カテゴリ:頭痛( 13 )


一過性緊張型頭痛へのカロナールの効果:コクラン

コクラン。緊張型頭痛(Tension-typeheadacheTTH)は世界中で5人に1人が罹患。それは非頻回一過性TTH (1か月に1回以下の頭痛),頻回の一過性TTH (1か月に1回から14回の頭痛), および慢性TTH(1か月に15回以上の頭痛)に分類される. Paracetamol (acetaminophen)は頻回の一過性TTHの急性期の治療に用いられる鎮痛薬の一つ。成人の頻回一過性TTHの急性治療としてparacetamolの効果と安全性を評価.主要な結果:23の研究を含み、全部成人の頻回一過性TTH. 12の研究はIHS診断基準または同様の基準を使用し,6つはtheAd Hoc Committeeの古い分類を使用し, 5つは特異的な診断基準を記載していないが全般的には片頭痛は除外。参加者は治療開始時には、中等度から強度の痛み。これらの研究には8079人のTTH患者が含まれるが、結果が不一致であり多くの参加者がactive comparatorsを使用しているため、解析に使用できる数はこれよりも少ない。大部分の研究は方法が悪いというより不適切な方法ではあるが、偏りの危険性が低い研究はない。5つの研究は不完全な結果の報告の偏りの危険性が高く、7つの研究は患者数が少ないため偏りの危険性が高いと判断。IHSの推奨する2時間での痛みがない結果の、偽薬に対するparacetamol 1000 mg NNT8つの研究(5890人の参加者;質の高いエビデンス)では22 (95% confidence interval (CI) 15 to 40), 1時間の時点では偽薬と差がない. 5つの研究(5238人の参加者;質の高いエビデンス)において、2時間の時点での痛みがない又は軽度の痛みのNNT 10(7.9 to 14). 救急薬の使用はparacetamol 1000 mg の方が偽薬より少なく, 6つの研究(1856人の参加者; 中等度の質のエビデンス)における出来事の予防のNNTp7.8 (6.0 to 11). 限られたデータでは, paracetamol500 mg650 mgの効果は偽薬よりも優れてはおらず, paracetamol1000 mgketoprofen25 mg 又はibuprofen400 mgと差がない (低い質のエビデンス). paracetamol 1000 mg および偽薬の間には副作用に差はなかった (RR 1.1 (0.94 to 1.3);5605人の参加者; 11の研究; 質の高いエビデンス). 重篤な副作用はなかった. paracetamol1000 mg と偽薬を比較したGRADEを用いたエビデンスの質は中等度から強度. Where evidence was downgraded it was because a minority ofstudies reported the outcome. paracetamol 500 mg650 mgと偽薬の比較およびparacetamol 1000 mg active comparatorsの比較では,研究と出来事の数が少ないためエビデンスの質を低いまたは大変低いに下げざるを得ない。著者のまとめ:中等度から強度の強さの頭痛の頻回の一過性TTH患者においてParacetamol 1000 mgは、2時間の時点で痛みがない点では軽度の恩恵がある。

Cochrane Database SystRev. 2016 Jun 16;6:CD011889. [Epub ahead of print]

Paracetamol (acetaminophen)for acute treatment of episodic tension-type headache in adults.

StephensG1, Derry S, Moore RA.

  • 1Pain Research and Nuffield Department of Clinical Neurosciences (Nuffield Division of Anaesthetics), University of Oxford, Churchill Hospital, Oxford, Oxfordshire, UK, OX3 7LE.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-06-26 16:08 | 頭痛

急性片頭痛の治療


最近の所見:最近の臨床研究、メタ解析、および実用的なガイドラインは4つのNSAIDs(片頭痛の効果に対して無作為振り分け対照研究のエビデンスがある)(ibuprofen, naproxen sodium, diclofenac potassium, and acetylsalicylic acid) および7つのtriptans (sumatriptan, rizatriptan, eletriptan, zolmitriptan, almotriptan, frovatriptan, and naratriptan)は急性の片頭痛治療に適切なことを確認。選択された患者ではDihydroergotamine (DHE)も適切。まとめ:NSAIDs およびtriptansは急性片頭痛治療の中心であり制吐剤は必要時に追加できる。Opioidsおよびopioidsを含む合併鎮痛薬はルーチンには使用すべきではない。患者に特異的な臨床症状は個々の患者に対する急性治療薬の選択のガイドに有用。急性の投薬は、様々な臨床的な状況において、4つの治療方針にまとめることができる. acetaminophen-NSAID strategyは軽度から中等度からの程度の発作の患者に有用。triptan strategyは強度の発作患者およびNSAIDsにうまく反応しない中等度の強さの発作患者に有用. The refractory migraine strategiesは NSAIDsまたは triptansのみにうまく反応しない人には有効かもしれず、通常に治療が失敗した人には triptans およびNSAIDsの同時併用、DHE、および救急薬(つまりdopamine antagonists, 併用鎮痛薬およびcorticosteroids)を含む。血管収縮薬禁忌患者へのStrategies はNSAIDs, 混合鎮痛薬およびドパミン作動薬を含む。Acetaminophenは妊娠中の急性片頭痛に対する最も安全な薬であり, acetaminophen とcodeineの併用も選択肢. Sumatriptanは選択した患者の妊娠中の選択肢になるかもしれず、授乳中は両立できる。
Continuum (Minneap Minn). 2015 Aug;21(4, Headache):953-972.
Acute Migraine Treatment.
Becker WJ.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-12 19:19 | 頭痛

