カテゴリ:慢性疲労症候群( 112 )


慢性疲労症候群に対する認知行動療法と段階的訓練治療


方法:171人のCFS患者が認知行動療法(Cognitive Behavioural Therapy:CBT) (n = 116) 又は段階的訓練治療(Graded Exercise Therapy:GET) (n = 55)を受け、治療前、治療後、および経過観察時に様々な自己報告の計測で評価。目的:この論文で、CBT およびGETの治療成績を、通常の臨床診療により解析し、the Metacognitions Questionnaire-30 (MCQ-30)のサブスケールの変化が疲労の程度をその他の共変量の変化とは独立して二つの治療方法にわたって予測するかどうか評価。結果: CBTおよびGETは疲労、不安、および抑うつの軽減と身体機能の増加の点では同程度に有効であった。the MCQ-30のサブスケールの変化は、その他の共変量や治療とは独立して、有意に疲労の程度に影響した。
Behav Cogn Psychother. 2015 Apr 21:1-13. [Epub ahead of print]
Treatment Outcome and Metacognitive Change in CBT and GET for Chronic Fatigue Syndrome.
Fernie BA1, Murphy G2, Wells A3, Nikčević AV4, Spada MM5.
•1King's College London,Institute of Psychiatry,Psychology and Neuroscience, and Cascaid,South London and Maudsley NHS Foundation Trust,UK.
•2Royal Free Hampstead NHS Foundation Trust,London,UK.
•3University of Manchester,UK.
•4Kingston University,Kingston upon Thames,UK.
•5London South Bank University,UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-26 14:47 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群に対する和温治療の有効性


温治療は遠赤外線のドライサウナを用いた温熱療法。方法:10人の入院CFS患者が60°Cのサウナに15分入り、その後サウナの外で毛布を掛けてベッド上に30分間安静にする。この治療を1日1回1週間に5日、4週間行う。一次的な結果の評価である認知した疲労をnumerical rating scaleを用いて治療前、治療中 (治療開始の2週間後) 、および治療後に評価。numerical rating scaleで評価した痛みのレベル, the Profile of Mood Statesアンケートで評価した気分, およびCFS患者のために開発した尺度を用いた遂行状態も治療前後に評価。結果:治療中には有意な軽減はなかったが、認知した疲労は治療後には有意に軽減。さらに、不安、抑うつと疲労を含む負の気分や遂行状態は治療後に有意に改善。しかし、痛みや活力のレベルは有意には変化せず。治療中副作用の報告はない。まとめ:和温治療はCFSの治療に有用で安全かもしれない。
Effects of waon therapy on chronic fatigue syndrome: a pilot study.
Soejima Y1, Munemoto T, Masuda A, Uwatoko Y, Miyata M, Tei C.
•1Department of Cardiovascular, Respiratory and Metabolic Medicine, Graduate School of Medicine, Kagoshima University, Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-18 00:38 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群における睡眠


方法:CFS患者に11の半構造的なインタビューを行う。患者の睡眠の経験および睡眠が疾患に与える影響を調べ記述するために、データは逐語的に転写し主題的に解析.結果:睡眠は疾患の経験の主要な側面として浮かび上り、その対処と日中の機能への影響は11 人の参加者全員において最大の関心事; 全員睡眠は疾患において、存在する症状を維持したり悪化させることにより中心的な役割を果たしていると考えている。個人の経験を調べると3つの包括的なテーマになる (1) 疾患の経過や1日ごとの睡眠パターンの変化; (2)日中の機能に対する睡眠の影響; そして(3)対処と睡眠の対処の試み。
Br J Health Psychol. 2015 Feb 26. doi: 10.1111/bjhp.12136. [Epub ahead of print]
The experience of sleep in chronic fatigue syndrome: A qualitative interview study with patients.
Gotts ZM1, Newton JL, Ellis JG, Deary V.
•1Faculty of Health and Life Sciences, Northumbria University, Newcastle-Upon-Tyne, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-09 18:39 | 慢性疲労症候群

