カテゴリ:慢性疲労症候群( 114 )


慢性疲労諸侯群の青少年は肥満が多い


UK小児 CFS/myalgic encephalomyelitis (CFS/ME) サービスのデータをthe Avon Longitudinal Study of Parents and Children (ALSPAC)の2時点で集めたデータと比較。患者:2004年から2014年までにCFS/ME専門家サービスを受診した1685人の青少年とALSPAC研究に参加した13歳と16歳の13 978人の青少年。主要な結果:BMI (kg/m2), 性特異的および年齢特異的BMI Z-scores (the International Obesity Task Forceカットオフと比較して)および肥満の有病率(%)。結果:CFS/ME専門家サービスを受診した青少年は肥満の有病率が (13歳: 9.28%;16歳: 16.43%) ALSPAC内でCFS/MEと診断された青少年 (13歳: 3.72%;16歳: 5.46%) およびALSPAC内でCFS/MEと診断されなかった青少年 (13歳: 4.18%;16歳: 4.46%)よりも高かった。専門家サービスを受診した者における肥満のオッズの増加 (ALSPAC内でCFS/MEと診断されなかった者と比較して) は13歳 (OR: 2.31 (1.54 to 3.48)) および16 歳で明確であり, 16歳で見られた可能性が高い(OR: 4.07 (2.04 to 8.11)).
Arch Dis Child. 2016 Sep 21. pii: archdischild-2016-311293. doi: 10.1136/archdischild-2016-311293. [Epub ahead of print]
Obesity in adolescents with chronic fatigue syndrome: an observational study.
Norris T1, Hawton K2, Hamilton-Shield J2, Crawley E3.
•1School of Social & Community Medicine, University of Bristol, Bristol, UK.
•2NIHR Bristol Biomedical Research Unit in Nutrition and University of Bristol, Bristol, UK.
•3Centre for Child and Adolescent Health, School of Social and Community Medicine, University of Bristol, Bristol, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-10-02 16:37 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群患者は補完代替医療を頻繁に利用する

PACE研究は、二次ケアクリニックにおけるCFS患者を4つの非薬物治療に振り分け比較する. このサブ研究の目的は、研究対象における補完代替医療(complementary andalternative medicineCAM)の利用を記述し、CAM使用は結果の改善と関連するかどうかを調べること。方法:補完代替医療(complementary andalternative medicineCAM)使用をベースラインと52週で記録。ロジスティックおよび重回帰モデルでCAM使用と、患者の特徴および治療の結果の関連を調べた。結果:ベースラインでは, 450/640の参加者 (70%) がいずれかのCAMを使用; 199/640の参加者(31%) CAMpractitionerを受診し、 410/640 (64%)CAMの薬を摂取。52週では、いずれかのCAMを使用する者は 379/589(64%)に減少.ベースラインでのCAM使用の独立した予測因子は 、女性、地域のMEグループのメンバー, CFSの以前の期間および治療の好み. 52週の時点では,関連する変数は女性、地域のMEグループのメンバー、および希望した治療に振り分けられなかったこ。いずれかのCAM使用と、ベースライン又は52週での疲労には有意な関連はなかった。ベースラインでのCAM使用、52週でのSF36身体機能点数の増加の平均(CI)の差 4.10 (1.28, 6.91; p=0.024)と相関し、それは臨床的に重要な差の閾値には達せず。まとめ:CAM使用はCFS患者では一般的.それは、臨床的に重要な研究の結果には関連せず。

JPsychosom Res. 2016 Aug;87:37-42. doi: 10.1016/j.jpsychores.2016.06.005.Epub 2016 Jun 10.

Complementary and alternative healthcare use byparticipants in the PACE trial of treatments for chronic fatiguesyndrome.

Lewith G1, Stuart B2, Chalder T3, McDermott C2, White PD4.

