カテゴリ:有痛性糖尿病性末梢神経症( 8 )


血糖値の急激な改善は糖尿病性神経障害の危険因子


糖尿病における治療誘発性の神経障害 (インシュリン神経炎also referred to as)は慢性の高血糖における血糖コントロールの急激な改善によって引き起こされるまれな医原性の小線維神経障害とみなされている。過去5年間での、糖尿病性神経障害の3次ケアセンターでの後ろ向き研究。954人の糖尿病性神経障害患者。糖尿病における治療誘発性の神経障害は3か月間でglycosylated haemoglobin A1C (HbA1c) が≥2% を超えて低下した血糖コントロールが著しく改善し8週間以内に神経障害性疼痛and/or 自律神経機能不全が急激に発症したと定義. 詳細な構造的な神経学的な検査、血糖コントロール、痛み点数、自律神経症状、その他の微小血管合併症を、経過観察中に3-6か月ごとに計測。954人の糖尿病性神経障害患者のうち104人 (10.9%) は糖尿病における治療誘発性の神経障害の基準を満たし、その基準とはHbA1cのかなりの低下を伴う神経障害性症状または自律神経症状の急速な悪化。HbA1cの低下した人はHbA1cに変化がない人よりも有痛性又は自律神経性の神経障害になる危険性がかなり高い(P < 0.001), そして網膜症発症 (P < 0.001) や微量アルブミン尿(P < 0.001)の危険性も高い. HbA1c低下の程度と, 神経障害性疼痛の強さ (R = 0.84, P < 0.001), 副交感神経機能不全の程度(R = -0.52, P < 0.01)そしてティルトテーブルテストによる血圧低下により測定した交感神経性アドレナリン機能の不全(R = -0.63, P < 0.001)とは強い関連がある. 3か月間でHbA1c of 2-3%低下すると、糖尿病において治療誘発性の神経障害の危険性が20%増加し, 3か月間でHbA1c の低下が >4%であると糖尿病において治療誘発性の神経障害の危険性が80%増加する。
Brain. 2014 Nov 11. pii: awu307. [Epub ahead of print]
Treatment-induced neuropathy of diabetes: an acute, iatrogenic complication of diabetes.1請求
Gibbons CH1, Freeman R2.
·1Department of Neurology, Beth Israel Deaconess Medical Centre, Harvard Medical School, Boston, MA, USA cgibbons@bidmc.harvard.edu.
·2Department of Neurology, Beth Israel Deaconess Medical Centre, Harvard Medical School, Boston, MA, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-11-18 20:39 | 有痛性糖尿病性末梢神経症

有痛性糖尿病性神経障害に対する抗うつ薬の効果(ネットワークメタ解析)


目的: 有痛性糖尿病性neuropathyにおける効果と安全性の比較をネットワークメタ解析で評価。痛みが50%軽減する、あるいは副作用で治療を中止するを効果と安全性の一次的な結果とする。結果:21の報告された論文を解析。Duloxetine, gabapentin, pregabalin, およびvenlafaxineは偽薬に比べると有意に有効でありそのオッズ比は各々2.12, 3.98, 2.78, および4.43. Amitriptyline (OR: 7.03, 95% confidence interval [CI]: 1.87, 29.05) およびduloxetine (OR: 3.26, 95% CI: 1.04, 9.97)はgabapentinよりもより中止になりやすい。効果の順はgabapentin, venlafaxine, pregabalin, duloxetine/gabapentin, duloxetine, amitriptyline, そして偽薬であり安全性の順番は偽薬, gabapentin, pregabalin, venlafaxine, duloxetine/gabapentin併用, duloxetine, そして amitriptyline. 効果と危険性のバランスがよい順は: gabapentin, venlafaxine, pregabalin, duloxetine/gabapentin併用, duloxetine, 偽薬そしてamitriptyline。Valproateは研究欠如しているため対象にできず。
Pain Physician. 2013 Nov-Dec;16(6):E705-14.
Comparative Efficacy and Safety of Six Antidepressants and Anticonvulsants in Painful Diabetic Neuropathy: A Network Meta-analysis.
Rudroju N, Bansal D, Talakokkula ST, Gudala K, Hota D, Bhansali A, Ghai B.
Clinical Research Unit, Department of Pharmacy Practice, National Institute of Pharmaceutical Education and Research, SAS Nagar (Mohali), India; Postgraduate Institute of Medical Education and Research, Chandigarh, India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-12-08 22:30 | 有痛性糖尿病性末梢神経症

