カテゴリ:FMの疫学( 81 )


慢性広範痛症の有病率は10%以上:系統的総説とメタ解析


一般成人人口における CWPの有病率と系統的総説とメタ解析。1990年以来のコホート研究又は横断研究。含めた論文は偏りの危険性を評価。CWPの有病率の数字 (ACR基準)を地理的な位置、年齢、および性別で階層化。変動の潜在源をサブグループ解析とメタ回帰で調べた。. 25の論文が該当基準に合致。CWPの有病率の概算は0-24%であり概算の大部分は10-15%の間。The random-effects統合有病率は10.6% (95% CI 8.6, 12.9). 偏りの危険性が少ない研究のみを考慮すると、統合した有病率は11.8%に増加 (95% CI 10.3, 13.3), 異質性は減るが依然高い異質性. 有病率は女性と40歳以上で多い。地理的な違いや文化の差による有病率の差には限定的なエビデンスのみ。一般人口において成人10人当たり1人はCWPであり、社会文化的な変異の可能性はある。痛みの報告における文化の差の可能性を将来の研究や痛み状態の臨床的評価では考慮すべき.
Pain. 2015 Aug 6. [Epub ahead of print]
A systematic review and meta-analysis of the prevalence of chronic widespread pain in the general population.
Mansfield KE1, Sim J, Jordan JL, Jordan KP.
•1Department of Non-communicable Disease Epidemiology, Faculty of Epidemiology and Population Health, London School of Hygiene and Tropical Medicine, UK Arthritis Research UK Primary Care Centre, Research Institute for Primary Care & Health Sciences, Keele University, UK Arthritis Research UK Primary Care Centre, Research Institute for Primary Care & Health Sciences, Keele University, UK Arthritis Research UK Primary Care Centre, Research Institute for Primary Care & Health Sciences, Keele University, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-17 18:57 | FMの疫学

慢性局所痛症、慢性広範痛症


局所痛(local pain:LP), regional (RP), and widespread pain (WSP)。方法:痛みの側面 (強度, 頻度, 期間および身体マネキン上への解剖学的広がり), 合併症と痛みの結果(すなわち就労状況, 身体活動, 健康ケアの消費およびサービスん経験と健康ケアの治療) を記載した郵送アンケートを南東スウェーデンに住む9000人の成人に送った。そのうち、4774人 (53 %)がアンケートを完了し返送。9週間後、経過観察のアンケートを最初のンケートを返送した人2983に送った (すなわち4774人の62 %).そのうち, 1940人がアンケートを返送(すなわち2983人の65 %). 経過観察のアンケートは最初のアンケートと同じ内容。結果:この研究によると痛みの広がりに基づいた3つのカテゴリー(LP, RPおよび WSP)において、痛みの強度、頻度、および期間、合併症、日常の機能と健康ケアを求めることには差があった。RP およびLPの者と比較すると, WSPの者は教育レベルが低く、心疾患や高血圧の頻度が多いことを含む全般的な健康が悪かった。さらに, WSPの者は痛みが強く、高頻度であり、長時間持続し、より多くの医療的な受診が必要となり、仕事への影響が多い。RPの者は痛みの頻度や強度、仕事への影響の点で中間群である。LPの者は、これらの要因の点では最も影響の少ない群である。RPへのかなりの推移は経過観察の9週までに起こった。
BMC Musculoskelet Disord. 2015 Jul 24;16(1):165.
Comorbidities, intensity, frequency and duration of pain, daily functioning and health care seeking in local, regional, and widespread pain-a descriptive population-based survey (SwePain).
Grimby-Ekman A1,2, Gerdle B3, Björk J4, Larsson B5.
•1Occupational and Environmental Medicine, University of Gothenburg, Gothenburg, Sweden. Anna.Ekman@amm.gu.se.
•2Division of Community Medicine, Department of Medical and Health Sciences, Faculty of Health Sciences, Linköping University, Pain and Rehabilitation Center, Anaesthetics, Operations and Specialty Surgery Center, County Council of Östergötland, Linköping, Sweden. Anna.Ekman@amm.gu.se.
•3Division of Community Medicine, Department of Medical and Health Sciences, Faculty of Health Sciences, Linköping University, Pain and Rehabilitation Center, Anaesthetics, Operations and Specialty Surgery Center, County Council of Östergötland, Linköping, Sweden. Bjorn.Gerdle@liu.se.
•4Division of Occupational and Environmental Medicine, AMM, Lund University, Lund, Sweden. Jonas.Bjork@med.lu.se.
•5Division of Community Medicine, Department of Medical and Health Sciences, Faculty of Health Sciences, Linköping University, Pain and Rehabilitation Center, Anaesthetics, Operations and Specialty Surgery Center, County Council of Östergötland, Linköping, Sweden. Britt.Larsson@liu.se.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-27 18:56 | FMの疫学

