カテゴリ:その他( 38 )


プロトンポンプ阻害薬の副作用(総説)

長期間のPPIs使用は骨粗鬆症性骨折、腎障害、感染 (肺炎およびclostridium difficile infection), 横紋筋融解症, 栄養欠乏 (vitamin B12, magnesium and iron), 貧血および血小板減少症などの副作用を引き起こすかもしれない(総説)。

Adv Ther. 2017 Apr 20. doi: 10.1007/s12325-017-0532-9.[Epub ahead of print]

A Review of the Novel Application andPotential Adverse Effects of Proton Pump Inhibitors.

Yu LY1, Sun LN1, Zhang XH2, Li YQ1, Yu L1, Yuan ZQ1, Meng L1, Zhang HW1, Wang YQ3,4.

1

Research Division of Clinical Pharmacology,The First Affiliated Hospital with Nanjing Medical University, Nanjing, China.

2

Department of Pharmacy, Jiangsu ShengzeHospital, Nanjing Medical University, Suzhou, China.

3

Research Division of Clinical Pharmacology,The First Affiliated Hospital with Nanjing Medical University, Nanjing, China.wyqjsph@163.com.

4

Department of Pharmacy, Jiangsu ShengzeHospital, Nanjing Medical University, Suzhou, China. wyqjsph@163.com.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-05-07 17:29 | その他

PPIにより脳梗塞が起こりやすくなる

方法:これは20歳以上の者を含んだTaiwan National Health Insuranceのデータベースを用いた後ろ向きの全国研究。傾向点数をマッチさせた解析で、傾向点数をマッチさせたPPI非使用の対照群と1:1の割合で比較した。以前脳卒中になった又はindex date開始日以前に入院した患者は除外。一次的な結果の計測は120日間の経過観察期間で虚血性脳卒中の一次的な診断での入院。nestedcase-control デザインを選択した平行分析を行った。index date以前のPPI使用に焦点を置いた比例ロジスティック回帰解析を用いて、最初の虚血性脳卒中により入院した患者を同定しマッチさせた対照群と比較した。結果:傾向点数をマッチさせた解析には、198,148例の PPI使用期間とPPI非使用の対照期間を含む。 PPI使用は虚血性脳卒中による入院の危険性を増加させ、そのハザード比は1.36 (95%信頼区間 (CI) 1.14-1.620, P=0.001). サブグループ解析によると、<60歳の患者はより影響を受けやすく (P=0.043 forinteraction), しかし、性別、心筋梗塞・糖尿病・高血圧の既往、NSAIDの抗血小板薬使用、PPIsのタイプは危険性に影響せず。nestedcase-control解析では,虚血性脳卒中により入院した15,378人の患者を同定し、15,378人のマッチさせた対照と比較した。PPI使用と脳血管の危険性の増加の関連を同定し、PPI使用の補正したオッズ比は、初回の虚血性脳卒中の発生前の30日以内で1.77 (95% CI 1.45-2.18, P<0.001), 31-90日の間で1.65 (95% CI 1.31-2.08, P<0.001), 91-180日で1.28 (95% CI 1.03-1.59, P=0.025).まとめ:一般人口において、PPI使用は初回の虚血性脳卒中の危険性を増加させ、その危険性は抗血小板薬とは独立。しかし、関連の強さは少なくそして因果関係は確立していないため、その臨床的な妥当性を考える時には、注意を払うべきである。

Am J Gastroenterol. 2017 Apr11. doi: 10.1038/ajg.2017.101. [Epub ahead of print]

Proton-Pump Inhibitor Use and the Risk ofFirst-Time Ischemic Stroke in the General Population: A NationwidePopulation-Based Study.

Wang YF1,2, Chen YT1,3, Luo JC1,4, Chen TJ1, Wu JC1,4, Wang SJ1,2.

1

Faculty ofMedicine, National Yang-Ming University School of Medicine, Taipei, Taiwan.

2

Departmentof Neurology, Neurological Institute, Taipei Veterans General Hospital, Taipei,Taiwan.

3

Departmentof Medicine, Taipei City Hospital, Heping Fuyou Branch, Taipei, Taiwan.

4

Division ofGastroenterology, Department of Internal Medicine, Taipei Veterans GeneralHospital, Taipei, Taiwan.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-04-16 11:22 | その他

References:

References:

1 Society forMaternal-Fetal Medicine Publications Committee. SMFM Statement: Prenatal AcetaminophenUse and Outcomes in Children. Am J Obstet Gynecol. 2017 [Epub ahead of print].

2 SordilloJE, Scirica CV, Rifas-Shiman SL, et al. Prenatal and infant exposure toacetaminophen and ibuprofen and the risk for wheeze and asthma in children. J AllergyClin Immunol. 2015;135:441-8.

3 MagnusMC, Karlstad O, Haberg SE, et al. Prenatal and infant paracetamol exposure anddevelopment of asthma: the Norwegian Mother and Child Cohort Study. Int JEpidemiol. 2016;45:512-22.

4 EyersS, Weatherall M, Jefferies S, Beasley R. Paracetamol in pregnancy and the riskof wheezing in offspring: a systematic review and meta-analysis. Clin ExpAllergy. 2011;41:482-9.

5 VlenterieR, Wood ME, Brandlistuen RE, Roeleveld N, van Gelder MM, Nordeng H.Neurodevelopmental problems at 18 months among children exposed to paracetamolin utero: a propensity score matched cohort study. Int J Epidemiol. 2016 [Epubahead of print].

