カテゴリ:慢性疲労症候群( 118 )


慢性疲労症候群患者の脳の変化

方法:同じ1.5 Tesla(T) scanner6年間の間隔で2回スキャンした15人のCFS患者と10人の健常対照者 (NCs)において縦断的なMRIの脳の変化を調べた。MR imagesは灰白質(gray matterGM)容積, 白質(whitematterWM)容積, およびT1-and T2-weighted signal intensities (T1w and T2w)を示した.各参加者のBell障害点数,および身体的と神経学的症状点数を調べた。CFS群とNC群の縦断的変化の差を,統合したCFSと統合したNCの間の群間の差,およびvoxelに基づいた形態計測を用いたMRIと症状点数の関連を調べた. The analysis methodologies were first optimized (最適化) using simulatedatrophy(模擬委縮).結果: WM容積inthe CFS患者において左下前頭後頭束(inferior fronto-occipital fasciculusIFOF)WM容積の著しい低下があり、NCsでは変化せず (family wise error adjusted clusterlevel P value, PFWE < 0.05). この縦断的な所見は、隣接した部位の局所のWM 容積は有意に低下し(PFWE < 0.05)反対側の部位のGM容積と血液量が低下した(PFWE < 0.05)群の比較により強固になった。さらに、局所の GMおよび WMの容積とそれらの部位のT2wCFS症状点数と有意に相関 (PFWE < 0.05)。まとめ:これらの結果によると、CFSIFOFの異常な率で悪化するWM 減少と関連することを示す。

JMagn Reson Imaging. 2016 Apr 28. doi: 10.1002/jmri.25283. [Epubahead of print]

Progressive brain changes in patients with chronicfatiguesyndrome: A longitudinal MRI study.

Shan ZY1, Kwiatek R2, Burnet R3, Del Fante P4, Staines DR1, Marshall-Gradisnik SM1, Barnden LR1.

  • 1National Centre for Neuroimmunology and Emerging Diseases, Menzies Health Institute Queensland, Griffith University, Southport, Australia.
  • 2Division of Medical Subspecialities, Lyell McEwin Hospital, Elizabeth Vale, SA, Australia.
  • 3Endocrinology department, Royal Adelaide Hospital, Adelaide, Australia.
  • 4Healthfirst Network, Woodville, Australia.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-05-01 13:14 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群における年齢や罹病期間と症状の関連

本研究で、CFS患者を年齢 (55歳以上、以下)および罹病期間 (10年以上、以下)に基づき4群に分類.各群の機能と症状を比較。高齢で長期間の患者は、若年で短期間の患者又は若年で長期間の患者および高齢で短期間の患者と比較して、有意に精神的健康機能のレベルが高かった。この結果によると、高齢で10年以上の罹病期間の患者は、他の3群よりも精神的健康機能のレベルが有意に高い。症状の点では、若年で長期間の群は高齢で長期間の群と比べて免疫と自律神経領域が有意に悪い。さらに, 若年で長期間の患者は高齢で長期間の患者と比べて、自律神経と免疫の症状が大きい。これらの所見は、これらの要因が患者に与える影響を理解しようとする際には、年齢と罹病期間の両方を考慮する必要があることを示す。

Diagnostics(Basel). 2016 Apr 22;6(2). pii: E16.

The Relationship between Age and IllnessDuration in ChronicFatigueSyndrome.

Kidd E1, Brown A2, McManimen S3, Jason LA4, Newton JL5, Strand EB6.

  • 1Center for Community Research, DePaul University, 990 W. Fullerton Ave. Suite 3100, Chicago, IL 60614, USA. ekidd3118@gmail.com.
  • 2Center for Community Research, DePaul University, 990 W. Fullerton Ave. Suite 3100, Chicago, IL 60614, USA. abrown57@depaul.edu.
  • 3Center for Community Research, DePaul University, 990 W. Fullerton Ave. Suite 3100, Chicago, IL 60614, USA. smcmanim@depaul.edu.
  • 4Center for Community Research, DePaul University, 990 W. Fullerton Ave. Suite 3100, Chicago, IL 60614, USA. ljason@depaul.edu.
  • 5Clinical Medicine, Newcastle University, Newcastle NE2 4HH, England. julia.newton@newcastle.ac.uk.
  • 6Division of Medicine, Oslo University Hospital, 0450 Oslo, Norway. lbstr@ous-hf.no.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-04-27 18:31 | 慢性疲労症候群

