カテゴリ:FMの疫学( 76 )


慢性広範痛症患者は死亡しやすい


方法:40-69歳の50万人のコホート研究であるUK Biobank2006-2010年にGreat Britain全体から人を集めた。全身に3か月を超える痛みを報告した参加者を慢性痛のない人と比較。死亡の情報(原因とともに)は2015年中版まで利用可能。過剰な危険性の統合された推定を計算するために、メタ解析内のこれらの結果とその他の出版された報告を包括した。結果:7130人の参加者はCWPを報告し過剰な死亡率を経験(死亡率の危険比2.43, 95%CI2.17 to 2.72).過剰な特異的な死亡の原因は癌 (1.73adjusted ageand sex,95% CI 1.46 to 2.05), 心血管疾患(3.24adjusted ageand sex,95% CI 2.55 to 4.11), 呼吸器疾患(5.66adjusted ageand sex,95% CI 4.00 to 8.03)およびその他の疾患関連の原因 (4.04adjusted ageand sex,95% CI 3.05 to 5.34). 身体活動が低いこと、高いBMI、質の悪い食事と喫煙で補正すると過剰な危険性はかなり減弱。メタ解析では、すべての研究は全原因(統合した推定1.59 (95% CI 1.05 to 2.42)), 心血管疾患と癌による死亡率は有意に過剰。まとめ:エビデンスによると、CWPの人は過剰な死亡率であることは明白。

Ann Rheum Dis. 2017 Jul21. pii: annrheumdis-2017-211476. doi: 10.1136/annrheumdis-2017-211476. [Epubahead of print]

Persons with chronic widespreadpain experience excess mortality: longitudinalresults from UK Biobank and meta-analysis.

MacfarlaneGJ1,2, BarnishMS1,2, Jones GT1,2.

1

EpidemiologyGroup, School of Medicine, Medical Sciences and Nutrition, University ofAberdeen, Aberdeen, UK.

2

AberdeenCentre for Arthritis and Musculoskeletal Health University of Aberdeen,Aberdeen, UK.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-07-30 16:01 | FMの疫学

内臓痛は線維筋痛症を引き起こす

この前向き研究は、併存患者において、内臓痛をFMS pain/hyperalgesiaの可能性のある引き金要因として評価。a) FMS+irritable bowel syndrome (IBS); b) FMS+一次性月経困難症(primary dysmenorrheaDys); c) FMS+子宮内膜症に続発する月経困難症(dysmenorrhea secondary to endometriosisEndo); d) FMS+結腸憩室症(colondiverticulosisDiv)の女性をFMSのみの女性の間で、同等の期間のFMの痛み (エピソードの数/強度、鎮痛薬の消費量) および身体の痛覚過敏(電気/圧迫疼痛閾値)痛い部位 (圧痛点TenderPoints, TePs) および対照領域 (僧帽筋、三角筋、大腿四頭筋および覆っている皮下組織と皮膚)の身体の痛覚過敏(電気/圧迫疼痛閾値)に関して比較した。併存のサブグループにおいて、FMS 症状を内臓疾患の治療後又は無治療で再評価。FMSのみと比べると全合併群は、FMSの痛み (エピソードの数/強度、鎮痛薬の消費量) およびすべての部位での深部内臓組織の痛覚過敏 (皮下組織と筋肉)(0.05<P<0.0001)が有意に高かった。内臓痛(IBSの日数, 有痛性の月経周期, 憩室炎による腹痛のエピソード) FMSの痛みのすべての指標と正比例しすべての部位の筋肉痛の閾値と逆相関 (0.03<P<0.0001)FMSの痛みとすべての組織とすべての部位の痛覚過敏は内臓合併症の治療後には有意に低下[6 か月の食事療法(IBS), 6か月のホルモン治療(月経困難症), レーザー治療(子宮内膜症),手術(憩室炎)](0.05<P<0.0001)、一方無治療の患者では変化せず。内臓痛はFMS症状を悪化させ,症候群のcentralsensitizationのレベルを恐らく強くする。内臓痛合併症の系統的な評価と治療はFMS対処の一部にすべきである。

Pain. 2017 Jul 3. doi:10.1097/j.pain.0000000000000992. [Epub ahead ofprint]

Visceral pain asa triggering factor for fibromyalgia symptoms incomorbid patients.