6 LiewZ, Ritz B, Virk J, Arah OA, Olsen J. Prenatal Use of Acetaminophen and ChildIQ: A Danish Cohort Study. Epidemiology. 2016;27:912-8.

7 FisherBG, Thankamony A, Hughes IA, Ong KK, Dunger DB, Acerini CL. Prenatalparacetamol exposure is associated with shorter anogenital distance in male infants.Hum Reprod. 2016;31:2642-50.

8 SchultzST, Gould GG. Acetaminophen Use for Fever in Children Associated with AutismSpectrum Disorder. Autism Open Access. 2016;6.

9 HeintzeK, Petersen KU. The case of drug causation of childhood asthma: antibiotics andparacetamol. Eur J Clin Pharmacol. 2013;69:1197-209.

10 EtminanM, Sadatsafavi M, Jafari S, Doyle-Waters M, Aminzadeh K, Fitzgerald JM.Acetaminophen use and the risk of asthma in children and adults: a systematicreview and metaanalysis. Chest. 2009;136:1316-23.

11 MoraesLS, Takano OA, Mallol J, Sole D. Risk factors associated with wheezing ininfants. J Pediatr (Rio J). 2013;89:559-66.

12 Bercedo-SanzA, Lastra-Martinez L, Pellegrini-Belinchon J, Vicente-Galindo E,Lorente-Toledano F, Garcia-Marcos L. Wheezing and risk factors in the firstyear of life in Cantabria, Spain. The EISL study. Allergol Immunopathol (Madr).2015;43:543-52.

13 AmberbirA, Medhin G, Hanlon C, Britton J, Davey G, Venn A. Effects of early lifeparacetamol use on the incidence of allergic disease and sensitization: 5 yearfollow-up of an Ethiopian birth cohort. PLoS One. 2014;9:e93869.

14 TamayZ, Akcay A, Ergin A, Guler N. Prevalence of allergic rhinitis and risk factorsin 6- to 7-yearold children in Istanbul, Turkey. Turk J Pediatr. 2014;56:31-40.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-03-11 19:29 | その他

PPIによる下部消化管障害

PPIsは酸関連疾患の治療の道標であり、危険性の高い患者にNSAIDs又は低用量aspirinを用いた治療の上部胃腸出血を防ぐための中心である。しかし、この恩恵は下部胃腸路には広げられない。 PPIsNSAID 又はaspirin-に関連した下部胃腸出血(lower gastrointestinal bleedingLGB)を防がない.PPIsは、 NSAIDsおよび低用量aspirin治療に関連した小腸障害およびLGBの危険性を増加させるかもしれない。最近の研究によると、PPIsによる腸管微生物叢の変化がNSAID-腸疾患の原因になるかも. LGBによる入院率の増加は合併疾患がより多い高齢者でより頻繁に起こるのかもしれず、病院資源のより多い使用、長期の入院、および死亡率の増加と関連する。NSAID およびaspirin-に関連した胃腸出血の予防方法は上部および下部胃腸障害の予防に向かうべきである。将来の研究は、不適切なPPI処方を避けるために、NSAIDs又はaspirinの使用に関連した胃腸の出来事の危険性が低い患者を同定する方向に向かうべきである。あるいは, これらの患者における上部および下部胃腸出血の危険性を減らす目的で、新しい薬物治療の効果は危険性の高い群で評価されるべきである。

World J Gastroenterol. 2016 Dec28;22(48):10477-10481. doi: 10.3748/wjg.v22.i48.10477.

Protons pump inhibitor treatment and lower gastrointestinalbleeding: Balancing risks and benefits.

Lué A1, Lanas A1.

  • 1Alberto Lué, Angel Lanas, Digestive Diseases Service, University Clinic Hospital Lozano Blesa, Avenida San Juan Bosco, 50009 Zaragoza, Spain.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-01-23 20:21 | その他

PPIは精子の数を減らす

PPIと妊娠を考えているカップルの若い男性の精液の指標の関連を調べた。人口に基づいた登録の症例対照研究。患者:Generalpractitionerの患者は、精液解析の記録のある妊娠を計画したカップルの2,473人の男性からなる: 241人は少ない全運動精子数(total motile sperm count:TMSC ≤1)およびマッチした対照群として 714 人はTMSC >1。主要な結果の計測:PPIへの暴露; PPIの投与量。結果:1996年から2013年までの、720人のgeneralpractitionersからの150万人の患者の医療記録を含む、オランダのthe Integrated Primary Care Informationデータべ―スからのデータの研究によると、年齢と他の薬で補正すると、精液解析の前12か月から6か月までの期間にPPIsを使用すると低TMSCの危険性が3倍高い(oddsratio 2.96; 95%信頼区間1.26-6.97). 精液解析の直前の6か月でのPPIsの使用は低TMSCに関連せず。精液解析の前12か月から6か月までのPPIsの使用は低TMSCの危険性を3倍高くし,これは長期間胃のPHが増加すると精子の質が低下することを示す。

Fertil Steril. 2016Dec;106(7):1666-1672.e2. doi: 10.1016/j.fertnstert.2016.09.010. Epub 2016 Oct12.

Are proton-pump inhibitors harmful for thesemen quality of men in couples who are planning pregnancy?

HuijgenNA1, de RidderMA2, VerhammeKM2, Dohle GR3, VanrolleghemAM2, SturkenboomMC4, Laven JS5, Steegers-TheunissenRP6.