イギリスにおいて慢性疲労症候群患者は自殺率は高いが死亡率全体は高くはない

イングランドおよびウェールズの年齢特異的および性別特異的死亡率統計と比較して、the SouthLondon and Maudsley NHS Foundation Trust Biomedical Research Centre (SLaM BRC)の記録で観察された死亡数を用いて7年間での全原因、自殺特異的および癌特異的死亡率の標準化された死亡率の(standardisedmortality ratiosSMRs)を計算した。chronic fatigue サービスと接触があり(紹介、退院又はcase note entry) ,CFSと診断されれば研究に含めた。所見:Clinical Record Interactive Search (CRIS)から2147人のCFS症例を同定し、200711日から20131231日までに17人が死亡した.女性が1533人で11人が死亡し、614人の男性中6人が死亡した。CFS患者はイングランドおよびウェールズの一般人口と比較して、年齢でー標準化され性別で―標準化された死亡率の比(sex-standardisedmortality ratiosSMRs)は、全原因の死亡率(SMR 1·14, 95% CI 0·65-1·85; p=0·67)又は癌特異的死亡率 (1·39, 0·60-2·73; p=0·45)には有意差はなかった.解析から自殺を除外した死亡に限定してもこれは維持された.自殺に特異的な死亡率は有意に増加(SMR 6·85, 95% CI 2·22-15·98; p=0·002).解釈:CFS患者は全原因の死亡率は増加しないが自殺による死亡率はかなり増加する。

Lancet.2016 Feb 9. pii: S0140-6736(15)01223-4. doi: 10.1016/S0140-6736(15)01223-4.[Epub ahead of print]

Mortality of people with chronic fatiguesyndrome: a retrospective cohort study in England and Wales from the SouthLondon and Maudsley NHS Foundation Trust Biomedical Research Centre (SLaM BRC)Clinical Record Interactive Search (CRIS) Register.

Roberts E1, Wessely S2, Chalder T2, Chang CK3, Hotopf M2.

  • 1Department of Psychological Medicine, Institute of Psychiatry, Psychology and Neuroscience, King's College London, Weston Education Centre, London, UK. Electronic address: emmert.roberts@kcl.ac.uk.
  • 2Department of Psychological Medicine, Institute of Psychiatry, Psychology and Neuroscience, King's College London, Weston Education Centre, London, UK.
  • 3Department of Psychological Medicine, Institute of Psychiatry, Psychology and Neuroscience, King's College London, Denmark Hill, London, UK. Electronic address: chin-kuo.chang@kcl.ac.uk.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-22 12:12 | 慢性疲労症候群

16歳時の慢性疲労症候群

the Avon Longitudinal Study of Parents andChildren (ALSPAC) 出生コホートでは, 6か月以上慢性の障害をもたらす疲労のある者は13歳で1.3% であり男女同数であり、家族の困難を増加させる。方法:ALSPAC のデータを用いて、16歳時のCFS6か月以上継続する説明不能の障害を引き起こす疲労の親による報告で定義)の有病率を推定。危険因子としての性と14項目の家族の逆境指数を調べた. 学校を休んだデータをthe National Pupil Databaseから得た.欠損データによって引き起こされた偏りに対処するために多重データ補完を用いた。結果: CFSの有病率は1.86% (95% confidence interval [CI]: 1.47 to2.24). 高いレベルの抑うつ症状の子供を除外すると, 有病率は0.60% (95% CI: 0.37 to 0.84). CFSの子供はCFSではない子供よりも、認定された不登校ははるかに多く(平均の差:学年当たり35.6 [95% CI: 26.4 to 44.9] 半日授業時間) 報告された抑うつ症状がかなり多い(odds ratio [OR]: 11.0 [95% CI: 5.92 to 20.4]).女性(OR: 1.95 [95% CI: 1.33 to 2.86]) および家族の逆境 (OR: 1.20 [95% CI: 1.01 to1.42] per unit family adversity index)CFSと関連。まとめ:UK出生コホートの16歳でのCFS1.6%であり、家族の逆境が高いことと関連。性は16歳時の危険因子であるが、13歳ではそうではない。

Pediatrics. 2016 Jan 25. pii: peds.2015-3434.[Epub ahead of print]

Chronic FatigueSyndrome at Age 16 Years.

