カテゴリ:その他( 45 )


セロトニン症候群


通常の臨床の場でのセロトニン症候群(serotonin syndrome:SS) 。方法:1985年1月1日から2013年5月27日までのフランスの医薬品安全性監視データベースに登録されたSSの後ろ向き解析. Sternbach, Radomski, 又はHunter SS診断基準を満たした臨床症状の症例のみを解析した。結果:解析した症例の125例の大部分 (84.0%) はセロトニン作動薬の最近の変化に関連した (導入、投与量の増量または過量). 抗うつ薬が最も頻繁に使用されたセロトニン作動薬であり, 大部分はセロトニン再吸収阻害薬(SRIs, 42.1%) そしてSNRI(9.1%,主に venlafaxine), TCA(8.6%, 主にclomipramine), およびいくつかのMAOI (6.2%, 主にmoclobemide). 非向精神薬では主にopioids (14.8%, 主にtramadol). 大部分の症例(59.2%)は薬力学的薬―薬関連(drug-drug interactions:DDIs)の結果であり, SRIs + opioids (大部分はparoxetine + tramadolの組み合わせが最も多い。しかし, SSは 単一のセロトニン作動薬でもかなりの症例で生じ(40.8%), 多くはSRIs (主にfluoxetine)又は venlafaxineの通常量。最後に, 主要な薬物動態的なDDI は症例の1/5 (20.8%)で重要な役割。
J Clin Psychopharmacol. 2015 Jun 16. [Epub ahead of print]
Serotonin Syndrome: Analysis of Cases Registered in the French Pharmacovigilance Database.
Abadie D1, Rousseau V, Logerot S, Cottin J, Montastruc JL, Montastruc F.
•1From the *Department of Medical and Clinical Pharmacology, Faculty of Medicine, Toulouse; †Regional Pharmacovigilance Center, Centre Hospitalier Universitaire, Grenoble; and ‡Regional Pharmacovigilance Center, Hospices Civils de Lyon, Lyon, France.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-23 21:39 | その他

トラマールは早漏に有効


最近のエビデンスによると必要時のtramadolは膣内射精潜時(intra-vaginal ejaculatory latency time:IELT)を延長し、主観的な満足感を改善するために有効。系統的総説。IELTを一次的な結果として用いた。付加的な主観的な結果も用いた。個々の研究からの副作用のデータを用いて安全性を評価。必要時のtramadolさまざまな程度の早漏の男性のIELTを延長させ、 患者の満足感を改善した。Tramadolは全般的には耐用性があり、特に25―50 mgの投与量では. 乱用や依存の危険性はあるが、特に低用量を間欠的に使用時にはまれである。
Int J Impot Res. 2015 May 14. doi: 10.1038/ijir.2015.7. [Epub ahead of print]
Tramadol for the management of premature ejaculation: a timely systematic review.
Kirby EW1, Carson CC1, Coward RM1.
·1Department of Urology, University of North Carolina, Chapel Hill, NC, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-05-19 20:57 | その他

