カテゴリ:外陰部痛( 11 )


外陰部痛の有病率と危険因子


方法:横断研究で、emailによってオンライン調査を行い、ウェブサイトとソーシャルネットワークで郵送。ポルトガル在住の18歳以上の女性を対象にして2013年6月1日と11月30日に間に調査を行う。参加者は少なくとも6か月外陰部痛と思われる症状がある。結果:1229のアンケートを解析。80人 (6.5%)の女性が調査時に外陰部痛があり, 117人 (9.5%) には以前外陰部痛あり; 人生における有病率16.0%. 妊娠や出産のタイプは外陰部痛とは関連せず. 過去において経口避妊薬を飲んでいた女性は有意にかつて外陰部痛に罹患(P<0.010).カンジダ、性器ヘルペス、尿路感染症、抑うつおよび月経前症候群は以前の外陰部痛罹患に関連 (P<0.01). 痛み症候群、特にFMや膀胱痛症候群は以前の外陰部痛罹患に関連 (P<0.001). 側弯症と子宮摘出術は有意に関連する (P<0.01).
Int J Gynaecol Obstet. 2014 Jul 17. pii: S0020-7292(14)00354-3. doi: 10.1016/j.ijgo.2014.05.020. [Epub ahead of print]
Prevalence of vulvodynia and risk factors for the condition in Portugal.
Vieira-Baptista P1, Lima-Silva J2, Cavaco-Gomes J2, Beires J2.
• 1Department of Gynecology and Obstetrics, São João Hospital, Porto, Portugal. Electronic address: pedrovieirabaptista@gmail.com.
•2Department of Gynecology and Obstetrics, São João Hospital, Porto, Portugal.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-08-10 11:41 | 外陰部痛

間質性膀胱炎の女性には子供時代の性的虐待が多い

カナダ。症例対照研究。interstitial cystitis/bladder pain syndrome (IC/BPS)。207人の女性 IC/BPS患者と 年齢、配偶者の有無、教育歴を一致させた117人。17歳より前の年齢で強姦又は性的いたずらをされた割合はIC/BPSの方が対照群より有意に多い (24.0% vs. 14.7%; p = 0.047). IC/BPS群の中で, 性的な虐待を受けたIC患者に比べて以前性的虐待を受けた人は痛みや抑うつが強く肉体的な生活の質が悪い。対照群の中で以前性的な虐待を受けた人は抑うつ、不安、ストレス、社会的な不適応、精神的な生活の質が悪い。

Can Urol Assoc J. 2011 Dec;5(6):410-5. doi: 10.5489/cuaj.11110.
Childhood sexual trauma in women with interstitial cystitis/bladder pain syndrome: a case control study.
Nickel JC, Tripp DA, Pontari M, Moldwin R, Mayer R, Carr LK, Doggweiler R, Yang CC, Mishra N, Nordling J.

私が驚いたことは、カナダでは女性の15%が17歳以前に強姦や性的いたずらを受けていることです。日本でも同様なのでしょうか。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-12-17 19:14 | 外陰部痛

慢性骨盤痛に対する抗コリン薬の効果

Chronic prostatitis/chronic pelvic pain syndrome (CP/CPPS)。96人の男性CP/CPPS患者を一重盲検法で無作為にciprofloxacin(シプロキサン:シプロキサン、抗菌薬) (group 1, 49 patients) 又はciprofloxacinとsolifenacin(ソリフェナシンコハク酸塩:ベシケア、過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁)(5 mg/day; group 2, 47 patients)を8週間投与. The National Institutes of Health chronic prostatitis symptom index (NIH-CPSI), the International Prostate Symptom Score (IPSS), およびthe International Index of Erectile Function-5 (IIEF-5)で患者の症状と治療開始時、治療開始後4週と8週での生活の質を評価。結果:治療開始時には両群で年齢、罹病期間、IPSS, NIH-CPSI, 又はIIEF-5のsub-domainsには差がなかった。それらの患者のうち67.4%は下部尿路症状あり。NIH-CPSIの全点数、痛み、尿路領域の点数に有意差あり. IPSS の全点数と記憶領域の点数に有意差があった. IIEF-5の全点数は増加したが,変化は有意ではなかった. 残尿には有意差はなかった。まとめ: solifenacin併用群ではNIH-CPSI とIPSSの記憶領域が有意に改善

