カテゴリ:FMの疫学( 82 )


線維筋痛症患者は脳卒中になりやすい

the Taiwan National Health Insuranceデータベースに登録した100万人の請求データから, 200011日から20021231日までの3年以内に、47,279人のFM患者と無作為に選んだ189,112人の年齢、性別をマッチさせた対照者を選んだ. 脳卒中の危険性はコックス比例ハザード回帰を用いて評価。高血圧、糖尿病、高脂血症、冠動脈疾患、過敏性腸症候群および間質性膀胱炎のような脳卒中の危険性を増加させるような併存症は対照群よりもFM患者の方が多かった。FM患者群は非FM患者群よりも全般的な脳卒中の危険性は1.25 (95% confidence interval [CI]: 1.21-1.30). たとえ並存症なしでも、脳卒中の危険性はFM患者の方が対照群よりも高い(adjusted hazard ratio[aHR]=1.44, 95%CI: 1.35-1.53, P<0.001).若い患者ではFM群は非FM群の2.26倍の脳卒中の相対危険度(35歳未満, 95% CI:1.86-2.75). FMは脳卒中になりやすいという最初の報告。

Medicine(Baltimore). 2016 Feb;95(8):e2860. doi:10.1097/MD.0000000000002860.

Increased Risk of Stroke in Patients With Fibromyalgia:A Population-BASED Cohort Study.

Tseng CH1, Chen JH, Wang YC, Lin MC, Kao CH.

  • 1From the Department of Neurology, China Medical University Hospital (C-HT); Graduate Institute of Clinical Medical Science and School of Medicine, College of Medicine, China Medical University (C-HT, J-HC, C-HK); Department of Internal Medicine (J-HC); Management Office for Health Data (Y-CW); College of Medicine, China Medical University, Taichung (Y-CW); Department of Nuclear Medicine, E-Da Hospital, I-Shou University, Kaohsiung (M-CL); Department of Nuclear Medicine and PET Center, China Medical University Hospital, Taichung, Taiwan (C-HK).


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-03-15 21:35 | FMの疫学

線維筋痛症患者の中でも肥満の人は症状が強い

プエルトリコのヒスパニック。方法: 144 人のFMS 患者(ACR分類基準)の横断研究.社会人口統計学的特徴, FMS-関連症状, 圧痛点(ACR基準), 合併症, およびFMS治療を調べた. BMIを計算し、患者を2群に分類: BMI ≤24.9 kg/m(2) (非過体重/肥満) and BMI ≥ 25 kg/m(2) (過体重/肥満).二変量解析と多変量解析を用いて研究グループ間の差を評価. 結果:平均 (SD) 年齢は50.2(9.9); 95.1%は女性で75.7%は過体重/肥満. 二変量解析では,過体重/肥満患者は非過体重/肥満患者よりも、自己報告の記憶障害, 不安, 息切れ,および頻尿でありやすい。さらに、圧痛点の数は過体重/肥満群の方が多い。ロジスティック回帰解析によると, 交絡変数で補正しても自己報告の記憶障害と頻尿の差は有意のまま。まとめ:PuertoRicansFMS患者において, 過体重/肥満患者は非過体重/肥満患者よりもFMS-関連兆候を経験しやすい。しかし、減量がFMSの症状の程度を改善するかどうかを解明するためにこの関連を前向き研究で確かめる必要がある。

J Obes.2016;2016:1379289. doi: 10.1155/2016/1379289. Epub 2016 Jan 18.

Clinical Manifestations Associated withOverweight/Obesity in Puerto Ricans with Fibromyalgia Syndrome.

Fred-JiménezRM1, Arroyo-ÁvilaM1, Mayor ÁM2, Ríos G1, Vilá LM1.

  • 1Division of Rheumatology, Department of Medicine, University of Puerto Rico, Medical Sciences Campus, San Juan, PR 00936, USA.
  • 2Division of Rheumatology, Department of Medicine, University of Puerto Rico, Medical Sciences Campus, San Juan, PR 00936, USA; Retrovirus Research Center, Department of Internal Medicine, Universidad Central del Caribe School of Medicine, Bayamón, PR 00960, USA.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-22 12:23 | FMの疫学

