カテゴリ:機能性胃腸障害( 21 )


機能性胃腸障害や過敏性腸症候群では死亡率は高くない

地域の人8,407人中8,323 (99.0%)を10年経過観察、84,000人-年。: 3,169人(38.1%) がdyspepsia, そして264人 (3.2%) がIBS. 10年で137人 (1.65%) 死亡。多変量解析により10年間の死亡は dyspepsia (HR: 0.94; 99% CI: 0.58-1.54) 又はIBS (HR: 1.35; 99% CI: 0.36-5.10),はそれらを満たさない人に比べて死亡率は高くない。

Am J Gastroenterol. 2012 Apr 3. doi: 10.1038/ajg.2012.69. [Epub ahead of print]
Effect of Dyspepsia on Survival: A Longitudinal 10-Year Follow-Up Study.
Ford AC, Forman D, Bailey AG, Axon AT, Moayyedi P.
1] Leeds Gastroenterology Institute, St James's University Hospital, Leeds, UK [2] Leeds Institute of Molecular Medicine, University of Leeds, Leeds, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-08 17:39 | 機能性胃腸障害

機能性胃腸障害の補完代替医療

137人のfunctional gastrointestinal disorders 患者がアンケートに答える。62%(85人)が女性、38%(52人)が男性。28の異なる補完代替医療complementary and alternative medicine を受けていた。4つに分類され、栄養、薬/生物製剤、心理療法、肉体活動。全員が少なく一つを試しており、大部分の方法は部分的な症状改善をもたらす。

Complementary and alternative medicine used by persons with functional gastrointestinal disorders to alleviate symptom distress.
Stake-Nilsson K, Hultcrantz R, Unge P, Wengström Y.
J Clin Nurs. 2011 Dec 17. doi: 10.1111/j.1365-2702.2011.03985.x. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-12-23 17:09 | 機能性胃腸障害

日本製の薬であるacotiamideの機能性胃腸障害での有効性

ゼリア新薬工業 <4559> は先ごろ、シカゴ(米国)で開催された米国消化器病週間2011(DDW 2011)で、ローマIII基準に基づき診断され機能性ディスペプシア(以下「FD」)患者を対象に、同社が世界で初めて創製し有効性を証明した治療剤Z-338(一般名:アコチアミド塩酸塩水和物、以下「アコチアミド」)について、国内で実施した第III相臨床試験、欧州で実施した第II相臨床試験の結果、ならびに非臨床の薬理試験結果など7テーマを発表した。
 アコチアミドは、消化管運動の亢進に重要な役割を演じている神経伝達物質アセチルコリンの分解酵素である末梢のアセチルコリンエステラーゼを阻害することにより、胃運動の低下および胃からの食物排出遅延を改善させ、FDの自覚症状を改善する。


多施設、無作為、平行、第Ⅲ相の試験を行いFD患者が100 mg のacotiamide または偽薬を1日3回、4週間内服。一次的な効果は毎日の日記から得たoverall treatment efficacy (OTE)の全般的評価および3食時の食事に関連した症状 (食後の腹部膨満, 上腹部膨満早期飽食)で評価した。二次的な評価は個人の症状点数と生活の質。副作用を記録した。結果: acotiamideを内服した52.2% と偽薬を内服した34.8% (p<0.001)がOTEの全般評価で反応者であった。4週間後, 三食に関連した症状の改善率はacotiamide群では15.3% であり偽薬群では9.0% (p=0.004). The significant benefit of acotiamide over placebo in OTEではacotiamide群が偽薬より有意に有用であり、改善率は治療終了後4週間維持していた。生活の質を含む他の二次的な効果は100 mgの acotiamideの方が偽薬より改善していた。NNTはOTE改善が6、症状改善が 16。副作用の発生率は両群で同様であり心血管効果には有意差なし。
Gut. 2011 Dec 9. [Epub ahead of print]
A placebo-controlled trial of acotiamide for meal-related symptoms of functional dyspepsia.Matsueda K, Hongo M, Tack J, Saito Y, Kato H.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-12-17 20:41 | 機能性胃腸障害

ピロリ感染は機能性胃腸症から除外すべき

自治医科大学。the Rome IIIの定義ではH. pylori感染はFDに含まれる。H. pylori感染はFDから除外すべきである。

Should We Still Subcategorize Helicobacter pylori-Associated Dyspepsia as Functional Disease?
Sugano K.
J Neurogastroenterol Motil. 2011 Oct;17(4):366-71. Epub 2011 Oct 31.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-12-11 16:42 | 機能性胃腸障害