片頭痛に対する鍼の効果


片頭痛者 (n = 60)をDelhiのGuru Tegh Bahadur Hospitalの the Psychiatry and Neurology OPDから集める。書類で同意を得た後, 片頭痛者を無作為に2群に分ける--Group Aは30日間で10回選択した鍼部位に電気鍼を行い, 同じ期間Group Dは経口flunarizine 20 mg OD とparacetamol 500 mg SOSという通常の薬物治療を行う. 患者は治療前と治療プログラム終了時(30日)の2回評価を受ける。生活の質はWHOQOL BREF (WHO Quality of Life Biomedical Research and Education Foundation) アンケートで評価を受け、障害はMIDAS (Migraine Disability Assessment) アンケートで評価を受ける. repeated measure's ANOVA with Tukey's testにより統計解析を行う。片頭痛者は生活に質が低く、障害点数が高いが、治療後には両群とも評価を行った二つの指標は改善。しかし、鍼群は薬群に比べると反応が優れており、その結果より有効(P = 0.005 to 0.000). 片頭痛者において、鍼治療は通常の薬物治療に比べて痛みを軽減するのみではなく精神症状を改善する点で優れた治療であると結論。
Indian J Physiol Pharmacol. 2014 Jan-Mar;58(1):69-76.
Comparison of effectiveness of acupuncture therapy and conventional drug therapy on psychological profile of migraine patients.
Vijayalakshmi I, Shankar N, Saxena A, Bhatia MS.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-17 20:28 | 頭痛

頭痛と筋骨格痛は互いの危険因子

Chronic daily headache (CDH) とchronic musculoskeletal complaints (CMSCs) 。方法:the Nord-Trøndelag Health Study (HUNT 2 and 3) は1995-1997 年と2006-2008年の2回で人口に基づいたコホート研究。当初20歳以上の51 383人のうち、11年後に41 766人を観察可能。そのうち26 197人 (63%)はHUNT 3で頭痛とCMSCsのアンケートに答えた。結果:頭痛とCMSCsには双方向性の関連。知られた交絡因子で補正した多変量解析によると当初CMSCsであった人は2倍近くCDHになりやすい(OR 1.8; 95% CI 1.5-2.3)。 逆に当初CDHであった人はCMSCsになりやすく (OR 1.8; 95% CI 1.2-2.6), chronic widespread MSCsにはさらになりやすい (OR 2.7; 95% CI 1.6-4.7)。

Eur J Neurol. 2012 Apr 23. doi: 10.1111/j.1468-1331.2012.03725.x. [Epub ahead of print]
The bidirectional relationship between headache and chronic musculoskeletal complaints: an 11-year follow-up in the Nord-Trøndelag Health Study (HUNT).
Hagen K, Linde M, Steiner TJ, Zwart JA, Stovner LJ.
Department of Neuroscience, Norwegian University of Science and Technology, Trondheim;, Norway; Norwegian National Headache Centre, St. Olavs University Hospital, Trondheim;, Norway;
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-28 20:58 | 頭痛

片頭痛にはトピナ又はノリトレンよりはその併用が有用

topiramate (TPM) (100 mg/day) 又はnortriptyline (NTP) (30 mg/day)の一方を8週間使用して頭痛の頻度が50%以下にはならなかった一過性片頭痛が対象。無作為に偽薬追加又は他方の薬の追加(併用療法)を受ける。一次的な評価は両群間の、研究開始前に対する6週時点での頭痛頻度の減少。二次的な評価は研究開始前に対する6週時点で頭痛頻度が50%以下になった患者の割合。38人が併用療法に振り分けられ、30人が単一治療(偽薬)に振り分けられた(併用療法の6人は脱落、単一療法の1人は脱落)。一次的な評価では、併用療法の頭痛頻度の減少の平均(SD) は4.6 (1.9) であり、単一治療では3.5 (2.3)であり、有意差あり(p < 0.05)。同様に、 併用療法の78.3%の患者が頭痛頻度が50%以下になり、単一治療では37% (p < 0.04). 結論:TPMと NTPの併用療法は、それらの単一治療で鎮痛効果が不十分な患者には、有効である。

J Headache Pain. 2012 Jan;13(1):53-9. Epub 2011 Oct 19.
Topiramate plus nortriptyline in the preventive treatment of migraine: a controlled study for nonresponders.Krymchantowski AV, da Cunha Jevoux C, Bigal ME.
Headache Center of Rio, Rua Siqueira Campos 43/1002 Copacabana, Rio de Janeiro, 22031-070, Brazil. abouchkrym@uol.com.br
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-28 16:08 | 頭痛