トラマドールの過量投与

方法:2000年11月から 2013年6月までに三次毒物ユニットに入院したトラマドール過量投与(> 400 mg)の後ろ向き総括に基づいた観察症例研究. 人口統計学的詳細、摂取の情報(投与量と併用投薬), 臨床的効果、合併症(発作, セロトニン毒性と心血管への影響)および ICUへの入室を臨床データベースから抽出。結果:tramadol過量投与は71例 (年齢の中央値: 41歳,範囲: 17-69歳; および摂取量の中央値: 1000 mg, 四分位範囲interquartile range [IQR]: 800-2000 mg). 発作は用量に関連し8人に起こった, そのうちの1人はBZDとの併用であり、16人の患者では発作がない。 the Hunter Serotonin Toxicity Criteriaを満たすセロトニン毒性の症例はなかった。頻脈は27人で起こり軽度の高血圧が32人で起こる. 29人ではThe Glasgow Coma Score < 15 であり、5人では< 9; 3人はTCAと併用であり2人はtramadol のみ(3000 mg and 900 mg). 呼吸抑制は13人で起こり, 投与量の中央値は: 2500 (IQR: 1600-3000) mgであり呼吸抑制の起こらなかった患者とは有意に異なった (p = 0.003), 投与量の中央値: 1000 (IQR: 750-1475) mg. 8人の患者はICUに入室, 5人は併用薬の毒性のためであり、3人は呼吸抑制のため。
Clin Toxicol (Phila). 2015 Apr 22:1-6. [Epub ahead of print]
Tramadol overdose causes seizures and respiratory depression but serotonin toxicity appears unlikely.
Ryan NM1, Isbister GK.
•1Department of Clinical Toxicology and Pharmacology, Calvary Mater Newcastle, and School of Medicine and Public Health, The University of Newcastle , Newcastle, NSW , Australia.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-26 15:00 | その他

認知症に対する向精神薬の死亡率


1998年10月1日から2009年9月30日までthe Veterans Health Administrationで行われた後ろ向き症例対照研究。参加者は認知症と診断された65歳以上90 786人の患者。2014年8月に最終的な解析。抗精神病薬(haloperidol, olanzapine, quetiapine, and risperidone), バルプロ酸およびその誘導体又は抗うつ薬 (46 008人の薬使用者)の新しい処方。主要な結果と測定: 180日間の経過観察における死亡の危険性および NNHの絶対値の変化を薬使用者といくつかの危険因子をマッチさせた非使用者で比較。投薬を開始した患者の中で、年齢、性別、認知症の年数、精神錯乱の存在、その他の臨床的および人口統計的特徴で補正して、各薬と関連した死亡の危険性を抗うつ薬を参照として比較した。二次的な解析ではolanzapine, quetiapine, およびrisperidoneの死亡危険性のゼタ一の変化を用量で補正して比較。結果:各々のマッチした非使用者と比較して, haloperidol使用者は死亡の危険性が 3.8%増加し (95% CI, 1.0%-6.6%; P < .01) NNHは 26 (95% CI, 15-99); 次いで risperidone, 3.7% (95% CI, 2.2%-5.3%; P < .01) そしてNNH は27 (95% CI, 19-46); olanzapine, 2.5% (95% CI, 0.3%-4.7%; P = .02) そしてNNH は40 (95% CI, 21-312); quetiapine, 2.0% (95% CI, 0.7%-3.3%; P < .01) そしてNNH は50 (95% CI, 30-150). 抗うつ薬使用者と比較して, 死亡の危険性はhaloperidol の12.3% (95% CI, 8.6%-16.0%; P < .01) NNHは 8 (95% CI, 6-12) から、quetiapine の3.2% (95% CI, 1.6%-4.9%; P < .01) NNH は31 (95% CI, 21-62).グループとしては, 非定型精神病薬(olanzapine, quetiapine, and risperidone)は用量依存的に死亡率は増加し, 高用量群は低用量群と比較して3.5% 増加する(95% CI, 0.5%-6.5%; P = .02). quetiapineと直接比較すると, 用量で補正した死亡率の危険性はrisperidone (1.7%; 95% CI, 0.6%-2.8%; P = .003) と olanzapine (1.5%; 95% CI, 0.02%-3.0%; P = .047で増加.まとめ:認知症のある高齢者の死亡率に対する抗精神病薬の絶対的な変化は以前報告されているより高い。
JAMA Psychiatry. 2015 Mar 18. doi: 10.1001/jamapsychiatry.2014.3018. [Epub ahead of print]
Antipsychotics, Other Psychotropics, and the Risk of Death in Patients With Dementia: Number Needed to Harm.
Maust DT1, Kim HM2, Seyfried LS3, Chiang C1, Kavanagh J3, Schneider LS4, Kales HC1.
·1Department of Psychiatry, University of Michigan, Ann Arbor2Center for Clinical Management Research, Veterans Affairs Ann Arbor Healthcare System, Ann Arbor, Michigan.
·2Center for Clinical Management Research, Veterans Affairs Ann Arbor Healthcare System, Ann Arbor, Michigan3Center for Statistical Consultation and Research, University of Michigan, Ann Arbor.
·3Department of Psychiatry, University of Michigan, Ann Arbor.
·4Department of Psychiatry, University of Southern California, Los Angeles.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-24 23:36 | その他