  • 1Department of Obstetrics and Gynaecology, Erasmus MC, University Medical Centre, Rotterdam, the Netherlands.
  • 2Department of Medical Informatics, Erasmus MC, University Medical Centre, Rotterdam, the Netherlands.
  • 3Department of Urology, Erasmus MC, University Medical Centre, Rotterdam, the Netherlands.
  • 4Department of Medical Informatics, Erasmus MC, University Medical Centre, Rotterdam, the Netherlands; Department of Epidemiology, Erasmus MC, University Medical Centre, Rotterdam, the Netherlands.
  • 5Department of Obstetrics and Gynaecology, Division of Reproductive Medicine, Erasmus MC, University Medical Centre, Rotterdam, the Netherlands.
  • 6Department of Obstetrics and Gynaecology, Erasmus MC, University Medical Centre, Rotterdam, the Netherlands; Department of Pediatrics, Division of Neonatology, Erasmus MC, University Medical Centre, Rotterdam, the Netherlands. Electronic address: r.steegers@erasmusmc.nl.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-01-18 18:55 | その他

高齢者に対する睡眠薬の効果と安全性の総説

高齢者に対する睡眠薬の効果と安全性の総説。適用外処方も含めた。所見:CBTおよび睡眠衛生が不眠に対する最初の治療と見なされる。BZDは高齢者には推奨されず、特に長期使用は推奨されない。非ベンゾジアゼピン受容体作動薬(BzRA)はBZDよりは安全性が改善されたが、副作用には、認知症、重篤な外傷、骨折が含まれており、その使用は制限されるべき。Ramelteonは副作用が最小限であ、入眠潜時に効果があり、全睡眠時間が延長するため、第一選択に有用。suvorexantのデータは限られているが, この薬は睡眠の維持を改善し、眠気を含めて副作用が軽度; しかし残存した日中の鎮静が報告されている。少量の鎮静抗うつ薬は、患者が抑うつを合併している時にのみ使用すべき。抗精神病薬、pramipexole, およびtiagabine は不眠に使用されるが、高齢者への使用は研究されておらず、かなりの副作用がある。GabapentinはRLS又は慢性神経障害性疼痛と不眠の合併患者には有用かも。Diphenhydramineは高齢者には避けるべき。Valerianおよび melatoninは、睡眠潜時に少しの効果があり残存鎮静を引き起こすかもしれない調整されていない薬Clin Ther. 2016 Oct 14. pii: S0149-2918(16)30733-0. doi: 10.1016/j.clinthera.2016.09.010. [Epub ahead of print]Review of Safety and Efficacy of Sleep Medicines in Older Adults.Schroeck JL1, Ford J1, Conway EL1, Kurtzhalts KE1, Gee ME1, Vollmer KA1, Mergenhagen KA2.• 1VA Western New York Healthcare System, Buffalo, New York.• 2VA Western New York Healthcare System, Buffalo, New York. Electronic address: kari.mergenhagen@va.gov.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-10-24 20:57 | その他

プロトンポンプ阻害薬による腎障害

退役軍人局の全国データベースを用いてPPIの新規使用者 (n=173,321) およびhistamine H2-receptorantagonistsの新規使用者 (H2blockers;n=20,270)の一次的なコホートを作成し、これらの患者を5年間経過観察し腎臓の結果を確認。補正コックス生存モデルを用いると、H2blockers群と比べて, PPI群はeGFR<60ml/min per 1.73 m2になる危険性と慢性腎疾患(CKD)になる危険性 (各々hazard ratio [HR], 1.22; 95% confidenceinterval [95% CI], 1.18 to 1.26; よびHR,1.28; 95% CI, 1.23 to 1.34)が高い. PPIで治療を受けた患者は血清クレアチニンレベルが2倍になる (HR, 1.53; 95% CI, 1.42 to 1.65), eGFR30%を超えて低下(HR, 1.32; 95% CI, 1.28 to 1.37), および末期腎不全(End Stage Renal DiseaseESRD(HR, 1.96; 95% CI, 1.21to 3.18)の危険性が有意に増加.さらに, 30日以下の暴露の者に比べて、PPI 31-90,91-180, 181-360, および361-720日間使用した者の中で、PPI暴露期間と腎臓の結果の間に段階的な関連を見つけた。1:1で傾向点数をマッチさせたH2blockers 摂取者とversus PPI摂取者のコホート、およびPPI摂取者と versus対照群の腎臓の結果の危険性を調べると、同じ結果。我々の結果によると、PPIへの暴露は CKDの発生,CKDの進展、およびESRDの危険性を増加させる.

J Am SocNephrol. 2016 Apr 14. pii: ASN.2015121377. [Epub ahead of print]

Proton Pump Inhibitors and Risk ofIncident CKD and Progression to ESRD.

Xie Y1, Bowe B1, Li T2, Xian H3, BalasubramanianS1, Al-Aly Z4.