慢性腰痛症が慢性広範痛症になる危険因子


方法:局所の慢性腰痛症(chronic low back pain:CLBP)患者を含めCWPに進展するかどうかをに関して6-12か月経過観察。 可能性のある危険因子 (社会人口統計学的データ、痛みの特徴、抑うつ、不安、somatization), 予防因子 (病気からの回復力, 対処方法),および研究開始時の対象者の特徴を評価。多変量ロジスティック回帰解析により予測因子を同定。結果:CLBP患者における1年間のCWPの発生率は 23.8%. CLBP患者におけるCWP発生の3つの危険因子を見つけ、それは女性、長期間の腰痛および心身(心因性)症状の高い割合. Coping resourcesおよび病気からの回復力は CLBPからCWPへの移行には影響がなかった.
Spine (Phila Pa 1976). 2015 May 7. [Epub ahead of print]
Even worse: Risk factors and protective factors for transition from chronic localized low back pain to chronic widespread pain in general practice - A cohort study.
Viniol A1, Jegan N, Brugger M, Leonhardt C, Barth J, Baum E, Becker A, Strauch K.
•11Department of General Practice / Family Medicine, University of Marburg Karl-von-Frisch-Str. 4, 35043 Marburg, Germany 2Institute of Medical Informatics, Biometry and Epidemiology, Chair of Genetic Epidemiology, Ludwig-Maximilians-Universität, Munich, Ingolstädter Landstraße 1, 85764 Neuherberg, Germany 3Institute of Genetic Epidemiology, Helmholtz Zentrum München - German Research Center for Environmental Health, Ingolstädter Landstraße 1, 85764 Neuherberg, Germany 4Institute for Complementary and Integrative Medicine, UniversityHospital Zurich and University Zurich, Zurich, Switzerland.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-05-10 16:12 | FMの疫学

身体的外傷と感染は線維筋痛症を引き起こす


目的:この研究の目的はFM患者において、身体的外傷や感染といった誘因のある患者とない患者の間で、それを引き起こす要因と臨床所見, 症状の強さ、および生活の質の差があるかどうかを評価すること。デザイン:後ろ向き横断的研究で、著者は患者の特徴とFMの症状の程度と生活の質と、FM治療プログラムの患者で見られるthe Fibromyalgia Impact Questionnaireおよびthe Short Form-36 Health Surveyを比較した。結果:939人の患者のうち, 27%の患者には誘因があり (外傷, n = 203;感染, n = 53),残りは特発性FM (n = 683)。誘因となる外傷がある患者はFibromyalgia Impact Questionnaire 身体機能が特発性のFM患者より悪かった (P = 0.03)。特発性FM患者や誘因のある外傷のあるFM患者と比較して、誘因となる感染のある患者はShort Form-36 Health Survey physical component summary (P = 0.01 およびP = 0.003)悪いが、role emotional (P = 0.04 and P = 0.005), 精神健康指標(P = 0.02 and P = 0.007), およびmental component summary (P = 0.03 and P = 0.004)がよい。まとめ:本研究のFM患者の1/4は誘因となる身体的外傷や感染があった。誘因となる感染のあるFM患者は社人口学的特徴, 臨床所見, および生活の質が特発性FMや外傷性のFM群と比較して異なっていた。誘因となる出来事とFMの間の関連を調べるためにさらなる研究が必要。
Am J Phys Med Rehabil. 2015 Apr 16. [Epub ahead of print]
Physical Trauma and Infection as Precipitating Factors in Patients with Fibromyalgia.
Jiao J1, Vincent A, Cha SS, Luedtke CA, Kim CH, Oh TH.
•1From the Department of Physical Medicine and Rehabilitation (JJ, CHK, THO), Division of General Internal Medicine (AV), Fibromyalgia and Chronic Fatigue Clinic (AV, CAL, THO), and Division of Biomedical Statistics and Informatics (SSC), Mayo Clinic, Rochester, Minnesota; and Department of Rehabilitation Medicine, Kyungpook National University Hospital, Daegu, Korea (CHK). Dr Jiao is now with the Department of Rheumatology, Guang'anmen Hospital, China Academy of Chinese Medical Sciences, Beijing, China.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-20 23:42 | FMの疫学