線維筋痛症の予測因子

の研究では、FM症状の一群の人を前向きに調べた。方法:高齢の FinnishTwin Cohort の人口に基づいた8343人が1975, 1981,および1990年に健康アンケートに答えた.1990年のFM症状の質問に対する答えを3つのlatentclasses (LC)に分類:LC1は全く又はほとんど症状がない,LC2はいくらか症状がある,そしてLC3は多くのFM症状がある。年齢、性別、教育で補正して、ベースラインの(1975and 1981)局所の痛み、頭痛、片頭痛、睡眠、BMI、身体活動、喫煙、および接合性のデータを用いてこれらの症状のクラスの推定される予測因子を解析。ベースラインで高度にFMになりやすい人はこの解析から除外。最終的な多変量回帰モデルでは、局所痛、睡眠障害。および過体重はすべて多くのFM症状のクラスの人の予測因子.結果:最も強い非遺伝性予測因子は頻回の頭痛(OR 8.6, CI 95 % 3.8-19.2),次いで持続する腰痛 (OR 4.7, CI 95 % 3.3-6.7)および持続する頸部痛 (OR 3.3, CI 95 % 1.8-6.0)。まとめ:局所の痛み、頻回の頭痛、持続する腰痛と頸部痛、睡眠障害および過体重はFMと一致する症状の一群を持つ予測因子。

BMC Musculoskelet Disord. 2016 Jan15;17(1):29.

Predictors of fibromyalgia: apopulation-based twin cohort study.

MarkkulaRA1, Kalso EA2,3, Kaprio JA4,5,6.

  • 1Anaesthesiology, Intensive Care and Pain Medicine, University of Helsinki and Helsinki University Hospital, Helsinki, Finland. ritva.markkula@kolumbus.fi.
  • 2Anaesthesiology, Intensive Care and Pain Medicine, University of Helsinki and Helsinki University Hospital, Helsinki, Finland. eija.kalso@hus.fi.
  • 3Faculty of Medicine, University of Helsinki, Helsinki, Finland. eija.kalso@hus.fi.
  • 4Department of Public Health, Hjelt Institute, University of Helsinki, Helsinki, Finland. jaakko.kaprio@helsinki.fi.
  • 5Institute for Molecular Medicine, University of Helsinki, Helsinki, Finland. jaakko.kaprio@helsinki.fi.
  • 6Department of Mental Health and Alcohol Abuse Services, National Institute for Health and Welfare, Helsinki, Finland. jaakko.kaprio@helsinki.fi.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-20 16:47 | FMの疫学

線維筋痛症患者における子供時代の虐待と症状の関連

方法:FM患者が詳細な虐待のインタビュー、 dolorimetry, およびアンケートに基づいた疲労、認知の自己評価および抑うつの評価を受けた。Student's t-およびchi-square testsを用いて子供時代の虐待のある者とない者の間のFM症状の差を解析した。直線回帰を用いて、可能な交絡因子で補正して虐待と症状の程度の関連を評価した。結果:111人の FM女性の中で,子供時代の身体的虐待は痛み圧迫閾値で計測された圧痛(β=-0.25,p=0.011) と圧痛点の数 (β=0.23,p=.022)の増加と臨床的に軽度ではあるが統計学的に有意に関連した. 身体的な子供時代の虐待は抑うつで補正した後の認知言語障害と関連した(β=0.27,p=0.001).精神的な子供時代の虐待は疲労と関連したが、その関連は抑うつ症状で補正すると持続せず。

Clin Exp Rheumatol. 2016 Jan 8.[Epub ahead of print]

Quantifying the influence of child abusehistory on the cardinal symptoms of fibromyalgia.

Ortiz R1, BallardED1, Machado-VieiraR1, Saligan LN2, Walitt B3.

  • 1National Institute of Mental Health, National Institutes of Health, Bethesda, MD, USA.
  • 2National Institute of Nursing Research, National Institutes of Health, Bethesda, MD, USA.
  • 3National Institute of Nursing Research, National Institutes of Health, Bethesda, MD; and Medstar Research Institute, Washington Hospital Center, Washington, DC, USA. brian.walitt@nih.gov.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-11 19:32 | FMの疫学

