カテゴリ:FMの疫学( 77 )


系統的総説:慢性広範痛症は死亡率が高い


慢性痛又はwidespread pain (FMを含む) と死亡率の関連のメタ解析。結果: 10の研究を解析。補正をしない結果では、3つの報告では慢性痛又はwidespread painには有意な関連があると報告。補正された解析では, 4つの研究が有意な関連. 残りの研究では有意な関連はない. メタ解析では、比較した結果の計測を用いて研究の結果には有意な異質性があり (n = 7)(I2 = 78.8%) and a慢性痛とすべての原因の死亡率の関連には中等度ではあるが有意ではない統合された概算 (MRR1.14,95%CI 0.95-1.37). 解析をwidespread pain の研究に限定するとこの関連は強くなる(n = 5,I2 = 82.3%) MRR1.22(95%CI 0.93-1.60).癌や心血管疾患による死亡でも同じパターンが観察された。異質性は研究対象の人口、経過観察期間、痛みのタイプ、解析方法と、交絡因子の利用に差による。
PLoS One. 2014 Jun 5;9(6):e99048. doi: 10.1371/journal.pone.0099048. eCollection 2014.
Chronic pain and mortality: a systematic review.
Smith D1, Wilkie R1, Uthman O2, Jordan JL1, McBeth J1.
•1Arthritis Research UK Primary Care Centre, Research Institute for Primary Care and Health Sciences, Keele University, Staffordshire, United Kingdom.
•2Warwick Centre for Applied Health Research and Delivery (WCAHRD), Division of Health Sciences, Warwick Medical School, University of Warwick, Coventry, United Kingdom.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-06-09 22:55 | FMの疫学

不眠は線維筋痛症の危険因子


不眠が精神疾患や身体疾患を予測するかどうかを調べる。就労している24 715人からなる二つのNord-Trøndelag Health Studies (1995-97年のHUNT2 および2006-08年のHUNT3)からの前向きの人口を基にした前向きのデータを用いて不眠が身体疾患や精神疾患発生の危険因子かどうかを調べた。不眠はDSM-IVにより定義。HUNT2における不眠は11年後のHUNT3における身体疾患と精神疾患発生の有意な危険因子。交絡因子で補正すると、大部分の影響はわずかに緩和されるのみであり, 補正を行っても不眠は依然として以下の疾患の有意な危険因子: 抑うつ[odds ratio (OR): 2.38, 95% confidence interval (CI): 1.91-2.98], 不安(OR: 2.08, 95% CI: 1.63-2.64), FM(OR: 2.05, 95% CI: 1.51-2.79), 関節リウマチ (OR: 1.87, 95% CI: 1.29-2.52), whiplash (OR: 1.71, 95% CI: 1.21-2.41), 関節炎(OR: 1.68, 95% CI: 1.43-1.98), 骨粗しょう症(OR: 1.52, 95% CI: 1.14-2.01, 頭痛(OR: 1.50, 95% CI: 1.16-1.95, 喘息(OR: 1.47, 95% CI: 1.16-1.86 および心筋梗塞 (OR: 1.46, 95% CI: 1.06-2.00). 補正をしないと不眠は狭心症、高血圧、肥満、脳卒中発生と有意に関連するが、交絡因子で補正すると有意ではなくなる。
J Sleep Res. 2013 Oct 30. doi: 10.1111/jsr.12102. [Epub ahead of print]
Insomnia as a risk factor for ill health: results from the large population-based prospective HUNT Study in Norway.
Sivertsen B1, Lallukka T, Salo P, Pallesen S, Hysing M, Krokstad S, Overland S.
1Division of Mental Health, Norwegian Institute of Public Health, Bergen, Norway; Uni Health, Uni Research, Bergen, Norway; Department of Psychiatry, Helse Fonna HF, Haugesund, Norway.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-23 17:35 | FMの疫学

