カテゴリ:筋筋膜性疼痛( 15 )


筋筋膜性疼痛に対するDry Neeedlingの効果の系統的総説とメタ解析


myofascial trigger points (MTrPs) に関連した頸痛と肩痛に対するdry needling の効果の現在のエビデンス。2014年1月まで。20のRCTs、839人の患者のメタ解析。データの統合:RevMan 5.2 and Stata 12.0によりメタ解析. 結果によると、対照/偽治療群と比較して, MTrPsに対するは短期間[SMD=-1.91, 95% CI (-3.10, -0. 73), P=0.002]および中等度の期間(9-28日)[SMD=-1.07, 95% CI (-1.87, -0.27), P=0.009]有効;しかし, wet needling (lidocaineを含む)はMTrPの痛みの軽減においてdry needlingよりも中等度の期間優れている[SMD=1.69, 95% CI (0.40, 2.98), P=0.01]. 他の治療(理学療法を含む) はMTrPの痛みの治療においてdry needlingよりも中等度の期間より有効 [SMD=0.62, 95% CI (0.02, 1.21), P=0.04].
Arch Phys Med Rehabil. 2015 Jan 7. pii: S0003-9993(15)00003-9. doi: 10.1016/j.apmr.2014.12.015. [Epub ahead of print]
Effectiveness of Dry Neeedling for Myofascial Trigger Points Associated with Neck and Shoulder Pain: A Systematic Review and Meta-analysis.
Liu L1, Huang QM2, Liu QG1, Ye G3, Bo CZ1, Chen MJ1, Li P4.
•1Department of Sport Medicine and the Center of Rehabilitation, School of Sport Science, Shanghai University of Sport, Shanghai, China.
•2Department of Sport Medicine and the Center of Rehabilitation, School of Sport Science, Shanghai University of Sport, Shanghai, China; Department of Pain Rehabilitation, Shanghai Hudong Zhonghua Shipbuilding Group Staff-worker Hospital, Shanghai, China. Electronic address: huaqia404@aliyun.com.
•3Department of Pain Rehabilitation, Tongji Hospital Affiliated to Tongji University, Shanghai, China.
•4Department of Pain Rehabilitation, Shanghai Hudong Zhonghua Shipbuilding Group Staff-worker Hospital, Shanghai, China.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-01-18 22:31 | 筋筋膜性疼痛

筋筋膜性疼痛で虚血性圧迫はトリガーポイントブロックの効果を高める


方法:上部僧帽筋に活動性のトリガーポイントがある60人の患者を無作為に3群に分ける: group 1 (n=20)はトリガーポイント注射のみを受ける, group 2 (n=20)はトリガーポイント注射と30秒の虚血性圧迫を受ける, そしてgroup 3 (n=20) はトリガーポイント注射と30秒の虚血性圧迫を受ける。VAS、圧迫疼痛閾値、頸の可動域を治療まえ、治療直後、治療後1週間で評価。Korean Neck Disability Indexeを治療前と治療後1週間で評価。結果: すべての群ですべての評価項目が有意に改善 (p<0.05)。しかし、虚血性圧迫を受けたトリガーポイント注射群はリガーポイント注射のみの群よりも有意に改善。30秒の虚血性圧迫群と60秒の虚血性圧迫には有意な差はない。
Ann Rehabil Med. 2013 Aug;37(4):541-6. doi: 10.5535/arm.2013.37.4.541. Epub 2013 Aug 26.
Ischemic compression after trigger point injection affect the treatment of myofascial trigger points.
Kim SA, Oh KY, Choi WH, Kim IK.
Department of Physical Medicine and Rehabilitation, Soonchunhyang University Cheonan Hospital, Soonchunhyang University College of Medicine, Cheonan, Korea.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-09-16 09:20 | 筋筋膜性疼痛

筋筋膜性疼痛へのdry needlingの効果(系統席総説、メタ解析)