頸部痛、腰痛に対する伝統的中国医学の有効性


頸部痛(Neck pain:NP)および腰痛(low back pain:LBP)による痛みと障害に対する伝統的中国医学(Traditional Chinese medicin:TCM)の効果の系統的総説とメタ解析。2013年9月1日まで。メタ解析でTCMのNPや LBPに対する効果と安全性を評価。結果:75の無作為振り分け対照研究(n = 11077). ほとんどすべての研究は慢性NP (CNP) 又は慢性LBP (CLBP)を経験した人を調べる。CNP (VAS 10 cm, mean difference (MD) = -0.58 (-0.94, -0.22), 95%信頼区間, p = 0.01), CLBP (standardized mean difference = -0.47 (-0.77, -0.17), p = 0.003), および急性LBP (VAS 10 cm, MD = -0.99 (-1.24, -0.73), p< 0.001)に対して治療直後に痛みを軽減する点において、鍼は偽鍼よりも効果があるという中等度のエビデンスがある. Cupping は、CNPにおいては待機群よりもVAS (100 mm) (MD = -19.10 (-27.61, -10.58), p < 0. 001) の点でより有効、またはCLBP (MD = -5.4 (-8.9, -0.19), p = 0.003)においては投薬(例えばNSAID)よりも有効. 深刻又は生命を脅かす副作用はなかった。
PLoS One. 2015 Feb 24;10(2):e0117146. doi: 10.1371/journal.pone.0117146.
Traditional Chinese Medicine for Neck Pain and Low Back Pain: A Systematic Review and Meta-Analysis.
Yuan QL1, Guo TM2, Liu L1, Sun F3, Zhang YG1.
•1Department of Orthopaedics of the First Affiliated Hospital, Medical School, Xi'an Jiaotong University, Xi'an 710061, China.
•2Second department of Orthopaedics, Xianyang Central Hospital, Xianyang, Shaanxi, P.R. 712000, China.
•3Department of Orthopaedics of the First Affiliated Hospital, Medical School, Xi'an Jiaotong University, Xi'an 710061, China; Department of Orthopaedics of the Affiliated Hospital of Xi'an Medical College, Xi'an 710077, China.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-03 23:47 | その他