レグナイトは糖尿病性神経障害性疼痛には有効ではない


約20週間の多施設、無作為振り分け、二重盲検法、二重ダミー、パラレル、偽薬対照研究(Clinicaltrials.gov database, Identifier ! NCT00643760). Pregabalin (PGB) (Lyrica(®) ; Pfizer Inc.)を活性偽薬として使用しこの研究の分析感度を規定した。421人の成人糖尿病性神経障害(DPN)を無作為に2:1:1:1:2の割合で経口 GEn 3,600mg/day, GEn 2,400mg/day, GEn 1,200mg/day, PGB 300mg/day, 又はマッチさせた偽薬に振り分け。一次的な結果は11点の Pain Intensity Numerical Rating Scale (PI-NRS)に基づく24時間の平均痛み点数の治療前から維持期の終わりまでの変化.安全性と耐用性の評価治療により発生した副作用(treatment-emergent adverse events:TEAEs), 実験室評価, バイタルサイン, ECG, 神経学的検査, および足の腫脹を含む。結果:維持治療期の終わりでの、補正後の24時間の平均PI-NRS痛みの強さ点数の平均の差(vs. 偽薬)はGEn 1,200mg (-0.35; [95% CI: -1.02, 0.31]; P=0.295), GEn 2,400mg (-0.02; [95% CI: -0.71, 0.66]; P=0.946), およびGEn 3,600mg (-0.55; [95% CI: -1.10, 0.01]; P=0.105)には有意差なし。活性偽薬のPGB (300mg/day)も偽薬とは差なし。GEn治療群のいずれも偽薬と差なし。二次的な結果は各治療間で同等な結果。
Pain Pract. 2012 Nov 27. doi: 10.1111/papr.12014. [Epub ahead of print]
A Randomized, Controlled Trial of Gabapentin Enacarbil in Subjects with Neuropathic Pain Associated with Diabetic Peripheral Neuropathy.
Rauck R, Makumi CW, Schwartz S, Graff O, Meno-Tetang G, Bell CF, Kavanagh ST, McClung CL.
Carolinas Pain Institute, Winston Salem, North Carolina, U.S.A.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-12-02 16:58 | 有痛性糖尿病性末梢神経症

サインバルタの糖尿病性神経障害性疼痛への効果(総説)


糖尿病性神経障害性疼痛(diabetic peripheral neuropathic pain:DPNP)患者におけるduloxetine 1日1回40と 60 mgを調べた、4つの二重盲検、偽薬対照の12週間の研究と1つの open-label, 非対照の34週の効果維持(maintenance-of-effect:MOE) 研究からの効果と安全性をまとめる。すべての偽薬対照研究において、duloxetine は偽薬に比べて有意に(P ≤ .01) 痛みの強さを軽減した(一次的な結果の測定である24時間の痛みの強さの平均の1週間の平均). すべての偽薬対照研究において, duloxetineは有意に(P ≤ .05) 痛みの生活への障害を改善する. Duloxetine群は対照群より患者の全般的改善の印象は偽薬より優れている(P ≤ .01). 反応率(痛みの軽減が30%)はduloxetine群では57%から 68%であり、偽薬群では35%から 47% であり、4つの研究のうち3つでは有意差あり(P ≤ .01). open-label 研究ではDPNPにおけるduloxetineの効果は維持された. Duloxetine群では, 4.3%から 14.9%の患者は副作用のために脱落 (偽薬群では2.6%から7.4%).治療群における最も一般的に報告されている副作用は吐き気、眠気および頭痛。1日1回のDuloxetine 40と 60 mgはDPNP治療において有効で耐えられる.

