カテゴリ:掻痒(かゆみ)( 11 )


抗うつ薬による流産の危険性

方法: Quebec's 健康管理データベースを用いて、1998年から2002年までに出産した41,964人の妊娠女性を同定. 第1三分期に抗うつ薬を処方され妊娠前に抑うつの診断の記録がある女性を以下の女性と比較: (i)妊娠中および妊娠前に抗うつ薬を使用せず抑うつの診断を受けていない女性; (ii) 妊娠前によくつの診断を受けていたが第1三分期には抗うつ薬の処方を受けていない女性; および(iii)甲状腺機能低下症の薬を第1三分期に処方されたが抗うつ薬を処方されなかった女性. log二項回帰を用いて、人工流産で補正して、補正した流産の相対危険性を評価した。結果:人工流産で補正されない流産の危険性は抗うつ薬内服中の抑うつ女性16%, 抗うつ薬を内服していない抑うつ女性10%、そして抗うつ薬を内服していない非抑うつ女性9%.人工流産で補正するとこれは各々、11%, 8% および7%に低下。多変量解析によると、抗うつ薬を内服していない抑うつではない女性に対する補正した流産の危険性は、抗うつ薬内服中の抑うつ女性で1.3 (1.1 to1.5) 、抗うつ薬を内服していない抑うつ女性で1.1 (1.0 to1.2). 抗うつ薬を内服していない抑うつ女性に対する、抗うつ薬内服中の抑うつ女性の流産の相対危険性は1.2 (1.0 to1.4)。まとめ:たとえ人工流産で補正しても、第1三分期における抗うつ薬使用は、抗うつ薬を内服していない非抑うつ女性又は抗うつ薬を内服していない抑うつ女性に比べて流産の危険性が高くなる。

Epidemiology. 2016 Mar30. [Epub ahead of print]

Risk of miscarriage in women receivingantidepressants in early pregnancy, correcting for induced abortions.

AlmeidaND1, Basso O, AbrahamowiczM,Gagnon R, Tamblyn R.

  • 11 Department of Epidemiology, Biostatistics and Occupational Health, McGill University 2 Department of Obstetrics and Gynecology, McGill University.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-04-03 11:23 | 掻痒(かゆみ)

神経障害性掻痒掻痒に対するリリカとガバペンのの効果のの比較


14週間の無作為振り分け、前向き、クロスオーバー研究。確立されたneuropathy and/or neuropathic pain のある透析患者が対象。50人の患者を無作為に透析後にgabapentin 300 mg/日 とpregabalin 75 mg/日に振り分ける. 治療の6週間後, クロスオーバーを行い患者はさらに別の薬を5週間内服。Short Form of McGill Pain QuestionnaireとVASで各々痛みとかゆみを評価。毎週受診時,患者は副作用に関して尋ねられる。治療前の検査結果と人口動態的特徴を各患者のカルテから調べた。結果:50人中40人 (12人の男性, 28人の女性)が研究終了。平均年齢は58.2 ± 13.7歳. 40人中29人 (72.5%)は治療開始時に痒みあり. 15人の患者 (37.5%) は糖尿病。40人中31人(77.5%)はEMGが証明したperipheral neuropathy. 23人の患者(57.5%) はEMG-が証明したneuropathyと掻痒あり. Gabapentinと pregabalinは両方とも neuropathic painと掻痒を有意に改善。痛みと掻痒に対する効果の点では両方の薬に有意差なし。
Nephrology (Carlton). 2012 Aug 22. doi: 10.1111/j.1440-1797.2012.01655.x. [Epub ahead of print]
Pregabalin versus Gabapentin in the Treatment of Neuropathic Pruritus in Maintenance Hemodialysis Patients: a Prospective Crossover Study.
Solak Y, Biyik Z, Atalay H, Gaipov A, Guney F, Turk S, Covic A, Goldsmith D, Kanbay M.
Division of Nephrology, Department of Internal Medicine, Meram School of Medicine, Konya University, Meram, Konya, Turkey Department of Neurology, Meram School of Medicine, Konya University, Meram, Konya, Turkey Nephrology Clinic, Dialysis and Renal Transplant Center, 'C.I. PARHON' University Hospital, 'Gr. T. Popa' University of Medicine and Pharmacy, Iasi , Romania Renal Unit at Guy's and St Thomas' NHS Foundation Hospital, London, UK Department of Medicine, Division of Nephrology, Kayseri Training and Research Hospital, Kayseri, Turkey.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-08-25 14:28 | 掻痒(かゆみ)