  • 1Primary Care and Population Sciences, University of Southampton, UK. Electronic address: gl3@soton.ac.uk.
  • 2Primary Care and Population Sciences, University of Southampton, UK.
  • 3Academic Department of Psychological Medicine, King's College London, Weston Education Centre, London, UK.
  • 4Centre for Psychiatry, Wolfson Institute of Preventive Medicine, Barts and the London School of Medicine, Queen Mary University, London, UK.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-07-18 18:33 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群の治療:系統的総説

CFSに関する199011日から201541日までの系統的総説。様々な治療が調べられているがCBTと段階的な訓練治療(graded exercise therapy GET)のみが中等度の有効性あり。

Acta Clin Belg. 2016 Jun 17:1-8. [Epub aheadof print]

Chronic fatiguesyndrome - an update.

Rimbaut S1, Van Gutte C1, Van Brabander L1, Vanden Bossche L1.

  • 1a Department of Physical and Rehabilitation Medicine , University Hospital Ghent , De Pintelaan 185, Gent 9000 , Belgium.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-07-11 21:09 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群は健常人と比較すると腸内細菌叢が変化している

myalgic encephalomyelitis/chronicfatiguesyndrome (ME/CFS)患者では胃腸障害は頻繁に報告されている症状.しかし, ME/CFSは変化した微生物叢と関連するかどうかは不明瞭。患者 (n = 48) と対照者(n = 39)の便からの16Sribosomal ribonucleic acid (rRNA) 遺伝子の配列を決定し血清の炎症バイオマーカーを調べることにより、腸の微生物多様性を調べた。以下の血液中の炎症バイオマーカーも調べた: C-reactiveprotein (CRP), intestinal fatty acid-binding protein (I-FABP),lipopolysaccharide (LPS), LPS-binding protein (LBP), and soluble CD14 (sCD14)。結果:ME/CFS患者における微生物の転座の血液マーカーのいくつかが増加しており; ME/CFS患者のLPS, LBP, およびsCD14レベルは増加. LBPレベルはLPSおよびsCD14 と関連しており、LPSレベルは sCD14と関連。細菌のrRNAマーカーの配列決定を通して、健常者とME/CFS患者の腸の微生物叢には差があった.細菌の多様性はME/CFSの方が対照群より低下しており、特に, Firmicutes phylumに属するメンバーの相対的多数と多様性は低下.患者コホートでは、多様性の低下および炎症性の種としばしば報告される特異的な種の増加と抗炎症性としばしば記載される種の低下が見られる。16S rRNA および炎症性マーカーから得たデータに向けられた機械学習法を用いて,個人はME/CFSに正確に分類され、相互検証の正確性は82.93 %.まとめ:我々の結果によると、ME/CFSにおける腸内細菌叢の腸内毒素症、さらに微生物の転座の発生率の増加を示し、これらはME/CFSの炎症性症状に役割を示のかも。

Microbiome. 2016 Jun 23;4(1):30. doi:10.1186/s40168-016-0171-4.

Reduced diversity and altered composition ofthe gut microbiome in individuals with myalgic encephalomyelitis/chronicfatiguesyndrome.

Giloteaux L1, Goodrich JK1,2, Walters WA1,2, Levine SM3, Ley RE1,2, Hanson MR4.

  • 1Department of Molecular Biology and Genetics, Cornell University, Ithaca, NY, USA.
  • 2Department of Microbiology, Cornell University, Ithaca, NY, USA.
  • 3Private Practice, New York, NY, USA.
  • 4Department of Molecular Biology and Genetics, Cornell University, Ithaca, NY, USA. mrh5@cornell.edu.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-06-26 15:53 | 慢性疲労症候群