線維筋痛症と喫煙


方法:外来痛みクリニックで1566人の患者のアンケートを利用。FMのThe 2011 Survey Criteriaを用いてFMに関連した症状の有無を評価。結果:FM患者では現在の喫煙は38.7% であり、FMではない者では24.7%. 喫煙しているFM患者は喫煙していないFM患者、喫煙している非FM、喫煙していない非FMと比較して痛みが強く、障害が大きい。喫煙とFMには関連がない。痛みの強さと障害には大きな抑うつを介して、喫煙とFMの間には有意な間接的な影響がある。まとめ:現在の喫煙とFMであることは慢性痛患者において大きな痛みや障害と関連し、抑うつの機能として関連するかも。喫煙しているFM患者は臨床症状が最も強いが (つまり強い痛み, 大きな障害) 喫煙はFM患者の痛み又は機能と特有の関連ではなく、その効果は付加的なようだ。FM患者における喫煙率The 38.7%は高く、それは喫煙しているFM患者には著しい臨床的なchallengeがあることを示す.
Pain Med. 2015 Mar 20. doi: 10.1111/pme.12747. [Epub ahead of print]
Associations between Pain, Current Tobacco Smoking, Depression, and Fibromyalgia Status Among Treatment-Seeking Chronic Pain Patients.
Goesling J1, Brummett CM, Meraj TS, Moser SE, Hassett AL, Ditre JW.
•1Department of Anesthesiology, University of Michigan, Ann Arbor MI, University of Michigan, Back & Pain Center, Burlington Building 1, Suite 310, 325 E. Eisenhower Parkway, Ann Arbor, Michigan, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-30 20:49 | FMの疫学

線維筋痛症における子供時代の虐待


方法:71人の年齢と性別をマッチさせたUS とドイツのFMS外来患者を比較。子供時代の虐待 をthe Childhood Trauma Questionnaireで評価し可能性のある心的外傷の経験をthe Munich Composite International Diagnostic Interviewのtrauma listで評価. 可能性のあるPTSDをthe Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders IV-TRに基づき診断しthe Posttraumatic Diagnostic Scaleにより症状を評価。可能性のある抑うつ症状と不安症状はthe Patient Health Questionnaire PHQ 4により評価。結果:US とドイツの患者は自己報告の子供時代の虐待(精神的、身体的、および性的虐待又は無視)の量又は人生における心的外傷経験の頻度には有意差なし.可能性のある不安、抑うつPTSDの頻度には差がない。精神的苦悩は、精神的および性的虐待および精神的無視や身体的無視における群間の差を十分に説明する.
Clin Exp Rheumatol. 2015 Mar-Apr;33 Suppl 88(1):86-92. Epub 2015 Mar 18.
Self-reported childhood maltreatment, lifelong traumatic events and mental disorders in fibromyalgia syndrome: a comparison of US and German outpatients.
Häuser W1, Hoffmann EM2, Wolfe F3, Worthing AB4, Stahl N5, Rothenberg R6, Walitt B7.
·1Department of Internal Medicine I, Klinikum Saarbrücken; and Department of Psychosomatic Medicine, Technische Universität München, Germany.
·2Department of Psychosomatic Medicine, Technische Universität München, Germany.
·3National Data Bank for Rheumatic Diseases and University of Kansas School of Medicine, Wichita, KS, USA.
·4Georgetown University Medical Center, Washington, DC, USA.
·5Arthritis and Rheumatism Associates Group Practice, Washington, DC, USA.
·6Rheumatology Practice, Burke, VA, USA.
·7MedStar Health Washington Hospital Center, Washington, DC; and National Institute of Nursing Research, National Institutes of Health, Bethesda, MD, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-24 23:24 | FMの疫学