CostantiniR1, AffaitatiG,WesselmannU,CzakanskiP,GiamberardinoMA.

1

1Instituteof Surgical Pathology, "G D'Annunzio" University of Chieti, Italy2Fibromyalgia Center, Department of Medicine and Science of Aging, "GD'Annunzio" University of Chieti and Center of Sciences of Aging andTranslational Medicine, CeSI-MeT, Chieti, Italy; 3University of Alabama atBirmingham, Departments of Anesthesiology and Perioperative Medicine (Divisionof Pain Medicine) and Neurology, Birmingham, AL,USA 4University of Alabama at Birmingham, Departments of Anesthesiology andPerioperative Medicine (Division of PainMedicine) and Obstetrics & Gynecology, Birmingham, AL, USA.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-07-09 15:30 | FMの疫学

線維筋痛症患者は心血管疾患になりやすいか

方法:この横断研究はスペインのAndalusia436人のFM女性(51.4±7.5)および217人の対照者(48.4±9.6)からなる.臨床データ、 ウエスト周囲経、体脂肪率、安静時心拍数、血圧および心肺fitnessを評価。中等度から強度の身体活動をaccelerometryで客観的に評価。個人の心血管疾患の危険性の要因のclustering 1日の喫煙本数、肥満、平均血圧、安静時心拍数、および心肺fitnessにより表された。結果:FM女性は、年齢、結婚状態、教育レベル、就労状態、コレステロールの投薬、および毎月の定期的な月経で補正後の、ウエスト周囲径と体脂肪率が大きく、1日喫煙本数が多く、心肺fitness が低かった (すべて,p<.05). 前述の可能性のある交絡因子で補正後、FM女性は対照女性よりもclustered心血管疾患の危険性が高かった (p<.001)。中等度から強度の身体活動の推奨に適さないFM女性は、前述の可能性のある交絡因子で補正後、clustered心血管疾患の危険性が高かった (p<.001).まとめ:FM女性は対照群よりも心血管疾患の危険性が高いかもしれない。不適切なレベルの中等度から強度の身体活動はFM患者の心血管膝関の追加的な誘因に重要な役割を果たすかも。

Clin Exp Rheumatol. 2017 Apr 5.[Epub ahead of print]

Do women with fibromyalgiapresent higher cardiovascular disease risk profile than healthy women? Theal-Ándalus project.

Acosta-ManzanoP1, Segura-JiménezV2, Estévez-LópezF3, Álvarez-GallardoIC4, Soriano-MaldonadoA5, Borges-CosicM4, Gavilán-CarreraB4, Delgado-FernándezM4, AparicioVA6.

1

Departmentof Physical Education and Sport, Faculty of Sport Sciences, University ofGranada, Spain. acostapedro23@ugr.es.

2

Departmentof Physical Education and Sport, Faculty of Sport Sciences, University ofGranada; and Department of Physical Education, Faculty of Education Sciences,University of Cádiz, Spain.

3

Departmentof Physical Education and Sport, Faculty of Sport Sciences, University ofGranada, Spain; and Department of Psychology, Faculty of Social and BehaviouralSciences, Utrecht University, The Netherlands.

4

Departmentof Physical Education and Sport, Faculty of Sport Sciences, University ofGranada, Spain.

5

Departmentof Physical Education and Sport, Faculty of Sport Sciences, University ofGranada; and SPORT Research Group (CTS-1024), Department of Education, Facultyof Education Sciences, University of Almeria, Spain.

6

Departmentof Physiology, Faculty of Pharmacy, Faculty of Sport Sciences, and Institute ofNutrition and Food Technology, University of Granada, Spain.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-04-16 11:19 | FMの疫学

線維筋痛症患者には消化性潰瘍疾患が多い

方法:本研究において、2000 年から2011年まで20歳以上のFMSと診断された 26068人のFMSコホートを作った。さらに、FMS患者と性別、年齢、および index yearをマッチさせた非FMSの者104269人を無作為に選んで対照コホートを作った. 全員ベースラインでは消化性潰瘍疾患(peptic ulcerdisease PUD)はなかった。コックス比例ハザード回帰を行い、人口統計的特徴および合併症で補正後にPUDのハザード比を計算。結果: FMS患者は対照群よりも合併症の有病率が有意に高い。FMS患者および対照群における1000人ー年あたりのPUDの発生率は各々29.8 および19.4. さらにFMSコホートは対照コホートと比べるとPUDの危険性が1.40倍高い(95%信頼区間 =1.35-1.45). 交絡因子での補正後, FMS患者における投薬(SSRI,SNRI,抗うつ薬) PUDの危険性を増加させない。まとめ:FMS 患者は非FMS患者よりもPUDの危険性が高い。

