カテゴリ:慢性疲労症候群( 112 )


慢性疲労症候群の病因

最近の所見の総説。最近の所見:過去数年で出版されたいくつかの研究は、多くのME/CFS患者において、慢性酸化およびニトロソ化ストレス(oxidative andnitrosative stressO&NS), 炎症、ミトコンドリア機能の障害、およびの存在を強調。これらの研究は、訓練中の筋肉疲労までの時間の短縮や筋肉の収縮性の障害などの、慢性的に増加したO&NSの筋作用への有害作用を強調した。慢性O&NS andor heat shock 産生の障害によって明らかになった機序が、訓練後の筋肉の回復および身体活動の急性又は慢性の増加への横紋筋の適応反応を障害するのかも。 慢性O&NS,軽度の炎症、およびheat shock protein産生障害の存在は多くのME/CFS患者における筋肉疲労の増加、収縮性の障害、訓練不耐性の多様な側面の客観的な所見を説明するかも。

Curr Rheumatol Rep. 2017Jan;19(1):1. doi: 10.1007/s11926-017-0628-x.

Mechanisms Explaining Muscle Fatigue and Muscle Pain in Patients with MyalgicEncephalomyelitis/Chronic FatigueSyndrome (ME/CFS): a Review of Recent Findings.

Gerwyn M1, Maes M2.

  • 1Tir Na Nog, Bryn Road seaside 87, Llanelli, SA15 2LW, Wales, UK.
  • 2IMPACT Strategic Research Centre, Deakin University, School of Medicine and Barwon Health, Geelong, VIC, Australia. dr.michaelmaes@hotmail.com.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-03-19 19:51 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群の食事療法の系統的総説

食事療法と栄養素のCFS/MEへの治療の系統的総説。結果:17の研究が含まれる基準を満たした。14の異なる治療が調べられた。多くの研究はCFS/MEの治療に有効ではなかった. nicotinamide adeninedinucleotide hydride (NADH), probiotic(体によい細菌), high cocoa polyphenol の豊富なチョコレート, そしてNADH およびcoenzyme Q10の組み合わせにより疲労の改善があった.

J Hum Nutr Diet. 2017 Jan 22. doi:10.1111/jhn.12435. [Epub ahead of print]

Dietary and nutrition interventions for thetherapeutic treatment of chronicfatiguesyndrome/myalgic encephalomyelitis: a systematic review.

Campagnolo N1,2, Johnston S1,2, Collatz A1,2, Staines D2, Marshall-Gradisnik S1,2.

  • 1School of Medical Science, Griffith University, Gold Coast, QLD, Australia.
  • 2National Centre for Neuroimmunology and Emerging Diseases, Menzies Health Institute Queensland, Griffith University, Gold Coast, QLD, Australia.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-01-29 15:11 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群における電話による認知行動療法と、直接面談による認知行動療法の比較

方法:以前に行った無作為振り分け臨床研究から、電話による認知行動ストレス対処(T-CBSM(N=56) 又は直接面談によるぐループでの認知行動ストレス対処(L-CBSM(N=44)に参加した100人のCFS患者(平均年齢50;90%は女性)からデータを得た。Perceived Stress Scale (PSS) およびCDC症状チェックリスト点数を、補正したおよび補正しない解析でrepeatedmeasures analyses of varianceを用いて比較した。結果:研究参加時には大部分の人口統計学的および疾患変数には差がなく、セッション参加も同程度. どちらの治療でもPSS点数は有意に低下したが, L-CBSMでは効果が大きく(partial ε2=0.16) T-CBSMは中等度の効果 (partial ε2=0.095). CFS症状の頻度と強度点数では, L-CBSMは大きな効果の改善があったが (partial ε2=0.19-0.23),T-CBSMは経時的には有意な変化がなかった.

JPsychosom Res. 2017 Feb;93:41-47. doi:10.1016/j.jpsychores.2016.12.004. Epub 2016 Dec 8.

Telephone-administered versus live groupcognitive behavioral stress management for adults with CFS.

Hall DL1, Lattie EG2, Milrad SF3, Czaja S4, Fletcher MA5, Klimas N5, Perdomo D4, Antoni MH6.