線維筋痛症患者は子宮摘出後に強い痛みが起こりやすい


方法: 2011年10月から2013年12月まで子宮摘出術を受けた208人の成人が、2011FM疫学基準,痛みの強さの測定と既述子,精神的な計測,術前のオピオイド使用、および健康情報を含む有用な自己報告のアンケートを用いて術前にphenotyped。一次的な結果は経口モルヒネ当量に換算した術後の総おピオイド消費量。結果:FM疫学点数が高いこと、痛みの程度が強い、神経障害性疼痛の頻度が多い、精神的な苦悩が大きい、術前のオピオイド使用量が多いことを含む、術前の痛みの状態が悪いことと有意に関連した。多変量線形回帰モデルを用いると, FM疫学点数は独立して術後のオピオイド消費量に関連し, 31点の計測で1点増えるごとに7mgの経口モルヒネの増加があった (Estimate, 7.0; Standard Error, 1.7; P < 0.0001)。FM疫学点数に加えて, 多変量解析によると、より重篤な医学的合併症、catastrophizing,子宮摘出の手術的な経路、および術前のオピオイド使用も術後のオピオイド消費量の増加を予測する。まとめ:TKRやTHRコホートで報告されたように、FM疫学点数の増加は子宮摘出後の入院中のオピオイド消費を予測する。
Anesthesiology. 2015 Mar 12. [Epub ahead of print]
Fibromyalgia Survey Criteria Is Associated with Increased Postoperative Opioid Consumption in Women Undergoing Hysterectomy.
Janda AM1, As-Sanie S, Rajala B, Tsodikov A, Moser SE, Clauw DJ, Brummett CM.
•1From the Department of Anesthesiology, Vanderbilt University Medical Center, Nashville, Tennessee (A.M.J.); Department of Obstetrics and Gynecology, University of Michigan Health System, Ann Arbor, Michigan (S.A.-S.); Department of Anesthesiology, University of Michigan Health System, Ann Arbor, Michigan (B.R., S.E.M., D.J.C., C.M.B.); and Department of Biostatistics, School of Public Health, University of Michigan, Ann Arbor, Michigan (A.T.).
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-17 23:43 | FMの疫学

関節リウマチ患者における線維筋痛症患者の割合


方法:リウマチ外来クリニックから集めた50人の安定した長期間の RA患者で三つの異なる部位(膝、脛骨、胸骨)の圧迫疼痛閾値(pain pressure thresholds:PPT), DAS28,FMの状態と精神的な健康状態 を評価。多変量解析を行いPPT とDAS28 の構成要素であるDAS28-P (VASと圧痛点の数の患者が報告した構成要素に由来するDAS28の割合)又はFMの状態の関連を調べた。結果:関節またはそれから離れた部位のより過敏なPPTsは大きな痛みの報告、患者が報告したDAS28の構成要素と精神的健康状態の悪さと関連する。参加者の高い割合 (48%)はFMの分類基準を満たし、FMの分類又は特徴は各々過敏性の高いPPTs, 患者の報告する高いDAS28 の構成要素および精神的健康状態の悪さに関連する。まとめ:圧迫が誘発する痛みに対する広範な過敏性、FMの特徴の高い有病率、患者が報告する高いDAS28 の構成要素および精神的健康の悪さは確立したRAではすべてリンクする。
Arthritis Res Ther. 2015 Jan 20;17(1):11. [Epub ahead of print]
A cross sectional study of pain sensitivity, disease activity assessment, mental health and fibromyalgia status in rheumatoid arthritis.
Joharatnam N, McWilliams DF, Wilson D, Wheeler M, Pande I, Walsh DA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-01-25 12:43 | FMの疫学

