カテゴリ:FMの疫学( 77 )


線維筋痛症患者の8%は脊椎関節炎

方法: FMS患者 (ACR 1990基準)に脊椎関節炎(SpA)の特徴の存在に関してインタビューし、 HLA-B27検査,CRPの計測および仙腸関節のMRIを受けた. FMSの程度は、FIQおよび SF-36アンケートにより、評価した。SpAの程度は、BASDAIにより評価した。結果:FMS患者の中で脊椎関節炎は8 (8.1%)おり、軸性SpAASAS基準を10(10.2%)が満たした.画像上の炎症を示す変化(例えば、びらんおよび軟骨下硬化) は各々15(17%) 22 (25%).軸性SpAの診断はCRPの増加と、募集時の身体機能の制限と正の相関。まとめ:軸性SpAを示す画像上の変化はFMS患者では一般的. この所見によると、FMSは存在する軸性SpAを隠すかもしれず, 診断は治療に重要。

Arthritis Care Res (Hoboken). 2016 Jul 7.doi: 10.1002/acr.22967. [Epub ahead of print]

Prevalence of axial spondyloarthropathy amongpatients suffering from Fibromyalgia- an MRI study with application of the ASAS classification criteria.

Ablin JN1, Eshed I2, Berman M1, Aloush V1, Wigler I1, Caspi D1, Likhter M1, Wollman J1, Paran D1, Anouk M1, Elkayam O1.

  • 1Department of Rheumatology, Tel Aviv Sourasky Medical Center, Israel and Sackler School of Medicine, Tel Aviv University, Tel Aviv, Israel.
  • 2Department of Diagnostic Imaging, The Sheba Medical Center, Tel Hashomer 52621, Israel and Sackler School of Medicine, Tel Aviv University, Tel Aviv, Israel.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-07-18 18:38 | FMの疫学

線維筋痛症の女性患者は健常女性と比べて、初経年齢、経産回数、授乳期間に差がない

トルコ:方法:20153月から20156月までにMalatyaState Hospital Physical Medicine and Rehabilitation Outpatient Clinicを受診した、187人の非妊娠女性がこの前向き研究に含まれた。ACR2010基準によりFibromyalgia syndrome (FS)と診断された111人をgroup 1と定義; group 276人の非妊娠健常ボランティア。全員が初経年齢,結婚年齢、妊娠、経産回数, 授乳の期間に関して基本的なアンケート調査により尋ねられた。患者のBMIを記録した。抑うつはBeckDepression Scale (BDS)を用いて評価した。結果:患者の平均年齢は39.04±9.21 (FS) 38.47±9.65(Control); 初経年齢は 13.28±1.38 (FS) 13.59±1.54 (Control), 結婚年齢は20.1±3.62 (FS) 20.69±3.90 (Control)BMIの値 (FS,27.76±4.95; Control 26.90±4.56 kg/m(2))には有意差なし(p=0.598). 妊娠、経産回数および授乳期間の点で両群には有意差なし(各々p=0.252,0.093, 0.075). 唯一の統計的な差は抑うつのパラメーター。BDSには統計的な有意差があり、FS群の方が高かった (p=0.000)。まとめ:FSは妊娠、経産回数、授乳期間に負の影響を及ぼさず。

Pak J Med Sci. 2016May-Jun;32(3):545-9. doi: 10.12669/pjms.323.9574.

The effect of fibromyalgia syndrome togravidity, parity and duration of breastfeeding; A prospective study fromTurkey.

Tulay KT1, EmrullahT2, Aydin A3, CiledagOF4.