Collin SM1, Norris T1, Nuevo R1, Tilling K2, Joinson C1, Sterne JA2, Crawley E3.

  • 1School of Social & Community Medicine and Centre for Child & Adolescent Health, University of Bristol, Bristol, United Kingdom.
  • 2School of Social & Community Medicine and.
  • 3School of Social & Community Medicine and Centre for Child & Adolescent Health, University of Bristol, Bristol, United Kingdom esther.crawley@bristol.ac.uk.
  • SE-18288 Stockholm, Sweden. Electronic address: jean-michel.saury@ds.se.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-02 21:33 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群における睡眠の質と腸内微生物叢の関連

21人のCFS参加者が22日間の非盲検研究を完了。糞便微生物相の解析をベースラインと研究終了時に行ったerythromycin 400 mg126日間投与。Actigraphyおよびアンケートを用いて、睡眠、症状、および気分をモニター。治療後の糞便のStreptococcusの臨床的に有意に変化を来した患者の変化 (反応者;治療後の分布<6%と定義) を治療に反応しなかった者と比較. 7人の反応者では非反応者と比較して, actigraphicの前睡眠時間がベースラインから経過観察まで有意に増加(p=0.028)。活力点数の改善は少ないStreptococcusの数と相関した(ρ=-0.90, p=0.037). 反応者と全群の両方において, 悪い気分はLactobacillusの多さと相関した. 短期間の抗生物質治療は大部分のCFS患者の腸内生態系の持続可能な変化に不十分な影響があるようだ。客観的な睡眠の指標と気分のいくつかの改善が抗生物質治療後のグラム陽性の腸内微生物叢のレベルの低下した者で見られた。

SleepSci. 2015 Nov;8(3):124-33. doi: 10.1016/j.slsci.2015.10.001. Epub2015 Oct 23.

Sleep quality and the treatment of intestinalmicrobiota imbalance in ChronicFatigueSyndrome: A pilot study.

Jackson ML1, Butt H2, Ball M1, Lewis DP3, Bruck D1.

  • 1College of Arts, Victoria University, Victoria, Australia.
  • 2Bioscreen (Aust) Pty Ltd., Victoria, Australia.
  • 3CFS Discovery, Victoria, Australia.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-25 22:34 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群における運動後の腸管と血液の微生物叢の変化


ME/CFS 症状の労作後の悪化は腸から全身循環へのバクテリアルトランスロケーション(腸管内細菌が体内に移行しないように普段働いている粘膜のバリアーが、長期の絶食による腸粘膜の萎縮やいろいろな病態に伴う免疫能低下などにより、弱まったために細菌が体内に移行する状態のこと)によると仮説を立てた。この仮説を調べるために, 最大運動の前、15分後、48時間後、72時間後に10人の臨床的な特徴のあるME/CFS患者と10人のマッチさせた健常な対照群の臨床的な報告、血液、便を集めた。血液と便の微生物叢を調べた。便の微生物叢は、ME/CFS患者と健常対照者でいくつかの主要な細菌門が異なる. 最大運動後, ME/CFS 患者ではベースラインから運動後72時間までで9つの主要な細菌門/属のうち6つが比較的増加し、対照群では9つの門/属のうち2つのみが増加(p = 0.005). ME/CFS患者では運動後の血液からの特異的な細菌門の消失と細菌の配列の高いレベルの維持が運動後72時間維持されversus 対照群での消失には有意な差があった.これらの結果は、対照群に対するME/CFS患者における変化した腸内微生物叢の全身的な効果を示す。 運動を行うとME/CFS患者では腸管内の主要な微生物叢の豊富さが有意に変化したが、健常対照者では見られなかった。さらに, 対照群に比べて、血液からの細菌の消失は ME/CFS患者では運動後には遅れる。これらの所見は、ME/CFS患者における運動後の変化した腸管微生物叢および増加したバクテリアルトランスロケーションの役割を示し、それはME/CFS患者が経験する運動後の深刻な不快感不快感.を説明するかも。
Changes in Gut and Plasma Microbiome following Exercise Challenge in Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome (ME/CFS).
Shukla SK1, Cook D2,3, Meyer J2, Vernon SD4, Le T1, Clevidence D3, Robertson CE5, Schrodi SJ1, Yale S6, Frank DN5.
•1Marshfield Clinic Research Foundation, Marshfield, WI, United States of America.
•2William S. Middleton Memorial Veterans Hospital, Madison, WI, United States of America.
•3University of Wisconsin, Madison, WI, United States of America.
•4Bateman Horne Center of Excellence, Salt Lake City, UT, United States of America.
•5University of Colorado Denver Anschutz Medical Campus, Aurora, CO, United States of America.
•6Marshfield Clinic, Marshfield, WI, United States of America.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-22 00:06 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群とB細胞表現型