B型肝炎ワクチン接種後の線維筋痛症.慢性疲労症候群


hepatitis B vaccination (HBVv)予防接種後に起こった 19 人のCFS and/or FM患者の医療記録を解析。全員USAの異なるセンターで1990-2008の間に予防接種。すべての医療記録は人口統計的データ、既往歴、ワクチン接種の回数、即時と晩期の予防接種後副作用、および臨床症状を評価。さらに、血液検査、画像検査、治療とその結果を解析。autoimmune (auto-inflammatory) syndromes induced by adjuvants (ASIA)基準をすべての患者に適用。患者の平均年齢は28.6 ± 11 歳, そのうち68.4 %は女性. 21.05 %の患者は個人的または家族的な自己免疫疾患の背景あり。HBVvの最後の接種から症状発生までの平均潜時は 38.6 ± 79.4日, 数日から年単位に及ぶ。8人の患者 (42.1 %) は副作用にもかかわらず予防接種プログラムを継続. 多く報告された症状は神経学的症状 (84.2 %),筋骨格症状(78.9 %), 精神的症状(63.1 %), 疲労(63.1 %), 胃腸症状(58 %) および皮膚粘膜症状 (36.8 %).検査を行った患者の 71 % に自己抗体あり. 全患者はASIA基準を満たす.この研究では、 CFS およびFM患者の幾ばくかは、ASIA症候群の一部としての予防接種と時間的に関連することを示す. 予防接種中の副作用の出現、自己免疫感受性の存在、および自己抗体の高力価は危険因子。
Immunol Res. 2014 Nov 27. [Epub ahead of print]
Chronic fatigue syndrome and fibromyalgia following immunization with the hepatitis B vaccine: another angle of the 'autoimmune (auto-inflammatory) syndrome induced by adjuvants' (ASIA).
Agmon-Levin N1, Zafrir Y, Kivity S, Balofsky A, Amital H, Shoenfeld Y.
•1The Zabludowicz Center for Autoimmune Diseases, Chaim Sheba Medical Center, 52621, Tel-Hashomer, Israel.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-01 20:17 | FMの疫学

診断基準の差による線維筋痛症の有病率の差


方法:横断研究。痛み、症状およびリウマチ的な診断を含むアンケートを北東スコットランドの4600人の成人に郵送。CWPのある人又はthe modified 2010基準を満たす人,それに加えてその差の参加者を研究施設に招く。追加的なアンケートを終了しリウマチ的な検査を受けた人をthe ACR 1990, 2010 およびmodified 2010基準により分類. 年齢、性別、居住地により重みづけしたした目標人口での各基準での有病率を計算。結果:アンケートを返送した1604人中269人を招いて104人(39%)が研究施設にやってきて、そのうち32人(31%)はFMの一つ以上の基準を満たした。the 1990, 2010および modified 2010基準を用いたFMの有病率は各々1.7% (95%CI: 0.7-2.8%); 1.2% (0.3-2.1%); および5.4% (4.7-6.1%)。女性/男性の日は各々13.7 to 4.8 and 2.3. まとめ:FMの有病率は基準により異なり、特にthe modified 2010基準は有病率が高く、男性の割合が多くなる。
Arthritis Rheumatol. 2014 Oct 16. doi: 10.1002/art.38905. [Epub ahead of print]
The prevalence of fibromyalgia in the general population - a comparison of the American College of Rheumatology 1990, 2010 and modified 2010 classification criteria.
Jones GT1, Atzeni F, Beasley M, Flüß E, Sarzi-Puttini P, Macfarlane GJ.
•1Musculoskeletal Research Collaboration (Epidemiology Group), Institute of Applied Health Sciences, University of Aberdeen, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-19 17:13 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line