強直性脊椎炎は虚血性心疾患になりやすい


方法:the British Clinical Practice Research Datalinkから(1987-2012)から強直性脊椎炎(AS)と新たに診断された全患者 (n=3809) を生まれた年、性別、および, practiceによりASではない7人の患者 (n=26 197)とマッチさせる。虚血性心疾患(ischaemic heart disease:IHD)および急性心筋梗塞(acute myocardial infarction:AMI)に進展する Incidence rate ratios (IRR) およびHRsを計算。年齢、性別、合併症、およびNSAIDsを含む薬の使用で補正してStepwise解析を行った。結果:当初は患者の4.3%がIHDであり1.8% がAMIであったが、対照群では3.4%がIHDであり1.4% がAMIであった。当初から IHD又は AMIが存在した例外で補正すると, IHD のIRRs は1.18 (95% CI 0.96 to 1.46) であり、AMI のそれは0.91 (95% CI 0.65 to 1.27). 対照群と比較すると, 年齢と性別で補正したIHD のHRは 1.20 (95% CI 0.97 to 1.48)であり, AMIのそれは 0.91 (95% CI 0.65 to 1.28).女性患者では, IHD になる危険性は増加するが(HR 1.88, 95% CI 1.22 to 2.90), 可能性のあるすべての危険因子で補正すると非有意の傾向があるのみ(HR 1.31, 95% CI 0.83 to 2.08)。特に, NSAID 使用はこの変化を説明する(年齢、性別で補正したNSAID使用のIHD へのHR は1.57, 95% CI 0.99 to 2.48)。まとめ:女性AS患者は年齢で補正するとIHDに進展する危険性が高いが、NSAID使用で補正すると危険性が高くなる非有意の傾向が見られるのみ。
Ann Rheum Dis. 2014 Oct 31. pii: annrheumdis-2014-206147. doi: 10.1136/annrheumdis-2014-206147. [Epub ahead of print]
Ankylosing spondylitis and risk of ischaemic heart disease: a population-based cohort study.
Essers I1, Stolwijk C1, Boonen A2, De Bruin ML3, Bazelier MT3, de Vries F4, van Tubergen A2.
•1Division of Pharmacoepidemiology and Clinical Pharmacology, Utrecht Institute for Pharmaceutical Sciences, Utrecht, The Netherlands Department of Rheumatology, Maastricht University Medical Center, Maastricht, The Netherlands Care and Public Health Research Institute (CAPHRI), Maastricht, The Netherlands.
•2Department of Rheumatology, Maastricht University Medical Center, Maastricht, The Netherlands Care and Public Health Research Institute (CAPHRI), Maastricht, The Netherlands.
•3Division of Pharmacoepidemiology and Clinical Pharmacology, Utrecht Institute for Pharmaceutical Sciences, Utrecht, The Netherlands.
•4Division of Pharmacoepidemiology and Clinical Pharmacology, Utrecht Institute for Pharmaceutical Sciences, Utrecht, The Netherlands Care and Public Health Research Institute (CAPHRI), Maastricht, The Netherlands Department of Clinical Pharmacy and Toxicology, Maastricht University Medical Centre, Maastricht, The Netherlands MRC Lifecourse Epidemiology Unit, Southampton General Hospital, Southampton, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-11-11 23:35 | その他

非癌性慢性痛には麻薬と非麻薬のどちらが有効か


少なくとも4週間の研究で、慢性非癌性疼痛(chronic non-cancer pain:CNCP)に対してオピオイドが非オピオイドに対して優れているかどうかの系統的総説とメタ解析。英語論文。結果:10 RCTsで3046人の参加者。研究期間の中央値は6週間 (範囲 4-12週).5つの研究はOA痛でtramadol とNSAIDsを比較し、1つの研究では腰痛でtramadolとflupirtineを比較。異なる神経障害性疼痛症候群においてMorphineと抗うつ薬(2つの研究)、抗痙攣薬(1つの研究)および抗不整脈薬(1つの研究)と比較。オピオイドと非オピオイドには鎮痛に有意差はない(standardized mean differences (SMD) 0.03 [95 % confidence interval, CI - 0.18, 0.24]; p = 0.76). 身体機能の改善の点では、非オピオイド鎮痛薬はオピオイドより優れている(SMD 0.17 [95 % CI 0.02, 0.32]; p = 0.03). 副作用による脱落する患者はオピオイドの方が非オピオイド鎮痛薬よりも頻繁(RD 0.09 [95 % CI 0.06, 0.13]; p < 0.0001)。重大な副作用又は効果がないために脱落する点ではオピオイドと非オピオイドには有意差なし 。
Schmerz. 2014 Nov 8. [Epub ahead of print]
[Opioids in chronic noncancer pain-are opioids superior to nonopioid analgesics? : A systematic review and meta-analysis of efficacy, tolerability and safety in randomized head-to-head comparisons of opioids versus nonopioid analgesics of at least four week's duration.]
[Article in German]
Welsch P1, Sommer C, Schiltenwolf M, Häuser W.
•1Stichting Rugzorg Nederland, Ede, Niederlande.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-11-11 23:27 | その他

