カテゴリ:慢性疲労症候群( 112 )


ヘルペス感染は慢性疲労症候群の危険因子


台湾のthe National Health Insurance Research Database (NHIRD)を用いて, herpes zoster (HZ)感染とCFSの危険性の関連を調べ,他の説明不能の慢性疲労を含む患者ウイルス感染後の疲労の可能性を調べた。NHIRDを用いた前向きコホート研究で, 2005 年から2007年までの9,205人のHZ感染患者[ICD-9 (International Classification of Disease, Ninth Revision), code 053] および36,820人のHZ感染ではではない患者(non-HZ),を2010年の末まで経過観察。CFSの発生率はHZコホートの方が非-HZコホートより高く(1,000人―年あたり4.56 vs. 3.44),修正ハザード比は 1.29 [95 % confidence interval (CI) = 1.09-1.53]。併存症のない CFSの危険性はCFSコホートと非-CFSコホートの間で 1.25倍から1.36倍へ増加し; 長期の経過観察で, HZコホートは非-HZ患者よりもCFS発症の累積発生率は有意に高い.
Eur J Clin Microbiol Infect Dis. 2014 Apr 9. [Epub ahead of print]
Increased risk of chronic fatigue syndrome following herpes zoster: a population-based study.
Tsai SY1, Yang TY, Chen HJ, Chen CS, Lin WM, Shen WC, Kuo CN, Kao CH.
•1Department of Laboratory Medicine, Mackay Memorial Hospital, Taipei, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-04-13 17:50 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群患者は骨折しやすい


方法: the National Health Insurance Research Database (NHIRD)を用いて前向きコホート研究を行い, i3744人のCFS患者(International Classification of Diseases, Ninth Revision, Clinical Modification [ICD-9-CM] code 780.71)とCFS ではない14 976人の患者を2010年末まで経過観察。結果:骨折の発生率はCFSコホートの方が非-CFSコホートよりも高い(各々17.44 vs 14.53 per 1000 人―年), 補正hazard ratio (HR)は 1.14 (95% confidence interval [CI] = 1.00-1.30). CFSおよび非-CFSの間の骨折の危険性は合併症のある患者特に骨粗しょう症で高くなる。骨粗しょう症のないCFSコホートでは非―CFSコホートと比較して1.16-倍骨折の危険性が高い。
QJM. 2014 Mar 11. [Epub ahead of print]
Chronic Fatigue Syndrome Is Associated With the Risk of Fracture: A Nationwide Cohort Study.
Chen CS1, Lin WM, Yang TY, Chen HJ, Kuo CN, Kao CH.
•1Division of Chinese Trauma, China Medical University Hospital, China Medical University, Taichung, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-03-16 17:24 | 慢性疲労症候群