  • 1Department of Psychology, University of Miami, Coral Gables, FL, USA; Harvard Medical School, Massachusetts General Hospital, Boston, MA, USA; Harvard Medical School, Beth Israel Deaconess Medical Center, Boston, MA, USA. Electronic address: dhall7@mgh.harvard.edu.
  • 2Department of Psychology, University of Miami, Coral Gables, FL, USA; Center for Behavioral Intervention Technologies (CBITs), Northwestern University, Chicago, IL, USA.
  • 3Department of Psychology, University of Miami, Coral Gables, FL, USA.
  • 4Department of Psychiatry and Behavioral Sciences, University of Miami, Miami, FL, USA.
  • 5Institute for Neuro Immune Medicine, Nova Southeastern University, Davie, FL, USA.
  • 6Department of Psychology, University of Miami, Coral Gables, FL, USA; Department of Psychiatry and Behavioral Sciences, University of Miami, Miami, FL, USA.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-01-24 22:25 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群患者の死亡率

方法:死亡したME又はCFS患者の家族、友人、介護者を、ソーシャルメディア、患者の会報、e-mail、およびウェブサイトを介して集めた。この研究はME又はCFSと同定された56人の死者の原因と死亡年齢を含むデータを解析した。結果:所見によると、患者では早期の全原因(M = 55.9)および心血管に関連した(M = 58.8)の死亡の危険性が有意に高く,自殺(M = 41.3)および癌 (M =66.3) による死亡の平均年齢が、全U.S.人口[M =73.5 (全原因), 77.7 (心血管), 47.4 (自殺),および71.1 ()]に比べて一方向に若い。

Fatigue. 2016;4(4):195-207. doi:10.1080/21641846.2016.1236588. Epub 2016 Oct 12.

Mortality in Patients with MyalgicEncephalomyelitis and ChronicFatigueSyndrome.

McManimen SL1, Devendorf AR1, Brown AA1, Moore BC1, Moore JH1, Jason LA1.

  • 1Center for Community Research, DePaul University.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-01-18 18:59 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群では睡眠の質の悪さはサイトカインと関連

方法: CFS/MEと診断された60人の女性をthePittsburgh Sleep Quality Index (PSQI), Fatigue Symptom Inventory(FSI)およびCenter forDisease Control and Prevention (CDC)-に基づいたCFS/ME症状のアンケートを用いて評価した. 循環している血漿炎症性サイトカインレベルをELISAを用いて計測. 多変量回帰解析により、年齢、教育、およびBMIで補正して、睡眠、サイトカインおよび症状の関連を調べた。結果:睡眠の質の悪さ(PSQI の全般的な点数) は炎症性サイトカインレベルが高いことと相関: interleukin-1β (IL-1β) (β=0.258, p=0.043),IL-6 (β=0.281, p=0.033), およびtumornecrosis factor-alpha (TNF-α) (β=0.263, p=0.044). 睡眠の質の悪さは疲労強度が強いこと (β=0.395, p=0.003)、および疲労に関連した日常活動の障害(β=0.464, p<0.001)、およびCDC-が定義したCFS/ME症状の中核の程度や頻度が強いことと関連(各々β=0.499, p<0.001,およびβ=0.556, p<0.001).

J Neuroimmunol.2016 Dec 14. pii: S0165-5728(16)30449-0. doi: 10.1016/j.jneuroim.2016.12.008.[Epub ahead of print]

Poor sleep quality is associated with greatercirculating pro-inflammatory cytokines and severity and frequency of chronicfatiguesyndrome/myalgic encephalomyelitis (CFS/ME) symptoms in women.

Milrad SF1, Hall DL2, Jutagir DR1, Lattie EG3, Ironson GH1, Wohlgemuth W4, Nunez MV5, Garcia L6, Czaja SJ6, Perdomo DM6, Fletcher MA5, Klimas N5, Antoni MH7.

  • 1Department of Psychology, University of Miami, 5665 Ponce de Leon Blvd., Miami, FL 33133, USA.
  • 2Department of Psychiatry, Massachusetts General Hospital/Harvard Medical School, 55 Fruit St., Boston, MA 02114, USA.
  • 3Department of Preventive Medicine, Northwestern University Feinberg School of Medicine, 680 N Lake Shore Dr. Suite 1400, Chicago, IL 60611, USA.
  • 4Department of Sleep Medicine, Miami Veteran Affairs Hospital, 1201 NW 16th St, Miami, FL 33125, USA.
  • 5Institute for Neuro Immune Medicine, Nova Southeastern University, 8501 SW 124th Ave #111, Miami, FL 33183, USA.
  • 6Department of Psychiatry and Behavioral Sciences, University of Miami, 1120 NW 14th St., Miami, FL 33136, USA.
  • 7Department of Psychology, University of Miami, 5665 Ponce de Leon Blvd., Miami, FL 33133, USA. Electronic address: mantoni@miami.edu.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-01-09 15:27 | 慢性疲労症候群