左利きの子供は精神疾患に罹患しやすい


アメリカ。利き手、診断、入院と精神障害の程度のデータを精神の評価ために紹介された4-18歳(M = 10.1, SD = 3.2)の692人の子供で集めた。左利きの子供は研究対象の患者の18.2%,これはアメリカでの左利きの割合よりも有意に高い(p < .05). 右利きの子供に比べて, ロジスティック回帰解析によると左利きの子供は精神科的な診断は31% [odds ratio (OR) = 1.31, 95% confidence interval (CI): 1.15-1.50]高いオッズであり, 不安のオッズは70% (OR = 1.70, 95% CI: 1.10-2.62)高く, 抑うつのオッズは53% (OR = 1.53, 95% CI: 1.03-2.27)高く、反抗的行為障害のオッズは78% (OR = 1.78, 95% CI: 1.21-2.62)高い.左利きの子供は抗精神病薬と抗不安薬を処方されるオッズは各々53%と 86%高く, 精神科の入院が66% (OR = 1.66, 95% CI: 1.08-2.55)高い。左利きは精神障害の表現型の危険因子であり精神障害の程度が強くなる。
Laterality. 2014 Oct 3:1-8. [Epub ahead of print]
Psychiatric disorders and left-handedness in children living in an urban environment.
Logue DD1, Logue RT, Kaufmann WE, Belcher HM.
•1a The Family Center at Kennedy Krieger Institute , Baltimore , MD , USA.


 本文は読んでいないため、以下は私の意見です。
 アメリカではほとんどの場合右利きへの強制(矯正)は行われません。アメリカ在住のイスラム教徒やヒンズー教徒の場合にはどうなのかはわかりませんが、その人達の間で右利きへの強制が行われていると仮定しても少数であるため、この研究への影響はほとんどないと思います。
 左利きの人は右利きの多い社会での日常生活で様々なストレスを感じます。そのストレスが精神疾患発症の一因かもしれません。しかし祖その要因よりは、脳の機能の左右差の要因の方が影響が大きいと思います。例えば右の大脳は空間認識をつかさどることが多く、左の大脳は言語機能をつかさどることが多いのです。その他にも大脳の機能には左右差があります。左利きが何らかの影響を脳に与えているのであろうと私は推測しています。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-05 10:38 | その他

精神疾患における禁煙の効果:系統的総説とメタ解析


禁煙後の精神的健康の系統的総説とメタ解析:禁煙の前に精神の健康を評価した縦断研究であり少なくとも禁煙後6週間健康状態と臨床評価を行った研究。2012年4月まで。26の研究が不安、抑うつ、混合した不安ンと抑うつ、精神的な生活の質、肯定的な感情、ストレスをアンケートにより評価。精神的健康の経過観察は7週間と9年の間。不安、抑うつ、混合した不安と抑うつおよびストレスは禁煙者は喫煙継続者よりも研究開始から経過観察まで有意に低下: 平均の標準偏差(95% confidence intervals) は不安-0.37 (95% confidence interval -0.70 to -0.03); 抑うつ-0.25 (-0.37 to -0.12); 混合した不安と抑うつ-0.31 (-0.47 to -0.14); ストレス-0.27 (-0.40 to -0.13). 精神的な生活の質と肯定的な感情は研究開始から経過観察まで禁煙者は喫煙継続者よりも有意に増加し、各々0.22 (0.09 to 0.36) と0.40 (0.09 to 0.71).一般人口と身体疾患あるいは精神疾患の人々との間には効果の差があるというエビデンスはない。まとめ:禁煙は喫煙継続に比べると抑うつ、不安、ストレスを減らし、肯定的な感情と生活の質を向上させる。効果の大きさは精神疾患がある人でもそれがない人でも同程度の大きさ。効果の大きさは気分障害や不安障害の治療における抗うつ薬治療と同程度。
BMJ. 2014 Feb 13;348:g1151. doi: 10.1136/bmj.g1151.
Change in mental health after smoking cessation: systematic review and meta-analysis.
Taylor G, McNeill A, Girling A, Farley A, Lindson-Hawley N, Aveyard P.
•School of Health and Population Sciences, University of Birmingham, Birmingham B15 2TT, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-02-16 20:04 | その他