クロニジンは慢性疲労症候群に有効ではない


ノルウェー全国で単一の紹介センターから参加者を集める。紹介された176人の 青年CFS患者; 120人を含む (34人の男性 86人の女性; 平均年齢, 15.4歳). ボランティアで健常な68人の青年を対照群とした (22人の男性 46人の女性;平均年齢, 15.1歳)。治療時にCSF患者と健常対照者を横断的に評価. CFS患者を無作為に1:1の割合で低用量のclonidineまたは偽薬に分け9週間投与、その後30週間経過観察; 二重盲検. the Norwegian Study of Chronic Fatigue Syndrome in Adolescentsの一部としてデータを2010年3月から2012年10月まで集める: Clonidine hydrochlorideカプセル (25 µg 又は50 µgを体重に合わせて1日2回 各々 <35 kg or >35 kg) vs 偽薬カプセルを 9週間. 主要な評価:1日あたりの歩数。結果:治療前1日当たりのFM患者の歩数(P < .001), digit span backward score (P = .002),および尿中のクレアチニンに対するコルチゾールの比(P = .001), および高い疲労点数(P < .001), 心拍反応(P = .02),血漿ノルエピネフリンレベルl(P < .001),および血清CRP濃度 (P = .04)は健常対照者よりも少ない。血液の微生物学的評価には有意差はない。治療中, clonidine群はCFSに対する偽薬群よりも1日当たりの歩数は少なく (mean difference, -637 steps; P = .07), 血漿ノルエピネフリンレベルは低く (mean difference, -42 pg/mL; P = .01), 血清CRP濃度は低い(mean ratio, 0.69; P = .02). まとめ:青年CFS は交感神経活動の亢進,軽度の全身性の炎症,視床下部-下垂体-副腎axis機能の低下,認知機能の低下,および大いなる活動の低下と関連していたが,一般的な微生物とは関連せず。低用量のclonidine はCFSの交感神経性流出や全身的な炎症を軽減するが身体活動へ負の影響を及ぼし;それゆえ交感神経と炎症の増強は代償的な機序かもしれない. 低用量のclonidineは臨床的にはCFSには有用ではない.
JAMA Pediatr. 2014 Feb 3. doi: 10.1001/jamapediatrics.2013.4647. [Epub ahead of print]
Disease Mechanisms and Clonidine Treatment in Adolescent Chronic Fatigue Syndrome: A Combined Cross-sectional and Randomized Clinical Trial.
Sulheim D1, Fagermoen E2, Winger A3, Andersen AM4, Godang K5, Müller F6, Rowe PC7, Saul JP8, Skovlund E9, Oie MG10, Wyller VB11.
•1Department of Paediatrics, Oslo University Hospital, Oslo, Norway2Department of Paediatrics, Lillehammer County Hospital, Lillehammer, Norway.
•2Institute of Clinical Medicine, Medical Faculty, University of Oslo, Oslo, Norway4Department of Anesthesiology and Critical Care, Oslo University Hospital, Oslo, Norway.
•3Institute of Clinical Medicine, Medical Faculty, University of Oslo, Oslo, Norway5Institute of Nursing Sciences, Oslo and Akershus University College of Applied Sciences, Oslo, Norway.
•4Department of Pharmacology, Oslo University Hospital, Oslo, Norway.
•5Section of Specialized Endocrinology, Department of Endocrinology, Oslo University Hospital Rikshospitalet, Oslo, Norway.
•6Department of Microbiology, Oslo University Hospital, Oslo, Norway.
•7Department of Pediatrics, the Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, Maryland.
•8Department of Pediatrics, Medical University of South Carolina, Charleston.
•9School of Pharmacy, University of Oslo, Oslo, Norway12Norwegian Institute of Public Health, Oslo, Norway.
•10Department of Psychology, University of Oslo, Oslo, Norway14Innlandet Hospital Trust, Lillehammer, Norway.
•11Department of Paediatrics, Oslo University Hospital, Oslo, Norway15Division of Medicine and Laboratory Sciences, Medical Faculty, University of Oslo, Oslo, Norway16Department of Paediatrics, Akershus University Hospital, Nordbyhagen, Norway.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-02-09 12:38 | 慢性疲労症候群

腰椎穿刺、慢性疲労症候群、特発性頭蓋内圧亢進の関連


横断研究。病院の放射線科の外来患者。CFSと頭痛を合併し専門外来を受診し頭蓋内圧亢進を否定するために腰椎穿刺を受けた患者。腰椎穿刺で頭蓋内圧を測定し脳脊髄液のドレナージによる影響を調べた。結果: 脳脊髄液の平均の圧は19 cm H2O (range 12-41 cm H2O). 4人の患者が特発性頭蓋内圧亢進(idiopathic intracranial hypertension:IIH)の基準を満たした。その他の13人はIIHと診断するには十分な高い圧ではなかったが、脳脊髄液をドレナージした後では頭痛が改善した。何人かの患者では疲労を含むその他の症状も改善。頭蓋内圧亢進の臨床的な症状を呈した患者はいなかった。まとめ:特発性頭蓋内圧亢進(idiopathic intracranial hypertension:IIH)とCFSは関連があるのかも。
JRSM Short Rep. 2013 Nov 21;4(12):2042533313507920. doi: 10.1177/2042533313507920. eCollection 2013.
Lumbar puncture, chronic fatigue syndrome and idiopathic intracranial hypertension: a cross-sectional study.
Higgins N1, Pickard J2, Lever A3.
1Department of Radiology, Addenbrooke's Hospital, Cambridge CB2 0QQ, UK.
2Academic Department of Neurosurgery, Addenbrooke's Hospital, Cambridge CB2 0QQ, UK.
3Department of Infectious diseases, Addenbrooke's Hospital, Cambridge CB2 0QQ, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-02-02 19:39 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群では線維筋痛症を合併すると症状が重篤になる


