Cerebrovasc Dis. 2015 Jul 11;40(1-2):81-90. [Epub ahead of print]
Early Antidepressant Treatment and All-Cause 30-Day Mortality in Patients with Ischemic Stroke.
Mortensen JK1, Johnsen SP, Larsson H, Andersen G.
•1Danish Stroke Centre, Department of Neurology, Aarhus University Hospital, Aarhus C, Denmark.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-20 21:42 | 抗うつ薬

SSRIによる催奇形性


人口に基づいた症例―奇形の対照研究が、生きた出産, 妊娠20週からの胎児の死亡および胎児奇形のための妊娠の終了を含む1995-2009年の210万人の出生をカバーする12のEUROCAT先天異常(congenital anomalies:CA)登録で行われた。特異的な先天性心疾患(congenital heart defects:CHD) のある赤ん坊/胎児(n = 12,876) および非―CHD 際立ったCA (n = 13,024), を奇形(その診断されたCAは文献上SSRIとは関連しない)の対照(n = 17,083)と比較した. 第一三分期でのSSRI暴露はCHDと全般的に関連し (OR adjusted for registry 1.41, 95 % CI 1.07-1.86, fluoxetine adjOR 1.43 95 % CI 0.85-2.40, paroxetine adjOR 1.53, 95 % CI 0.91-2.58) 重篤なCHD (adjOR 1.56, 95 % CI 1.02-2.39)と関連し, 特にFallot四徴症 (adjOR 3.16, 95 % CI 1.52-6.58) およびEbstein's anomaly(異常) (adjOR 8.23, 95 % CI 2.92-23.16)と関連する。 SSRI 暴露と有意な関連が肛門―直腸の閉鎖(症)/狭窄 (adjOR 2.46, 95 % CI 1.06-5.68), 腹壁破裂(adjOR 2.42, 95 % CI 1.10-5.29), 腎形成異常(adjOR 3.01, 95 % CI 1.61-5.61), および内反尖足(adjOR 2.41, 95 % CI 1.59-3.65)にもあった. これらのデータはSSRIsの特定の異常に対する催奇形効果を示が, 適用や関連する要因による交絡を除外できない。
Eur J Epidemiol. 2015 Jul 7. [Epub ahead of print]
Selective serotonin reuptake inhibitor antidepressant use in first trimester pregnancy and risk of specific congenital anomalies: a European register-based study.
Wemakor A1, Casson K, Garne E, Bakker M, Addor MC, Arriola L, Gatt M, Khoshnood B, Klungsoyr K, Nelen V, O'Mahoney M, Pierini A, Rissmann A, Tucker D, Boyle B, de Jong-van den Berg L, Dolk H.
•1WHO Collaborating Centre for the Epidemiologic Surveillance of Congenital Anomalies, Room 12L23, Centre for Maternal, Fetal and Infant Research, Institute of Nursing and Health Research, Ulster University, Shore Road, Newtownabbey, BT37 0QB, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-12 10:02 | 抗うつ薬

抗うつ薬は脳卒中を再発させやすい


2000年から2009年までの台湾の the National Health Insurance Research Databaseで脳卒中が生じた20歳以上の16770人の患者のコホート研究。経過観察中の処方された抗うつ薬の記録を入手。抗うつ薬のタイプはAnatomical Therapeutic Chemical 分類体系で分類: TCAs, SSRIs, MAOIs, およびその他の抗うつ薬. 主要な結果は経過観察中の脳卒中の再発。時間依存性のコックスproportionalハザードモデルを用いて解析。結果:63715人―年の経過観察で、3769の脳卒中再発。抗うつ薬使用は脳卒中の再発の危険性を高くした (adjusted hazard ratio [HR], 1.42; 95 % confidence interval [C.I.], 1.24-1.62), 特に虚血性の脳卒中の危険性を高くしたが(HR, 1.48; 95 % C.I., 1.28-1.70) 、出血性脳卒中ではそうではなかった (HR, 1.22; 95 % C.I., 0.86-1.73)。脳卒中再発の危険性の増加はTCAs使用のみ(HR, 1.41; 95 % C.I., 1.14-1.74), SSRIs 使用のみ(HR, 1.31; 95 % C.I.,1.00-1.73),その他のタイプの抗うつ薬のみの使用 (HR, 1.46; 95 % C.I.,1.15-1.84), 又は多種類の抗うつ薬の使用 (HR, 1.84; 95 % C.I.,1.04-3.25)。まとめ:抗うつ薬の使用は脳卒中、特に虚血性脳卒中の再発の危険性を高めた。
BMC Neurol. 2015 Jun 5;15(1):86.
Using antidepressants and the risk of stroke recurrence: report from a national representative cohort study.
Juang HT1,2, Chen PC3, Chien KL4.
•1Institute of Epidemiology and Preventive Medicine, College of Public Health, National Taiwan University, Taipei, Taiwan. r00849018@ntu.edu.tw.
•2Biostatistical Center for Clinical Research, Chang Gung Memorial Hospital, Taoyuan, Taiwan. r00849018@ntu.edu.tw.
•3Clinical Informatics and Medical Statistics Research Center, Chang Gung University College of Medicine, Taoyuan, Taiwan. pcc@mail.cgu.edu.tw.
•4Institute of Epidemiology and Preventive Medicine, College of Public Health, National Taiwan University, Taipei, Taiwan. klchien@ntu.edu.tw.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-09 21:33 | 抗うつ薬