機能性消化不良と過敏性腸症候群の合併率

慶応大学。機能性胃腸疾患functional gastrointestinal (GI) disordersの中で, 機能性消化不良functional dyspepsia (FD) とirritable bowel syndrome (IBS)は頻繁に起こる疾患。Upper GI symptoms such as 胸焼け, 食後の腹部膨満(感), 早期満腹感, 心窩部の痛みや灼熱感などの上部消化管症状や便秘や下痢などの下部消化管症状はしばしば同時に存在する。Although the prevalence of FD-IBSが合併した有病率は研究人口の選択に影響され、FD-IBSの重なる割合は11%-27%.特に, FD-IBSの重なりはFD単独やIBS単独よりも症状が強いことと関連する。FD-IBSの重なりは一般的であるため、二つの症候群は互いに独立して治療すべきではない。

Overlap syndrome of functional dyspepsia and irritable bowel syndrome - are both diseases mutually exclusive?
Suzuki H, Hibi T.
J Neurogastroenterol Motil. 2011 Oct;17(4):360-5. Epub 2011 Oct 31.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-12-11 16:30 | 機能性胃腸障害

機能性胃腸障害はピロリ菌の除菌で症状が軽快する

Helicobacter pylori –陽性のthe Rome III 基準を満たす機能胃腸障害functional dyspepsia 患者を無作為にomeprazole, amoxicillin trihydrate, and clarithromycin,または omeprazole plus placeboを10日間投与。 内視鏡とH pylori テストをスクリーニングと12か月の時点で行った。疾患に特異的なアンケート(一次的な結果), 患者の症状に対する全般的評価、生活の質を用いて12か月の時点で症状が少なくとも50%改善しているかどうか。結果:404人の患者 (78.7%は女性;平均年齢, 46.1歳); 201人は抗生物質治療(抗生物質群) 、203人は対照群. 389 人(96.3%) が研究終了. 一次的な結果を達成した患者の割合は抗生物質群で49.0% (94 of 192)、対照群で 36.5% (72 of 197) (P=.01;NNT, 8). 患者による症状の評価は,抗生物質群では 78.1% (157 of 201) が症状がよくなったと答え, 対照群では67.5% (137 of 203) がよくなったと答えた (P=.02). 抗生物質群は対照群より平均(SD) Medical Outcomes Study 36-Item Short Form Health Survey physical component summary scoresが有意に増加 (4.15 [8.5] vs 2.2 [8.1]; P = .02).

Arch Intern Med. 2011 Nov 28;171(21):1929-36.
Helicobacter pylori Eradication in Functional Dyspepsia: HEROES Trial.1請求
Mazzoleni LE, Sander GB, Francesconi CF, Mazzoleni F, Uchoa DM, De Bona LR, Milbradt TC, Von Reisswitz PS, Berwanger O, Bressel M, Edelweiss MI, Marini SS, Molina CG, Folador L, Lunkes RP, Heck R, Birkhan OA, Spindler BM, Katz N, Colombo Bda S, Guerrieri PP, Renck LB, Grando E, Hocevar de Moura B, Dahmer FD, Rauber J, Prolla JC.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-12-02 17:43 | 機能性胃腸障害

消化不良と肥満の子供の胃機能の評価

28人の消化不良の子供 (22人は女性, 平気年齢12.5±3.1歳)と15人の肥満児(女性5人、 13.3 ±1.8歳)。患者はoctanoic acid gastric emptying breath test とa satiety drinking testを受けた.テストに先立ち、消化不良アンケートに記入し、平均摂取カロリーを計算。主要な結果:最も多い消化不良の症状は早期満腹 (96.4%),食後の腹部膨満(感)(89.2%),および心窩部痛(78.6%), 次いで吐き気 (50%). 43人の消化不良の子供と肥満の子供はthe satiety drinking testを行い 41人は点数が5になるまでに完了。FDの最大摂取容積は肥満の子供や年齢を一致させた健常人より有意に少ない(252±85 vs 479±199 vs 359±29 mL共にP<0.05)。消化不良の子供は肥満の子供より有意にゆっくり胃が空になる(89.7±54.8 min vs 72.5±26.0 min  P=0.05)。日常の摂取カロリーは肥満の子供が消化不良の子供より多い(2325±469 vs 1503 ±272 cal  P<0.0001)。satiety drinking testの終了時は有意に体重又はBMIに相関 (共にR=0.41,P=0.04),しかしそれは日常の摂取カロリー、胃が空になる速度や年齢に相関せず。まとめ:The satiety drinking testは消化不良と肥満の子供の検査に有用。