PLoS One. 2017 Apr6;12(4):e0175370. doi: 10.1371/journal.pone.0175370. eCollection 2017.

Association between fibromyalgiasyndrome and peptic ulcer disease development.

Wang KA1,2, Wang JC3, Lin CL4,5, Tseng CH6,7.

1

Division ofGeneral Surgery, Department of Surgery, Shin-Kong Memorial Hospital, Taipei,Taiwan.

2

School ofMedicine, Fu Jen Catholic University, New Taipei City, Taiwan.

3

Departmentof Physical Medicine and Rehabilitation, National Yang-Ming University andTaipei Veterans General Hospital, Taipei, Taiwan.

4

ManagementOffice for Health Data, China Medical University Hospital, Taichung, Taiwan.

5

College ofMedicine, China Medical University, Taichung, Taiwan.

6

GraduateInstitute of Clinical Medical Science and School of Medicine, College ofMedicine, China Medical University, Taichung, Taiwan.

7

Departmentof Neurology, China Medical University Hospital, Taichung, Taiwan.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-04-10 20:23 | FMの疫学

線維筋痛症と慢性疲労症候群の発生率の動向

デザイン:電子的な健康記録のコホート研究。背景:UKNHS primary care 診療.参加者:20011月から201312月までthe Clinical Practice Research Datalink (CPRD)primary careデータベースにリンクしたgeneralpracticesに登録した患者. 主要な結果はCFS/ME, FM, ウイルス感染後の疲労症候群(post-viralfatigue syndromePVFS), および無力症/衰弱の発生率の計測.結果:CFS/MEの記録された症例の全般的な年間の発生率は10万人あたり14.8 (95% CI 14.5, 15.1). FMの全般的な年間の発生率は人口10万人あたり33.3(32.8-33.8), PVFS 12.2 (11.9,12.5), そして無力症/衰弱は 7.0 (6.8, 7.2). CFS/ME診断の年間の発生率は2001年の 17.5 (16.1, 18.9)から2013年の12.6 (11.5, 13.8)に減少(年間のパーセントの変化-2.8% (-3.6%,-2.0%)). FM診断の年間の発生率は人口10万人当たり32.3 (30.4, 34.3) から2007年には27.1 (25.5, 28.6)に低下し、その後2013年に 38.2 (36.3,40.1)に増加. 記録された疲労症状の全般的な年間発生率は人口10万人あたり2246 (2242,2250). 最も貧困ではないIMD五分位と比較して, 最も貧しい五分位でのCFS/ME の発生率は39%低く(incidencerate ratio (IRR) 0.61 (0.50, 0.75)), FMの発生率は 40%高い (IRR 1.40 (0.95, 2.06)). まとめ:これらの解析によるとCFS/MEの記録された診断は2001年以降漸減し、FMの診断は増加した, CFS/MEの診断は最も貧しい地域で低い率であるがFMの診断は高率であるという社会経済的パターンが逆である。

J R Soc Med. 2017 Jan1:141076817702530. doi: 10.1177/0141076817702530. [Epub ahead of print]

Trends in the incidence of chronic fatiguesyndrome and fibromyalgia in the UK, 2001-2013: aClinical Practice Research Datalink study.

Collin SM1, Bakken IJ2, NazarethI3, Crawley E1, White PD4.