脊椎関節炎における線維筋痛症の有病率


この研究は2段階: (1) 402人の確実な強直性脊椎炎(AS)または軸性乾癬性関節炎(axial-PsA)を調べてFMの有病率を評価する; そして(2) 419 人の患者(111 人のaxial-SpA, 248 人のFM, および60人のaSpA + FM)において異なるバージョンの the Ankylosing Spondylitis Disease Activity Score (ASDAS) and the Bath Ankylosing Spondylitis Activity Disease Activity Index (BASDAI)を用いて疾患活動性を評価。軸性脊椎関節炎(axial-PsA)におけるFMの有病率は14.9 %であり, 女性における有病率としては高い(p < 0.0001); ASにおけるFMの有病率は 12.7 %でありaxial-PsA におけるFMの有病率は17.2 %. BASDAI 点数はASDAS-CRPおよび ASDAS-ESR(赤沈)の点数と相関するが (p < 0.0001), ASDASのみが疾患活動性を評価し十分区別できる.炎症の一つのマーカーのみの追加が有意差のレベルを十分にする(ASDAS-CRP, p = 0.0018; ASDAS-ESR, p = 0.003). FMは axial-SpAにはありふれており、女性に多い。
Rheumatol Int. 2014 Feb 8. [Epub ahead of print]
Fibromyalgia in patients with axial spondyloarthritis: epidemiological profile and effect on measures of disease activity.
Salaffi F, De Angelis R, Carotti M, Gutierrez M, Sarzi-Puttini P, Atzeni F.
•Department of Rheumatology, Polytechnic University of Marche, Ospedale "Carlo Urbani", Via dei Colli 52, 60035, Jesi, Ancona, Italy.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-02-16 19:52 | FMの疫学

中国における線維筋痛症


方法:2010年の第15回 National Rheumatology Conferenceにおいて全国レベルの中国人のリウマチ医において匿名のアンケート調査を行った。バックグラウンド、医師としての経験, FMに関連した診断と治療に関する20項目のアンケートを行った。結果:707人のリウマチ医がアンケートに回答, 回答率60%。回答者の1/5以下がFMの治療の経験あり。大部分の回答者はFMは独立した疾患と見なしているが, 30%近い中国のリウマチ医は FMは精神疾患のみであると信じている.。回答者はFMに関連した症状のいくつかを認識していたが、診断基準に関しては限定されて知識しかない。回答者の80%はFM患者の治療に困難があることを宣言。しかし、ほとんど全て (90.8%)の回答者は FM患者の予後は通常は良好であると信じている。我々のデータでは大部分の中国のリウマチ医はFMの持続的医学的教育(Continuing medical education :CME)に情熱を持っていた。
Int J Rheum Dis. 2013 Jun;16(3):258-63. doi: 10.1111/1756-185X.12055. Epub 2013 Apr 4.
National survey of knowledge, attitude and practice of fibromyalgia among rheumatologists in China.
Mu R, Li C, Zhu JX, Zhang XY, Duan TJ, Feng M, Wang GC, Zhang FC, Li ZG.
Department of Rheumatologyand Immunology, People's Hospital, Peking University, Beijing, China; Department of Continuing Medical Education, People's Hospital, Peking University, Beijing, China.

 中国に負けるな日本
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-09-01 10:21 | FMの疫学

線維筋痛症による就労不能


方法: オランダの45の会社の従業員(n=12,140)を前向きに1998年から2008まで調べた。自己報告の疾患と就労状況を評価するためにアンケートを用いた。会社の記録により経過観察の最初の2.5年の病休を調べた。コホートを選択し(50%),自己報告の疾患と病院の記録を合わせた。Poisson regressions and Cox proportional hazard モデルを用い自己報告の疾患と確認された疾患の病休と勤労不能への影響を調べた。結果: 病休の日数と頻度は自己報告のリウマチ疾患と心血管疾患で増加したが (p<0.001), but 自己報告の心血管合併症は自己報告のリウマチ疾患患者には更なる病休をもたらさず。勤労不能は自己報告のリウマチ疾患と心血管疾患の両方で増加するが(p<0.001) 相加効果はない。臨床のデータで確認された対象では, 病休の頻度と日数は心血管疾患(p<0.001), 炎症性リウマチ疾患(p<0.05) およびOA (p<0.05),の従業員でそれらがない従業員と比べて有意に高い。
臨床のデータで確認された対象における勤労不能はOA患者(HR 12.36, 95%-CI 1.59-13.66), FM患者(HR 14.24, 2.02-16.54)および心血管疾患患者(HR 4.88, 1.70-14.01)で生じた.
The effects of cardiovascular co-morbidities on work participation in rheumatic diseases: A prospective cohort study among working individuals.
van der Burg LR, Boonen A, van Amelsvoort LG, Jansen NW, Landewé RB, Kant I.
Maastricht University, Department of Epidemiology, P.O. Box 616, NL-6200 MD, Maastricht.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-11 19:50 | FMの疫学