  • 1Clinical Epidemiology Center, Veterans Affairs Saint Louis Health Care System, Saint Louis, Missouri;
  • 2Department of Medicine, Washington University School of Medicine, Saint Louis, Missouri;
  • 3Clinical Epidemiology Center, Veterans Affairs Saint Louis Health Care System, Saint Louis, Missouri; Department of Biostatistics, College for Public Health and Social Justice, Saint Louis University, Saint Louis, Missouri; and.
  • 4Clinical Epidemiology Center, Veterans Affairs Saint Louis Health Care System, Saint Louis, Missouri; Department of Medicine, Washington University School of Medicine, Saint Louis, Missouri; Division of Nephrology, Department of Medicine, Veterans Affairs Saint Louis Health Care System, Saint Louis, Missouri zalaly@gmail.com ziyad.alaly@va.gov.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-05-22 11:12 | その他

スタチンの抗うつ効果:メタ解析


スタチンが抑うつに有効かどうかの、無作為振り分け、二重盲検、偽薬対照研究のメタ解析。3つの研究が中等度から強度の抑うつのある165人の患者のデータを含む.そのうち, 82人は抗うつ治療(つまりcitalopram又はfluoxetine)に対して補助的なスタチンに無作為に振り分けられ83人は偽薬治療. すべての研究は二重盲検RCTsであり, 612週の経過観察.lovastatin, atorvastatin, およびsimvastatinのスタチンを評価. 偽薬と比較すると, 追加治療としてのstatins, HDRSにより評価した抑うつ症状を大きく改善した (SMD=-0.73, 95% IC -1.04 to -0.42, p<0.001,3 between-group comparisons, n=165).深刻な副作用は報告されず。


J Affect Disord. 2016 Apr27;200:235-242. doi: 10.1016/j.jad.2016.04.047. [Epub ahead of print]


Statins for the treatment of depression: Ameta-analysis of randomized, double-blind, placebo-controlled trials.


Salagre E1, FernandesBS2, Dodd S3, BrownsteinDJ4, Berk M5.


  • 1Deakin University, IMPACT Strategic Research Centre, School of Medicine, and Barwon Health, Geelong, Australia; Hospital de la Santa Creu i Sant Pau, Servei de Psiquiatria, Barcelona, Spain. Electronic address: esalagre@gmail.com.
  • 2Deakin University, IMPACT Strategic Research Centre, School of Medicine, and Barwon Health, Geelong, Australia; Laboratory of Calcium Binding Proteins in the Central Nervous System, Department of Biochemistry, Federal University of Rio Grande do Sul, Porto Alegre, Brazil. Electronic address: brisasf@gmail.com.
  • 3Deakin University, IMPACT Strategic Research Centre, School of Medicine, and Barwon Health, Geelong, Australia; Department of Psychiatry, University of Melbourne, Parkville, Australia.
  • 4Monash University, Faculty of Medicine, Nursing and Health Sciences, Melbourne, Australia.
  • 5Deakin University, IMPACT Strategic Research Centre, School of Medicine, and Barwon Health, Geelong, Australia; Florey Institute for Neuroscience and Mental Health, Department of Psychiatry and Orygen, The National Centre of Excellence in Youth Mental Health, University of Melbourne, Parkville, Australia.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-05-09 19:46 | その他

疑惑の人工甘味料アスパルテームが入っている医薬品の一覧(50音順)

株式会社ミナカラのサイトから引用(50音順に変更)したが一部の薬は追加
https://minacolor.com/drug/additives/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%A0%EF%BC%88L-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%8B%E3%83%B3%E5%8C%96%E5%90%88%E7%89%A9%EF%BC%89

独自に調べた薬を追加しています。

最終的には以下のサイトでアスパルテームが含まれていることを確認して下さい。
http://www.info.pmda.go.jp/psearch/html/menu_tenpu_base.html

ここに含まれない薬にアスパルテームが入っていないかどうかは不明です。
アスパルテーム入りの薬の有害性の判断は各自で行ってください。
ほとんどの薬にはアスパルテームが含まれていない剤型が存在しますが、トラマールのようにアスパルテームが含まれない剤型が存在しない薬も存在します(類似薬のワントラムで代用可能)。その場合には中止せずに医師と対応を相談して下さい。