SSRIは胎児の心臓の欠陥の危険性を増加させない


妊娠第1期におけるSSRIs使用と先天性の心臓の欠陥の危険性の関連を調べた。 結果: fixed-effects modelsにより出版されたデータのメタ解析を行った。4つのコホート研究、1 996 519人の参加者、退院からの平均経過観察期間は72か月。SSRIsは心臓の欠陥の危険性を増加させず1.06 (95% confidence interval: 0.94 to 1.18).
Selective Serotonin Reuptake Inhibitors (SSRIs) and the Risk of Congenital Heart Defects: A Meta-Analysis of Prospective Cohort Studies.
Wang S1, Yang L2, Wang L1, Gao L1, Xu B1, Xiong Y3.
•1Department of Cardiology, Drum Tower Hospital, Medical School of Nanjing University, Nanjing, China (S.W., L.W., L.G., B.X.).
•2Department of Neurology, Jinling Hospital, Medical School of Nanjing University, Nanjing, China (L.Y.).
•3Department of Ultrasound, Shanghai First Maternity and Infant Hospital, Tongji University School of Medicine, Shanghai, China (Y.X.).
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-05-26 12:29 | 抗うつ薬

SSRIによる非可逆的なパーキンソン症候群


SSRI は時々Parkinsonismを含む錐体外路の副作用を引き起こす. SSRI (fluoxetine / sertraline)で治療を受け非可逆的なParkinsonismが生じた全般性不安障害の症例。 SSRIは、シナプス後のドパミン受容体を変化させることにより大脳基底核の運動系の病態生理学的変化を介して、可逆的または非可逆的な運動障害を引き起こすことが知られている。医師は危険性と利益の比を知るべきであり、異なる種類の抗うつ薬への変更も考慮すべき。
J Clin Diagn Res. 2015 Feb;9(2):VD01-VD02. doi: 10.7860/JCDR/2015/11394.5583. Epub 2015 Feb 1.
A Case of SSRI Induced Irreversible Parkinsonism.
Dixit S1, Khan SA1, Azad S2.
•1Classified Specialist, Department of Psychiatry, Base Hospital Delhi Cantt , New Delhi, India .
•2Resident, Department of Psychiatry, Base Hospital Delhi Cantt , New Delhi, India .
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-13 12:37 | 抗うつ薬