2008年1月から2011年3月までのバルセロナのCFS Unit in Vall d'Hebron HospitalのCFS患者。結果: 980人の CFS患者(平均年齢: 48±9歳; 91%は女性)。FMは528人(54%)に存在。疲労 (P=.001)および痛み(P<.001)のレベルはFM患者のほうが高い。CFSとFMの合併患者は睡眠に関連した現象の有病率が高い。認知症状, 神経学的機能障害や自立神経機能障害の程度が強い患者の割合はFM患者の方が多い(P<.001). FM患者は疲労点数が高く (P<.001)生活の質のアンケートの結果が悪い(P<.001).
Med Clin (Barc). 2014 Jan 2. pii: S0025-7753(13)00741-0. doi: 10.1016/j.medcli.2013.06.030. [Epub ahead of print]
[Impact of the fibromyalgia in the chronic fatigue syndrome.]
[Article in Spanish]
Faro M1, Sáez-Francàs N2, Castro-Marrero J2, Aliste L2, Collado A3, Alegre J2.
1EAP CAP Terrassa Nord, Consorci Sanitari de Terrassa, Terrassa, Barcelona, España. Electronic address: 34174mfc@comb.cat.
2Unidad de Fatiga Crónica, Institut de Recerca Vall d'Hebron, Hospital Universitario Vall d'Hebron, Universitat Autònoma de Barcelona, Barcelona, España.
3Unidad de Fibromialgia, Hospital Clínic de Barcelona, Barcelona, España.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-01-13 15:16 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群の認知機能


方法: 50人のCFS患者と50人の健常対照者で主観的 (記憶と注意の症状の程度, Cognitive Failures Questionnaire, Everyday Attention Questionnaires)および客観的(California Verbal Learning Test, Rey-Osterreith Complex Figure Test, Paced Auditory Serial Addition Test, Stroop task)に記憶と注意を比較。 疲労、睡眠、抑うつ、および不安を評価。結果: CFS群は対照群よりも認知機能により問題があるが, 両群には認知機能テストでは有意差なし。どちらの群でも、主観的測定と客観的な測定の点数には関連がない。両群とも抑うつは認知機能の障害の程度に正の相関。
Neuropsychology. 2013 Dec 23. [Epub ahead of print]
Cognitive Functioning in People With Chronic Fatigue Syndrome: A Comparison Between Subjective and Objective Measures.
Cockshell SJ, Mathias JL.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-12-30 00:32 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群ではカルニチン代謝に異常がある


男性CFS患者ではフリーcarnitineの血清レベルは少し減少しているが、CFS患者の全, フリーおよび短鎖carnitine の血清レベルは健常者のそれと同等。これに対して,CFS患者の末梢血リンパ球(peripheral blood lymphocytes:PBLs)の全, フリーおよび短鎖carnitine濃度は健常対照者のそれより有意に低い。我々の研究は、CFS患者は外因性のcarnitine補給が必要と示唆する。CFS患者のPBLsのcarnitine濃度が低いことは恐らく筋肉を含む他の組織でのcarnitine欠乏が起こっていることを反映している。細胞内のcarnitines濃度の低下は、免疫的異常と骨格筋でのエネルギー代謝の障害を説明することを助けるのかも。
Eur J Neurol. 1995 Nov;2(5):425-428. doi: 10.1111/j.1468-1331.1995.tb00151.x.
Abnormalities of carnitine metabolism in chronic fatigue syndrome.
Majeed T, de Simone C, Famularo G, Marcellini S, Behan PO.
Glasgow University Department of Neurology, Institute of Neurological Sciences, Southern General Hospital, 1345 Goven Road, GlasgowG51 4TF, UKInfectious Diseases, Department of Experimental Medicine, University of L'Aquila, Coppito 2, 67100 L'Aquila, ItalyOspedale S. Camillo, Circonvallazione Gianicolense 332, 00100 Rome, Italy.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-12-01 14:42 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群に有効な治療方法