アストリックドライシロップ80%
アズレン・グルタミン配合細粒「EMEC」
アミオダロン塩酸塩速崩錠100mg「TE」
アムロジピンOD錠5mg「あすか」
アムロジピンOD錠5mg「アメル」
アムロジピンOD錠5mg「サワイ」
アムロジピンOD錠5mg「サンド」
アムロジピンOD錠5mg「タカタ」
アムロジピンOD錠5mg「テバ」
アムロジピンOD錠5mg「トーワ」
アムロジピンOD錠5mg「フソー」
アムロジピンOD錠5mg「杏林」
アムロジピンOD錠5mg「科研」
アムロジピンOD錠5mg「日医工」
アムロジピンOD錠5mg「明治」
アムロジンOD錠10mg
アムロジンOD錠2.5mg
アムロジンOD錠5mg
アルタット細粒20%
アレグラOD錠60mg
アレロックOD錠2.5
アレロックOD錠5
アンブロキソール塩酸塩Lカプセル45mg「サワイ」
アンブロキソール塩酸塩徐放カプセル45mg「ZE」
アンブロキソール塩酸塩内用液0.3%「日医工」
イーケプラドライシロップ50%
イソソルビド内用液70%「CEO」
イソソルビド内用液70%分包30mL「CEO」
イソソルビド内用液70%分包40mL「CEO」
エカベトNa顆粒66.7%「NS」
エカベトNa顆粒66.7%「SN」
エカベトNa顆粒66.7%「トーワ」
エカベトNa顆粒66.7%「ファイザー」
エバスチンOD錠10mg「DK」
エバスチンOD錠10mg「タイヨー」
エバスチンOD錠5mg「DK」
エバスチンOD錠5mg「タイヨー」
エピナスチン塩酸塩DS小児用1%「サワイ」
エピナスチン塩酸塩DS小児用1%「トーワ」
エビリファイOD錠12mg
エビリファイOD錠24mg
エビリファイOD錠3mg
エビリファイOD錠6mg
エレンタール配合内用剤
オゼックス細粒小児用15%
オラペネム小児用細粒10%
オロパタジン塩酸塩OD錠2.5mg「JG」
オロパタジン塩酸塩OD錠2.5mg「MEEK」
オロパタジン塩酸塩OD錠2.5mg「トーワ」
オロパタジン塩酸塩OD錠2.5mg「日医工」
オロパタジン塩酸塩OD錠2.5mg「明治」
オロパタジン塩酸塩OD錠5mg「JG」
オロパタジン塩酸塩OD錠5mg「MEEK」
オロパタジン塩酸塩OD錠5mg「トーワ」
オロパタジン塩酸塩OD錠5mg「日医工」
オロパタジン塩酸塩OD錠5mg「明治」
カイトリル細粒0.4%
ガスセプト散10%
ガスターD錠10mg
ガスターD錠20mg
ガストローム顆粒66.7%
カリエードプラス散(分包)96.7%
カリメートドライシロップ92.59%
カルボシステインDS33.3%「トーワ」
カルボシステインDS50%「タカタ」
カルボシステインDS50%「ツルハラ」
カルボシステインDS50%「トーワ」
カルボシステインドライシロップ50%「テバ」
カンデサルタンOD錠12mg「トーワ」
カンデサルタンOD錠12mg「明治」
カンデサルタンOD錠2mg「トーワ」
カンデサルタンOD錠2mg「明治」
カンデサルタンOD錠4mg「トーワ」
カンデサルタンOD錠4mg「明治」
カンデサルタンOD錠8mg「トーワ」
カンデサルタンOD錠8mg「明治」
キプレスチュアブル錠5mg
クエチアピン細粒50%「サワイ」
クエチアピン細粒50%「テバ」
クエチアピン細粒50%「トーワ」
クエン酸第一鉄ナトリウム顆粒8.3%「ツルハラ」
クラバモックス小児用配合ドライシロップ
クラビット細粒10%
クラリスロマイシンドライシロップ10%小児用「マイラン」
グリメピリドOD錠0.5mg「AFP」
グリメピリドOD錠0.5mg「ケミファ」
グリメピリドOD錠0.5mg「テバ」
グリメピリドOD錠0.5mg「トーワ」
グリメピリドOD錠0.5mg「日医工」
グリメピリドOD錠1mg「AFP」
グリメピリドOD錠1mg「ケミファ」
グリメピリドOD錠1mg「テバ」
グリメピリドOD錠1mg「トーワ」
グリメピリドOD錠1mg「日医工」
グリメピリドOD錠3mg「AFP」
グリメピリドOD錠3mg「ケミファ」
グリメピリドOD錠3mg「テバ」
グリメピリドOD錠3mg「トーワ」
グリメピリドOD錠3mg「日医工」
グレースビット細粒10%
ケトチフェンシロップ0.02%「TYK」
コカールドライシロップ40%
コカール小児用ドライシロップ20%
サールツードライシロップ小児用20%
ジプレキサザイディス錠10mg
ジプレキサザイディス錠2.5mg
ジプレキサザイディス錠5mg
ジメモルミンドライシロップ2.5%
シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」
シロスタゾールOD錠100mg「JG」
シロスタゾールOD錠100mg「ケミファ」
シロスタゾールOD錠100mg「サワイ」
シロスタゾールOD錠100mg「ツルハラ」
シロスタゾールOD錠100mg「トーワ」
シロスタゾールOD錠100mg「マイラン」
シロスタゾールOD錠50mg「JG」
シロスタゾールOD錠50mg「ケミファ」
シロスタゾールOD錠50mg「サワイ」
シロスタゾールOD錠50mg「ツルハラ」
シロスタゾールOD錠50mg「トーワ」
シロスタゾールOD錠50mg「マイラン」
シングレアチュアブル錠5mg
シンバスタチン錠10「MEEK」
シンバスタチン錠20「MEEK」
シンバスタチン錠5「MEEK」
ストマルコン散10%
セフカペンピボキシル塩酸塩細粒10%小児用「日医工」
セフカペンピボキシル塩酸塩細粒小児用10%「CH」
セフカペンピボキシル塩酸塩細粒小児用10%「JG」
セフカペンピボキシル塩酸塩細粒小児用10%「YD」
セフカペンピボキシル塩酸塩細粒小児用10%「トーワ」
セフカペンピボキシル塩酸塩細粒小児用10%「ファイザー」
セフカペンピボキシル塩酸塩細粒小児用100mg「TCK」
セフカペンピボキシル塩酸塩小児用細粒10%「サワイ」
セフジトレンピボキシル細粒10%小児用「日医工」
セフジトレンピボキシル細粒小児用10%「トーワ」
セフジトレンピボキシル小児用細粒10%「CH」
セフジトレンピボキシル小児用細粒10%「EMEC」
セフジトレンピボキシル小児用細粒10%「サワイ」
セフジニル細粒小児用10%「MED」
セフジニル細粒小児用10%「サワイ」
セフジニル細粒小児用10%「タイヨー」
セフジニル細粒小児用20%「タイヨー」
セフポドキシムプロキセチルDS小児用5%「サワイ」
セルセプト懸濁用散31.8%
セロクエル細粒50%
ゾーミッグRM錠2.5mg
ゾルピデム酒石酸塩OD錠10mg「トーワ」
ゾルピデム酒石酸塩OD錠10mg「日医工」
ゾルピデム酒石酸塩OD錠5mg「トーワ」
ゾルピデム酒石酸塩OD錠5mg「日医工」
ゾルミトリプタンOD錠2.5mg「トーワ」
ゾルミトリプタンOD錠2.5mg「日医工」
ゾルミトリプタンOD錠2.5mg「日新」
タナドーパ顆粒75%
タムスロシン塩酸塩OD錠0.1mg「トーワ」
タムスロシン塩酸塩OD錠0.2mg「トーワ」