  • 1Koca Tuba Tülay, Medical Doctor, Dept. of Physical Medicine and Rehabilitation, State Hospital, Malatya, Turkey.
  • 2Tanrikut Emrullah, Operator Doctor, Dept. of Obstetrics and Gynecology, State Hospital, Malatya, Turkey.
  • 3Arslan Aydin, Operator Doctor, Dept. of Orthopaedics and Traumatology, State Hospital, Malatya, Turkey.
  • 4Ozdemir Filiz Ciledag, Physical Therapist, Department of Physical Medicine and Rehabilitation, Inonu University, Malatya, Turkey.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-07-11 21:00 | FMの疫学

線維筋痛症と副甲状腺機能亢進症

FMと副甲状腺機能亢進症は同様の症状(筋骨格痛,認知機能障害、不眠、抑うつと不安)を示す。 方法:100人の女性FM患者と57人の健常女性(対照群)の横断研究。副甲状腺ホルモン(Parathyroid hormonePTH), カルシウムとアルブミンレベルを調べ、FM群の症状を調べた。結果:FM群では,カルシウム (9.6±0.98mg/dL)およびPTH (57.06±68,98 pg/mL) の平均血清値は正常と見なされたが, PTHレベルは対照群(37.12±19.02 pg/mL; p=0.001)よりも有意に高かった. 高カルシウム血症の副甲状腺機能亢進症はFM患者では6%で診断されたが, その女性のうち17%のみが、正常カルシウム血症の副甲状腺機能亢進症の特徴であるPTHの高レベルのみを示し, これは患者の年齢で予測されるよりも高頻度。心窩部の痛みを除いて副甲状腺機能亢進症とFM症状の間には有意は関連はなく、心窩部の痛みは両疾患を合併する患者群で高頻度(p=0.012)。まとめ:FM 女性では一般人口よりも副甲状腺機能亢進症の頻度が高かった。正常カルシウム血症の副甲状腺機能亢進症もFM女性で高頻度。

Rev Bras Reumatol. 2016 Mar22. pii: S0482-5004(16)00050-4. doi: 10.1016/j.rbr.2016.01.003. [Epub ahead ofprint]

High frequency of asymptomatichyperparathyroidism in patients with fibromyalgia: randomassociation or misdiagnosis?

[Article in English, Portuguese]

Costa JM1, RanzolinA2, Neto CA3, MarquesCD2, Duarte AL2.

  • 1Pós-Graduação em Ciências da Saúde, Universidade Federal de Pernambuco (UFPE), Recife, PE, Brasil. Electronic address: juli_trindade@hotmail.com.
  • 2Departamento de Reumatologia, Hospital das Clínicas, Universidade Federal de Pernambuco (UFPE), Recife, PE, Brasil.
  • 3Faculdade de Medicina, Universidade Federal de Pernambuco (UFPE), Recife, PE, Brasil.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-05-01 15:25 | FMの疫学

腹腔鏡的胆のう摘出術の線維筋痛症の痛みへの影響

胆嚢胆石症のあFM患者で,本研究で、腹腔鏡的胆のう摘出術のFMの痛み症状への短期間と長期間の影響を評価。FMの痛み(VAS尺度)および圧痛点と対照の範囲(皮膚、皮下および筋肉)の痛み閾値を、症状のある胆石症を合併したFM患者 (n = 31) vs FMを合併しない胆石症患者 (n. 26) 1週間前(ベースライン)および腹腔鏡的胆のう摘出術1週間、1,3,6 および12か月後に評価し、症状のある(n = 27) および無症状の(n = 28) 胆石症,および非胆石症 (n = 30)であり胆のう摘出を受けていないFM患者において同じ時期に評価した. ベースラインでは, FM+症状のある胆石症 患者で葉は、以前に経験した胆石疝痛の数と、FMの痛み(直接) および筋閾値()の間には有意な直線的な関連があった(p<0.0001). 胆のう摘出術後,FMの痛みは有意に増加しすべての閾値は1週間後と1か月後で有意に低下し(1-way ANOVA, p<0.01-p<0.001),筋肉の閾値の低下は手術部位の最大の術後痛と直線的に相関(p<0.003-p<0.0001)FMの痛みと閾値は3か月で術前の値に戻り, 6か月と12か月で痛みは有意に低下し閾値は有意に増加した(p<0.05-p<0.0001). 同じ12か月間で: 胆のう摘出術を受けた非FM患者では閾値は変化せず; 胆のう摘出術を受けていないその他のすべてのFM群ではFMの痛みと閾値は安定を保ったが, 例外的にFM +症状のある胆石症患者は12か月の時点で痛みは有意に増加し筋肉の閾値は有意に低下 (p<0.05-p<0.0001).本研究の結果によると、胆嚢胆石症による胆石疝痛はFM症状を悪化させる要因であり、腹腔鏡的胆のう摘出術はこれらの症状を一活性に悪化させるだけであり,胆嚢摘出による長期間の改善/ desensitizationで大規模に相殺する。