系統的総説とメタ解析。方法:以下の条件を満たす論文を含めた: 人間, randomized controlled trials (RCTs), dry needling 群、そして身体の上1/4のMPS. 我々の基準に合うRCTを評価しthe MacDermid Quality Checklistにより内部妥当性を点数化. 4つの別々のメタ解析を行った: (1) dry needlingと sham またはcontroの比較, 即時効果; (2) dry needlingと sham またはcontrolの比較, 4週間; (3) dry needling と他の治療の比較, 即時効果; (4) dry needling と他の治療の比較, 4週間.結果: 246 の論文をまずは選択. 12のRCTsを最終的に選択。方法論の質の点数は23から 40点, 平均34点 (0-48点の範囲, 48が最善)。 dry needlingとshamまたは placebo治療を比較した3つの研究の所見によるとdry needlingは、上部1/4のMPS患者においてすぐに痛みを軽減し, dry needlingの方全般的に効果が強い。dry needling とsham またはplacebo治療を比較した2つの研究の所見によると、信頼区間がが広いためにその効果は限定されるが、dry needlingは上部1/4のMPS患者において4週間後に痛みを軽減する, dry needling とその他の治療を比較した研究は異質性がとても強い。二つの研究により、リドカイン注射は4週間の時点でdry needlingよりも痛みを軽減する効果が強いかもしれない。まとめ:現在利用できるエビデンスに基づくと, 上部1/4のMPS患者において shamまたはplaceboと比べるとdry needlingは痛みを軽減する (治療直後または治療4週間後) (Grade A).
J Orthop Sports Phys Ther. 2013 Jun 11. [Epub ahead of print]
Effectiveness of Dry Needling for Upper Quarter Myofascial Pain: A Systematic Review and Meta-analysis.
Kietrys DM, Palombaro KM, Azzaretto E, Hubler R, Schaller B, Schlussel JM, Tucker M.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-06-16 08:04 | 筋筋膜性疼痛

筋筋膜性疼痛では鍼と偽鍼に鎮痛効果で差がない


確立した筋筋膜トリガーポイントを持つ52人の人を2群に分ける; 研究群(N: 26) とplacebo群 (N: 26). Dry needlingはacupuncture needlesを用いる. 偽dry needlingをplacebo群に用いる. pressure algometryにより測定した圧迫疼痛閾値, 10-cmのVAS)で測定した痛みの強さ、痛みがなく補助なしで開く口の広さを測定。どちらの治療を受けているか知らない医師が評価。結果: 52人中50人が研究終了. placebo群に比べると研究群は有意に平均algometric値が高い(p values being less than 0.05)。 VASと痛みがなく補助なしで開く口の広さには両群に有意差なし。
J Back Musculoskelet Rehabil. 2012 Jan 1;25(4):285-90. doi: 10.3233/BMR-2012-0338.
Effectiveness of dry needling for the treatment of temporomandibular myofascial pain: A double-blind, randomized, placebo controlled study.
Dıraçoğlu D, Vural M, Karan A, Aksoy C.
Department of Physical Medicine and Rehabilitation, Istanbul Faculty of Medicine, Istanbul University, Istanbul, Turkey.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-12-16 01:30 | 筋筋膜性疼痛

