カテゴリ:慢性疲労症候群( 117 )


慢性疲労症候群での生物製剤の効果

主なCFS症状が軽減し、それにより抗-CD20 抗体のRituximab(リツキシマブ:リツキサン®)(3人のCFS患者で臨床的に有意に反応した)を用いてBリンパ球を減らす先行研究が行われた。方法と結果:二重盲検、偽薬対照のphase II研究 (NCT00848692), 30人の CFS患者が無作為にRituximab 500 mg/m(2)又は生食を2週間間隔で2回注射され12ヶ月経過観察。. Xenotropic murine leukemia virus-related virus (XMRV)は誰にも見つからなかった。反応は一般的にすべてのCFSの症状に影響を与える. 大きな又は中等度の反応(自己報告の疲労点数が経過観察中軽減したままと定義)は, Rituximab 群では15人中10人 (67%) に偽薬群では15人中2人 (13%) に認められた(p = 0.003). Rituximab群で反応した10人の経過観察時の平均反応期間は25 週(8-44週). Rituximabを使用した4人は研究期間を過ぎても臨床的に反応したままであった。経過観察中の疲労点数の反復測定の一般線形モデルでは時間と治療に有意な関連がある(患者の自己報告ではp = 0.018, 医師の評価ではp = 0.024), Rituximab 群と偽薬群の間で治療後6-10か月間で差あり。一次的な結果である治療3か月後の自己報告の疲労点数による効果は陰性であった。深刻な副作用はなかった。Rituximab群の2人ではすでに存在していた乾癬が中等度悪化。

PLoS One. 2011;6(10):e26358. Epub 2011 Oct 19.
Benefit from B-Lymphocyte Depletion Using the Anti-CD20 Antibody Rituximab in Chronic Fatigue Syndrome. A Double-Blind and Placebo-Controlled Study.Fluge O, Bruland O, Risa K, Storstein A, Kristoffersen EK, Sapkota D, Næss H, Dahl O, Nyland H, Mella O.
Department of Oncology and Medical Physics, Haukeland University Hospital, Bergen, Norway.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-11-05 12:42 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群と代替医療

complementary and alternative medicines (CAM)。2011年8月13日までの無作為対照研究。26の無作為対照研究で3,273人が該当。無作為対照研究のCAM治療は: mind-body medicine, distant healing, マッサージ, tuinaと太極拳, homeopathy, 朝鮮人参, およびdietary supplementation. 気功、マッサージおよびtuinaは陽性の結果であったが distant healingはそうではなかった. 対照群に比べると, homeopathyにはCFSの症状改善には不十分な証拠。17の研究がsupplementsの研究であるが、その大部分はNADHとマグネシウムを除いてCFSには効果がなかった。

Complementary and Alternative Medicine for Patients with Chronic Fatigue Syndrome: a Systematic Review.
Alraek T, Lee MS, Choi TY, Cao H, Liu J.
BMC Complement Altern Med. 2011 Oct 7;11(1):87. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-10-15 18:45 | 慢性疲労症候群

xenotropic-MLV-related virusは見つからず

xenotropic-MLV-related virus (XMRV)を含むMurine leukemia viruses (MLV)。XMRV/MLVが以前陽性であった15人 (14人の CFS患者) と以前そのウイルスがいないことが確認された15人の健常人を比較の血液を検査。どちらの血液かわからないようにして9つの研究室に送った。二つの研究室のみがXMRV/MLVsを報告; しかしCFS患者と健常人で同程度の反応であった。この結果から現在の検査ではXMRV/MLVを再現できない。

Science. 2011 Sep 22. [Epub ahead of print]
Failure to Confirm XMRV/MLVs in the Blood of Patients with Chronic Fatigue Syndrome: A Multi-Laboratory Study.
Simmons G, Glynn SA, Komaroff AL, Mikovits JA, Tobler LH, Hackett J Jr, Tang N, Switzer WM, Heneine W, Hewlett IK, Zhao J, Lo SC, Alter HJ, Linnen JM, Gao K, Coffin JM, Kearney MF, Ruscetti FW, Pfost MA, Bethel J, Kleinman S, Holmberg JA, Busch MP; for the Blood XMRV Scientific Research Working Group (SRWG).
Blood Systems Research Institute and University of California, San Francisco, San Francisco, CA 94118, USA.