Int Neurourol J. 2011 Sep;15(3):172-5. Epub 2011 Sep 30.
Efficacy of anticholinergics for chronic prostatitis/chronic pelvic pain syndrome in young and middle-aged patients: a single-blinded, prospective, multi-center study.
Kim DS, Kyung YS, Woo SH, Chang YS, Kim HJ.
Department of Urology, Soonchunhyang University College of Medicine, Cheonan, Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-23 08:58 | 外陰部痛

外陰部痛の特徴

focal vulvodynia or vulvo-vestibulitis syndrome (VVS)。臨床的な直感は二つの異なる部位に局所的なvulvodynia は2 点(5 and 7 o' clock) 又は4点 (5, 7, 1 and 11 o' clock). アンケートを局所vulvodynia の30人の女性に147回の受診時に渡し研究看護師が確認。患者の既往や訴えを知らない研究者がA VVSの臨床症状を調べた. 性交渉時に経験した痛みのVASを痛みの程度の指標と見なした。局所の外陰部痛は前庭部の7つの部位で1-10のQ-tipを用いて評価した。性交渉時の痛みを除き、47%はタンポン挿入時に痛みを感じた. 40%以上の女性は3年以上痛みを感じ, 70%は性交渉を痛みのために中止し、それは大部分あるいは常に耐えられない痛みよるものであり25%はこの痛みのために満足なセックスができない。深部痛や灼熱痛が性交渉後12-24時間継続したり, 性交渉を中断することはVASが高い女性ほど多く: VASが7を超える女性の26%は過去1年にセックスがなく、一方痛みの点数が少ない女性では6% (p=0.004). 尿道近傍の痛みゾーンの1時または11時の部位に痛みを感じる患者は5時と7時の部位にのみ痛みを感じる患者より頻繁に深い侵入時に痛みを感じ、タンポンを入れた時により痛みを感じる (p=0.001).

Characteristics of the pain observed in the focal vulvodynia syndrome (VVS).
Donders G, Bellen G.
Med Hypotheses. 2011 Oct 29. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-05 22:37 | 外陰部痛

膀胱痛症候群

膀胱痛症候群―以前は間質性膀胱炎と呼ばれていたーは骨盤の疼痛と尿の過敏症状で特徴付けられる慢性膀胱症候群。原因は不明であるが膀胱の粘膜障害、炎症、神経学的機能障害と考えられている。診断は困難である、なぜなら慢性骨盤痛、子宮内膜症、過活動膀胱、尿路感染症、外陰部痛などの他の原因と症状が類似しており特異的所見がないためである。病歴と理学所見が診断をつけ他の疾患と鑑別できる。治療は行動療法、経口投与、膀胱内投与や難治例では手術。
J Reprod Med. 2011 Sep-Oct;56(9-10):405-9.
Bladder pain syndrome/interstitial cystitis: a reappraisal for the clinician.
Mahmoud MS.
Department of Obstetrics, Gynecology and Reproductive Biology, College of Human Medicine, Michigan State University Women's Healthcare, 1200 East Michigan Avenue, Suite 700, Lansing, MI 48912, USA. mohamad.mahmoud@hc.msu.edu
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-10-22 22:42 | 外陰部痛

外陰部痛の有病率

アメリカ。地域住民2542人の女性を集め2269人 (89.3%)がアンケートに答える。 vulvodynia の有病率は8.3% (95% confidence interval, 7.0-9.8)又は対象人口の約101,000人の女性. 有病率は70歳までは安定しておりその後低下. 性生活をしている女性では有病率は同程度。 vulvodyniaの基準を満たす208人中, 101人は (48.6%) 治療を求めており, 3人 (1.4%) のみがvulvodyniaの診断を受けていた (unweighted values). 平均12.5年で、以前のvulvodyniaの症状は384人の女性(16.9%)で解決。

Prevalence and demographic characteristics of vulvodynia in a population-based sample.
Reed BD, Harlow SD, Sen A, Legocki LJ, Edwards RM, Arato N, Haefner HK.
Am J Obstet Gynecol. 2011 Aug 22. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-10-08 00:37 | 外陰部痛