筋筋膜性疼痛におけるdry needlingの有効性


外来での前向き、二重盲検、無作為振り分け研究。筋筋膜のトリガーポイントを持つ39人を無作為に2群に振り分ける: 研究群(N = 22) とplacebo群 (N = 17). 鍼によるDry needlingを研究群に用い、偽dry needlingをplacebo群に用いる. 治療は4週間で6セッション; はじめの4セッションは2週間、週2回、そして最後の2回は2週間で週1回。VASと Short Form-36 (SF-36) で評価。治療前と比べると、dry needling 群の1回目と6回目のVASは有意に低い (各々p = 0.000 およびp < 0.000)。群間で VAS scoreを比較すると, 最初の評価は同様であるが,2回目と3回目の評価ではdry needling群が有意に低い (各々p = 0.034 and p < 0.001).両群の SF-36 scoresを比較すると, 肉体と精神の要素点数はdry needling群のほうが有意に増加, 一方活力点数のみはplacebo (偽鍼) 群の方が有意に増加。この研究ではdry needling治療はMPS患者の痛みを改善したり生活の質を改善するために有効。
Clin Rheumatol. 2012 Nov 9. [Epub ahead of print]
The effect of dry needling in the treatment of myofascial pain syndrome: a randomized double-blinded placebo-controlled trial
Tekin L, Akarsu S, Durmuş O, Cakar E, Dinçer U, Kıralp MZ.
Department of Physical Medicine and Rehabilitation, Gülhane Military Medical Academy, Haydarpaşa Training Hospital, İstanbul, Turkey, leventtekin@yahoo.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-11-12 20:15 | 筋筋膜性疼痛

筋筋膜性疼痛への三つの治療の比較

上部僧帽筋の筋筋膜性疼痛患者を3群に分ける。Gr 1は超音波治療, Gr 2はレーザー治療、Gr 3は虚血性圧迫. 評価は治療1日目と5日目に行った。結果: ANOVAにより治療開始前と治療後では3群すべてで有意差あり (p<0.05). Chi square testによりレーザー治療群と他の2群では有意差あり. レーザー治療群が他の2群より寄りよい傾向。

Glob J Health Sci. 2012 Jul 15;4(5):46-52. doi: 10.5539/gjhs.v4n5p46.
Management of Myofascial Pain of Upper Trapezius: A Three Group Comparison Study.1請求
Kannan P.
University of Otago.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-09-18 23:15 | 筋筋膜性疼痛

筋筋膜性疼痛に対する神経刺激の有効性(無効性?)

機械的な頚部痛を持つ成人のmyofascial trigger points (MTPs)の治療にinteractive neurostimulation (INS)を行う。無作為振り分け、偽治療対照研究。2週間を超えて痛みがあり首または肩にMTPがある23人の成人。INS (本物または偽物) を患者ごとにMTPに10分間行う。治療直後に, 患者の圧迫疼痛閾値(pressure pain thresholds:PPTs)と 10-cm の痛みのVASを測定。5日間経過観察し, 二つの検査を行う: 頚の障害指数(neck disability index:NDI)および患者の特異的機能スケール(patient specific functional scale:PSFS).結果: 機能の改善が(PSFS) が治療群で見られ, それは選択された患者の中では臨床的に有意。この効果は偽治療群より有意に大きかったが、少数の患者では臨床的には有意ではなかった。VASとNDIの改善は両群で見られ、これはINSはこの指標では効果がないことを意味する. PPTsは両方の治療でも変化なし。
J Altern Complement Med. 2012 Aug 8. [Epub ahead of print]
The Effect of Interactive Neurostimulation Therapy on Myofascial Trigger Points Associated with Mechanical Neck Pain: A Preliminary Randomised, Sham-Controlled Trial.
Schabrun SM, Cannan A, Mullens R, Dunphy M, Pearson T, Lau C, Chipchase LS.
School of Health and Rehabilitation Sciences, The University of Queensland , St. Lucia, Australia .

 この結果はINSの有効性を示しているのでしょうか。それとも無効性を示しているのでしょうか。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-08-11 11:06 | 筋筋膜性疼痛