タリオンOD錠10㎎、タリオンOD錠5㎎
チオスター錠10
チオスター錠20
ディアコミットドライシロップ分包250mg
ディアコミットドライシロップ分包500mg
ティーエスワン配合OD錠T20
ティーエスワン配合OD錠T25
ディクアノン懸濁用配合顆粒
テオフィリンドライシロップ20%「タカタ」
テオフィリン徐放DS小児用20%「トーワ」
テラミロン細粒小児用10%
トスフロキサシントシル酸塩細粒小児用15%「タカタ」
トスフロキサシントシル酸塩細粒小児用15%「トーワ」
トスフロキサシントシル酸塩小児用細粒15%「明治」
ドネペジル塩酸塩OD錠10mg「DSEP」
ドネペジル塩酸塩OD錠10mg「JG」
ドネペジル塩酸塩OD錠10mg「ZE」
ドネペジル塩酸塩OD錠10mg「アメル」
ドネペジル塩酸塩OD錠10mg「オーハラ」
ドネペジル塩酸塩OD錠10mg「サワイ」
ドネペジル塩酸塩OD錠10mg「サンド」
ドネペジル塩酸塩OD錠10mg「タカタ」
ドネペジル塩酸塩OD錠10mg「テバ」
ドネペジル塩酸塩OD錠10mg「トーワ」
ドネペジル塩酸塩OD錠10mg「科研」
ドネペジル塩酸塩OD錠10mg「日医工」
ドネペジル塩酸塩OD錠10mg「明治」
ドネペジル塩酸塩OD錠3mg「DSEP」
ドネペジル塩酸塩OD錠3mg「JG」
ドネペジル塩酸塩OD錠3mg「ZE」
ドネペジル塩酸塩OD錠3mg「アメル」
ドネペジル塩酸塩OD錠3mg「オーハラ」
ドネペジル塩酸塩OD錠3mg「サワイ」
ドネペジル塩酸塩OD錠3mg「サンド」
ドネペジル塩酸塩OD錠3mg「タカタ」
ドネペジル塩酸塩OD錠3mg「テバ」
ドネペジル塩酸塩OD錠3mg「トーワ」
ドネペジル塩酸塩OD錠3mg「科研」
ドネペジル塩酸塩OD錠3mg「日医工」
ドネペジル塩酸塩OD錠3mg「明治」
ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「DSEP」
ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「JG」
ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「ZE」
ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「アメル」
ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「オーハラ」
ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「サワイ」
ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「サンド」
ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「タカタ」
ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「テバ」
ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「トーワ」
ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「科研」
ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「日医工」
ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「明治」
ドプスOD錠100mg
ドプスOD錠200mg
トミロン細粒小児用10%
トラマールOD錠25mg
トラマールOD錠50mg
トリアゾラム錠0.125mg「JG」
トリアゾラム錠0.125mg「テバ」
トレリーフOD錠25mg
ナウゼリンOD錠10
ナウゼリンOD錠5
ナゼアOD錠0.1mg
ナフトピジルOD錠25mg「TCK」
ナフトピジルOD錠25mg「YD」
ナフトピジルOD錠25mg「タカタ」
ナフトピジルOD錠25mg「トーワ」
ナフトピジルOD錠25mg「フソー」
ナフトピジルOD錠50mg「TCK」
ナフトピジルOD錠50mg「YD」
ナフトピジルOD錠50mg「タカタ」
ナフトピジルOD錠50mg「トーワ」
ナフトピジルOD錠50mg「フソー」
ナフトピジルOD錠75mg「TCK」
ナフトピジルOD錠75mg「YD」
ナフトピジルOD錠75mg「タカタ」
ナフトピジルOD錠75mg「トーワ」
ナフトピジルOD錠75mg「フソー」
ニポラジン小児用細粒0.6%
ノイエル細粒40%
バナンドライシロップ5%
バリトップHD
バルプロ酸ナトリウム細粒20%「EMEC」
バルプロ酸ナトリウム細粒40%「EMEC」
パロキセチンOD錠10mg「トーワ」
パロキセチンOD錠20mg「トーワ」
パロキセチンOD錠5mg「トーワ」
バロス発泡顆粒
ピオグリタゾンOD錠15mg「MEEK」
ピオグリタゾンOD錠15mg「トーワ」
ピオグリタゾンOD錠30mg「MEEK」
ピオグリタゾンOD錠30mg「トーワ」
ビクロックスシロップ8%
ビクロックス顆粒40%
ピタバスタチンCa・OD錠1mg「トーワ」
ピタバスタチンCa・OD錠2mg「トーワ」
ピタバスタチンCa・OD錠4mg「トーワ」
ヒドロクロロチアジドOD錠12.5mg「トーワ」
ファモチジンD錠10mg「MED」
ファモチジンD錠10mg「サワイ」
ファモチジンD錠10mg「日医工」
ファモチジンD錠20mg「MED」
ファモチジンD錠20mg「サワイ」
ファモチジンD錠20mg「日医工」
ファモチジンOD錠10mg「JG」
ファモチジンOD錠10mg「YD」
ファモチジンOD錠10mg「オーハラ」
ファモチジンOD錠10mg「ケミファ」
ファモチジンOD錠10mg「テバ」
ファモチジンOD錠10mg「トーワ」
ファモチジンOD錠10mg「ファイザー」
ファモチジンOD錠10mg「日新」
ファモチジンOD錠20mg「JG」
ファモチジンOD錠20mg「YD」
ファモチジンOD錠20mg「オーハラ」
ファモチジンOD錠20mg「ケミファ」