統合失調症で退院時のベンゾジアゼピン系抗不安薬処方量が多いと再入院までの期間が短くなる

方法:この後ろ向き研究では、東京医科大学病院を20091月から20122月までに退院した統合失調症患者を対象にした。退院後2年を超えて治療を継続した108人の患者を研究に含めた。臨床的な特徴、BZPsや抗精神病薬などの処方された薬の量、退院時のGlobal Assessment ofFunctioning scoresを調べた。 一次的な結果はすべての理由による再入院。結果:統合失調症患者108人中、44 (40.7%)は研究期間の2年間に再入院。コックス比例ハザードモデルを用いた多変量解析によると、教育歴が短い者(hazardratio =2.43, P=0.032), 統合失調症の発症年齢が若い者(hazardratio =2.10, P=0.021), およびdiazepam-等価投与量が高い者 (hazardratio =6.53, P=0.011) は退院後再入院までの期間が有意に短い.

Neuropsychiatr Dis Treat. 2016 Dec15;12:3243-3247. doi: 10.2147/NDT.S118759. eCollection 2016.

Association between the high-dose use of benzodiazepinesand rehospitalization in patients with schizophrenia: a 2-year naturalisticstudy.

Takita Y1, Takaesu Y1, Ono K1, Futenma K1, Shimura A1, MurakoshiA1, Komada Y2, Inoue Y3, Inoue T1.

  • 1Department of Psychiatry.
  • 2Department of Somnology, Tokyo Medical University, Tokyo, Japan.
  • 3Department of Psychiatry; Department of Somnology, Tokyo Medical University, Tokyo, Japan.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-25 13:08 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群に対する繰り返し経頭蓋磁気刺激

7人のCFS患者へ背外側前頭前皮質(dorsolateralprefrontal cortexDLPFC)への3日間の促進、高周波、繰り返し経頭蓋磁気刺激(repetitive transcranial magnetic stimulationrTMS)を行った。5人の患者は3日間のプロトコールを副作用なく終了。その他の2人では、軽度の副反応のために刺激強度を弱める必要があった。大部分の患者では、治療により疲労症状が改善した。DLPFCへの高周波rTMS CFSへの有用な治療になり得る。

InternMed. 2016;55(23):3515-3519. Epub 2016 Dec 1.

High-frequency rTMS for the Treatment of ChronicFatigueSyndrome: A Case Series.

Kakuda W1, Momosaki R, Yamada N, Abo M.

  • 1Department of Rehabilitation Medicine, The Jikei University School of Medicine, Japan.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-06 22:08 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群に対する鍼と灸の効果

54人のCFS患者を集めて、無作為に3群に分けた.対照群(control groupCG, n = 15) および鍼群(acupuncturegrouAG, n = 15)manipulation(用手的な)鍼治療を受け、灸群moxibustion groupMG, n = 15)は間接的な灸治療を受けた. 一次的な結果はthe FatigueAssessment Instrument (FAI)の点数。二次的な結果は、自律神経系の活動を反映することのできる心拍変動(heart ratevariabilityHRV)変数。この研究は瞬間的な変化と長期間の効果の両方と見なされる. 3つの群において、FAI点数は4回目と10回目の治療の後に低下。MG群におけるFAIの低下はAG群のそれよりも大きかった. 鍼はHRVの瞬間的な変化により効果があり、灸は長期効果の面でより効果があった。鍼と灸の両方はCFS患者の疲労をより改善したが, 灸の方がより効果的であった. 治療の機序のは迷走神経の活性化かもしれない。灸の方が鍼よりもCFSの長期治療としてはより効果的であった。

Sci Rep. 2016 Nov 25;6:37846. doi:10.1038/srep37846.

Acupuncture and Moxibustion have DifferentEffects on Fatigueby Regulating the Autonomic Nervous System: A Pilot Controlled Clinical Trial.

Shu Q1,2, Wang H1,2, Litscher D3, Wu S1,2, Chen L1,2, Gaischek I3, Wang L3, He W1,2, Zhou H1,2, Litscher G1,2,3, Liang F1,2.