PLoS One. 2016 Apr15;11(4):e0153408. doi: 10.1371/journal.pone.0153408.

Laparoscopic Cholecystectomy for GallbladderCalculosis in FibromyalgiaPatients: Impact on Musculoskeletal Pain, Somatic Hyperalgesiaand Central Sensitization.

CostantiniR1, AffaitatiG2, MassiminiF3, Tana C4, InnocentiP1, GiamberardinoMA2.

  • 1Institute of Surgical Pathology, "G. D'Annunzio" University of Chieti, Chieti, Italy.
  • 2Fibromyalgia and Musculoskeletal Pain Center, Department of Medicine and Science of Aging and Ce.S.I., "G. D'Annunzio" University of Chieti, Chieti, Italy.
  • 3Institute of Clinical Pathology, "G. D'Annunzio" University of Chieti, Chieti, Italy.
  • 4Internal Medicine Unit, Guastalla Hospital, AUSL Reggio Emilia, Reggio Emilia, Italy.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-04-21 18:17 | FMの疫学

アメリカにおける線維筋痛症の治療パターン

FMU.S.成人の6%を占める。アメリカ。方法:この後ろ向き解析は、12か月の持続的な健康プランに登録し、2009年から2011年までに最初にFM(ICD-9-CMcode 729.1)と診断された成人を同定するthe MarketScan 請求データベーを用いた。対処とする投薬はpregabalin,gabapentin, duloxetine, milnacipran, cyclobenzaprine, and tramadol. FM治療のためにACRによって8つの薬のうち6つは推奨量がある; その他の2つの薬(amitriptyline and venlafaxine) は初期評価のみ。The CharlsonComorbidity Index (CCI) を用いて全般的な合併症を評価。評価項目には最初の診断から1年以内に治療した患者の割合; 最初の治療パターン;対象の薬の経過観察の最初の1年の順守率;異なる時点での対象となる薬の間での中止、変更、および組み合わせのパターン。カバーした日の割合(Proportionof days coveredPDC;患者が薬の供給を受けた日数を対象となる全日数で割る) を用いて順守率を定義, それを低度 (PDC <50%), 中等度(PDC50% to < 80%),又は高度(PDC ≥ 80%)に分類.中止までの期間(薬の供給が90日以上中止) Kaplan-Meier解析を用いて評価.結果:240,144人の患者が含める基準に合致。患者の多くは女性 (68%), had preferredprovider organization insurance coverage (68%), ベースラインでのCCI点数は< 1 (69%). 31%のみが (n =74,738) ACRのガイドラインに掲載された処方薬で治療開始, そして多くの患者は推奨量よりも少量の投薬. 大部分(n = 70,919)の患者は8つの処方薬のうちの1つの薬を当初は受ける. 2つ以上の薬を開始された者の中で(n = 3,819),cyclobenzaprine plus tramadol が最も多い組み合わせ. 遵守は関心のある薬6つすべてで次善.Duloxetineが平均PDCが最も高い (59%); その他のすべての薬は, 平均PDC < 50%. duloxetineを除き, 6か月時点での中止率はすべての薬で> 50%.治療の変更は一般的。duloxetine, pregabalin, 又はmilnacipranの最初の治療を中断した患者の中で,1/3の患者は最初の投薬から90日以内に薬を変更. 最初の薬を維持した患者の中で, 50%の患者は最初の投薬から1年以内に2番目の薬を追加。

J ManagCare Spec Pharm. 2016 Mar;22(3):263-71. doi:10.18553/jmcp.2016.22.3.263.