骨折は慢性広範痛症の危険因子


40-69歳の502,656人からなるthe UK Biobankコホートのベースラインのデータ。方法:現在のchronic widespread bodily pain (CWBP)の定義は' all over the bodyに痛みがありますか' という質問に対する答えがイエスでありand 'yes' to 3か月を超えてall over the bodyに痛みを感じますか'という質問に対する答えがイエスであることに基ずく。確固たる標準誤差を用いた多変数ポアソン回帰を用いて脊椎、股関節、上肢、下肢の骨折(ベースラインのインタビューから5年以内の発生、自己報告で記録)と CWBPの関連を交絡因子で補正して調べた。 結果: 501,733 人の参加者(平均年齢56.5歳)のうち, 7130人がCWBPを報告し23,177 人が上肢、下肢、脊椎and/or股関節の骨折に罹患していた. 以前骨折を報告した者はそうでない者よりも有意にCWBPを報告しやすい。可能性のある危険因子(年齢、性別、人口統計的要因、生活スタイルおよび社会経済的要因および精神的要因)で補正すると,リスク比は弱まるが統計的に有意のままであり、脊椎骨折の男性 (risk ratio (RR) 2.67, 95 % confidence interval (CI) 1.66-4.31; p < 0.001) 脊椎骨折の女性(RR 2.13, 95 % CI 1.35-3.37, p = 0.001)および股関節骨折の女性(RR 2.19, 95 % CI 1.33-3.59; p = 0.002)ではCWBPの危険性は2倍を超える.
Arch Osteoporos. 2016 Dec;11(1):1. doi: 10.1007/s11657-015-0252-1. Epub 2015 Dec 17.
Chronic widespread bodily pain is increased among individuals with history of fracture: findings from UK Biobank.
Walker-Bone K1, Harvey NC1,2, Ntani G1, Tinati T1, Jones GT3, Smith BH4, Macfarlane GJ3, Cooper C5,6,7.
•1MRC Lifecourse Epidemiology Unit, University of Southampton, Southampton, SO16 6YD, UK.
•2NIHR Southampton Biomedical Research Centre, University of Southampton and University Hospital Southampton NHS Foundation Trust, Southampton, UK.
•3Musculoskeletal Research Collaboration (Epidemiology Group), University of Aberdeen, Aberdeen, UK.
•4Division of Population Health Sciences, University of Dundee, Dundee, UK.
•5MRC Lifecourse Epidemiology Unit, University of Southampton, Southampton, SO16 6YD, UK. cc@mrc.soton.ac.uk.
•6NIHR Southampton Biomedical Research Centre, University of Southampton and University Hospital Southampton NHS Foundation Trust, Southampton, UK. cc@mrc.soton.ac.uk.
•7NIHR Musculoskeletal Biomedical Research Unit, University of Oxford, Oxford, UK. cc@mrc.soton.ac.uk.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-21 23:59 | FMの疫学

イランにおける線維筋痛症の有病率は0.79%


イランのリウマチ性疾患の疫学。方法:Tehran, Zahedan, Sanandaj (都会) and Tuyserkan (田舎) stage Community Oriented Program for the Control of Rheumatic Diseases (COPCORD) 研究のデータを集めた。イランを代表させるために、研究地域の人口で補正した。結果:イランの人口はイランの人口は75 149 669人 (71.5%は都市部, 男性が50.4%) であり、前述の地域の人口は各々10 000 000, 580 071, 311 444 および109 262. インタビューした人の数は10 291, 1565, 2100 および5830人. 男/女の比は0.9/1, 0.8/1, 08/1 および0.8/1. 過去7日間の筋骨格痛の訴えは (年齢≥ 15歳) は対象者の44.7%.それらは: 肩15.6%, 手関節10.4%,手と指 10.2%, 股関節 8.3%, 膝27.4%, 足関節12.3%, 趾6.2%, 頸椎14.2% および胸腰椎23.7%. OAは16.9%で見られた: 膝15.5%, 手2.9% および股関節0.32%. 腰痛は15.7%で見られた,坐骨神経痛0.94%, および軟部組織rheumatismは 4.6% (肩tenosynovitis 2.5%, frozen shoulder 0.56%, tennis elbow 1.2%, golf elbow 0.48%, ケルバン腱鞘炎0.24%,弾撥指 0.2%, 手根管症候群1.3%). RAは0.37%, 血清反応陰性脊椎関節症0.24%, 強直性脊椎炎0.12%, SLE 0.06%, Behcet's disease in 0.08%, FM 0.79%および痛風0.13%.
Int J Rheum Dis. 2015 Dec 1. doi: 10.1111/1756-185X.12809. [Epub ahead of print]
Epidemiology of rheumatic diseases in Iran from analysis of four COPCORD studies.
Davatchi F1, Sandoughi M1, Moghimi N1, Jamshidi AR1, Tehrani Banihashemi A1, Zakeri Z1, Sadeghi Abdollahi B1.
•1Rheumatology Research Center, Shariati Hospital, Tehran University of Medical Sciences, Tehran, Iran.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-08 18:45 | FMの疫学

慢性痛患者は自殺しやすい(メタ解析)