  • 1Acupuncture &Moxibustion Institute, Hubei University of Chinese Medicine, Wuhan (430061), China.
  • 2Hubei Provincial Collaborative Innovation Center of Preventive Treatment by Acupuncture &Moxibustion, Wuhan (430061), China.
  • 3TCM Research Center Graz, Research Unit for Complementary and Integrative Laser Medicine, Research Unit of Biomedical Engineering in Anesthesia and Intensive Care Medicine, Medical University of Graz, Graz (8036), Austria.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-27 16:33 | 慢性疲労症候群

慢性疲労諸侯群の青少年は肥満が多い


UK小児 CFS/myalgic encephalomyelitis (CFS/ME) サービスのデータをthe Avon Longitudinal Study of Parents and Children (ALSPAC)の2時点で集めたデータと比較。患者:2004年から2014年までにCFS/ME専門家サービスを受診した1685人の青少年とALSPAC研究に参加した13歳と16歳の13 978人の青少年。主要な結果:BMI (kg/m2), 性特異的および年齢特異的BMI Z-scores (the International Obesity Task Forceカットオフと比較して)および肥満の有病率(%)。結果:CFS/ME専門家サービスを受診した青少年は肥満の有病率が (13歳: 9.28%;16歳: 16.43%) ALSPAC内でCFS/MEと診断された青少年 (13歳: 3.72%;16歳: 5.46%) およびALSPAC内でCFS/MEと診断されなかった青少年 (13歳: 4.18%;16歳: 4.46%)よりも高かった。専門家サービスを受診した者における肥満のオッズの増加 (ALSPAC内でCFS/MEと診断されなかった者と比較して) は13歳 (OR: 2.31 (1.54 to 3.48)) および16 歳で明確であり, 16歳で見られた可能性が高い(OR: 4.07 (2.04 to 8.11)).
Arch Dis Child. 2016 Sep 21. pii: archdischild-2016-311293. doi: 10.1136/archdischild-2016-311293. [Epub ahead of print]
Obesity in adolescents with chronic fatigue syndrome: an observational study.
Norris T1, Hawton K2, Hamilton-Shield J2, Crawley E3.
•1School of Social & Community Medicine, University of Bristol, Bristol, UK.
•2NIHR Bristol Biomedical Research Unit in Nutrition and University of Bristol, Bristol, UK.
•3Centre for Child and Adolescent Health, School of Social and Community Medicine, University of Bristol, Bristol, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-10-02 16:37 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群患者は補完代替医療を頻繁に利用する

PACE研究は、二次ケアクリニックにおけるCFS患者を4つの非薬物治療に振り分け比較する. このサブ研究の目的は、研究対象における補完代替医療(complementary andalternative medicineCAM)の利用を記述し、CAM使用は結果の改善と関連するかどうかを調べること。方法:補完代替医療(complementary andalternative medicineCAM)使用をベースラインと52週で記録。ロジスティックおよび重回帰モデルでCAM使用と、患者の特徴および治療の結果の関連を調べた。結果:ベースラインでは, 450/640の参加者 (70%) がいずれかのCAMを使用; 199/640の参加者(31%) CAMpractitionerを受診し、 410/640 (64%)CAMの薬を摂取。52週では、いずれかのCAMを使用する者は 379/589(64%)に減少.ベースラインでのCAM使用の独立した予測因子は 、女性、地域のMEグループのメンバー, CFSの以前の期間および治療の好み. 52週の時点では,関連する変数は女性、地域のMEグループのメンバー、および希望した治療に振り分けられなかったこ。いずれかのCAM使用と、ベースライン又は52週での疲労には有意な関連はなかった。ベースラインでのCAM使用、52週でのSF36身体機能点数の増加の平均(CI)の差 4.10 (1.28, 6.91; p=0.024)と相関し、それは臨床的に重要な差の閾値には達せず。まとめ:CAM使用はCFS患者では一般的.それは、臨床的に重要な研究の結果には関連せず。

JPsychosom Res. 2016 Aug;87:37-42. doi: 10.1016/j.jpsychores.2016.06.005.Epub 2016 Jun 10.

Complementary and alternative healthcare use byparticipants in the PACE trial of treatments for chronic fatiguesyndrome.

Lewith G1, Stuart B2, Chalder T3, McDermott C2, White PD4.

  • 1Primary Care and Population Sciences, University of Southampton, UK. Electronic address: gl3@soton.ac.uk.
  • 2Primary Care and Population Sciences, University of Southampton, UK.
  • 3Academic Department of Psychological Medicine, King's College London, Weston Education Centre, London, UK.
  • 4Centre for Psychiatry, Wolfson Institute of Preventive Medicine, Barts and the London School of Medicine, Queen Mary University, London, UK.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-07-18 18:33 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line