Baduanjin気功は慢性疲労症候群-様疾患の睡眠障害に有用


香港。Baduanjin 気功訓練。方法:150人のCFS-様疾患患者(平均年齢 = 39.0, SD = 7.9)を無作為に気功群と待機群に分ける。16回の1.5-時間の気功を9週間行う. Pittsburgh Sleep Quality Index (PSQI), Chalder Fatigue Scale (ChFS), およびHospital Anxiety and Depression Scale (HADS)を治療前、治療直後、治療後3カ月で評価。気功の量は自己報告で評価。結果: Repeated measures analyses of covarianceによると わずかに非有意な (P = 0.064) 群と時間の関連がPSQI全点数に見られたが, but it was significant for the "主観的な睡眠の質" と"睡眠潜時" の項目は有意であり、気功訓練の方が優れている。"主観的な睡眠の質" の改善は治療3か月の時点でも保たれていた。群と時間の有意な関連はChFS およびHADSの不安点数と抑うつ点数でも見られた。気功レッスンへの参加の数と気功を自分で行った量は有意に睡眠、疲労、不安、および抑うつ症状の改善に有意に関連する。まとめ. Baduanjin気功はCFS-様疾患の睡眠障害に有用で受容できる治療。この研究はHong Kong Clinical Trial Registeに登録: HKCTR-1380.
Evid Based Complement Alternat Med. 2014;2014:106048. doi: 10.1155/2014/106048. Epub 2014 Dec 25.
Qigong exercise alleviates fatigue, anxiety, and depressive symptoms, improves sleep quality, and shortens sleep latency in persons with chronic fatigue syndrome-like illness.
Chan JS1, Ho RT1, Chung KF2, Wang CW3, Yao TJ4, Ng SM5, Chan CL1.
•1Centre on Behavioral Health, The University of Hong Kong, 2/F, Hong Kong Jockey Club Building for Interdisciplinary Research, 5 Sassoon Road, Pokfulam, Hong Kong ; Department of Social Work and Social Administration, The University of Hong Kong, Hong Kong.
•2Department of Psychiatry, The University of Hong Kong, Hong Kong.
•3Centre on Behavioral Health, The University of Hong Kong, 2/F, Hong Kong Jockey Club Building for Interdisciplinary Research, 5 Sassoon Road, Pokfulam, Hong Kong.
•4Department of Biostatistics, Harvard School of Public Health, Cambridge, MA, USA.
•5Department of Social Work and Social Administration, The University of Hong Kong, Hong Kong.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-01-25 13:02 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群に対するヨガの効果


方法:少なくとも6か月間通常の治療をしても満足な改善のない30人のCFS患者。患者を無作為に2群に分け、約2か月間、通常薬物治療群(対照群, n = 15) 又は通常薬物治療に週2回の等尺性のヨガを併用した治療を、ヨガインストラクターによる各20分間の訓練と自宅での訓練 (ヨガ群, n = 15). 等尺性のヨガの疲労に対する短期間の効果を、インストラクターによる最後の20分間の訓練の直前と後でthe Profile of Mood Status (POMS) アンケートにより評価。両群において治療の前後に等尺性のヨガの疲労に対する長期効果をthe Chalder's Fatigue Scale (FS)アンケートにより評価。副作用と主観症状の変化をヨガ群の患者で記録。結果:全員が治療を終了. 平均POMS 疲労点数はヨガの後有意に減少(21.9 ± 7.7 から13.8 ± 6.7, P < 0.001). The Chalder's FS 点数はヨガ群では有意に減少するが(25.9 ± 6.1から 19.2 ± 7.5, P = 0.002), 対照群ではそうではない. 疲労の改善に加えて, ヨガ群のCFSとFMを合併した2人では痛みも改善。さらに,多くの人が等尺性のヨガ後に体が温かく軽くなると報告.ヨガ群には重篤な副作用はないが、2人の患者ではインストラクターによる最初のヨガの後だるさとめまいを訴える。
Biopsychosoc Med. 2014 Dec 11;8(1):27. doi: 10.1186/s13030-014-0027-8. eCollection 2014.
Isometric yoga improves the fatigue and pain of patients with chronic fatigue syndrome who are resistant to conventional therapy: a randomized, controlled trial.
Oka T1, Tanahashi T1, Chijiwa T1, Lkhagvasuren B1, Sudo N1, Oka K2.
•1Department of Psychosomatic Medicine, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University, Fukuoka, 812-8582 Japan.
•2Department of Pediatrics and Child Health, School of Medicine, Kurume University, Asahi-machi 67, Kurume, 830-0011 Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-23 13:00 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群の年齢別有病率