片頭痛の女性はむずむず脚症候群になりやすい

the Women's Health Studyに参加した31,370人の女性のコホート研究。個人が報告したauraを含む片頭痛やRLSの情報を詳細に調べた。RLSは9年間調べた。片頭痛とRLSの関連のオッズ比(OR) と95%信頼区間 (CI)を計算。結果:研究開始時や経過観察中に6857人の女性 (21.9%)が片頭痛を報告。この女性ではRLSの危険性が増加 (多変数で補正した OR = 1.22; 95%CI 1.13-1.32). 更なる解析により前兆のある片頭痛(多変数で補正したOR = 1.27; 95%CI 1.10-1.48)や前兆のない片頭痛 (多変数で補正した OR = 1.24; 95%CI 1.09-1.40) 経過観察中に新たに報告された片頭痛 (多変数で補正したOR = 1.30; 95%CI 1.10-1.54)ではRLSの危険性が増加. 片頭痛発生以前ではRLSとは関連がなさそう。

Cephalalgia. 2012 Mar 6. [Epub ahead of print]
Migraine and restless legs syndrome in women.
Schürks M, Winter AC, Berger K, Buring J, Kurth T.
Brigham and Women's Hospital, Boston, MA, USA and University Hospital Essen, Germany.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-03-10 20:50 | 頭痛

頚椎由来の頭痛には脊椎徒手治療の治療的価値があるかどうかは不明瞭

系統的総説。頚椎由来の頭痛には脊椎徒手治療の治療的価値があるかどうかは不明瞭。
Headache. 2011 Jul-Aug;51(7):1132-9. doi: 10.1111/j.1526-4610.2011.01932.x. Epub 2011 Jun 7.
Spinal manipulations for cervicogenic headaches: a systematic review of randomized clinical trials.
Posadzki P, Ernst E.
Complementary Medicine, Peninsula Medical School, Universities of Exeter & Plymouth, 25 Victoria Park Road, Exeter, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-12-17 15:24 | 頭痛

薬物乱用頭痛の危険因子

薬物乱用頭痛Medication-overuse headache (MOH)。慢性連日頭痛chronic daily headache (CDH)。the Nord-Trøndelag Health Surveys で1995-1997年と2006-2008.年に縦断的地域住民対象コーホート研究を行った。当初51,383人が参加していたが, 約11年後に41,766が参加. 26,197 の参加者中(反応率63%), 1995-1997年の開始時には25,596 人はCDHを報告せず. そのうち11年後には201人 (0.8%)はMOHであり、246 人1.0%)は薬物過量ではない (CDHwoO). MOHの発生率は1000 人-年あたり0.72 (95% confidence interval 0.62-0.81). 多変量解析を行うと, tranquilizers開始時にtranquilizersを使用している者ではMOH になる危険性は5倍 [odds ratio 5.2 (3.0-9.0)]あるいは慢性筋骨格症状の訴え, 胃腸症状の訴え, およびHospital Anxiety and Depression Scale score ≥11の組み合わせでMOH になる危険性は5倍[odds ratio 4.7 (2.4-9.0)]. 喫煙と肉体的不活動はMOHになる危険性が2倍以上. これに対して、これらの要素はCDHwoOの危険性を高めず。


Risk factors for medication-overuse headache: An 11-year follow-up study. The Nord-Trøndelag Health Studies.
Hagen K, Linde M, Steiner TJ, Stovner LJ, Zwart JA.
Pain. 2011 Oct 21. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-10-26 17:16 | 頭痛

台湾頭痛学会の群発頭痛の治療ガイドライン

台湾頭痛学会の群発頭痛の治療ガイドライン。群発頭痛が起きた時には高濃度の酸素吸入が最も勧められる。次いで経鼻のトリプタン製剤。経口トリプタンが第二選択。暫定的な予防法としては, 経口ステロイドが第一選択, ergotamineが第二選択. 維持的な予防としては, verapamilに最も強いエビデンスがあり第一選択. Lithium, melatonin, バルプロ酸, topiramate とgabapentinが第二選択。後頭神経の刺激、深部脳刺激、the sphenopalatine ganglionの電気刺激によるブロック, 経皮的radiofrequency rhizotomy と三叉神経切断を含む手術療法は侵襲的で長期に有効だが副作用は不明瞭、そのためそれらはthe subcommitteeでは推薦されなかった. 暫定的と維持の予防の薬物治療は併用可能。維持的予防法が友好であれば暫定的な要望法は漸減中止。可能であればCorticosteroidsは2週以内の使用. 維持的予防法の期間は患者の状態により、もし群発頭痛がなくなればそれは漸減中止可能。

Acta Neurol Taiwan. 2011 Sep;20(3):213-27.
Treatment guidelines for acute and preventive treatment of cluster headache.
Treatment Guideline Subcommittee of the Taiwan Headache Society.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-10-22 21:59 | 頭痛

携帯電話に関連した頭痛

携帯電話に関連した頭痛。

Clinical features of headache associated with mobile phone use: a cross-sectional study in university students.
Chu MK, Song HG, Kim C, Lee BC.
BMC Neurol. 2011 Sep 26;11(1):115. [Epub ahead of print]
全文ダウンロード可能
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-10-02 11:55 | 頭痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line