最近、rituximab (anti-CD20)を用いたB-細胞枯渇治療の臨床研究がMyalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome (ME/CFS)の症状の改善を報告。Canadian, Centre for Disease Control, およびFukuda ME/CFS基準を満たしたA 38人の患者と32人の年齢/性別をマッチさせた健常対照(HC)者を含んだ。ME/CFS患者とHCの間の標準的なB細胞のサブセットの割合には差がなかった.しかし,全B-細胞のCD24の頻度(p<0.01)および発現 (MFI; p=0.03)が増加。memory subsetsの中では, CD21+ CD38- B-細胞の高頻度 (>20%) はHCに比べてME/CFSの存在と関連し (Odds ratio: 3.47 (1.15-10.46); p=0.03) 、罹病期間と負の相関。まとめとして、ME/CFS患者においてB細胞表現型の変化の可能性.
Clin Exp Immunol. 2015 Dec 8. doi: 10.1111/cei.12749. [Epub ahead of print]
Extended B-cell phenotype in patients with Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome: A cross-sectional study.
Mensah F1, Bansal A2, Berkovitz S3, Sharma A1, Reddy V1, Leandro MJ1, Cambridge G1.
•1Department of Rheumatology Research, Division of Medicine, University College of London, London, United Kingdom.
•2Department of Immunology, Epsom and St Helier University Hospitals NHS Trust, London, United Kingdom.
•3Department of Neurology, Royal London Hospital Of Integrated Medicine, London, United Kingdom.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-15 20:35 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群は感染症という説


臨床的、免疫的、および疫学的エビデンスは以下の仮説を支持する: ME/CFSは感染性の疾患; 因果関係を示す病原体が患者の中にある; 病原体は因果関係のある接触により伝染する; 宿主の要因が疾患への感染しやすさを決定する; そして病原体をまき散らすかもしれない健常な保因者が存在する. ME/CFSは全体的には散発例として風土性であり時には集団で大流行する(伝染病). 集団での大流行は伝染性の病原体をほのめかす。当然のインフルエンザ様の発症は大流行患者と多くの散発性の患者で起こる感染疾患に類似する. 散発性患者の免疫反応はその他の感染疾患での免疫反応に類似する。大流行における二次性患者の所見で伝染病であることが示され,散発的な患者の遺伝子的に関連のない密接な接触(配偶者/パートナー)におけるME/CFSの有病率はコミュニティーのそれより高いことで示された. 不全型症例, sub-clinical(不顕性の)症例,およびキャリアの状態の個人が大流行では見られる. ME/CFSの慢性期は特に感染性ではないようだ. 患者と接触した健常者の幾人かは患者の免疫反応と同様の免疫反応を示し、同じ抗原 (病原体)にさらされたことを示す. 症状の慢性化、免疫系の変化、および二次症例の発生は因果関係のある病原体の残留を示す。ME/CFS発症を予測する危険因子は: ME/CFS患者と密接な家族;遺伝的な要因; 女性;年齢; 安静/活動性; ストレスまたは毒素への以前の暴露; ME/CFS発症前の様々な感染性疾患; 医療従事者の職業的な暴露. この仮説は、ME/CFS患者は血液や組織を提供すべきではなく、患者の血液や組織を取り扱う時には注意すべきことを暗示する. 病原体がME/CFSを引き起こすことは示されていない。仮説の確認には因果関係のある病原体の同定が必要。研究は知られていない又はしられている病原体に焦点を当てるべき。因果関係のある病原体の発見は診断を助ける; バイオマーカーの発見を助ける; 抗微生物治療の開発を助ける; 予防法を示す; 病態生理学の所見を説明する; 症状の妥当性に関して患者に再確認する。
Med Hypotheses. 2015 Oct 19. pii: S0306-9877(15)00382-5. doi: 10.1016/j.mehy.2015.10.011. [Epub ahead of print]
Myalgic encephalomyelitis, chronic fatigue syndrome: An infectious disease.
Underhill RA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-01 20:31 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群における子供と成人の臨床症状の差