方法: CFS/MEの症例を the Norwegian Patient Register (NPR)で2008年から2012年まで見つける. The NPR は国家レベルであり、専門家の健康ケアサービス(病院と外来患者クリニック)を含む. 性別、年齢特異的な発生率をCFS/MEの各カテゴリー別に年―人の危険性で評価。性別、年齢カテゴリー、診断の年を共変量としてポアソン回帰で発生率の比を評価。結果:2008-2012年で 5,809人が CFS/ME と登録. 全体の発生率は10万人・年で25.8 人(95% confidence interval (CI): 25.2 to 26.5). 男性に対する女性のCFS/ME発生率の比は3.2 (95% CI: 3.0 to 3.4). 両性で発生率は年齢により大きく異なり, 最初のピークは10 ―19歳であり2番目のピークは30― 39歳.
BMC Med. 2014 Oct 1;12(1):167. [Epub ahead of print]
Two age peaks in the incidence of chronic fatigue syndrome/myalgic encephalomyelitis: a population-based registry study from Norway 2008¿2012.
Bakken I, Tveito K, Gunnes N, Ghaderi S, Stoltenberg C, Trogstad L, Håberg S, Magnus P.


 線維筋痛症では小児と成人の有病率を一緒に計測した研究はありません。線維筋痛症では50-80の間(報告により差がある)がピークであり、それまでは年齢と共に有病率は増加し、その後は連理と共に減少します。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-05 11:01 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群の免疫反応


系統的総説。健常な座っている対照者と比較してCFS患者が運動に対して異なる免疫反応を示すかどうかを調べた23の症例対照研究。その研究の方法論的な質を評価。健常者で見られる運動に対する免疫系の正常な反応に比較して, CFS患者は補体系(i.e. C4a split product levels)において反応がより顕著 (i.e. C4a split product levels), および酸化ストレス系 (すなわち、遅延しており減少した反酸化反応と一緒になった増加した酸化ストレス), および免疫細胞の遺伝子発現プロフィールの変化(increases in 運動後のinterleukin-10 およびtoll-like receptor 4 遺伝子発現),しかし循環する炎症促進又は反炎症サイトカインではそうではない。CFSではこれらの免疫の多くは運動後の倦怠感に関連して変化し、これはこの疾患の主要な特徴。総説では、CFS患者では運動に対する免疫反応の変化はレベルBのエビデンス。
Exerc Immunol Rev. 2014;20:94-116.
Altered immune response to exercise in patients with chronic fatigue syndrome/myalgic encephalomyelitis: a systematic literature review.
Nijs J, Nees A, Paul L, De Kooning M, Ickmans K, Meeus M, Van Oosterwijck J.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-07-06 12:58 | 慢性疲労症候群