オーストラリアの慢性疲労症候群の疫学

方法:20134月から20154月までに、オーストラリアの CFS/ME研究データベースに登録した患者の医療記録の横断研究. 参加者はFukuda 基準およびInternationalConsensus Criteriaにより分類された。結果:primary carephysicianによってCFS/MEと診断された535人を同定。全患者の平均年齢は46.4(standard deviation 12.0); 大部分は女性(78.61%), 白人,および高学歴.そのうち, 30.28%Fukuda基準を満たす. さらに31.96%Fukuda基準とInternationalConsensus Criteriaの両方を満たす. 慢性疲労を報告する14.58%CFS/MEの基準を満たさず、23.18%は除外条件のために非該当. CFS/ME基準を満たす者の中で, 疾患の前に起こる最も多い出来事は風邪又はインフルエンザ、胃腸疾患および過度のストレスの期間。調査を行った60の症状のうち、疲労、認知症状、短期間の記憶症状、頭痛、筋痛と関節痛、爽快感のない睡眠、感覚障害、筋力低下、温度への極端な不耐性が最も多い症状(患者の2/3以上で報告).Fukuda基準で定義した患者とInternationalConsensus Criteriaで定義した患者の症状には有意差あり。

Clin Epidemiol.2016 May 17;8:97-107. doi: 10.2147/CLEP.S96797. eCollection 2016.

Epidemiological characteristics of chronicfatiguesyndrome/myalgic encephalomyelitis in Australian patients.

Johnston SC1, Staines DR2, Marshall-Gradisnik SM1.

  • 1National Centre for Neuroimmunology and Emerging Diseases, Menzies Health Institute Queensland, Parklands, QLD, Australia; School of Medical Sciences, Griffith University, Parklands, QLD, Australia.
  • 2National Centre for Neuroimmunology and Emerging Diseases, Menzies Health Institute Queensland, Parklands, QLD, Australia.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-06-13 20:48 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群における牛乳不耐性

方法:青年又は若年成人の55人のCFS患者の2年間の前向き研究で、以下の報告があればミルクタンパク質不耐性と定義(1)ミルクに対して即時又はアナフィラキシー反応のエビデンスがない, (2)以下の3つの慢性症状のうち少なくとも2つがある:胃食道逆流,早期満腹, および心窩部痛/腹痛, (3)ミルク蛋白排除食事により上部胃腸症状が改善, および(4)ミルク蛋白に再暴露すると2時間を超えて上部胃腸症状のうち少なくとも2つが再発. 対照者はベースラインと6か月の時点で3つの生活の質の調査を完了。結果:55人の参加者の平均(SD) 年齢は16.5(2.1). 17(31%; 95% CI, 19-43%)が牛乳タンパク質の不耐性の基準に合った。ミルク耐性の患者に比べて、ミルク過敏性のある患者はベースラインでは健康に関連した生活の質が有意に悪かったが6か月の時点ではそうではなかった (ミルクのない食事の後は).

ActaPaediatr. 2016 May 13. doi: 10.1111/apa.13476. [Epub ahead of print]

Cow's Milk Protein Intolerance in Adolescentsand Young Adults with ChronicFatigueSyndrome.

Rowe PC1, Marden CL1, Jasion SE1, Cranston EM1,2, Flaherty MA1,2, Kelly KJ3.

  • 1Department of Pediatrics, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD.
  • 2University of Maryland School of Medicine, Baltimore, MD.
  • 3Pediatric Specialty Care, Willow Grove, PA.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-05-18 17:01 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群患者の脳の変化

方法:同じ1.5 Tesla(T) scanner6年間の間隔で2回スキャンした15人のCFS患者と10人の健常対照者 (NCs)において縦断的なMRIの脳の変化を調べた。MR imagesは灰白質(gray matterGM)容積, 白質(whitematterWM)容積, およびT1-and T2-weighted signal intensities (T1w and T2w)を示した.各参加者のBell障害点数,および身体的と神経学的症状点数を調べた。CFS群とNC群の縦断的変化の差を,統合したCFSと統合したNCの間の群間の差,およびvoxelに基づいた形態計測を用いたMRIと症状点数の関連を調べた. The analysis methodologies were first optimized (最適化) using simulatedatrophy(模擬委縮).結果: WM容積inthe CFS患者において左下前頭後頭束(inferior fronto-occipital fasciculusIFOF)WM容積の著しい低下があり、NCsでは変化せず (family wise error adjusted clusterlevel P value, PFWE < 0.05). この縦断的な所見は、隣接した部位の局所のWM 容積は有意に低下し(PFWE < 0.05)反対側の部位のGM容積と血液量が低下した(PFWE < 0.05)群の比較により強固になった。さらに、局所の GMおよび WMの容積とそれらの部位のT2wCFS症状点数と有意に相関 (PFWE < 0.05)。まとめ:これらの結果によると、CFSIFOFの異常な率で悪化するWM 減少と関連することを示す。

JMagn Reson Imaging. 2016 Apr 28. doi: 10.1002/jmri.25283. [Epubahead of print]

Progressive brain changes in patients with chronicfatiguesyndrome: A longitudinal MRI study.