XMRV/MLVsは陰性であるという報告が多く、この論文はScienceですし、XMRV/MLVs説は否定的な印象を受けます。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-09-29 21:30 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群におけるXMRV

72人のCFS患者を様々な方法で検査しても、XMRVの足跡はなく、ウイルスの感染も見つからなかった。
No detectable XMRV in subjects with chronic fatigue syndrome from Quebec.
Cool M, Bouchard N, Massé G, Laganière B, Dumont A, Hanna Z, Phaneuf D, Morisset R, Jolicoeur P.
Virology. 2011 Sep 16. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-09-22 23:35 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群と起立性頻脈症候群

CFSと起立性頻脈症候群 postural tachycardia syndromes (POTS)の合併. CFSを合併したPOTS(CFS-POTS)患者の自律神経と神経ホルモンの表現型をCFSを合併しないPOTS (non-CFS POTS),患者と比較して、CFS-POTSが臨床的に独特であるのかどうか調べた。58 人のPOTSを集め, 47人が参加。 93%がひどい疲労 (Checklist Individual Strength [CIS], fatigue subscale <36), そして64% (n=30)がCFSの基準を満たす (CFS-POTS). CFS症状の有病率 (CDC基準) はCFS-POTS群に多いが 症状のパターンは両群で同様。肉体機能は両群とも低い (RAND-36 Health Survey, 40±4 vs. 33±3, p=0.153),ただしCFS-POTS患者の方が疲労がよりひどい (CIS fatigue subscale 51±1 vs. 43±3, p=0.016). CFS-POTS群は起立性頻脈がnon-CFS POTS 群より大きく(51±3 vs. 40±4 bpm, p=0.030), 血圧の低周波数変動が大きく(6.3±0.7 vs. 4.8±1.0 mmHg2, p=0.019), Valsalva法の早期から晩期 II までの血圧の回復が大きく(18±3 vs. 11±2 mmHg, p=0.041), 仰臥位の血漿レニン活性が高く (1.5±0.2 vs. 1.0±0.3 ng/mL/h; p=0.033)立位の血漿レニン活性も高い (5.4±0.6 vs. 3.5±0.8 ng/mL/h; p=0.032).

Clin Sci (Lond). 2011 Sep 12. [Epub ahead of print]
Neurohumoral and Hemodynamic Profile in Postural Tachycardia and Chronic Fatigue Syndromes.
Okamoto LE, Raj SR, Peltier AC, Gamboa A, Shibao CA, Diedrich A, Black BK, Robertson D, Biaggioni I.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-09-17 23:36 | 慢性疲労症候群

CFSの子供の母親の収入は減り出費は増える

・CFS/MEの子供の40人の母親が精神的な幸福の評価を受け、さらに8人の母親が質的なインタビューを受けた。 結果:CFS/MEの子供の母親の大部分が月収を失い(平均=£247) 月間の出費が増えた (平均=£206). 28人(72%)の母親が健常人口の20%と比べたthe General Health Questionnaire-12のカットオフを超えており(95% CI 55, 85, P < 0.001)、それは恐らく精神的な健康に障害があることを示唆している。

The financial and psychological impacts on mothers of children with chronic fatigue syndrome (CFS/ME).
Missen A, Hollingworth W, Eaton N, Crawley E.
Child Care Health Dev. 2011 Sep 1. doi: 10.1111/j.1365-2214.2011.01298.x. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-09-03 01:18 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群の危険因子

1958年にBritishで生まれた人の出生から42 年間の前向き研究(n = 11 419)。42歳時、自己申告のCFS/ME (n = 127) および操作上定義されたCFS-like illness (n = 241).結果:精神病理学的に補正すると、親の肉体的虐待(odds ratio (OR) = 2.10, 95% CI 1.16-3.81), 子供時代の胃腸症状(OR = 1.58, 95% CI 1.00-2.50)、頻回に風邪を引いたという親からの報告 (OR = 1.65, 95% CI 1.09-2.50) は自己報告のCFS/MEと独立して関連. 女性という性や発病前の精神疾患の合併はCFS-like illnessのみのリスクマーカーであり,精神疾患の合併とは独立している。

Premorbid risk markers for chronic fatigue syndrome in the 1958 British birth cohort.
Clark C, Goodwin L, Stansfeld SA, Hotopf M, White PD.
Br J Psychiatry. 2011 Aug 18. [Epub ahead of print]
[PR]

by fibromyalgia11 | 2011-08-27 16:06 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line