Treatment Patterns Associated withACR-Recommended Medications in the Management of Fibromyalgia in the UnitedStates.

Liu Y1, Qian C2, Yang M2.

  • 11 Associate Professor, Division of Pharmacy Practice and Administration, University of Missouri-Kansas City School of Pharmacy, Kansas City, Missouri.
  • 22 Associate Director, Health Economics and Outcomes Research, Daiichi Sankyo, Parsippany, New Jersey.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-03-30 21:36 | FMの疫学

線維筋痛症患者は脳卒中になりやすい

the Taiwan National Health Insuranceデータベースに登録した100万人の請求データから, 200011日から20021231日までの3年以内に、47,279人のFM患者と無作為に選んだ189,112人の年齢、性別をマッチさせた対照者を選んだ. 脳卒中の危険性はコックス比例ハザード回帰を用いて評価。高血圧、糖尿病、高脂血症、冠動脈疾患、過敏性腸症候群および間質性膀胱炎のような脳卒中の危険性を増加させるような併存症は対照群よりもFM患者の方が多かった。FM患者群は非FM患者群よりも全般的な脳卒中の危険性は1.25 (95% confidence interval [CI]: 1.21-1.30). たとえ並存症なしでも、脳卒中の危険性はFM患者の方が対照群よりも高い(adjusted hazard ratio[aHR]=1.44, 95%CI: 1.35-1.53, P<0.001).若い患者ではFM群は非FM群の2.26倍の脳卒中の相対危険度(35歳未満, 95% CI:1.86-2.75). FMは脳卒中になりやすいという最初の報告。

Medicine(Baltimore). 2016 Feb;95(8):e2860. doi:10.1097/MD.0000000000002860.

Increased Risk of Stroke in Patients With Fibromyalgia:A Population-BASED Cohort Study.

Tseng CH1, Chen JH, Wang YC, Lin MC, Kao CH.

  • 1From the Department of Neurology, China Medical University Hospital (C-HT); Graduate Institute of Clinical Medical Science and School of Medicine, College of Medicine, China Medical University (C-HT, J-HC, C-HK); Department of Internal Medicine (J-HC); Management Office for Health Data (Y-CW); College of Medicine, China Medical University, Taichung (Y-CW); Department of Nuclear Medicine, E-Da Hospital, I-Shou University, Kaohsiung (M-CL); Department of Nuclear Medicine and PET Center, China Medical University Hospital, Taichung, Taiwan (C-HK).


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-03-15 21:35 | FMの疫学

線維筋痛症患者の中でも肥満の人は症状が強い

プエルトリコのヒスパニック。方法: 144 人のFMS 患者(ACR分類基準)の横断研究.社会人口統計学的特徴, FMS-関連症状, 圧痛点(ACR基準), 合併症, およびFMS治療を調べた. BMIを計算し、患者を2群に分類: BMI ≤24.9 kg/m(2) (非過体重/肥満) and BMI ≥ 25 kg/m(2) (過体重/肥満).二変量解析と多変量解析を用いて研究グループ間の差を評価. 結果:平均 (SD) 年齢は50.2(9.9); 95.1%は女性で75.7%は過体重/肥満. 二変量解析では,過体重/肥満患者は非過体重/肥満患者よりも、自己報告の記憶障害, 不安, 息切れ,および頻尿でありやすい。さらに、圧痛点の数は過体重/肥満群の方が多い。ロジスティック回帰解析によると, 交絡変数で補正しても自己報告の記憶障害と頻尿の差は有意のまま。まとめ:PuertoRicansFMS患者において, 過体重/肥満患者は非過体重/肥満患者よりもFMS-関連兆候を経験しやすい。しかし、減量がFMSの症状の程度を改善するかどうかを解明するためにこの関連を前向き研究で確かめる必要がある。

J Obes.2016;2016:1379289. doi: 10.1155/2016/1379289. Epub 2016 Jan 18.