治験について

 私はアメリカのNIH(国立衛生研究所)で治験業務に従事していました。NIHに限らずアメリカでは様々な治験が行われています。日本では治験はあまり行われていませんでしたが、最近は新聞などで治験を目にすることが多くなりました。
 アメリカの治験について述べます。治験とは薬を発売するまでに人体を用いて効果や安全性を調べる研究です。治験には様々な段階がありますが、それに関してはここでは述べません。アメリカは基本的にはキリスト教国です。奉仕や寄付という習慣があります。奉仕や寄付は自分の金銭的利益のためではなく、他人の金銭的利益のために行う行為です。ここで言う利益とは金銭的な利益のみならず精神的利益(気持ちがよくなる)や肉体的利益(痛みがなくなる)も含みます。
 アメリカでは様々な団体に寄付を行うことが多いのです。患者団体への寄付も日本に比べると圧倒的に多いのです。しかし、一方では寄付をすると税控除があります。他人に金銭的な利益をもたらすと自分自身にも少しですが利益をもたらす制度になっています。
 奉仕や寄付の1つとして治験に参加する人もいます。しかし、一方で治験に参加すると自分自身に利益がもたらされる仕組みになっています。治験に参加すると5000円程度の謝礼がもらえる場合があります。アメリカでは国民皆保険ではないため、治験に参加することは金銭的利益をもたらす場合が多いのです。アメリカでは歯科治療は多くの場合自費です。例えば親知らず(第三大臼歯)の抜歯には10万円弱の費用がかかります。そこで「親知らずを抜けば医療費は無料です。5000円の謝礼を出します。」という治験が成立します。親知らずを抜くと痛みが起こるため、様々な鎮痛薬の治験が行われています。薬(偽薬又は本物の薬)を飲んでもいたい場合には決められた鎮痛薬(本物の鎮痛薬)を飲むことは許されます。患者さんは自分自身の金銭的利益になり、研究側は鎮痛薬の鎮痛効果を調べることができます。
 アメリカでは使用できない薬の治験もあります。特に、クロスオーバーといって治験を前半と後半に分けてどちらかが偽薬、従来飲んでいる薬を注視する必要はない事もあります(ただし、治験中は従来の薬を中止しても、増量や追加してはいけない。それをすると治験から脱落)。参加者個人の利益が得られる仕組みになっています。
 日本でも治験が行われています。治験に参加する場合には、誰の利益のために参加するのかを明確にしてください。治験の中には参加者に不利益になるが、同病の人の利益になる治験があります。参加者の不利益になるが他人(同病の人)の利益になる治験に、参加者の利益目的で参加することが起きています。これではトラブルになります。治験に参加する場合には何の薬の治験なのか、偽薬を飲む確率は何%なのかを尋ねた方がよいと思います。ただし、それを教えてくれるかどうかはわかりません。
 日本人は誰のための利益になるかをあまり考えないと思います。その象徴が交通安全協会への入会です。多くの人は何となく交通安全協会に入会しています。私がそれに入会しているかどうかはここでは述べませんが、私の友人、知人の中で交通安全協会への入会は誰のためなのかを明確に考えた人はそこには入会していません。
 個々の治験に関しては言及しません。一部の治験は参加者に不利益をもたらすが他人(同病の人)に大きな利益をもたらします。その治験に参加する場合にはそれを知った上で参加すべきです。ところが、参加者に不利益をもたらすが他人(同病の人)に大きな利益をもたらす治験が、参加者に利益をもたらすかのように宣伝される場合があります。それは望ましくないと思います。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2013-08-04 10:15 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line