妊娠中の抗うつ薬内服は子供の喘息の危険因子か


妊娠中の母親の抑うつは子供の喘息と関連があると示されている。 方法:1996年から2007年までデンマークで生存した単胎におけるコホート研究。抑うつ障害と診断and/or 妊娠の1年前又は妊娠中に抗うつ薬を使用した母親を同定。a Cox proportional ハザード回帰モデルを用いて、妊娠中に抗うつ薬を使用した母親の子供の喘息のハザード比(hazard ratio:HR) を計算。結果:同定した733 685人の子供のうち, 84 683人が喘息の診断。21 371人の子供が出産前の母親の抑うつに暴露された(つまり、抑うつ障害の診断又は妊娠1年前あるいは妊娠中の抗うつ薬の使用). 出産前の母親の抑うつは子供時代の喘息に関連する(HR: 1.25 [95% confidence interval (CI): 1.20-1.30]). 8895人の子供が子宮内で抗うつ薬に暴露。抑うつがあるが抗うつ薬を使用していない母親から生まれた子供と比較すると、妊娠中に抗うつ薬を使用した場合の喘息のHRは1.00 (95% CI: 0.93-1.08). SSRIのみ、新しい抗うつ薬のみ、古い抗うつ薬のみを使用したHRsは各々 0.95 (95% CI: 0.88-1.03), 1.11 (95% CI: 0.89-1.39), および1.26 (95% CI: 1.02-1.55).
Pediatrics. 2015 Mar 9. pii: peds.2014-4073. [Epub ahead of print]
Antidepressant Use During Pregnancy and Asthma in the Offspring.
Liu X1, Olsen J2, Pedersen LH3, Agerbo E4, Yuan W5, Li J6.
•1Section for Epidemiology, Department of Public Health, Department of Epidemiology and Social Science on Reproductive Health, Shanghai Institute of Planned Parenthood Research, WHO Collaborating Center for Research in Human Reproduction, National Population & Family Planning Key Laboratory of Contraceptive Drugs and Devices, Shanghai, China; and lxq@ph.au.dk
•2Section for Epidemiology, Department of Public Health, Department of Epidemiology, Fielding School of Public Health, University of California, Los Angeles, California.
•3Department of Obstetrics and Gynecology, Institute of Clinical Medicine.
•4National Centre for Register-Based Research, and CIRRAU-Centre for Integrated Register-based Research, Aarhus University, Aarhus, Denmark;
•5Department of Epidemiology and Social Science on Reproductive Health, Shanghai Institute of Planned Parenthood Research, WHO Collaborating Center for Research in Human Reproduction, National Population & Family Planning Key Laboratory of Contraceptive Drugs and Devices, Shanghai, China; and.
•6Section for Epidemiology, Department of Public Health.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-18 00:23 | 抗うつ薬

抗うつ薬による自殺


コホート研究。the QResearch databaseのUK general practices contributing dataに登録された患者。2000年1月1日から2011年7月31日までに初めて抑うつと診断され2012年8月1日まで経過を観察した20-64歳の238 963人。 暴露:抗うつ薬の種類(TCAおよびそれに関連した抗うつ薬, SSRI,その他の抗うつ薬), 投与量, 使用期間, および一般的に個人の処方されている抗うつ薬。Cox proportional ハザードモデルを用いて、可能性のある交絡因子で補正して、ハザード比を計算。経過観察中の自殺、自殺企図、又は自傷。結果:経過観察中、コホートの 87.7% (n=209 476)は一つ以上の抗うつ薬を処方。治療期間の中央値は221 日(四分位範囲79-590日). 最初の5年間の経過観察の間で、198例が自殺し、5243例が自殺企図又は自傷。TCAおよびその関連抗うつ薬の治療期間の自殺率をSSRIと比較すると有意差はない (補正ハザード比0.84, 95%信頼区間0.47―1.50), しかし治療期間中のその他の抗うつ薬の自殺率は有意に高い(2.64, 1.74 to 3.99). mirtazapineの自殺率のハザード比はcitalopramより有意に高い (3.70, 2.00 to 6.84). 1年間の自殺率の絶対的な危険性はamitriptyline の0.02%からmirtazapineの0.19%。TCAの自殺企図又は自傷の率 (0.96, 0.87 to 1.08)はSSRIに比べると有意差はないが, その他の抗うつ薬の自殺企図又は自傷の率は有意に高い (1.80, 1.61 to 2.00). 最も多く処方されている3つの薬の自殺企図又は自傷の補正したハザード比はcitalopramに比べて有意に高い: venlafaxine (1.85, 1.61 to 2.13), trazodone (1.73, 1.26 to 2.37), およびmirtazapine (1.70, 1.44 to 2.02),そして amitriptylineは有意に低い (0.71, 0.59 to 0.85). 1年間の自殺企図又は自傷の絶対的な危険性はamitriptyline の1.02%からvenlafaxineの2.96%. 率は処方開始後最初の28日が最も高く、治療終了後の最初の28日まで増加が維持。まとめ: Mirtazapine, venlafaxine, およびtrazodoneは自殺、自殺企図、自傷の率が最も高いが、自殺はまれであるため不適切な評価の可能性。適用の偏りの可能性。
BMJ. 2015 Feb 18;350:h517. doi: 10.1136/bmj.h517.
Antidepressant use and risk of suicide and attempted suicide or self harm in people aged 20 to 64: cohort study using a primary care database.
Coupland C1, Hill T2, Morriss R3, Arthur A4, Moore M5, Hippisley-Cox J2.
•1Division of Primary Care, School of Medicine, University of Nottingham, University Park, Nottingham NG7 2RD, UK carol.coupland@nottingham.ac.uk.
•2Division of Primary Care, School of Medicine, University of Nottingham, University Park, Nottingham NG7 2RD, UK.
•3Institute of Mental Health, Jubilee Campus, Nottingham, UK.
•4School of Health Sciences, Faculty of Medicine and Health Sciences, University of East Anglia, Norwich, UK.
•5University of Southampton Medical School, Primary Care and Population Sciences, Aldermoor Health Centre, Southampton, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-26 22:46 | 抗うつ薬