Shan ZY1, Kwiatek R2, Burnet R3, Del Fante P4, Staines DR1, Marshall-Gradisnik SM1, Barnden LR1.

  • 1National Centre for Neuroimmunology and Emerging Diseases, Menzies Health Institute Queensland, Griffith University, Southport, Australia.
  • 2Division of Medical Subspecialities, Lyell McEwin Hospital, Elizabeth Vale, SA, Australia.
  • 3Endocrinology department, Royal Adelaide Hospital, Adelaide, Australia.
  • 4Healthfirst Network, Woodville, Australia.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-05-01 13:14 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群における年齢や罹病期間と症状の関連

本研究で、CFS患者を年齢 (55歳以上、以下)および罹病期間 (10年以上、以下)に基づき4群に分類.各群の機能と症状を比較。高齢で長期間の患者は、若年で短期間の患者又は若年で長期間の患者および高齢で短期間の患者と比較して、有意に精神的健康機能のレベルが高かった。この結果によると、高齢で10年以上の罹病期間の患者は、他の3群よりも精神的健康機能のレベルが有意に高い。症状の点では、若年で長期間の群は高齢で長期間の群と比べて免疫と自律神経領域が有意に悪い。さらに, 若年で長期間の患者は高齢で長期間の患者と比べて、自律神経と免疫の症状が大きい。これらの所見は、これらの要因が患者に与える影響を理解しようとする際には、年齢と罹病期間の両方を考慮する必要があることを示す。

Diagnostics(Basel). 2016 Apr 22;6(2). pii: E16.

The Relationship between Age and IllnessDuration in ChronicFatigueSyndrome.

Kidd E1, Brown A2, McManimen S3, Jason LA4, Newton JL5, Strand EB6.

  • 1Center for Community Research, DePaul University, 990 W. Fullerton Ave. Suite 3100, Chicago, IL 60614, USA. ekidd3118@gmail.com.
  • 2Center for Community Research, DePaul University, 990 W. Fullerton Ave. Suite 3100, Chicago, IL 60614, USA. abrown57@depaul.edu.
  • 3Center for Community Research, DePaul University, 990 W. Fullerton Ave. Suite 3100, Chicago, IL 60614, USA. smcmanim@depaul.edu.
  • 4Center for Community Research, DePaul University, 990 W. Fullerton Ave. Suite 3100, Chicago, IL 60614, USA. ljason@depaul.edu.
  • 5Clinical Medicine, Newcastle University, Newcastle NE2 4HH, England. julia.newton@newcastle.ac.uk.
  • 6Division of Medicine, Oslo University Hospital, 0450 Oslo, Norway. lbstr@ous-hf.no.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-04-27 18:31 | 慢性疲労症候群

イギリスにおいて慢性疲労症候群患者は自殺率は高いが死亡率全体は高くはない

イングランドおよびウェールズの年齢特異的および性別特異的死亡率統計と比較して、the SouthLondon and Maudsley NHS Foundation Trust Biomedical Research Centre (SLaM BRC)の記録で観察された死亡数を用いて7年間での全原因、自殺特異的および癌特異的死亡率の標準化された死亡率の(standardisedmortality ratiosSMRs)を計算した。chronic fatigue サービスと接触があり(紹介、退院又はcase note entry) ,CFSと診断されれば研究に含めた。所見:Clinical Record Interactive Search (CRIS)から2147人のCFS症例を同定し、200711日から20131231日までに17人が死亡した.女性が1533人で11人が死亡し、614人の男性中6人が死亡した。CFS患者はイングランドおよびウェールズの一般人口と比較して、年齢でー標準化され性別で―標準化された死亡率の比(sex-standardisedmortality ratiosSMRs)は、全原因の死亡率(SMR 1·14, 95% CI 0·65-1·85; p=0·67)又は癌特異的死亡率 (1·39, 0·60-2·73; p=0·45)には有意差はなかった.解析から自殺を除外した死亡に限定してもこれは維持された.自殺に特異的な死亡率は有意に増加(SMR 6·85, 95% CI 2·22-15·98; p=0·002).解釈:CFS患者は全原因の死亡率は増加しないが自殺による死亡率はかなり増加する。