親が失業していると子供は慢性疲労症候群になりやすい


方法: the Canadian Community Health Survey (2005)の地域代表の女性(n = 7, 288) の二次解析をロジスティック回帰で行う. 年齢と人種、そして以下の要因の一団で補正: (1) その他の子供時代の不幸な出来事, (2)成人時の健康行動と高血圧, (3) 成人時のストレス要因と社会経済的な状態, および(4)成人時の精神的な健康.結果:年齢と人種のみで補正を行うと,親が失業していた者は親が失業状態ではない者に比べるとCFSのオッズ比は4.12 (95% CI: 2.60, 6.52). 年齢と人種に加えて4つの要因の一団をすべて補正するとCFSのオッズ比は少し低下して3.05 (95% CI: 1.81, 5.14), だが依然として有意のまま.まとめ.幅広い危険因子で補正しても、子供時代の親の長期間の失業とCFSには有意な関連がある。
ISRN Family Med. 2013 Jan 27;2013:978250. doi: 10.5402/2013/978250. eCollection 2013.
Long-term parental unemployment in childhood and subsequent chronic fatigue syndrome.
Fuller-Thomson E1, Mehta R2, Sulman J3.
•1Factor-Inwentash Faculty of Social Work, University of Toronto, 246 Bloor Street West, Toronto, ON, Canada M5S 1A1 ; Department of Family and Community Medicine, University of Toronto, Toronto, ON, Canada M5G 1V7.
•2Factor-Inwentash Faculty of Social Work, University of Toronto, 246 Bloor Street West, Toronto, ON, Canada M5S 1A1.
•3Factor-Inwentash Faculty of Social Work, University of Toronto, 246 Bloor Street West, Toronto, ON, Canada M5S 1A1 ; Theodore J. Freedman Department of Social Work, Mount Sinai Hospital, Toronto, ON, Canada M5G 1X5.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-07-01 00:53 | 慢性疲労症候群

マクロファージ性筋膜炎患者の約半数は慢性疲労症候群


2000年1月から2013年7月までに我々の Neuropathology Laboratoryで見られたマクロファージ性筋膜炎Macrophagic myofasciitis (MMF)患者16人の後ろ向き研究。16人の平均年齢は48.8 ± 18.0 歳; 80.0 %は女性。16人中8人はCFS. 患者の半数でクレアチニンキナーゼが上昇し25.0 %はミオパチーの筋電図。13人は症状が起こる前にアルミニウムの含まれているワクチンの筋注を受けている。MMF は炎症性myopathyの特有のパターンを映し出しているのかも ワクチンに含まれるadjuvantが幾人かの患者ではMMFを引き起こすのかも.
Rheumatol Int. 2014 Jun 13. [Epub ahead of print]
Macrophagic myofasciitis and vaccination: Consequence or coincidence?1請求
Santiago T1, Rebelo O, Negrão L, Matos A.
•1Rheumatology Unit, Centro Hospitalar e Universitário de Coimbra, Praceta Prof. Mota Pinto, 3000-075, Coimbra, Portugal
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-06-15 17:14 | 慢性疲労症候群

筋痛性脳脊髄炎の心機能


筋痛性脳脊髄炎(Myalgic encephalomyelitis:ME)は最近CFSの原因と主張されている。 40人のME患者で、起立不耐症(Orthostatic intolerance:OI)の有無を臨床症状と10-分の起立テスにより調べた。心エコー検査により左心室(Left ventricular:LV)の直径と機能をME 患者と4人の対照者で比較した。急速に起立可能な 36人の ME患者の中で35人 (97 %) OIあり。心胸比, 全身の収縮期血圧と拡張期血圧, LV 拡張期終末径(end-diastolic diameter:EDD), LV 収縮期終末径, 一回拍出量係数,心係数およびLV mass indexの平均はすべてME群の方が対照群より有意に小さい。小さい LVEDD (<40 mm, 45 vs. 3 %)と少ない心係数(<2 l/min/mm2, 53 vs. 8 %)は ME 群の方が対照群よりも多い。心拍とLV駆出率は両群で同程度.まとめとして、心拍出量の少ない小さいLの容積は MEでは普通であり, OIはさらに普通. 小さい心臓の心機能不全はMEの症状と関連があるようだ.
Heart Vessels. 2014 Apr 16. [Epub ahead of print]
Cardiac dysfunction and orthostatic intolerance in patients with myalgic encephalomyelitis and a small left ventricle.
Miwa K.
Department of Internal Medicine, Miwa Naika Clinic, 1-4-3 Shintomicho, Toyama, 930-0002, Japan
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-04-20 12:04 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line