身体痛のある又はない個人において自殺念慮と行動の率を比較した研究のメタ解析。あらゆる身体痛のタイプ(頭痛、腰痛、頸部痛、胸部痛、筋骨格痛、腹痛、骨盤痛、関節炎、FM、医学的に説明のでいない痛み、およびその他の非特異的な痛み)の人 versus無痛の人で、現在と人生における自殺の試行と行動、死亡の願望(death wish:DW), 自殺念慮(suicide ideation:SI)、自殺の計画(suicide plan:SP)、自殺企図(suicide attempt:SA)、自殺死(suicide death:SD)の率を比較した研究をMEDLINE とPsycINFO (May 2015)で調べた. データはCochrane Collaboration Review Manager Software (RevMan, version 5.3)を用いて解析. 方法論的な研究の質をSTROBE statementを用いて評価. 本研究に含めた31の研究のうち、3つは人生におけるDWに焦点を当て, 12は現在のSIに焦点 (6つは人生に焦点), 6つは現在のSPに焦点(2つは人生に焦点), 9つは現在のSAに焦点 (11は人生に焦点)そして8つはSDに焦点. 身体痛患者は人生におけるDW (p = 0.0005), 現在と人生におけるSI (両方p < 0.00001), SP (現在: p = 0.0008;人生: p < 0.00001), およびSA (現在: p < 0.0001;人生: p < 0.00001)を報告しやすい. さらに、その人たちはSDを報告しやすい (p = 0.02). 全ての解析において, 研究間の異質性は高い. さらに、主要な結果の中に、出版の偏りの存在が見られた。身体通は自殺念慮と自殺行動の一貫した危険因子。さらなる研究が以下の特異的な影響を調べるために必要1) 慢性痛versus急性痛, 2) 異なるタイプの痛み(例えば医学的に説明のできない痛み), そして3) 慢性痛患者における自殺の危険因子.
Psychiatr Res. 2015 Dec;71:16-32. doi: 10.1016/j.jpsychires.2015.09.004. Epub 2015 Sep 11.
The impact of physical pain on suicidal thoughts and behaviors: Meta-analyses.
Calati R1, Laglaoui Bakhiyi C2, Artero S3, Ilgen M4, Courtet P5.
•―p1INSERM U1061, La Colombière Hospital, University of Montpellier UM1, Montpellier, France; Department of Psychiatric Emergency & Acute Care, Lapeyronie Hospital, CHU Montpellier, Montpellier, France; FondaMental Foundation, France. Electronic address: raffaella.calati@gmail.com.
•2INSERM U1061, La Colombière Hospital, University of Montpellier UM1, Montpellier, France; Department of Psychiatric Emergency & Acute Care, Lapeyronie Hospital, CHU Montpellier, Montpellier, France; Psychiatric Unit, CHU Casablanca, Hassan II University, Casablanca, Morocco.
•3INSERM U1061, La Colombière Hospital, University of Montpellier UM1, Montpellier, France.
•4VA Center for Clinical Management Research (CCMR), VA Ann Arbor Healthcare System, Ann Arbor, MI, USA; University of Michigan Department of Psychiatry, Ann Arbor, MI, USA.
•5INSERM U1061, La Colombière Hospital, University of Montpellier UM1, Montpellier, France; Department of Psychiatric Emergency & Acute Care, Lapeyronie Hospital, CHU Montpellier, Montpellier, France; FondaMental Foundation, France.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-11-08 01:35 | FMの疫学

慢性広範痛症患者にはビタミンD欠乏症が多い


観察研究のメタ解析。結果:1,854人のCWP患者からなる12の研究。患者群は対照群よりも有意にビタミンD欠乏症の危険性が高かった (crude OR, 1.63; 95% CI, 1.20 - 2.23).交絡因子で補正すると、その関連は少し軽減し、統合した補正OR は1.41 (95% CI, 1.00 - 2.00).診断的な低い血清ビタミンDの値 (8 and 10 ng/mL)を用いるとビタミンD欠乏症のORsは増加した.性別とCWPの定義によるサブグループ解析では、群間には有意差はなかった。メタ回帰によると標高と補正していないORsの間には直線的な関連はなかった。まとめ:ビタミンD欠乏症とCWPの間には正の補正していない関連があり、その関連は交絡因子で補正しても維持されていた。ビタミンD欠乏症(8 - 10 ng/mL)のカットオフ値を使用するとCWPの人とそうでない人をより良く定義できる。ビタミンD欠乏症とCWPの因果関係を明確にするためにさらなる前向き経過観察研究が必要。
Pain Physician. 2015 Sep-Oct;18(5):E877-E887.
Is Serum Hypovitaminosis D Associated with Chronic Widespread Pain Including Fibromyalgia? A Meta-analysis of Observational Studies.
Hsiao MY1, Hung CY2, Chang KV1, Han D1, Wang TG3.
•1Department of Physical Medicine and Rehabilitation, National Taiwan University Hospital, Bei-Hu Branch and National Taiwan University College of Medicine;
•2Department of Physical Medicine and Rehabilitation, National Taiwan University Hospital, Chu-Tung Branch;
•3Department of Physical Medicine and Rehabilitation, National Taiwan University Hospital and National Taiwan University College of Medicine, Taipei, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-10-06 22:34 | FMの疫学