自己効力感と掻痒の関連

アンケートを基にした断面解析研究。オスロの一般人口から後期青年を集めた。 2,489人の男女のうち現在の掻痒は自己効力感が高くストレスが少ない者では7%であり、自己効力感が低い者では17% (p = 0.028)。自己効力感が低くストレスが高い青年では自己効力感が高い青年の2倍、掻痒感を報告する(30% vs. 15%, p = 0.072)。修正ロジスティック回帰では現在の掻痒は有意に自己効力感が低いことと相関し、そのオッズ比は2.85 (1.71; 3.82).
Acta Derm Venereol. 2012 Feb 15. doi: 10.2340/00015555-1309. [Epub ahead of print]
Itch, Stress and Self-efficacy Among 18-year-old Boys and Girls: A Norwegian Population-based Cross-sectional Study.Dalgard F, Stern R, Lien L, Hauser S.
Institute of General Practice and Community Medicine, University of Oslo, Oslo, Norway.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-02-18 15:42 | 掻痒(かゆみ)

人生における負の出来事と掻痒の関連

オスロの学校を基にした縦断研究で15-18歳の生徒を対象。3811人の生徒のうち 2489人 (65%) を3年後観察。最初と3年後にアンケート。3年後の時点の掻痒を4点のLikert scaleで評価。女性の方が男性より掻痒を多く訴える。人生における負の出来事には性差はない。親密な親族や友人の死亡が最も多い人生における負の出来事。15歳以下における人生における全ての出来事は有意に掻痒に関連していたが、15歳を超えると半数のみが掻痒に関連。人生における負の出来事と掻痒は有意に相関しており、最初の精神的苦悩で補正した時のみオッズ比はかなり落ちた。

The relation of early experienced negative life events and current itch. A longitudinal study among adolescents in Oslo, Norway.
Lien L, Halvorsen JA, Haavet OR, Dalgard F.
J Psychosom Res. 2012 Mar;72(3):226-9. Epub 2012 Jan 10.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-02-18 15:28 | 掻痒(かゆみ)

痒みの評価、VAS, NRS, VRS

visual analogue scale (VAS)、numerical rating scale (NRS)、 verbal rating scale (VRS). 無作為に選んだ471人の慢性掻痒症患者 (200人の男性, 271人の女性, 平均年齢58.44歳) が掻痒の程度をVAS (100-mm line), NRS (0-10) およびVRS (four-point)で評価. 再テストの信頼性を1時間後に250人の患者で調べた。統計解析ではすべての指標で高い信頼性と同時に高い妥当性(r>0.8; p<0.01). 全ての指標の平均値には高い相関性。

Assessment of Pruritus Intensity: Prospective Study on Validity and Reliability of the Visual Analogue Scale, Numerical Rating Scale and Verbal Rating Scale in 471 Patients with Chronic Pruritus.
Phan NQ, Blome C, Fritz F, Gerss J, Reich A, Ebata T, Augustin M, Szepietowski JC, Ständer S.
Acta Derm Venereol. 2011 Dec 15. doi: 10.2340/00015555-1246. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-12-17 19:43 | 掻痒(かゆみ)

痒みの評価

ポーランド。visual analogue scale (VAS)で痒みの評価。 310人の掻痒性皮膚病患者 (148人の白人と162人のアジア人) . 痒みの強さを水平と垂直のVAS, numeric rating scale (NRS) およびverbal rating scale (VRS)で評価. すべての評価には大変優れた再現性あり (intraclass coefficient (ICC) > 0.8)。水平と垂直のVASには有意差なし (5.3 ± 2.9 vs. 5.3 ± 3.0 points, p = 0.34). NRSでは, 患者は痒みをVASよりも強く評価 (5.7 ± 2.6 points, p < 0.01). VRSは NRSと最も強く相関し (R = 0.82, p < 0.001), 次いで水平のVAS(R = 0.75, p < 0.001) さらに垂直のVAS (R=0.74, p < 0.001)。詳細な解析をVASを次のように分類できる: 0 = 痒みなし, > 0-< 4 points = 軽度の痒み, ≥ 4 -< 7 points = 中等度の痒み, ≥ 7-< 9 points = 強度の痒み, and ≥ 9 points = 非常に強度の痒み. まとめ:VAS は痒みの有用な評価方法。