ファモチジンOD錠20mg「テバ」
ファモチジンOD錠20mg「トーワ」
ファモチジンOD錠20mg「ファイザー」
ファモチジンOD錠20mg「日新」
ファモチジン散10%「オーハラ」
ファモチジン散10%「サワイ」
ファモチジン散10%「トーワ」
ファモチジン散10%「杏林」
ファモチジン散10%「日医工」
ファモチジン散2%「オーハラ」
ファモチジン散2%「トーワ」
ファルケンテープ40mg
ファロムドライシロップ小児用10%
フェキソフェナジン塩酸塩DS6%「タカタ」
フェキソフェナジン塩酸塩DS6%「トーワ」
フェキソフェナジン塩酸塩OD錠30mg「EE」
フェキソフェナジン塩酸塩OD錠30mg「KN」
フェキソフェナジン塩酸塩OD錠30mg「サワイ」
フェキソフェナジン塩酸塩OD錠30mg「トーワ」
フェキソフェナジン塩酸塩OD錠60mg「EE」
フェキソフェナジン塩酸塩OD錠60mg「FFP」
フェキソフェナジン塩酸塩OD錠60mg「KN」
フェキソフェナジン塩酸塩OD錠60mg「サワイ」
フェキソフェナジン塩酸塩OD錠60mg「トーワ」
フェキソフェナジン塩酸塩錠30mg「ツルハラ」
フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg「ツルハラ」
フェリセルツ散20%
フェロミア顆粒8.3%
プラコデ配合シロップ
プラバスタチンナトリウム塩錠10mg「ファイザー」
プラバスタチンナトリウム塩錠5mg「ファイザー」
プランルカストDS10%「TYK」
プランルカストDS10%「日医工」
プランルカストドライシロップ10%「AFP」
プルスマリンAドライシロップ小児用1.5%
プレタールOD錠100mg
プレタールOD錠50mg
ブロチゾラムOD錠0.25mg「JG」
ブロチゾラムOD錠0.25mg「サワイ」
ブロチゾラムOD錠0.25mg「テバ」
プロテカジンOD錠10
プロテカジンOD錠5
プロマックD錠75
フロモックス小児用細粒100mg
ヘパアクト配合顆粒
ボグリボースOD錠0.2mg「MED」
ボグリボースOD錠0.2mg「MEEK」
ボグリボースOD錠0.2mg「ケミファ」
ボグリボースOD錠0.2mg「サワイ」
ボグリボースOD錠0.2mg「タイヨー」
ボグリボースOD錠0.2mg「タカタ」
ボグリボースOD錠0.2mg「トーワ」
ボグリボースOD錠0.2mg「日医工」
ボグリボースOD錠0.3mg「MED」
ボグリボースOD錠0.3mg「MEEK」
ボグリボースOD錠0.3mg「ケミファ」
ボグリボースOD錠0.3mg「サワイ」
ボグリボースOD錠0.3mg「タイヨー」
ボグリボースOD錠0.3mg「タカタ」
ボグリボースOD錠0.3mg「トーワ」
ボグリボースOD錠0.3mg「日医工」
ポリカルボフィルCa細粒83.3%「日医工」
ポリフル細粒83.3%
マクサルトRPD錠10mg
マルファ懸濁用配合顆粒
ムコソルバンDS3%
ムコダインDS50%
メイアクトMS小児用細粒10%
メマリーOD錠10mg
メマリーOD錠20mg
メマリーOD錠5mg
モサプリドクエン酸塩錠2.5mg「トーワ」
モサプリドクエン酸塩錠5mg「トーワ」
ランソプラゾールOD錠15mg「DK」
ランソプラゾールOD錠15mg「JG」
ランソプラゾールOD錠15mg「RTO」
ランソプラゾールOD錠15mg「ケミファ」
ランソプラゾールOD錠15mg「サワイ」
ランソプラゾールOD錠15mg「テバ」
ランソプラゾールOD錠15mg「トーワ」
ランソプラゾールOD錠15mg「日医工」
ランソプラゾールOD錠30mg「DK」
ランソプラゾールOD錠30mg「JG」
ランソプラゾールOD錠30mg「RTO」
ランソプラゾールOD錠30mg「ケミファ」
ランソプラゾールOD錠30mg「サワイ」
ランソプラゾールOD錠30mg「テバ」
ランソプラゾールOD錠30mg「トーワ」
ランソプラゾールOD錠30mg「日医工」
リスペリドンOD錠0.5mg「アメル」
リスペリドンOD錠0.5mg「サワイ」
リスペリドンOD錠0.5mg「タカタ」
リスペリドンOD錠0.5mg「トーワ」
リスペリドンOD錠0.5mg「ヨシトミ」
リスペリドンOD錠1mg「アメル」
リスペリドンOD錠1mg「サワイ」
リスペリドンOD錠1mg「タカタ」
リスペリドンOD錠1mg「トーワ」
リスペリドンOD錠1mg「ヨシトミ」
リスペリドンOD錠2mg「アメル」
リスペリドンOD錠2mg「サワイ」
リスペリドンOD錠2mg「タカタ」
リスペリドンOD錠2mg「トーワ」
リスペリドンOD錠2mg「ヨシトミ」
リスペリドンOD錠3mg「アメル」
リスペリドンOD錠3mg「サワイ」
リスペリドンOD錠3mg「タカタ」
リスペリドンOD錠3mg「トーワ」
リスペリドンOD錠3mg「ヨシトミ」
リチオマール錠100mg
レバミピドOD錠100mg「NS」
レバミピドOD錠100mg「YD」
レバミピドOD錠100mg「明治」
レバミピド顆粒20%「あすか」
レボフロキサシン細粒10%「CH」
レボフロキサシン細粒10%「DSEP」
レボフロキサシン細粒10%「アメル」
レボフロキサシン細粒10%「オーハラ」
レボフロキサシン細粒10%「サワイ」
レボフロキサシン細粒10%「タカタ」
レボフロキサシン細粒10%「日医工」
レボフロキサシン内用液250mg「トーワ」
レンドルミンD錠0.25mg
ロラタジンOD錠10mg「CH」
ロラタジンOD錠10mg「DK」
ロラタジンOD錠10mg「JG」
ロラタジンOD錠10mg「サワイ」
ロラタジンOD錠10mg「サワイ」
ロラタジンOD錠10mg「サンド」
ロラタジンOD錠10mg「日医工」
塩酸リルマザホン錠1「MEEK」
塩酸リルマザホン錠2「MEEK」
酸化マグネシウム錠250mg「マイラン」
酸化マグネシウム錠330mg「マイラン」
酸化マグネシウム錠500mg「マイラン」
小児用ムコソルバンDS1.5%
炭カル錠500「KN」
注射用プリドール125
注射用プリドール40
沈降炭酸カルシウム錠250mg「三和」
沈降炭酸カルシウム錠500mg「三和」