1

1 School ofSocial and Community Medicine, University of Bristol, Bristol BS8 2BN, UK.

2

2 NorwegianInstitute of Public Health, 0403 Oslo, Norway.

3

3 UCLDepartment of Primary Care and Population Health, UCL Royal Free Campus, LondonNW3 2PF, UK.

4

4 WolfsonInstitute of Preventive Medicine, Barts and the London School of Medicine andDentistry, Queen Mary University of London, London EC1M 6BQ, UK.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-04-02 23:10 | FMの疫学

線維筋痛症の有病率:総説


2005年から2014年まで、MEDLINE, Web of Science, Embase, LILACS andSciELO データベースで3274の記録を同定。 5人の研究者が研究を選別し、含める基準に従った: FMの有病率を調べた研究. 疾患に関連したFMの研究は除外した。演題名と抄録で選別すると、2073の無関係の論文を除外. 210のフルテキストの論文を該当するかどうか評価しこの総説では39の研究を含み、41の論文. 選別した研究は4つのカテゴリーに分類: a) 一般人口におけるFMの有病率; B) 女性におけるFMの有病率;C)田舎地域と都会地域のFMの有病率; D) 特別な人口でのFMの有病率. 文献によると一般人口のFMの有病率は0.2%から6.6%, 女性では2.4%から6.8%, 都会地域では0.7%から11.4%, 田舎地域では0.1%から 5.2%, そして特別な人口では0.6%から15%. この論文の総説によると、世界中のFM有病率の研究は有意に増加. 新しい2010 American College of Rheumatology 基準は広くは用いられておらずthe COPCORD(Community-oriented program for control of Rheumatic Diseases)の方法論は全般的なリウマチ性疾患の有病率の研究の質を向上させた。

Rev Bras Reumatol. 2016 Dec18. pii: S0482-5004(16)30174-7. doi: 10.1016/j.rbr.2016.10.004. [Epub ahead ofprint]

Prevalence of fibromyalgia:literature review update.

[Article in English, Portuguese]

MarquesAP1, Santo AS1, BerssanetiAA1, MatsutaniLA1, Yuan SL2.

  • 1Universidade de São Paulo (USP), Faculdade de Medicina, Departamento de Fisioterapia, Fonoaudiologia e Terapia Ocupacional, São Paulo, SP, Brasil.
  • 2Universidade de São Paulo (USP), Faculdade de Medicina, Departamento de Fisioterapia, Fonoaudiologia e Terapia Ocupacional, São Paulo, SP, Brasil. Electronic address: susanlkyuan@yahoo.com.br.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-01-09 15:15 | FMの疫学

境界性人格障害と線維筋痛症・慢性疲労症候群の関連


境界性人格障害(borderline personality disorder:BPD)とFMおよびCFSの関連の系統的総説。5つのデータベースで6つの該当する研究を見つけた。手作業および専門家との連絡でさらに2つの研究を見つけた。結果:BPD患者におけるFMやCFSの有病率を評価した研究は同定できず。3つの研究はFM患者におけるBPDの有病率を評価し、1.0, 5.25 および16.7%と報告. 5つの研究はCFSにおけるBPDの有病率を評価し3.03, 1.8, 2.0, 6.5 および17%と報告。
BJPsych Open. 2016 Sep 2;2(4):275-279. eCollection 2016.
The association between borderline personality disorder, fibromyalgia and chronic fatigue syndrome: systematic review.
Penfold S1, St Denis E2, Mazhar MN3.
•1MD, Department of Psychiatry, Queen's University, Kingston, Ontario, Canada.
•2MSc, MD, Department of Psychiatry, Queen's University, Kingston, Ontario, Canada.
•3FRCPsych, FRCPC, DABPN, Department of Psychiatry, Queen's University, Kingston, Ontario, Canada.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-10-10 10:31 | FMの疫学

線維筋痛症患者が帝王切開を受けると硬膜穿刺後頭痛になりやすい

症例対照研究。方法:比較対照研究において、70人のFM患者が腰椎麻酔での待機的な帝王切開分娩を計画されGroup 1. Group 2は慢性痛の既往のない待機的な帝王切開分娩を計画された70人の女性であり、対照群。術後の最初の48時間での硬膜穿刺後頭痛(post dural puncture headachePDPH)の発生率および、7日以上経過時のPDPHの持続に関して両群を比較。Assiut University Women's Health Hospitalの出産前クリニック。結果:FM (18人の患者,25.7%) は対照群(10人の患者, 14.3%)に比べてPDPHが多い, P < 0.01. PDPHFM群では8(11.4%)7日以上持続したが, 対照群では2.86%であった. PDPHFM群では2(2.86%)3か月以上継続した。まとめ:硬膜穿刺はFM患者では対照群よりも、その他の術後の副作用を増加させず、PDPHの発生率を増加させる。

Pain Physician. 2016Jul;19(6):E871-6.