抗うつ薬による肥満


方法: 3次academic 医療センターからの電子医療記録を系統的に調べ、過体重(BMI>85th percentile)であり抑うつの診断の付いた青年(13-18歳)を同定。2000年1月1日から2010年1月1日までに診察。抗鬱薬治療開始時と治療終了時の年齢と性別で標準化したBMI点数を計算。研究期間中(測定の最大間隔は5年)の最初と最後の記録を用いて投薬を受けていない患者の最初と最後の年齢と性別で補正したBMIを計算。結果:435人の患者 (301人は女性) が我々の基準にあい; そのうち255人に抗鬱薬処方 (SSRI,SNRI,TCA,又はdopamine-norepinephrine reuptake inhibitor)。SSRIで治療した青年のみが年齢と性別で標準化したBMIは著しく増加(F1,193=14.34; P<0.001). その他の薬で治療した患者や治療を受けていない患者は、年齢と性別で標準化したBMIは有意には増加せず。
Innov Clin Neurosci. 2014 Nov-Dec;11(11-12):14-21.
Antidepressant use and body mass index change in overweight adolescents: a historical cohort study.
Cockerill RG1, Biggs BK1, Oesterle TS1, Croarkin PE1.
1Mr. Cockerill is a student at Mayo Medical School, College of Medicine, Mayo Clinic, Rochester, Minnesota; Drs. Biggs, Oesterle, and Croarkin are from Division of Child and Adolescent Psychiatry and Psychology, Mayo Clinic, Rochester, Minnesota.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-01 15:39 | 抗うつ薬

抗うつ薬による自殺


方法: the Dutch Integrated Primary Care Information (IPCI)データベースによる人口に基づいたコホート研究を行い、1994年から2012年までの抗うつ薬使用者 (n=27,712). Cox proportional hazard モデルを用いて現在のSSRIs, TCAおよびその他の抗うつ薬使用と自殺あるいは自殺企図の関連を調べた。結果:経過観察中, 抗うつ薬使用者の280人が自殺企図または自殺。現在のSSRIs (hazard ratio (HR): 0.78, 95% CI: 0.57-1.07), TCAs (HR: 0.82, 95% CI: 0.48-1.42) およびその他の抗うつ薬 (HR: 0.75, 95% CI: 0.47-1.18) 使用は過去にいずれかの抗うつ薬を使用した者に比べて、有意には自殺に関連しない。
J Affect Disord. 2014 Dec 18;174C:479-484. doi: 10.1016/j.jad.2014.12.032. [Epub ahead of print]
Antidepressant use and the risk of suicide: A population-based cohort study.6請求
Cheung K1, Aarts N2, Noordam R2, van Blijderveen JC3, Sturkenboom MC4, Ruiter R1, Visser LE5, Stricker BH6.
·1Department of Epidemiology, Erasmus MC - University Medical Centre Rotterdam, The Netherlands.
·2Department of Epidemiology, Erasmus MC - University Medical Centre Rotterdam, The Netherlands; Department of Internal Medicine, Erasmus MC - University Medical Centre Rotterdam, The Netherlands.
·3Department of Epidemiology, Erasmus MC - University Medical Centre Rotterdam, The Netherlands; Department of Medical Informatics, Erasmus MC - University Medical Centre Rotterdam, The Netherlands.
·4Department of Medical Informatics, Erasmus MC - University Medical Centre Rotterdam, The Netherlands.
·5Department of Epidemiology, Erasmus MC - University Medical Centre Rotterdam, The Netherlands; Apotheek Haagse Ziekenhuizen - HAGA, The Hague, The Netherlands.
·6Department of Epidemiology, Erasmus MC - University Medical Centre Rotterdam, The Netherlands; Inspectorate of Health Care, The Hague, The Netherlands. Electronic address: b.stricker@erasmusmc.nl
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-01-06 21:20 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line