慢性骨盤痛の予測因子

健康保険に加入している14歳を超える女性1278人で1年の横断的研究。慢性骨盤痛は11.5% (147/1,278) 。独立した予測因子は性交疼痛(症)、腹部手術の既往、抑うつ、月経困難症、不安、現在の性的活動、腰痛症、便秘、尿路症状、教育レベルが低い事。

High prevalence of chronic pelvic pain in women in Ribeirão Preto, Brazil and direct association with abdominal surgery.Silva GP, Nascimento AL, Michelazzo D, Alves Junior FF, Rocha MG, Silva JC, Reis FJ, Nogueira AA, Poli Neto OB.
Clinics (Sao Paulo). 2011;66(8):1307-12.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-09-17 13:05 | 外陰部痛

外陰部痛と精神障害の因果関係

240人の外陰部痛女性と240人の健常女性。 結果:教育、人種、初潮時年齢、タンポンをはじめて使用した年齢、初めてセックスをした年齢で補正すると、先行する気分障害あるいは不安障害のある女性はそれがない女性より4倍の外陰部痛のオッズ (95% confidence interval [CI] 2.1-7.5). 補正後、外陰部痛は新たなあるいは再発した気分障害あるいは不安障害と関連する (hazard ratio [HR] 1.7, 95% CI 1.1-2.6) 考察:先行する抑うつ不安障害は外陰部痛の危険性を高め、外陰部痛は精神疾患の新規発生や再発の危険性を高める。

J Womens Health (Larchmt). 2011 Aug 8. [Epub ahead of print]
The Influence of Depression and Anxiety on Risk of Adult Onset Vulvodynia.
Khandker M, Brady SS, Vitonis AF, Maclehose RF, Stewart EG, Harlow BL.
1 Division of Epidemiology & Community Health, School of Public Health , Minneapolis, Minnesota.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-08-13 15:15 | 外陰部痛

慢性骨盤痛男性では血管の剛性が高い

21人の男性chronic prostatitis/chronic pelvic pain syndrome と14人の無症候性対照を、動脈の剛性を調べるaugmentation indexや血管内皮の血管拡張を調べる反応性充血indexを評価するEndo-PAT®2000 machineを用いて試験。症状はthe National Institutes of Health Chronic Prostatitis Symptom Indexで評価し、 患者の表現型はthe UPOINT (Urinary, Psychosocial, Organ Specific, Infection, Neurologic/Systemic, Tenderness of Skeletal Muscles) systemで評価. p <0.05を有意と見なす。結果:両群の年齢は同様でありchronic prostatitis/chronic pelvic pain syndrome 群(22―63歳,中央値 40歳) であり対照群(19―57歳, 中央値40歳). 症状の期間の中央値は24 か月 (3―440か月), 平均Chronic Prostatitis Symptom Index score は24.7 ± 5.1であり、平均 UPOINT domainは2.9 ± 1.1 (1―5). chronic pelvic pain syndromeの方が対照群より(5.0% ± 2.3 vs -6.0% ± 3.0, p = 0.006)、the augmentation index は有意に高い (血管の剛性が高い). 患者は対照群より1.76 ± 1.2 vs 2.21 ± 1.7, p = 0.03)、反応性充血indexは有意に低い。症状の期間や症状の程度あるいは表現型 (number or type of UPOINT domains) と反応性充血index やaugmentation indexには相関なし。
J Urol. 2011 Jul 24. [Epub ahead of print]
Greater Endothelial Dysfunction and Arterial Stiffness in Men With Chronic Prostatitis/Chronic Pelvic Pain Syndrome-A Possible Link to Cardiovascular Disease.
Shoskes DA, Prots D, Karns J, Horhn J, Shoskes AC.
Glickman Urological and Kidney Institute, Cleveland Clinic, Cleveland, Ohio.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-07-31 01:28 | 外陰部痛

慢性骨盤痛患者では子宮内膜症があってもなくても生活の質は同程度

横断[クロスセクショナル]調査。慢性骨盤痛患者において、子宮内膜症があってもなくても生活の質は同程度。
Quality of life associated to chronic pelvic pain is independent of endometriosis diagnosis - a cross-sectional survey.
Souza CA, Oliveira LM, Scheffel C, Genro VK, Rosa V, Chaves MF, Cunha Filho JS.
Health Qual Life Outcomes. 2011 Jun 10;9(1):41. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-06-26 00:21 | 外陰部痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line