筋筋膜性疼痛に対するリドカインパッチの効果

上部僧帽筋のmyofascial pain syndrome患者。前向き無作為振り分け、二重盲検、偽薬対照研究、60人を無作為に 31人の5% lidocaine patch群と29人の偽patch群に分ける。Verbal Rating Scale (VRS), the Pressure Pain Threshold, 頚の動きの範囲, およびthe Neck Disability Indexで各々主観的な痛みの強さ、客観的な痛みの強さ, 関節可動域, 頚の障害を示す。評価は治療前(day 0), 7日目に最後のパッチをはずして12時間後 (day 7), そして治療終了後1週間 (day 14) および3週間 (day 28)で行う。結果:治療前の患者の特徴には差がない。VRSによる痛みの強さは両群でday 7で低下。VRS, the Pressure Pain Threshold, 動きの範囲, およびthe Neck Disability Index.には両群で有意差なし。day 14では, パッチ群ではVRSが改善したまま (1.06), しかし偽薬群の痛みは悪化 (VRS, 1.5)。差は有意(P = 0.03).さらに, パッチ群のthe Neck Disability Indexは偽薬群より有意に低下. パッチの鎮痛効果は弱まり、day 28でのVRSとNeck Disability Indexには両群には有意差なし。Pressure Pain Thresholdも可動域も全期間で有意差なし。

Am J Phys Med Rehabil. 2012 Jul 30. [Epub ahead of print]
Therapeutic Effects of Lidocaine Patch on Myofascial Pain Syndrome of the Upper Trapezius: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Study.
Lin YC, Kuan TS, Hsieh PC, Yen WJ, Chang WC, Chen SM.
From the Department of Physical Medicine and Rehabilitation, College of Medicine, National Cheng Kung University Hospital (Y-CL, T-SK, P-CH, W-JY, W-CC, S-MC); and Medical Device Innovation Center (Y-CL, T-SK, S-MC), National Cheng Kung University, Tainan, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-08-04 15:48 | 筋筋膜性疼痛

筋筋膜性疼痛に対するBotulinum toxinの有効性は疑問

Cochrane。MPSに対するBotulinum toxinのトリガーポイント注射の効果。言語の制限なし。4つの研究233人。偽薬とbotulinum toxin A (BTXA)を比較。145人を対象にした1つの研究では, BTXAを偽薬と比べると痛みの程度の点数は有意に改善,平均の差 (MD) は-0.23 (95% CI -0.26 ― -0.20; P value < 0.00001) 日中の痛みの期間 (MD -1.11; 95% CI -1.37 to -0.85; P value < 0.00001)であった。他の3つの研究では痛み。結論:研究が異質であったためメタ解析は不能。MPSの治療にBTXAを使用することを支持するには不確実な証拠。

Cochrane Database Syst Rev. 2012 Apr 18;4:CD007533.
Botulinum toxin for myofascial pain syndromes in adults.
Soares A, Andriolo RB, Atallah AN, da Silva EM.
Department of Medicine, Universidade Federal de São Paulo, Rua Curral Del Rey, 389 apt.104 Bairro Padre Eustaquio, Belo Horizonte, Minais Gerais, Brazil, 30720-220.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-21 12:39 | 筋筋膜性疼痛

筋筋膜性疼痛への鍼の効果(偽鍼との比較)

少なくとも6か月間顎関節のmyofascial painを訴える鍼の学校からの16人の volunteersを用いた10週の研究。無作為に2群に分け5回鍼を行う。トリガーポイント鍼群は同じ筋肉のトリガーポイントに本物の鍼を受けるが、他の一群はトリガーポイントに偽鍼を受ける。結果の計測は痛みの強さ(VAS)と口の機能(最大開口)。治療後、本物の鍼群は偽鍼群より痛みの強さは低いが口の機能は両群とも不変。痛みの強さは治療前より治療後5週で本物鍼群(p<0.001)および偽鍼群 (p<0.050)で低下。両群には有意差あり(p=0.0152)。

J Acupunct Meridian Stud. 2012 Apr;5(2):57-62. Epub 2012 Feb 19.
Effects of trigger point acupuncture treatment on temporomandibular disorders: a preliminary randomized clinical trial.
Itoh K, Asai S, Ohyabu H, Imai K, Kitakoji H.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2012-04-14 16:33 | 筋筋膜性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line