Clinical Manifestations Associated withOverweight/Obesity in Puerto Ricans with Fibromyalgia Syndrome.

Fred-JiménezRM1, Arroyo-ÁvilaM1, Mayor ÁM2, Ríos G1, Vilá LM1.

  • 1Division of Rheumatology, Department of Medicine, University of Puerto Rico, Medical Sciences Campus, San Juan, PR 00936, USA.
  • 2Division of Rheumatology, Department of Medicine, University of Puerto Rico, Medical Sciences Campus, San Juan, PR 00936, USA; Retrovirus Research Center, Department of Internal Medicine, Universidad Central del Caribe School of Medicine, Bayamón, PR 00960, USA.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-22 12:23 | FMの疫学

線維筋痛症の予測因子

の研究では、FM症状の一群の人を前向きに調べた。方法:高齢の FinnishTwin Cohort の人口に基づいた8343人が1975, 1981,および1990年に健康アンケートに答えた.1990年のFM症状の質問に対する答えを3つのlatentclasses (LC)に分類:LC1は全く又はほとんど症状がない,LC2はいくらか症状がある,そしてLC3は多くのFM症状がある。年齢、性別、教育で補正して、ベースラインの(1975and 1981)局所の痛み、頭痛、片頭痛、睡眠、BMI、身体活動、喫煙、および接合性のデータを用いてこれらの症状のクラスの推定される予測因子を解析。ベースラインで高度にFMになりやすい人はこの解析から除外。最終的な多変量回帰モデルでは、局所痛、睡眠障害。および過体重はすべて多くのFM症状のクラスの人の予測因子.結果:最も強い非遺伝性予測因子は頻回の頭痛(OR 8.6, CI 95 % 3.8-19.2),次いで持続する腰痛 (OR 4.7, CI 95 % 3.3-6.7)および持続する頸部痛 (OR 3.3, CI 95 % 1.8-6.0)。まとめ:局所の痛み、頻回の頭痛、持続する腰痛と頸部痛、睡眠障害および過体重はFMと一致する症状の一群を持つ予測因子。

BMC Musculoskelet Disord. 2016 Jan15;17(1):29.

Predictors of fibromyalgia: apopulation-based twin cohort study.

MarkkulaRA1, Kalso EA2,3, Kaprio JA4,5,6.

  • 1Anaesthesiology, Intensive Care and Pain Medicine, University of Helsinki and Helsinki University Hospital, Helsinki, Finland. ritva.markkula@kolumbus.fi.
  • 2Anaesthesiology, Intensive Care and Pain Medicine, University of Helsinki and Helsinki University Hospital, Helsinki, Finland. eija.kalso@hus.fi.
  • 3Faculty of Medicine, University of Helsinki, Helsinki, Finland. eija.kalso@hus.fi.
  • 4Department of Public Health, Hjelt Institute, University of Helsinki, Helsinki, Finland. jaakko.kaprio@helsinki.fi.
  • 5Institute for Molecular Medicine, University of Helsinki, Helsinki, Finland. jaakko.kaprio@helsinki.fi.
  • 6Department of Mental Health and Alcohol Abuse Services, National Institute for Health and Welfare, Helsinki, Finland. jaakko.kaprio@helsinki.fi.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-20 16:47 | FMの疫学

線維筋痛症患者における子供時代の虐待と症状の関連

方法:FM患者が詳細な虐待のインタビュー、 dolorimetry, およびアンケートに基づいた疲労、認知の自己評価および抑うつの評価を受けた。Student's t-およびchi-square testsを用いて子供時代の虐待のある者とない者の間のFM症状の差を解析した。直線回帰を用いて、可能な交絡因子で補正して虐待と症状の程度の関連を評価した。結果:111人の FM女性の中で,子供時代の身体的虐待は痛み圧迫閾値で計測された圧痛(β=-0.25,p=0.011) と圧痛点の数 (β=0.23,p=.022)の増加と臨床的に軽度ではあるが統計学的に有意に関連した. 身体的な子供時代の虐待は抑うつで補正した後の認知言語障害と関連した(β=0.27,p=0.001).精神的な子供時代の虐待は疲労と関連したが、その関連は抑うつ症状で補正すると持続せず。

Clin Exp Rheumatol. 2016 Jan 8.[Epub ahead of print]

Quantifying the influence of child abusehistory on the cardinal symptoms of fibromyalgia.