イギリスにおける人種別の線維筋痛症有病率


Tower HamletsのLondon Boroughにある16のgeneral practicesで登録された無作為に選択した4,480人に短いアンケートを郵送しそのpracticesのwaiting areasで長いアンケートを行った。UKで生まれたか14歳以下の時にUKにいたBangladeshi人 (British Bangladeshi) と14歳を超えてUKに来たBangladeshi 人(Bangladeshi)を区別した。1,223/4,480 (27 %)の反応を短期の調査で得て、600/637 (94 %) の反応を長期の調査で得た。前者からは, White群, British Bangladeshi群 およびBangladeshi 群の慢性痛の有病率は各々55%, 54%および72 %. 長期調査では各々49, 45および70 %。CWPはBangladeshi群 (16 %)の方が White (10 %)や British Bangladeshi (9 %) 群よりも多い. 慢性痛の人々は生活の質が低い (健康状態が最もよいvs. 健康状態が良好(又は健康状態が良好vs. 健康状態が悪い)オッズ比は 5.6 (95 %CI 3.4 to 9.8)), しかし生活の質への慢性痛の影響には民族の差があるというエビデンスはない。
Clin Rheumatol. 2013 May 30. [Epub ahead of print]
Prevalence and impact of chronic widespread pain in the Bangladeshi and White populations of Tower Hamlets, East London.
Choudhury Y, Bremner SA, Ali A, Eldridge S, Griffiths CJ, Hussain I, Parsons S, Rahman A, Underwood M.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-03 21:35 | FMの疫学

線維筋痛症における児童虐待


2010年1月から2011年12月まで三次紹介痛みセンターの成人FMS患者において、児童虐待, 身体症状の強さ, および身体表現の解離症状の関連を調べた。子供時代の虐待はthe Childhood Trauma Questionnaireで評価し, 身体表現の解離症状(somatoform dissociative symptoms)はthe Somatoform Dissociation Questionnaireで評価し, 身体症状の強さはthe Patient Health Questionnaire-15で評価し、抑うつは the Patient Health Questionnaire-2で評価した。117人の患者 (84%は女性) を解析し,そのうち 20.5%は子供時代または青春期の強度の精神的な虐待を報告し, 8.6%は強度の身体的虐待を報告し, 12.8%は強度の性的虐待を報告し, 25.6%は強度の精神的無視を報告し, 12.0% は強度の身体的無視を報告。平均的には, 患者は高レベルのsomatoform dissociative symptomsおよび中等度の身体症状の強さと抑うつを報告。Somatoform dissociative symptomsおよび精神的虐待は中等度に関連あり (r = .32). 階層的な回帰分析によると, 性 (p = .01) および身体症状の強さ(p < .0001)はsomatoform dissociative symptomsの有意な予測因子であるが、子供時代の虐待と抑うつはそうではない. FMS患者のsomatoform dissociative symptomsの報告は多発性の身体症状を報告する傾向に関与するかも。
J Trauma Dissociation. 2013;14(3):342-58. doi: 10.1080/15299732.2012.736930.
The association among childhood maltreatment, somatic symptom intensity, depression, and somatoform dissociative symptoms in patients with fibromyalgia syndrome: a single-center cohort study.
Bohn D, Bernardy K, Wolfe F, Häuser W.
a Department of Internal Medicine I , Klinikum Saarbrücken , Saarbrücken , Germany.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-05-03 23:05 | FMの疫学

乾癬性関節炎には線維筋痛症が多い


the Classification criteria for Psoriatic Arthritisによる乾癬性関節炎(psoriatic arthritis:PsA)患者と健常患者を前向きに登録。London Fibromyalgia Epidemiologic Study Screening Questionnaire (LFESSQ) およびSymptoms Intensity scale (SIs)によりFMSの頻度を調べた. 34人の PsA 患者と44人の対照群。 PsA 患者の年齢の中央値は52 歳であり53.33%は女性. 対照群の中央値は50.5歳であり 59% は女性。LFESSQ に基づくとFMSは PsA患者の53.33%に存在し、対照群では 4.54% ( < 0.001). SIs に基づくとPsA の37.50%はFMSであり、対照群では6.66% ( < 0.001). 乾癬性関節炎患者においてはLFESSQ とSisには有意な関連あり ( = 0.00243)。PsA 患者の76.66%は疲労を訴え、対照群では40.90%, しかし両群の平均疲労点数は同程度(5.03 対5.18). FMSに関連した痛みと疲労は対照群よりPsA 患者に有意に多い。
Arthritis. 2013;2013:762921. doi: 10.1155/2013/762921. Epub 2013 Feb 14.
High frequency of fibromyalgia in patients with psoriatic arthritis: a pilot study.
Magrey MN, Antonelli M, James N, Khan MA.
MetroHealth Medical Center, Case Western Reserve University School of Medicine, 2500 MetroHealth Drive, Cleveland, OH 44109, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-03-15 22:58 | FMの疫学