Post Dural Puncture Headache in Fibromyalgiaafter Cesarean Section: A Comparative Cohort Study.

Morsy KM1, Osman AM1, ShaabanOM1, El-HammadyDH1.

  • 1Assiut University, Faculty of Medicine, Egypt.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-08-03 21:25 | FMの疫学

アルコールを全く飲まない者は慢性広範痛症に罹患しやすい

UK Biobank4069歳の50万人以上の人を全国の医療施設で集めた。痛みおよびアルコール消費を含む健康および生活スタイルの要因の情報を参加者が詳細に提供。1週間当たりで消費した総単位で現在の飲酒を計算。アルコール消費の変化とそのような変化の理由に関する情報も集めた。ロジスティック回帰でオッズ比(ORs) 95%信頼区間(CIs)を調べ,多くの可能性のある交絡因子で補正(adjORs).飲酒を報告した男性では、10年前と同じであり, U-字型の関連が飲酒総量とCWP報告のオッズに見られた (非飲酒者のCWP有病率2.4%, 19.1-32.1 units/wk 0.4%, >53.6 units/wk 1.0%; adjORs 2.53 95% CI[1.78-3.60] vs 1 vs 1.52 [1.05-2.20]). 女性では、アルコール消費によりCWPの割合は減るが、それ以上増えてもCWPには変化がない(非飲酒者のCWP有病率3.4%, 6.4-11.2 units/wk 0.7%, >32.1 units/wk0.7%; adjORs 2.11 [1.67-2.66] vs 1 vs 0.86 [0.54-1.39]). この大規模な研究は、可能性のある交絡因子で補正した後、健康を心配してのアルコール消費の変化がない人においてでさえ、アルコール消費と痛みの報告の明確な関連を示した。

Pain. 2016 Jul 19. [Epubahead of print]

Is alcohol consumption related to likelihood ofreporting chronic widespreadpainin people with stable consumption? Results from UK Biobank.

BeasleyMJ1, MacfarlaneTV,MacfarlaneGJ.

  • 11Epidemiology Group, School of Medicine, Medical Sciences and Nutrition, University of Aberdeen, United Kingdom 2Aberdeen Centre for Arthritis and Musculoskeletal Health, University of Aberdeen, United Kingdom.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-07-24 18:35 | FMの疫学

線維筋痛症患者の8%は脊椎関節炎

方法: FMS患者 (ACR 1990基準)に脊椎関節炎(SpA)の特徴の存在に関してインタビューし、 HLA-B27検査,CRPの計測および仙腸関節のMRIを受けた. FMSの程度は、FIQおよび SF-36アンケートにより、評価した。SpAの程度は、BASDAIにより評価した。結果:FMS患者の中で脊椎関節炎は8 (8.1%)おり、軸性SpAASAS基準を10(10.2%)が満たした.画像上の炎症を示す変化(例えば、びらんおよび軟骨下硬化) は各々15(17%) 22 (25%).軸性SpAの診断はCRPの増加と、募集時の身体機能の制限と正の相関。まとめ:軸性SpAを示す画像上の変化はFMS患者では一般的. この所見によると、FMSは存在する軸性SpAを隠すかもしれず, 診断は治療に重要。

Arthritis Care Res (Hoboken). 2016 Jul 7.doi: 10.1002/acr.22967. [Epub ahead of print]

Prevalence of axial spondyloarthropathy amongpatients suffering from Fibromyalgia- an MRI study with application of the ASAS classification criteria.

Ablin JN1, Eshed I2, Berman M1, Aloush V1, Wigler I1, Caspi D1, Likhter M1, Wollman J1, Paran D1, Anouk M1, Elkayam O1.

  • 1Department of Rheumatology, Tel Aviv Sourasky Medical Center, Israel and Sackler School of Medicine, Tel Aviv University, Tel Aviv, Israel.
  • 2Department of Diagnostic Imaging, The Sheba Medical Center, Tel Hashomer 52621, Israel and Sackler School of Medicine, Tel Aviv University, Tel Aviv, Israel.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-07-18 18:38 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line