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-04-14 00:08 | その他

PPI(プロトンポンプ阻害薬)は認知症の危険性を高める

高齢者におけるPPIs使用と認知症発生の危険性の関連を調べる。デザイン:ドイツで最も大きい公的健康保険制度であるAllgemeine Ortskrankenkassen (AOK)2004年から2011年までの観察データを用いた前向きコホート研究。入院患者と外来患者の診断 (the International StatisticalClassification of Diseases and Related Health Problemsのドイツ語版でコード化, Tenth Revision)および薬の処方 (the Anatomical Therapeutic ChemicalClassification Systemに基づく分類)のデータを四半期ごとに利用できる.データ解析は20158月から11月まで行った。omeprazole, pantoprazole, lansoprazole,esomeprazole, 又はrabeprazoleの処方.主要な結果の計測。主要な結果はthe International Statistical Classification ofDiseases and Related Health Problems, Tenth Revisionのドイツ語版でコード化された認知症発生の診断. PPI使用と認知症発生の関連を時間依存性コックス回帰を用いて解析。このモデルを年齢、性別、合併症、および多剤投薬を含む可能性のある交絡因子で補正。結果:ベースラインで75以上であり認知症のない73 679人を解析。PPI を定期的に内服している患者medication (n = 2950; 平均[SD]年齢, 83.8 [5.4]; 77.9%が女性)PPIを内服していない患者 (n = 70 729; 平均[SD]年齢,83.0 [5.6];73.6%が女性)に比べて認知症発生の危険性が有意に増加 (hazard ratio, 1.44 [95% CI, 1.36-1.52];P < .001).まとめ:PPIを避けると認知症の発生を予防できるかも。この所見は、最近の一次データの薬物疫学的な解析およびPPIs使用はマウスの脳においてβ-amyloidのレベルを増加させるというマウスのモデルによって支持される。この関連をさらに詳細に調べるために、無作為振り分け前向き臨床研究が必要である。

JAMA Neurol.2016 Feb 15. doi: 10.1001/jamaneurol.2015.4791. [Epub ahead of print]

Association of Proton PumpInhibitorsWith Riskof Dementia: A PharmacoepidemiologicalClaimsDataAnalysis.

Gomm W1, von Holt K1, Thomé F1, Broich K2, Maier W3, Fink A4, Doblhammer G5, Haenisch B1.

1GermanCenter for Neurodegenerative Diseases, Bonn, Germany.

2FederalInstitute for Drugs and Medical Devices, Bonn, Germany.

3GermanCenter for Neurodegenerative Diseases, Bonn, Germany3Department of Psychiatry,University of Bonn, Bonn, Germany.

4GermanCenter for Neurodegenerative Diseases, Bonn, Germany4Rostock Center for theStudy of Demographic Change, Rostock, Germany.

5GermanCenter for Neurodegenerative Diseases, Bonn, Germany4Rostock Center for theStudy of Demographic Change, Rostock, Germany5Max-Planck-Institute forDemographic Research, Rostock, Germany6Institute for Sociology and Demography,University of Rostock.

PPIは骨折の頻度を高める、腎機能障害を引き起こすという報告がすでにあります。レバミピド(ムコスタ)などの代替薬があるため、レバミピドに変更可能であれば変更したほうがよいと思います。



[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-22 20:06 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line