研究デザイン:イギリスの8人の小児と27人の成人CFS/ME servicesからの臨床コホートの比較 とオランダの小児の無作為振り分け対照研究. 結果の計測は: 疲労(the UK-Chalder Fatigue Scale); 障害(the UK-SF-36 physical function subscale; the Netherlands-CHQ-CF87); 学校の欠席、痛み、ふあん、および抑うつ (the UK-Hospital Anxiety & Depression Scale, Spence Children's Anxiety Scale; the Netherlands-Spielberger State-Trait Anxiety Inventory for Children, Children's Depression Inventory);症状; time-to-assessment; およびBMI.若い子供と (12歳未満)高齢の子供 (12-18) を成人と比較するために多項回帰を用い、イギリスとオランダの青年を比較するためにロジスティック回帰を調べた。結果:若い子供は青年や成人と比較すると性比がほぼ同じ。成人は障害や疲労が強く、疾患の期間が長い。若い子供は認知症状が少なく(OR 0.18 (95% CI 0.13 to 0.25)) 現在の咽頭痛になりやすい(OR 1.42 (1.07 to 1.90). 青年は成人に比べると、頭痛になりやすく(81.1%, OR 1.56 (1.36% to 1.80%)) リンパ節の圧痛、動悸、めまい、全身けん怠感および痛みになりやすい. 青年は成人に比べると抑うつを合併しやすく(OR 1.51 (1.33 to 1.72)) 、不安を持ちにくい(OR 0.46 (0.41 to 0.53)).
BMJ Open. 2015 Oct 28;5(10):e008830. doi: 10.1136/bmjopen-2015-008830.
Chronic fatigue syndrome (CFS) or myalgic encephalomyelitis (ME) is different in children compared to in adults: a study of UK and Dutch clinical cohorts.
Collin SM1, Nuevo R1, van de Putte EM2, Nijhof SL2, Crawley E1.
•1Centre for Child & Adolescent Health, School of Social and Community Medicine, University of Bristol, Bristol, UK.
•2Department of Paediatrics, Wilhelmina Children's Hospital, University Medical Centre, Utrecht, The Netherlands.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-11-01 10:41 | 慢性疲労症候群

インフルエンザ予防接種後に慢性疲労症候群は増加しない


方法:Using the unique personal identification number assigned to everybody who is Norway在住者として登録された, we followed the complete Norwegian population as of October 1, 2009, through予防接種の全国登録, communicable diseases, primary health, and specialist health care until 2012年12月31日まで。インフルエンザ感染and/or 予防接種後の、専門家の医療サービスで診断された(診断コードG93.3 in the ICD-10) 、CFS/ME のハザード比(Hazard ratios:HRs)をコックス比例ハザード回帰を用いて推定した。結果:CFS/MEの発生率は100,000人―月あたり2.08の危険性。pandemic 予防接種後のFS/MEの補正したHRは0.97 (95% confidence interval [CI]: 0.91-1.04), pandemicの期間のピークの間のインフルエンザ感染と診断された後では2.04 (95% CI: 1.78-2.33)。まとめ:Pandemic influenza A (H1N1) 感染はCFS/MEの危険性が2倍以上になった。予防接種後にCFS/MEの危険性が増加することはなかった。
Vaccine. 2015 Oct 13. pii: S0264-410X(15)01433-4. doi: 10.1016/j.vaccine.2015.10.018. [Epub ahead of print]
Chronic fatigue syndrome/myalgic encephalomyelitis (CFS/ME) is associated with pandemic influenza infection, but not with an adjuvanted pandemic influenza vaccine.
Magnus P1, Gunnes N2, Tveito K3, Bakken IJ2, Ghaderi S2, Stoltenberg C2, Hornig M4, Lipkin WI4, Trogstad L2, Håberg SE2.
•1Norwegian Institute of Public Health, 4404 Nydalen, 0403 Oslo, Norway. Electronic address: per.magnus@fhi.no.
•2Norwegian Institute of Public Health, 4404 Nydalen, 0403 Oslo, Norway.
•3Journal of the Norwegian Medical Association, Oslo, Norway.
•4Center for Infection and Immunity, Columbia University, NY, NY, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-10-25 12:53 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line