アメリカの線維筋痛症の有病率、すでに27%の人は線維筋痛症と診断されている


方法:US National Health Interview Survey (NHIS) の変数および he 2010 ACRの予備的なFM基準の(疫学調査用の)修正を用いて、ウマチ診療におけるFMの特異的な代理研究基準を開発した。代理基準をthe 2012 NHISに適用し、症状データ基準を満たす人を同定した。 NHISが重みづけをした8446人は 225.7 百万人のUS成人を代表する。結果:FMは1.75% (95% CI 1.42, 2.07)で同定され, これは3.94百万人の患者がいることを意味する。しかし, 同定された症例の73% は患者の自己報告では医師の診断はFM以外。同定された症例は高いレベルの、自己報告の痛み、非痛み症状、合併症、精神的苦悩、医療費、〔社会保障制度による〕給付金、就労不能がある。事例性は性別、教育、民族、市民権および不健康な行動と関連。人口統計的データ、行動、および合併症は症例の状態を予測する。2010 ACR 基準の代理polysymptomatic distress scale (PSD)の検査は、FMの症状は 尺度いっぱいに広がることを示す。まとめ:基準に基づいたFM患者は症状が強いが、大部分(73%)はFMの診断を受けていない。
PLoS One. 2015 Sep 17;10(9):e0138024. doi: 10.1371/journal.pone.0138024. eCollection 2015.
The Prevalence and Characteristics of Fibromyalgia in the 2012 National Health Interview Survey.
Walitt B1, Nahin RL1, Katz RS2, Bergman MJ3, Wolfe F4.
•1National Center for Complementary and Integrative Health, National Institutes of Health, Bethesda, Maryland, United States of America.
•2Rush University Medical Center, Chicago, IL, United States of America.
•3Drexel University College of Medicine, Philadelphia, PA, United States of America.
•4National Data Bank for Rheumatic Diseases, Wichita, KS, United States of America.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-22 19:13 | FMの疫学

子宮頸癌ワクチン接種後症候群


以下の有用なアンケートを用いてヒトパピローマウイルス(human papillomavirus:HPV)ワクチン後に現れたであろう慢性疾患を評価する: The 2010 ACRFibromyalgia Diagnostic Criteria, COMPASS 31 dysautonomia questionnaire, およびS-LANSS 神経障害性疼痛form. これらのアンケートおよび"現在の疾患" 調査をHPV ワクチン後間もなく慢性ailmentが発症した人にe-mailで送った. 13の異なる国の45人が1か月でアンケートに記入。ワクチン接種時の平均 (±SD) 年齢は14 ± 5歳. 29%がワクチン接種後即時に(24時間以内)疾患が発生。最も多い愁訴は筋骨格痛(66 %), 疲労(57 %), 頭痛 (57 %), dizziness/vertigo (43 %), and paresthesias/allodynia (36 %). 患者の53%はFMの基準を満たす. COMPASS-31 点数は43 ± 21であり, 進行した自律神経機能不全であることを示す。患者の53%はS-LANSS 値>12を示す痛みを持った患者であり, 痛みの中に神経障害性の要素を持つことを示す. ワクチン接種後平均4.2 ± 2.5年経過しており , 93 %の患者は身体の自由を奪われる症状があり、就労や就学不能。 まとめとして、慢性神経障害性疼痛、疲労、および自律神経機能不全の無力にする症候群はHPVワクチン接種後に生じるのかもしれない.
Clin Rheumatol. 2015 Sep 10. [Epub ahead of print]
HPV vaccination syndrome. A questionnaire-based study.
Martínez-Lavín M1, Martínez-Martínez LA2, Reyes-Loyola P2.
•1Departamento de Reumatología, Instituto Nacional de Cardiología Ignacio Chávez, Juan Badiano 1, 14080, Mexico City, Mexico. drmartinezlavin@gmail.com.
•2Departamento de Reumatología, Instituto Nacional de Cardiología Ignacio Chávez, Juan Badiano 1, 14080, Mexico City, Mexico.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-14 17:03 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line