方法: 2000年1月から2005年12月まで, the Aviano National Cancer InstituteのCFS Unit入院患者全員の治療を評価。Fukuda基準に合致しない患者は除外。結果: 250人の男性および491人の女性 (中央値は各々35.5歳と39.3歳) のCFS患者の治療。予期したとおり, 全患者CFSは過去の感染疾患の結果。女性の方が男性よりも症状が重い。栄養剤のみ, corticosteroids, 抗うつ薬/鎮静薬, および抗ウイルス薬/免疫グロブリンで治療。抗ウイルス薬/免疫グロブリンの反応が最良 (15.3%が陽性反応 vs. 8.3%が陰性反応; OR 0.44, CI 0.26-0.74, p = 0.002)。4つ以上の治療の実施に予防効果(OR 0.46, CI 0.28-0.77, p = 0.003).薬のタイプ (OR 0.49, CI 0.28-0.84, p = 0.009) や実施した治療の数 (OR 0.51, CI 0.30-0.86, p = 0.01)で補正した多変量解析でこの所見を確かめた; この二つの変数は独立している.まとめ: 抗ウイルス薬/免疫グロブリンは他の治療に比べて長期間の疾患のない効果がある。
Eur Rev Med Pharmacol Sci. 2013 Nov;17(21):2847-2852.
Treatment of 741 italian patients with chronic fatigue syndrome.
Tirelli U, Lleshi A, Berretta M, Spina M, Talamini R, Giacalone A.
Department of Medical Oncology, Division of Medical Oncology A, National Cancer Institute of Aviano, Pordenone, Italy
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-24 22:15 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群の合併症


方法:慢性の説明不能の疲労のために三次医療センターに紹介された患者が内科的な評価, 精神診断的なスクリーニング, 精神治療的な評価とpolysomnography+多数の睡眠戦時の検査を含む統合された診断を受けた。学際的なチームの議論で最終診断を決めた。CFSの診断はFukuda基準で行い, 精神疾患はDSM-IV-TR基準で行い, 睡眠障害はICSD-2基準で行う。結果:紹介された377人の患者のうち, 279人(74.0%)が本研究に含まれる[84.9%人が女性; 平均年齢は38.8歳 (SD 10.3)]。明確なCFSの診断は23.3%。21.1%,では CFSは睡眠障害and/or 精神疾患と関連するが, それはCFSの診断を無効にはしない。顕著な睡眠障害が9.7%で見られ, 19.0%に精神疾患があり、20.8%は両方の組み合わせ。2.2%のみが典型的な内科疾患の診断。全患者の中で, 睡眠障害は49.8%にあり, 特に閉塞型睡眠時無呼吸症候群であり, ついで精神生理学不眠と周期性四肢運動障害. 精神疾患は45.2%で診断され; 大部分は気分障害と不安障害。
J Psychosom Res. 2013 Nov;75(5):491-6. doi: 10.1016/j.jpsychores.2013.07.010. Epub 2013 Aug 20.
Undiagnosed and comorbid disorders in patients with presumed chronic fatigue syndrome.
Mariman A, Delesie L, Tobback E, Hanoulle I, Sermijn E, Vermeir P, Pevernagie D, Vogelaers D.
Department of General Internal Medicine, Infectious Diseases and Psychosomatic Medicine, University Hospital Ghent, Belgium; Center for Neurophysiologic Monitoring, University Hospital Ghent, Belgium. Electronic address: an.mariman@ugent.be
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-09 15:24 | 慢性疲労症候群

慢性疲労症候群では脳血管の制御は骨格筋のpHと関連する


CFSにおける脳血管制御と骨格筋のpH 管理に生理的な関連があるかどうかを調べた。Fukuda基準を満たす17人のCFS患者を地域のCFS臨床サービスから集めた。静止した状態を調べるために, 安静時の脳血流(Cerebral blood flow:CBF)と骨格筋のpHをMRI および(31)P magnetic resonance spectroscopy ((31)P-MRS)により計測。運動時の対照を調べるために、標準的な自律神経評価法であるバルサルバ法(Valsalva manoeuvre :VM)と共に脳のfunctional MRIを行い, 足底屈曲訓練中に(31)P-MRSを行う。安静時にはCBFおよび骨格筋のpHには有意な逆相関 (r = - 0.67, p < 0.01).VMによる交感神経期の脳血管の延長した収縮は足底屈曲訓練後の骨格筋の高いpHと関連する (r = 0.69, p < 0.008).まとめとして, CFSでは安静時と動的な刺激後において脳血管の制御は骨格筋のpHに密接に関連する。
Neuroimage (Amst). 2013 Jan 5;2:168-73. doi: 10.1016/j.nicl.2012.12.006.
Cerebral vascular control is associated with skeletal muscle pH in chronic fatigue syndrome patients both at rest and during dynamic stimulation.
He J, Hollingsworth KG, Newton JL, Blamire AM.
Institute of Cellular Medicine & Newcastle Magnetic Resonance Centre, Newcastle University, Newcastle upon Tyne, United Kingdom.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-11-03 01:36 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line