Lancet.2016 Feb 9. pii: S0140-6736(15)01223-4. doi: 10.1016/S0140-6736(15)01223-4.[Epub ahead of print]

Mortality of people with chronic fatiguesyndrome: a retrospective cohort study in England and Wales from the SouthLondon and Maudsley NHS Foundation Trust Biomedical Research Centre (SLaM BRC)Clinical Record Interactive Search (CRIS) Register.

Roberts E1, Wessely S2, Chalder T2, Chang CK3, Hotopf M2.

  • 1Department of Psychological Medicine, Institute of Psychiatry, Psychology and Neuroscience, King's College London, Weston Education Centre, London, UK. Electronic address: emmert.roberts@kcl.ac.uk.
  • 2Department of Psychological Medicine, Institute of Psychiatry, Psychology and Neuroscience, King's College London, Weston Education Centre, London, UK.
  • 3Department of Psychological Medicine, Institute of Psychiatry, Psychology and Neuroscience, King's College London, Denmark Hill, London, UK. Electronic address: chin-kuo.chang@kcl.ac.uk.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-22 12:12 | 慢性疲労症候群

16歳時の慢性疲労症候群

the Avon Longitudinal Study of Parents andChildren (ALSPAC) 出生コホートでは, 6か月以上慢性の障害をもたらす疲労のある者は13歳で1.3% であり男女同数であり、家族の困難を増加させる。方法:ALSPAC のデータを用いて、16歳時のCFS6か月以上継続する説明不能の障害を引き起こす疲労の親による報告で定義)の有病率を推定。危険因子としての性と14項目の家族の逆境指数を調べた. 学校を休んだデータをthe National Pupil Databaseから得た.欠損データによって引き起こされた偏りに対処するために多重データ補完を用いた。結果: CFSの有病率は1.86% (95% confidence interval [CI]: 1.47 to2.24). 高いレベルの抑うつ症状の子供を除外すると, 有病率は0.60% (95% CI: 0.37 to 0.84). CFSの子供はCFSではない子供よりも、認定された不登校ははるかに多く(平均の差:学年当たり35.6 [95% CI: 26.4 to 44.9] 半日授業時間) 報告された抑うつ症状がかなり多い(odds ratio [OR]: 11.0 [95% CI: 5.92 to 20.4]).女性(OR: 1.95 [95% CI: 1.33 to 2.86]) および家族の逆境 (OR: 1.20 [95% CI: 1.01 to1.42] per unit family adversity index)CFSと関連。まとめ:UK出生コホートの16歳でのCFS1.6%であり、家族の逆境が高いことと関連。性は16歳時の危険因子であるが、13歳ではそうではない。

Pediatrics. 2016 Jan 25. pii: peds.2015-3434.[Epub ahead of print]

Chronic FatigueSyndrome at Age 16 Years.

Collin SM1, Norris T1, Nuevo R1, Tilling K2, Joinson C1, Sterne JA2, Crawley E3.

  • 1School of Social & Community Medicine and Centre for Child & Adolescent Health, University of Bristol, Bristol, United Kingdom.
  • 2School of Social & Community Medicine and.
  • 3School of Social & Community Medicine and Centre for Child & Adolescent Health, University of Bristol, Bristol, United Kingdom esther.crawley@bristol.ac.uk.
  • SE-18288 Stockholm, Sweden. Electronic address: jean-michel.saury@ds.se.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-02 21:33 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line