Neurogastroenterol Motil. 2011 Nov 21. doi: 10.1111/j.1365-2982.2011.01813.x. [Epub ahead of print]
Assessment of gastric motor function in childhood functional dyspepsia and obesity.
Hoffman I, Tack J.
Department of Paediatric Gastroenterology, University Hospitals Leuven, Leuven, Belgium Gastroenterology Division, Department of Pathophysiology, University Hospitals Leuven, Leuven, Belgium.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-26 18:04 | 機能性胃腸障害

健常者と機能性胃腸症患者に水や塩酸を入れた際の症状の比較

兵庫医大。多施設, cross-over, 無作為振り分け, 二重盲検法で23人の FD患者と 32 人の健常者HCsを調べる. FDはthe Rome III基準で診断。全員Helicobacter pylori は陰性. 各患者は2つのテストを受けた; 0.1 mol/Lの塩酸と水を胃に入れた。2 の消化不良症状の存在と程度をVASで評価。結果:酸又は水を入れた場合の症状はFDの方が健常人より有意に強かった。酸又は水を入れると、FD患者は全員少なくとも1つの症状を訴えていた。FD患者は酸を入れた時の症状は水を入れた時の症状より有意に強かった。酸を入れた時の12の症状のうち8つではFD患者の方が健常人より有意に強かった。

Generation of dyspeptic symptoms by direct acid and water infusion into the stomachs of functional dyspepsia patients and healthy subjects.
Oshima T, Okugawa T, Tomita T, Sakurai J, Toyoshima F, Watari J, Yamaguchi K, Fujimoto K, Adachi K, Kinoshita Y, Kusunoki H, Haruma K, Miwa H.
Aliment Pharmacol Ther. 2011 Nov 16. doi: 10.1111/j.1365-2036.2011.04918.x. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-23 10:31 | 機能性胃腸障害

機能性胃腸症は中枢性過敏症候群に含まれる

 機能性胃腸症(FD)の原因は不明である。胃腸のいずこかに何らかの異常があるかも知れない。しかし、FDは中枢性過敏症候群に含まれると考えることが妥当である。症状が中枢性過敏症候群に含まれる他の疾患と類似している。精神的ストレスなどが危険因子となる点は中枢性過敏症候群に含まれる他の疾患と類似している。中枢性過敏症候群に含まれる他の疾患との合併の頻度が多い。
 原因は何であれ痛み刺激が持続すると、脳に機能障害(中枢性過敏)が生じ、その結果中枢性過敏症候群が起こる。当初は胃腸のいずこかの何らかの異常が症状の原因であったとしても、時間が経過すると脳に機能障害(中枢性過敏)が生じ、その結果中枢性過敏症候群が起こる。
 FDは中枢性過敏症候群に含まれることにより、様々なメリットが生じる。最大のメリットは治療成績である。FDの治療の基本はPPIやガスモチンなどの胃薬系の薬物である。しかし、それでは症状が軽快しない場合がある。その際、「FDは中枢性過敏症候群に含まれること」を知っていれば、中枢性過敏症候群に含まれる疾患の治療を適用できる。具体的には線維筋痛症の治療を行えばよい。FD単独の治療をした経験は私にはないが、線維筋痛症に合併したFDは多数診療している。通常線維筋痛症の症状が軽減すれば、自動的にFDの症状も軽減する。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-06 01:46 | 機能性胃腸障害

喫煙は合併症を増やす

・大阪市立大学。Gastroesophageal reflux disease (GERD), functional dyspepsia (FD), and irritable bowel syndrome (IBS)。結果:2680人のうち160人 (6.0%)が重複。女性はGERD + IBS (OR=1.99; 95% CI, 1.06-3.75), やFD + IBS (OR=1.72; 95% CI, 1.03-2.85)に関連, そしてBMIが低いことはFD + IBS (OR=0.54; 96% CI, 0.34-0.87)と負の相関. 喫煙は疾患の重複と相関する一般的な因子: GERD + FD (OR=2.14; 95% CI, 1.22-3.76), GERD + IBS (OR=3.16; 95% CI, 1.75-3.71), FD + IBS (OR=2.26; 95% CI, 1.40-3.66), およびGERD + FD + IBS (OR=4.08; 95% CI, 1.66-10.07). 喫煙習慣と重複の関連は1日1箱未満の人に比べると1日1箱以上の者でより強い。結論:成人日本人の中で喫煙は有意にGERD, FD, およびIBS間の重複に関連する。

Cigarette smoking and its association with overlapping gastroesophageal reflux disease, functional dyspepsia, or irritable bowel syndrome.Fujiwara Y, Kubo M, Kohata Y, Machida H, Okazaki H, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe K, Watanabe T, Tominaga K, Arakawa T.
Intern Med. 2011;50(21):2443-7. Epub 2011 Nov 1.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-06 00:21 | 機能性胃腸障害
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line