Visual Analogue Scale: Evaluation of the Instrument for the Assess-ment of Pruritus.
Reich A, Heisig M, Phan NQ, Taneda K, Takamori K, Takeuchi S, Furue M, Blome C, Augustin M, Ständer S, Szepietowski JC.
Acta Derm Venereol. 2011 Nov 21. doi: 10.2340/00015555-1265. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-26 17:37 | 掻痒(かゆみ)

クルクミン(カレーのスパイスのウコンの黄色色素)の痒みへの効果

クルクミン(カレーのスパイスであるウコン(ターメリック)の黄色色素)は硫黄マスタードの引き起こした慢性掻痒に二重盲検法で有効。
Br J Nutr. 2011 Nov 18:1-8. [Epub ahead of print]
Improvement of sulphur mustard-induced chronic pruritus, quality of life and antioxidant status by curcumin: results of a randomised, double-blind, placebo-controlled trial.
Panahi Y, Sahebkar A, Amiri M, Davoudi SM, Beiraghdar F, Hoseininejad SL, Kolivand M.
Chemical Injuries Research Center, Baqiyatallah University of Medical Sciences, Tehran, Iran.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-23 09:14 | 掻痒(かゆみ)

青年において痒みと痛みは同程度の自殺念慮の危険因子

4,744人の青年をアンケートを基にした研究に招いた。参加率は80%. 自殺念慮の率は痒みがない者では8.4% vs強度の痒みのある者では 21.1%. 多変量解析を行うと痒みと自殺念慮には有意な関連があり(odds ratio 3.0, 95% confidence interval (CI) 2.1-4.2)痛みと自殺念慮煮も有意な関連がある(odds ratio 3.8, 95% CI 2.6-5.7). その所見は女性でも男性でも同様に統計的に有意。一般人口における大人数の青年で調べると、痒みと痛みは 同程度に自殺念慮に強く関連する。

Acta Derm Venereol. 2011 Nov 9. doi: 10.2340/00015555-1251. [Epub ahead of print]
Itch and Pain in Adolescents are Associated with Suicidal Ideation: A Population-based Cross-sectional Study.
Halvorsen JA, Dalgard F, Thoresen M, Bjertness E, Lien L.
Department of Dermatology, Faculty of Medicine, Rikshospitalet University Hospital, NO-0027 Oslo, Norway. E-mail: j.a.halvorsen@medisin.uio.no
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-13 00:12 | 掻痒(かゆみ)

慢性掻痒症には線維筋痛症の治療が有効

 原因不明の掻痒症、熱傷やアトピー性皮膚炎による掻痒症には外用薬と抗ヒスタミン薬がまず使用されます。しかし、それでも掻痒が十分に改善されない場合が少なくありません。その場合には神経障害性疼痛の治療、すなわち線維筋痛症の治療が有効です。熱傷による掻痒(かゆみ)にはリリカが有効という報告があります。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-06 20:53 | 掻痒(かゆみ)

慢性掻痒におけるlactase欠損

718人の慢性掻痒患者中、154人がlactase欠損に陽性であり、38.3%の者はactoseのない食事(最低4週間)で有意に抗掻痒反応を示した 最もよい結果は混合または原因のわからない掻痒患者で得られた (n = 91; 64%の反応). lactoseのない食事への抗掻痒効果には年齢、性別、局在、期間は関係なし。

Lactase Deficiency: A Potential Novel Aetiological Factor in Chronic Pruritus of Unknown Origin.
Grundmann SA, Stratmann E, Brehler R, Luger TA, Ständer S.
Acta Derm Venereol. 2011 Aug 31. doi: 10.2340/00015555-1150. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-09-03 01:36 | 掻痒(かゆみ)
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line