Pain Res Treat. 2012;2012:898347. Epub 2012 Aug 29.
Review of Efficacy and Safety of Duloxetine 40 to 60 mg Once Daily in Patients with Diabetic Peripheral Neuropathic Pain.
Skljarevski V, Frakes EP, Sagman D, Lipsius S, Heinloth AN, Dueñas Tentori HJ.
Department of Neuroscience, Eli Lilly and Company, Indianapolis, IN 46285, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-22 20:45 | 有痛性糖尿病性末梢神経症

αリポ酸の糖尿病性末梢神経障害への有効性(メタ解析)

αリポ酸alpha lipoic acidの糖尿病性末梢神経障害への有効性のメタ解析。αリポ酸投与により、すべての研究の統合標準平均差によるとTSS scoresの減少は -2.26 (CI: -3.12 to -1.41; P = 0.00001).経口投与 (-1.78 CI: -2.45 to -1.10; P = 0.00001)と静注投与 (-2.81 CI: -4.16 to -1.46; P = 0.0001) のサブグループ解析では有効性を示す。考察: αリポ酸600 mg/日の3週間の静注は 有意に臨床的に神経障害性疼痛を改善する (grade of recommendation A). 3-5 週の>600 mg/日の経口投与が有意に改善するかどうかは不明。
Alpha lipoic Acid for symptomatic peripheral neuropathy in patients with diabetes: a meta-analysis of randomized controlled trials.
Mijnhout GS, Kollen BJ, Alkhalaf A, Kleefstra N, Bilo HJ.
Int J Endocrinol. 2012;2012:456279. Epub 2012 Jan 26.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-02-16 22:40 | 有痛性糖尿病性末梢神経症

糖尿病性末梢神経障害におけるサインバルタの有効性

diabetic peripheral neuropathic pain (DPNP)に対してはduloxetineを60 mg/日を超えて処方しない方がよい。鎮痛効果が強くなる証拠がなく、副作用の問題があるからである。プレガバリンやガバペンチンの追加は効果がある。

Patient Prefer Adherence. 2011;5:343-56. Epub 2011 Jul 19.
Duloxetine in the management of diabetic peripheral neuropathic pain.
Ormseth MJ, Scholz BA, Boomershine CS.
Division of Rheumatology and Immunology, Vanderbilt University, Nashville, TN, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-08-21 15:23 | 有痛性糖尿病性末梢神経症

有痛性糖尿病性末梢神経症におけるトリプタノールとサインバルタの比較

58人のpainful diabetic neuropathy (PDN)患者を無作為に二重盲検で6週ずつamitriptyline とduloxetineを投薬。一重盲検の2週間のwashout、治療終了後の一重盲検法の4週間のrun-out phase。平均疼痛点数の減少が>50%, 25-50%, および<25%を各々良好、中等度、軽度と見なす。結果:両群とも治療前に比べると疼痛が有意に改善(P < 0.001両方とも). Amitriptyline投与では疼痛改善が良好、中等度、軽度の割合は55, 24, および15% であり、duloxetine 群では59, 21, および9%. 両群には他の様々な指標も有意差なし。報告された副作用の中で口の渇きはduloxetine 群よりamitriptyline群の方が有意に多かった (55 vs. 24%; P < 0.01). duloxetineを好む患者が多かったが, 有意差はなかった(48 vs. 36%; P = 0.18).
Diabetes Care. 2011 Apr;34(4):818-22. Epub 2011 Feb 25.
A comparative evaluation of amitriptyline and duloxetine in painful diabetic neuropathy: a randomized, double-blind, cross-over clinical trial.
Kaur H, Hota D, Bhansali A, Dutta P, Bansal D, Chakrabarti A.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-07-24 17:25 | 有痛性糖尿病性末梢神経症

有痛性糖尿病性末梢神経症の治療ガイドライン

有痛性糖尿病性末梢神経症Painful Diabetic Peripheral Neuropathy、第一選択はTCA, SNRIのduloxetine 及び抗痙攣薬のpregabalin とgabapentin。第二選択は合成opioid のtramadol, morphineおよびoxycodone controlled releaseなどのopiates。併用療法の文献は限られている。薬物治療に反応しないひどい症例は脊髄電気刺激。
Diabetes Metab Res Rev. 2011 Jun 21. doi: 10.1002/dmrr.1225. [Epub ahead of print]
Painful Diabetic Peripheral Neuropathy: Consensus Recommendations on Diagnosis, Assessment and Management.
Tesfaye S, Vileikyte L, Rayman G, Sindrup S, Perkins B, Baconja M, Vinik A, Boulton A; on behalf of the Toronto Expert Panel on Diabetic Neuropathy*.
Diabetes Research Unit, Royal Hallamshire Hospital and University of Sheffield, Sheffield, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-06-25 15:31 | 有痛性糖尿病性末梢神経症
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line