Ortiz R1, BallardED1, Machado-VieiraR1, Saligan LN2, Walitt B3.

  • 1National Institute of Mental Health, National Institutes of Health, Bethesda, MD, USA.
  • 2National Institute of Nursing Research, National Institutes of Health, Bethesda, MD, USA.
  • 3National Institute of Nursing Research, National Institutes of Health, Bethesda, MD; and Medstar Research Institute, Washington Hospital Center, Washington, DC, USA. brian.walitt@nih.gov.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-11 19:32 | FMの疫学

骨折は慢性広範痛症の危険因子


40-69歳の502,656人からなるthe UK Biobankコホートのベースラインのデータ。方法:現在のchronic widespread bodily pain (CWBP)の定義は' all over the bodyに痛みがありますか' という質問に対する答えがイエスでありand 'yes' to 3か月を超えてall over the bodyに痛みを感じますか'という質問に対する答えがイエスであることに基ずく。確固たる標準誤差を用いた多変数ポアソン回帰を用いて脊椎、股関節、上肢、下肢の骨折(ベースラインのインタビューから5年以内の発生、自己報告で記録)と CWBPの関連を交絡因子で補正して調べた。 結果: 501,733 人の参加者(平均年齢56.5歳)のうち, 7130人がCWBPを報告し23,177 人が上肢、下肢、脊椎and/or股関節の骨折に罹患していた. 以前骨折を報告した者はそうでない者よりも有意にCWBPを報告しやすい。可能性のある危険因子(年齢、性別、人口統計的要因、生活スタイルおよび社会経済的要因および精神的要因)で補正すると,リスク比は弱まるが統計的に有意のままであり、脊椎骨折の男性 (risk ratio (RR) 2.67, 95 % confidence interval (CI) 1.66-4.31; p < 0.001) 脊椎骨折の女性(RR 2.13, 95 % CI 1.35-3.37, p = 0.001)および股関節骨折の女性(RR 2.19, 95 % CI 1.33-3.59; p = 0.002)ではCWBPの危険性は2倍を超える.
Arch Osteoporos. 2016 Dec;11(1):1. doi: 10.1007/s11657-015-0252-1. Epub 2015 Dec 17.
Chronic widespread bodily pain is increased among individuals with history of fracture: findings from UK Biobank.
Walker-Bone K1, Harvey NC1,2, Ntani G1, Tinati T1, Jones GT3, Smith BH4, Macfarlane GJ3, Cooper C5,6,7.
•1MRC Lifecourse Epidemiology Unit, University of Southampton, Southampton, SO16 6YD, UK.
•2NIHR Southampton Biomedical Research Centre, University of Southampton and University Hospital Southampton NHS Foundation Trust, Southampton, UK.
•3Musculoskeletal Research Collaboration (Epidemiology Group), University of Aberdeen, Aberdeen, UK.
•4Division of Population Health Sciences, University of Dundee, Dundee, UK.
•5MRC Lifecourse Epidemiology Unit, University of Southampton, Southampton, SO16 6YD, UK. cc@mrc.soton.ac.uk.
•6NIHR Southampton Biomedical Research Centre, University of Southampton and University Hospital Southampton NHS Foundation Trust, Southampton, UK. cc@mrc.soton.ac.uk.
•7NIHR Musculoskeletal Biomedical Research Unit, University of Oxford, Oxford, UK. cc@mrc.soton.ac.uk.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-21 23:59 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line