関節の過可動性のある者は痛みを訴えやすい


Aberdeen cityおよびCheshireにおいて横断研究。関節の過可動性(joint hypermobility:JH)の存在、その範囲、罹病期間、筋骨格痛の程度を評価するアンケートを45949人に郵送。痛みの報告に基づき、参加者はCWP, some pain, または無痛に分類。Multinominal logistic regressionテストにより JH と痛みの状態の関連を示した。関連を、年齢、性別、他の推定される交絡因子で補正した。無痛者を対照群にした。結果をas relative risk ratios (RRR), 95% confidence intervals (CI)で示した。結果:12,853 (29.3%) 人がアンケートに対する完全なデータを返送。2,354 人(18.3%) が関節の過可動性に分類された。2,094人 (16.3%) はCWPであり 5,801人 (45.1%) はsome painであり、4,958 人(38.6%)は無痛。 JH患者は非JH患者に比べると有意にCWPを報告しやすい (18.5% vs. 15.8%, p<0.001)。年齢、性別で補正すると関節の過可動性のある患者は40%ほど最も強度のCWPを報告しやすい (1.4 (1.1-1.7), p<0.00)。就労状況、喫煙、飲酒、肉体活動で補正するとJH最も強度の CWPと有意に関連したままであり (1.6 (1.3-2.1), p<0.000) some painとも有意に関連したまま (1.3 (1.02-1.6), p=0.03).まとめ:JH は強度の痛みを関連している; しかしこの関連はCWPに特異的ではない。この関連は比較的中等度であり精神的な苦悩などの測定されていない交絡因子で説明できるかもしれない。
Arthritis Care Res (Hoboken). 2013 Feb 11. doi: 10.1002/acr.21979. [Epub ahead of print]
Joint hypermobility is modestly associated with disabling and limiting musculoskeletal pain: Results from a large scale general population based survey.
Mulvey MR, Macfarlane GJ, Beasley M, Symmons DP, Lovell K, Keeley P, Woby S, McBeth J.
Arthritis Research UK Epidemiology Unit, Manchester Academic Health Sciences Centre, University of Manchester, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-02-16 17:31 | FMの疫学

アメリカでの線維筋痛症の有病率

二つの方法でミネソタ州のOlmsted CountyでのFMの有病率を調べた。方法:最初の方法は臨床の場におけるFM診断の有病率を評価するために2005年1月1日から2009年12月31日までのRochester Epidemiology Projectを用いてOlmsted CountyでのFMの潜在的な症例の医療記録を後ろ向きに調べた。二つ目の方法はFMの調査研究基準に該当する回答者の割合を評価するために、FMの調査研究基準を用いてOlmsted Countyの成人を無作為に調査。結果:最初の方法で同定された3,410人の可能性のある患者のうち、1,115人は医療サービス提供者の医療記録でFMと診断された。年齢と性別で補正されたこの方法でのFMの有病率は1.1%. 二つ目の方法では,郵便で調査票を受け取った2,994人のうち, 830人 (27.6%)から回答があり44 (5.3%)人がFMの調査研究基準を満たす。年齢と性別で補正されたOlmsted Countyの一般人口におけるこの方法でのFMの有病率は6.4%.まとめ:FMの調査研究基準で調べられたFMの有病率の最初の方法。この結果では、FMの調査研究基準を満たす男性はFMとし診断されにくい。
Arthritis Care Res (Hoboken). 2012 Nov 30. doi: 10.1002/acr.21896. [Epub ahead of print]
Prevalence of fibromyalgia: A population-based study in Olmsted County, Minnesota, utilizing the Rochester Epidemiology project.Vincent A, Lahr BD, Wolfe F, Clauw DJ, Whipple MO, Oh TH, Barton DL, St Sauver J.
Fibromyalgia and Chronic Fatigue Clinic, Rochester, Minnesota. vincent.ann@mayo.edu
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-12-08 15:59 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line